専門学校中退

専門学校中退者は就職できない?人生終わり?就職率やおすすめの就職先!

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

専門学校を中退してしまった。こんな中途半端な状態では正社員に就職できないよね。

なんとか就職しないとやばいんだけどな。もう人生終わりなのかな。。

こんな風に悩みを抱える専門学校中退者も少なくはありません。

これを読んでいるあなたもその一人なのではないでしょうか。

後藤

実際に私も専門学校を中退した後、就活をしましたがなかなか採用されず途方に暮れていた時期がありました。しかし、今では正社員に就職することができています。

この記事では専門学校中退者として就職に悩んできた経験から、

  • 専門中退者の就職率などの就活の実態
  • 専門学校を中退するともう就職ができず人生終わりなのか
  • おすすめの就職先
  • ここから正社員就職をするための方法

などをまとめています。

ぜひ、専門学校中退をした方は、就活の際の参考になさってみてください。

\専門中退しても人生は終わりじゃない/

まず、皆さんにお伝えしたいのは専門学校を中退したら就職できないというのは嘘です。しっかりと正しい就活方法を学べば就職することは十分に可能です。

しかし、専門中退者の就職率は20~30%とかなり低い状態というのは紛れもない事実です。そのため、誰にも頼らず一人で就活してしまうと一向に採用されないという可能性も高いです。

そうならないようにも「就職支援サービス」に頼ってみるのも1つの手です。就職支援サービスとは

  • 就職の悩み相談
  • 求人の紹介
  • 書類選考や面接対策

などの就職に関する全てのサポートをしてくれるところになります。

その中でも「ジェイック」という会社は専門中退者などのフリーターやニートからかなり人気でその就職成功率は80%を超えています。つまりここを利用すればかなりの確率で就職ができるということです。

実際に私もここを利用して、優良企業の正社員に就職することができました。「ジェイック」を利用したことが私にとって人生の大きなターニングポイントだったと今では思います。

専門学校を中退したくらいでは人生は終わりません。しかし、このまま何もせずにじっとしていると、どこにも就職できずに本当に人生が終わってしまいます。

そうならないようにも、まずは「ジェイック」に相談してみるところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

専門学校中退者の就職率

2015年に独立行政法人労働政策研究所・研修機構が調査したところによると、「専門学校を卒業した人」の就職率は64%という結果が出ています。

この結果に対して、専門学校を中退した人の就職率は、

  • 男性:29.7%
  • 女性:21.7%

と実に専門学校を卒業した人の就職率と30%以上もの開きがあります。

また、専門学校を中退した人はすぐに就職に関わる動きをしない傾向にもあり、結局ニートへの道を辿ってしまう人も少なくはありません。

同機構の調査によると、専門学校を中退した人が3ヶ月以内に正社員に就職できた率は10%を切っており、3年以内と期間を延ばしてもわずかに10%を超える程度という結果が出ています。

後藤

この結果だけ見ても、専門学校中退者の正社員就職が厳しいものだということがわかります。

\就職成功率80%以上/

専門学校を中退したらもう就職できない?人生終わり?

数字だけ見ると専門学校中退者の末路が不安になりますが、とはいえ専門学校を中退したからといって就職ができないわけではありません。

その理由を把握しておけば就活への負担も軽くなります。一つずつチェックしていきましょう。

  • 20代なら若さが武器になる
  • 職種を選べば可能性がある

20代なら若さが武器になる

企業が新入社員を採用する際の1番の基準とするのが「年齢」です。

中には学歴や経歴を問わず、若さゆえのパワーや素直さを重視している会社も多くあるほどです。

年齢を重ねると無駄に知識や経験を積んでしまう可能性も高く、会社として吸収してほしいことをシャットアウトしてしまうパターンも見られます。

しかし、若い人は経験も浅く吸収力も高いため入社後のポテンシャルを買われて採用となることが多いのです。

そのため、専門学校を中退していたとしても正社員としての就職も十分に可能だといえます。

職種を選べば可能性がある

専門学校中退者の多くは、意外と自分が通っていた専門の業界にしか目が向いていないということも考えられます。

そういった狭い視野だと、専門学校を中退した自分は就職させてもらえないだろうという考えに至ってしまうのも当然といえます。

しかし、世の中にはたくさんの職業があります。視野を少し広げれば、今までの自分には知らなかった世界があることに気がつきます。

そして、その中には専門学校中退者でも就職しやすい職業が多く存在しています。

就活の段階でしっかりと下調べをしておけば、専門学校中退者でもスムーズに就職できる可能性が十分にあるのです。

\中退者に理解のある企業が豊富/

専門学校中退という肩書は企業からどう見られるのか?

