大学中退者の就活

大学中退からWebエンジニアになるには?知識「0」でもなれる!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学中退から、エンジニアになろうと思うんだけど、Webエンジニアってどんな仕事なんだろう」

「大学中退の学歴の未経験でもWebエンジニアになれるのかな」

このように大学に通うことに対して疑問を持つようになり、エンジニアへの就職を考えている方は多いのではないでしょうか。

私は1年程前、フリーターからWebエンジニア転職した経験があります。

フリーターからWebエンジニア転職をした経験から、今はWebエンジニアになるチャンスの時期だと思っています。

この記事では、大学中退からWebエンジニアを目指す方に、Webエンジニアにどうのようにすればなれるのか、またWebエンジニアを目指すにあたって注意すべき点を解説していきます。

大学中退者にWebエンジニアはおすすめ?

結論:大学中退者にWebエンジニアはオススメです。

Webエンジニアになると、スキル次第で高収入を得ることができますし、時間や場所にとらわれないフリーランスになることも可能になります。

また現在Webエンジニアは人材不足なので、学歴関係なく就職しやすいです。

まずは、大学中退者にWebエンジニアがオススメな理由を話していきます。

Webエンジニアは人材不足で学歴関係なく就職しやすい

現在IT人材は不足しており、これからも人材不足が加速していくと予想されています。

IT人材不足の理由としては、少子高齢化で働き手が少なくなることやIT技術の発展により開発できるエンジニアが必要になるためです。

現在は人材不足を解消するために、未経験者を一からエンジニアとして育てる企業も多くなってきています。

また、エンジニアは学歴よりも技術力が重要視されるため、大学中退者でも他の業界に比べて就職しやすい傾向にあります。

他にも学歴不問の大学中退者でも就職しやすい就職先を「大学中退者におすすめの就職先は?職種や業界別に解説!」で紹介していますので、興味があればご覧ください。

スキル次第で高収入が得られる

Webエンジニアは技術職なので、技術力が高いとその分年収も高くなっていきます。

プログラミングスキルを身につけるのが大変ではありますが、スキルを身につけ、変化の激しいIT業界に対応できれば必然的にWebエンジニアとしての市場価値が高まります。

Webエンジニアとしての市場価値が高まると、多くの企業から引くてあまたになるため、高待遇でスカウトされる可能性が高くなるのです。

高いスキルを持っている人は、年収が1000万を超えることも現実的であり、海外へアメリカなどへ就職すると年収2000万円を超えることも夢ではありません!

経験を積めばフリーランスを目指せる

パソコンさえあればどこでも仕事ができるのが、Webエンジニアの特権です。

3年程現場で経験を積み、営業力さえ身につければどこからでも仕事を取ってくることができます。

仕事さえ取ることができれば、場所や時間を自由に決めて仕事をすることができます。

混雑の通勤電車に乗る必要もなければ、職場の人間関係に困ることもないです。

自由な環境で働けること以上に素晴らしいことはないです。

業務委託として働くのか、自ら案件を取ってきて働くのかによって変わりますが、会社員の時より年収が大幅に上がる可能性が高いです。

\就職に不安を抱えているなら/

そもそもWebエンジニアってどんなお仕事?