専門学校を中退したら、その肩書を消すことはできません。

実際のところ、企業からすれば専門学校を中退した人は根性がない人と見られがちです。

そのほかにも、専門学校中退者が就職をする際はある程度次のような覚悟をしておく必要があります。

  • 学歴が高卒になる
  • 書類審査に通りづらい

学歴が高卒になる

いくら専門学校に入学していても、卒業をせずに中退したとなると学歴としては「高卒」になってしまいます。

専門卒という学歴よりも一つ不利な状態になることは否めません。

またアルバイト経験があったとしてもカウントされないことが多く、職歴もゼロという風にみなされます。

求人も

  • 「高卒」
  • 「職歴なし」

で探していくと応募できるものは少なく、選択肢の幅が狭くなる可能性も高いといった難点があります。

後藤

就活においても、大卒者と肩を並べて戦うことは困難を極めると言えるでしょう。

書類審査に通りづらい

履歴書において専門学校中退という文字は企業にとって引っかかるポイントとなってしまいます。

採用担当者

どういう理由で専門学校を中退したのか不安だ

採用担当者

採用したところで会社もすぐにやめてしまうんじゃ…

と思われる可能性も高いと言えるでしょう。

それだけ専門学校中退というのは就活において大きなレッテルとなる可能性があります。

面接までたどり着けば、自分の思いや性質を伝えやすいのですが、書類審査の段階では専門学校中退という肩書きが大きく不利になることは覚悟しておく必要があります。

\中退者に理解のある企業が豊富/

専門学校中退者におすすめの就職先!

専門学校中退者でも就職しやすい職業も割と多く見られるのも事実です。

そもそも現在は多くの職種で人手不足が問題となっており、学歴や経歴を問わない会社もあるためです。

後藤

どういった職種がおすすめなのかをご紹介していきましょう。

  • 介護職
  • 営業職
  • 製造業
  • 配送業
  • 事務職

介護職

高齢者が増えたことにより、介護職が活躍できる場所も増加しているため人手不足の業種と言えます。

そのため、学歴や資格などを問わず採用してくれるところがほとんどです。

求人の数も多いので自分に見合った会社を選ぶことも可能と言えます。

営業職

意外にも営業職も、

  • 学歴
  • 経験
  • 資格

を問わない職種の一つです。

コミュニケーション能力が重視されますので、専門学校中退だとしても採用の可能性が高いと言えます。

また、営業にも様々な種類があり、個人向けの営業やルート営業といった決まった顧客を回るものなどバリエーション豊か。

どんな業界にも営業部門はあるため、自分が興味のある分野を選ぶことができるのも魅力です。

製造業

工場で組み立てや検品などといくとライン作業を行う製造業も専門学校中退が就職しやすい職種と言えます。

未経験でもすぐに覚えることができる仕事も多く、大手企業が運営する工場もたくさんありますからしっかりとした待遇を受けられる可能性も大いにあります。

また、慣れてくればライン作業から生産管理者や品質管理といったポジションを任されることもあり、やりがいも思ったより感じられる職種と言えます。

配送業

最近はネットショッピングが普及したことにより配送業も人手不足の問題を抱えています。そのため、求人も常にある状態で専門学校中退者でも十分に働くことができる職種です。

普通自動車の運転免許が必要となりますが、免許さえあれば誰でもチャレンジできます。

また、多くの配送業者が人材育成に力を入れていますから初めて働く人でも安心して挑むことができるのも魅力の一つです。

事務職

事務職も経験や学歴が必要ないパターンの多い職種です。

事務職にもバリエーションがあり、その中でも一般事務はメジャーな職種でもあり各企業において必要不可欠な人材とも言えます。

特に専門的な知識もいらないため、専門学校中退者でも問題なく働ける可能性が高いです。

\中退者に理解のある企業が豊富/

専門学校を中退したら就活はどうやってする?