Webエンジニアって今需要があるし、将来性も高いから気になっていても実際どのような仕事をするのか想像ができない方が多いと思います。

WebエンジニアはWebサイトを作り上げて公開するのに6つの手順を踏んでいきます。

それでは、Webエンジニアの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

システムの設計書作り

設計書作りでは、お客様と一緒にお客様が必要としているWEBサイトやアプリケーションのについて話し合い土台を作ります。

システムの設計書作りは、オーダーで家を作るのをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

どこにキッチンを配置するか、お風呂場を作るかなどを決めていく作業に似ています。

WEBサイトやアプリケーションの土台を作る作業になるので、とても大変ですがやりがいのあるポジションです。

設計書に沿ってプログラミングをおこなう

設計書ができあがると、次の工程ではプログラミングをおこないます。

Webエンジニアとプログラマーが協力し合いながら、設計書に沿ってWEBサイトやアプリケーションを作り上げていきます。

納期をこまめに確認し、必ず納期前にできあがるように作っていく必要があります。

納期までに作り上げる計画性と、一緒に仕事をする他のWebエンジニア・プログラマーとのコミュニケーション力が重要視されます。

運用をするためのサーバーを作る

大きなECサイトや新しいWebアプリケーション、データベースを使用したWebサービスを作った際、サーバーを作って検証をおこなう必要があります。

サーバーが重たくなってしまうと、なかなかサイトに入れなくなってしまう状況を生み出してしまいます。

例えば、通販の半額セールが始まったタイミングに通販のサイトに入ろうとしても重たすぎて入れない状況ですね。

サーバーが重たくなって入れない状況は皆さんも一度は経験があると思います。

このように、サーバーが重たくなってしまったりサーバーにアクセスができない状態になってしまう可能性があるので、サーバーの管理者とコミュニケーションを取りながら作業をしていく必要があります。

動作確認のテスト

いざ作ったサービスを公開したとき、作成した部分が表示されなかったり、思っていたのと違う動きをしてしまったら大きな問題に発展してしまう場合があります。

大きな問題になるのを防ぐために、作ったサービスは正常に動くのか、使いやすいかなどをテストしていく必要があります。

テスト用のサーバーで作成したWEBサイトやアプリケーションの動作確認、検証をおこないます。

Webエンジニアの初心者は、テストから担当することが多いですよ。

WEBサイトを公開

テストを一通り終了し問題がない場合、作成したWEBサイトやアプリケーションの公開をおこないます。

重要なのが公開と同時に、トラブルや不具合が起きた場合の対処法や連絡先などを載せたマニュアル書を作ることです。

公開した後でもしっかりとお客様のアフターフォローをしていく必要があるためです。

WEBサイトを公開後に別途必要な機能が出てきた場合、その度に最初の設計書作りから始めてWEBサイトを公開までの手順をおこない、追加していきます。

\就職に不安を抱えているなら/

Webエンジニアに向いている人は?

Webエンジニアに向いている人の特徴は3つあります。

3つの特徴のうち一つでも当てはまればWebエンジニアで活躍できます。

それでは見ていきましょう。

コミュニケーション力がある

Webエンジニアはコミュニケーション力があると、仕事がスムーズに進みます。

設計書をお客様と一緒に作り上げるときや設計書に沿ってプログラミングをおこなう際、一緒に製作していく他のWebエンジニアやプログラマーとコミュニケーションを取って仕事を進めます。

より良い製品を作り上げるため、効率よく納品までもっていくためにコミュニケーションを頻繁にとります。

逆にコミュニケーションがしっかり取れていないと、重大なミスに繋がってしまったり、納品が遅れてしまう可能性があります。

プログラミングや英語が嫌いではない

プログラミングをやってみて、なんか楽しそうと思ったらWebエンジニアに向いています。

プログラミングは技術を覚えていくごとに楽しさが増していくからです。

プログラミングはジグソーパズルやプラモデルを作るのと似ていて、パーツを組み合わせて0から1を作成するので、プログラミングを続けていくとモノを作る楽しさを味わうことができます。

また、英語が苦手でないとなおさらいいです。

プログラミングは開発中にエラーになったときの解決方法が英語で書かれているためです。

英語が嫌いではないほうがいいですが、調べれば日本語での解説も多く載っているので、心配しなくて大丈夫ですよ。

気になることを検索することが好き

テレビをみていたり、本を読んでいるときに気になることがあったらGoogleなどで検索しますか?

検索すると心の中で思った方はWebエンジニアに向いています。

プログラミングをしていると、必ずエラーの壁に阻まれます。

Webエンジニアは、エラーを解決するためにGoogleなどでよく解決方法を検索します。

今の時代は、Google等で検索すればエラーの解決方法が多く出てくるためです。

気になることをよく検索する人は、エラーになった時にすぐに対処できるのでWebエンジニアに向いています。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がWebエンジニアの求人を探す際の注意点

Webエンジニアの求人は数えきれないほどあります。

その中でも、大学中退者がWebエンジニアの求人を探すにあたり、失敗しない求人選びをする方法を解説していきます。

未経験歓迎の求人を転職サイトから応募しない

未経験歓迎のWebエンジニア求人はブラック企業の場合が多いです。

未経験歓迎とうたい、エンジニアではなく派遣社員として家電量販店での販売やコールセンターに派遣する企業があります。

特にSES企業が多く、派遣先の仕事が終わり次第自社でエンジニアになるための勉強会を開いてエンジニアを育成する流れになっています。

普通に考えて、Webエンジニアとして開発の現場に一日いる人と、派遣先で8時間販売しいる人の技術力の差は日に日に広がっていくと思いませんか。

転職サイトではお金を払えば求人を載せられるため、このような悪質な求人が多いです。

未経験だと見極めが難しいため、Webエンジニア求人に詳しい転職エージェンからアドバイスをもらうといいでしょう。

仕事内容をしっかり確認する

思っていたのと違う仕事内容だったということを防ぐためにも、仕事内容の確認はしっかりした方がいいです。

Webエンジニアには、さまざまな仕事内容があります。

基本的には、大学中退者でWebエンジニア未経験入社の場合、ちゃんと製作した製品が動くかどうかを調べるテスト業務か、サーバーに不具合がないか監視する運用・保守からスタートすることが多いです。

企業によっては、Excelで資料作りやクレーム対応中心の業務にあてられる可能性があるので注意が必要です。

仕事内容の見極めが難しい場合は専門の転職エージェントに相談すると、一つひとつの企業の仕事内容を教えてくれますよ。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がWebエンジニアになるためには?

Webエンジニアになるためには、Webエンジニアとして働く土台づくりとプロのアドバイザーからWebエンジニアの企業の情報を聞くことが大事になります。

自分に合ったWebエンジニアの会社でいいスタートを切るためです。

それでは、Webエンジニアになるためにやるべきことを話していきます。

プログラミングスクールに通う

プログラミング未経験者が独学でプログラミングを勉強しようとしても、挫折してしまう可能性が高いです。

分からないところでつまずいてしまい、やる気がなくなってしまうためです。

プログラミング未経験者がプログラミング学習で挫折しないために、プログラミングスクールで学ぶ選択肢があります。

いつでも相談できる講師の元でプログラミングの学習をすることにより、プログラミングが身に付くスピードが独学と比べて格段に上がります。

Webエンジニアになる土台づくりとして、プログラミングスクールに通うことも視野に入れてみてください。

ポートフォリオを作る

ポートフォリオは、企業に実績として証明できる作品のことです。

Webエンジニアを目指すにあたって、1つ簡単なアプリケーションを作ることをオススメします。

ポートフォリオを作ることによって、Webエンジニアになる意欲を企業に証明することができ、未経験でも個人でプログラミングの学習ができると思わせることができます。

ポートフォリオは高度な技術を用いた作品にする必要はなく、簡単なメモアプリなどでいいです。

なぜこのポートフォリオを作ったのか、製作する過程で乗り越えたことなどをメモなどにまとめておくと履歴書や面接時に使えますよ。

転職エージェントを使う

ポートフォリオを作成できたら、転職エージェントを利用しましょう。

転職のプロに相談することによって、Webエンジニアのブラック企業求人を排除することができます。

転職エージェントは、基本的に求職者が転職先で長く続けることによって報酬が入る制度になっているため、ブラック企業を排除しています。

また、転職エージェントは2、3社程度登録するようにした方がいいです。

転職エージェントによって紹介できる企業の数や持っている企業は異なるので、自分自身に合うWebエンジニアの求人を見つけるためにも2社以上登録して比較しましょう。

転職エージェントの中にもエンジニア転職に特化してる企業もあります。

転職エージェント企業がエンジニアを育成して提携企業に就職という流れになっています。

Webエンジニアになるには効率がいいエージェントになります。

転職エージェントは求職者に寄り添って求職者に合う企業を紹介してくれるので、企業選びに迷ってしまうときは、相談してみましょう。

大学中退者向け転職エージェント5選!就職するならこれでしょ!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退でもWEBエンジニアになれる!人材不足の今がチャンス!

大学中退者でもWebエンジニアになれる方法についてお話ししてきました。

Webエンジニアはしっかりと段階を踏んでいけば、知識がない未経験からでもなれます。

ですが、求人選びを間違ってしまうとブラック企業に入ってしまう可能性が高いのがWebエンジニアです。

大学を中退して、職探しに焦っていたとしてもブラック企業に入ってしまっては意味がありません。

ブラック企業に入らないためにも、エンジニアに強い転職エージェントとともに企業選びをしてみてましょう。

転職エージェントを使うことで、自分に合った企業に入社できる可能性が高くなり、Webエンジニアとしていいスタートが切れますよ!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