専門学校中退者の就活方法は様々な手段があります。

後藤

自分に見合った就活方法をすることで、正社員への就職がよりスムーズになります。

  • 転職エージェントに頼る
  • 求人サイトから探す
  • ハローワークを利用する
  • 身内に紹介してもらう

転職エージェントに頼る

就職のプロである転職エージェントに頼る方法が一番おすすめの手段です。

その理由を3つご紹介します。

いい求人が揃っている

転職エージェントには、通常の求人サイトでみられる求人の他にも一般には公開されていない非公開の求人も揃っています。

中には、その転職エージェントだけで応募ができる求人を取り扱っている場合もみられるのです。

しかも、各エージェントによって独自の繋がりにより選ばれた求人ですから、ブラック企業はなく条件のいい求人と出会えるといったメリットがあります。

専任のアドバイザーが付く

専任のアドバイザーがついてくれるため、一人での就活とは違いしっかりとしたサポートを受けながらの就活をすることができるのも非常にポイントが高いと言えます。

就職に関する相談ならば何でもすることができるので、精神的な支えとしても助かる存在になってくれます。

しっかりとしたプロの目線による客観的なアドバイスを受けることで、より良い道に進める可能性が高いです、

マッチングもしっかりしている

転職エージェントではどんな仕事が見合っているのかを分析するために自己分析をしっかりとしてくれます。そして、

  • どんな性質を持っているのか
  • 苦手な分野は何か

といった点を踏まえて、ぴったりとマッチする仕事を紹介してくれる点は大きな魅力です。

そのため、安定して続けて働くことができる企業に出会える可能性が一番高いのが転職エージェントからの就職でしょう。

\人気№1転職エージェント/

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...
フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

求人サイトから探す

現在はPCがなくてもスマホさえあれば求人サイトを気軽に見ることができます。

専門学校中退者が求人サイトから仕事を探す場合は未経験者向けの求人が多く掲載された求人サイトを見る方がいいでしょう。

また、一つの求人サイトだけではなく複数の求人サイトを利用する方が効率的に職探しをすることができます。

しかし、注意点も押さえておく必要があります。

基本的に求人サイトを使った就活は自分一人で行うことになるため、応募はもちろん、給料の交渉など就活に関わる全ての展開を自分がやらなければなりません。

ホワイト企業かどうかの判断も難しいため、働いてみたら結局ブラックだったということも少なくはないのです。

後藤

その分心の負担も大きくなることもあり得るでしょう。

ハローワークを利用する

各地域にある公的な職業安定所がハローワークです。

求職者の登録さえすれば、求人情報を誰でも自由に閲覧することができ、特に地域の求人が多く掲載されている傾向にあります。

しかし、基本的に管轄する地域の職業しか掲載されていないことから大手企業を見つけづらかったり、中にはブラック企業が潜んでいる可能性もあるため、慎重に就活をする必要があります。

また、公的機関のため基本的に土日祝日は休みとなり、利用時間も17:15までと限りがあります。

出来るだけスピーディーに就活をしたいと思っていても、リズミカルに活動できないため、結局士気が落ちてしまう可能性も大いにあり得ます。

身内に紹介してもらう

一つの手段として、身内に就職先を紹介してもらうのも考えられるでしょう。

しかし、この場合よっぽどマッチする会社でない限りは、困難な道となる可能性が高いです。

なぜなら、もしも自分に合わなかった場合に、身内から紹介してもらった手前辞めづらくなります。

たとえ辞められたとしても、身内と気まずくなりかねないためです。

後藤

後先のことを考えると、あまりおすすめの手段とは言えません。

\就活の仕方が分からないなら/

専門学校中退でも正社員になるためには?

専門学校中退者が正社員と就職するためにはいくつかのポイントがあります。

せっかくならばそれらのポイントを押さえて、無駄なくスムーズに就職したいものですよね。

後藤

ぜひ、一つ一つをチェックしてみてください。

  • 早めに行動しよう
  • ネガティブに捉えない
  • 固定観念を捨てる
  • 一人で悩まない

早めに行動しよう!

専門学校を中退した後に正社員を望むならばできるだ早く就職活動をすることが大切です。

冒頭でお伝えしたデータでもあるように、専門学校中退者がニートになってしまう可能性は非常に高いのです。

後藤

就活をせずにズルズルと生活してしまったことが原因となることがほとんどです。

さらに、そういった「空白期間」があるといざ面接を受けようとしたときにも良い印象を与えることができず、不利になってしまいます。

ネガティブに捉えない

専門学校中退という事実は自分自身にとってもネガティブに捉えてしまいがちな傾向があります。

自分を蔑んでしまうと就職どころか日常生活にも支障が出てしまいます。

専門学校を中退したとしてもそれは通過点に過ぎず大した問題ではありません。

後藤

今の現状を理解した上で、しっかりと自信を持って突き進むことで正社員就職への道も開けていきます。

固定観念を捨てる

専門学校中退者が正社員就職を成功させたいならば大切なのは固定観念を捨てることです。

業界や業種にあまりに先入観を持ち過ぎていると本当の自分の適正に見合った職種を見逃してしまう可能性があります。

固定観念を捨てることで、意外な職種が自分にマッチしていることに気がつくこともあるでしょう。

まずは、広い視野を持って就活をすることをおすすめします。

一人で悩まない

何より大切なのは、一人で悩みを抱えないということです。

専門学校を中退したという引け目もあり、家族や友人に就活の相談しづらいというのもよくあるパターンです。

しかし、一人で就活を頑張っても小さなことをきっかけに再び悶々とした悩みの中に陥る可能性が往々にして見られます。

とは言え、就活をするとなると、下記のような悩みが起こります。

  • 自分に向いている仕事がわからない
  • 面接できちんと想いを伝えられるか自信がない
  • 履歴書の書き方すらわからない

こういた悩みを解決するためにも、自分一人で悩まずに転職エージェントに頼ることをお勧めします。

就職のプロの力を借りることで、一気に就活がスムーズなものになるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...
フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

専門学校中退者の面接突破のカギ!

専門学校中退者が就活をする上で1番のハードルとなるのが面接です。

誰でも面接は緊張するものですが、経歴に専門学校中退の文字があるとより一層高いハードルとなるのは否めません。

後藤

専門学校中退者が面接のハードルを越えるためのポイントを押さえていきましょう。

  • 中退の理由をきちんと伝える
  • 自信を持ってハキハキと答える
  • 面接官の話をきちんと聞く
  • 身だしなみに気を遣う

中退の理由をきちんと伝える

専門学校中退者が面接を受ける際に必ず質問されるのが専門学校中退の理由です。

この場合、面接官は嫌なことがあったら逃げるようなタイプの人ではないかというのを見ています。

とは言え、専門学校を中退するのには様々な理由が考えられます。

金銭的に厳しくなった人もあれば、進路変更をしたということもあるでしょう。

しっかりとした理由があって専門学校をやめることになったことをきちんと伝えれば、やむをえない事情だったことがわかり、採用後に影響することがないだろうと判断されやすくなります。

むしろ、理由をきちんと伝えられる姿勢は面接時において好印象につながる可能性も大いに秘めています。

自信を持ってハキハキと答える

専門学校を中退したという引け目のあるバックボーンを持っているため、ついつい自信なさげに話してしまう可能性があるのが専門学校中退者の傾向です。

しかし、面接において自信のない態度はあまりいいものではありません。

もちろん自信過剰になる必要はありませんが、就職をしようとしている自分自身に自信を持って今の状態や、これからの展望をしっかりと伝えるように意識しましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

面接官の話をきちんと聞く

誰しも面接は緊張するものですが、緊張のあまり相手の話が聞こえないほどになってしまっては元も子もありません。

面接官が何を聞きたいと思っているのか、しっかりと耳を傾けて対応することが大切です。

あまりに的外れな回答が多いと、面接において悪い印象を与えかねません。

身だしなみに気を遣う

どんなに学歴がなかったとしても爽やかで好印象な人は面接においてポイントが高いと言えます。

高価なスーツを着なくてもシワやシミのない綺麗なシャツを着て、清潔感のある髪型で面接に行くだけでもぐっと印象が上がります。

面接当日は出来るだけ相手に不快感を与えないような出で立ちで出向くことをおすすめします。

専門学校中退でも大丈夫!思い切って突き進もう!

専門学校中退という一見中途半端な経歴に、自分自身でも落ち込み動けなくなる気持ちもよくわかります。

しかし、長い人生において専門学校中退という出来事はあなたの人生を脅かすほどのことではありません。

最近は転職エージェントのようなプロの力を借りる方法もあり、より一層経歴を気にしすぎることなく就活に挑める環境が整っています。

一歩出るかどうかはあなた次第です。

その一歩が、より素敵な未来へと繋がっていることは間違いありません。ぜひ、思い切って突き進んでみてください。

後藤

近い将来、笑顔で仕事を楽しむあなたに出会えることでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる