ニートの就活

ニートは就職できない?社会復帰は無理と言われる原因とその解決策

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

こんにちは!ニートから正社員に就職できた丸山です!

「就職できないまま卒業して、ニートになってしまった。」

「今は快適だけど、社会復帰は無理なのかな?将来に不安を感じてしまう…。」

20代のフリーターなら、ほとんどの方はこの様に考えているのでは?

就職できないニートのままでは、悲惨な人生の末路が待っています。

私も20代の前半はニートとして暮らしていましたが、今は就職して15年が経ちました。

今は人事部で採用面接に携わっていて、ニートの方の面接や相談にも応じています。

その経験から、ニートからの社会復帰が無理と言われる原因と、対策について僕の体験から得た教訓を持って解説していきます。

ニートが社会復帰は無理と言われる原因とは 

就職できないまま卒業を迎えると、既卒者という扱いで括られます。

進路が決まらず、何となくニートになることは珍しくはありません。

数カ月のつもりでニート期間が始まったものの、気が付けば2年目に。

ニート期間で年単位を過ごしてしまうと、社会復帰は無理だと言われています。

その原因について解説していきます。

正社員経験が無い

就活市場において、新卒以外の募集は中途採用枠として扱われます。

中途採用ということは「今まで何らかの仕事のスキルを持っている人」を募集していることは明らかです。

つまり、企業側は経験者が欲しいと思っています。

それなのに「今まで働いたことがない」というのは企業の思惑から外れてしまいます。

そのため、需要と供給のミスマッチがおこるため、正社員には就職できないと言われているんです。

会社に順応できるのか不安視される

ニートになり社会から隔絶されていると、働くという事のハードルが高くなってしまいます。

多くの人が普通に過ごしている、会社員としての生き方にも「干渉される・管理されてしまう」という圧迫感を感じてしまうからです。

また、会社にはノルマがあり、達成できないと大変なことになるのでは?という圧迫。

内勤であっても、電話応対や社内外からのメールに対する対応など息苦しく感じてしまうのです。

今の生活に後ろめたさを感じていても、縛りのない快適さに溺れて、問題を先送りにしてニート生活を続けてしまう。

また、職種に対しての偏見が強く、キツくて大変そうと決めつけて行動しないことが、ニートの社会復帰が無理といわれる原因です。

対人関係を築くうえで不安

 ニートの就職が無理とされる原因として、「対人関係が上手く築けない」という、コミュニケーション能力の低さがあります。

就職して社会復帰するにあたり、上司や同僚、顧客との関わりは必須なのですが、コミュニケーション能力の低さがニートの特徴。

卒業後も社会と接点を持たずに過ごしているために、ますます対人関係を持つ機会が減少しています。

そのため、会社の中で当たり前に行われる、コミニケションのスキルがなかったり、挨拶やマナーに対応できなかったりと問題が出ます。

体力的不安

ニートから社会復帰するために就職を考えたところで、外の世界から離れて過ごしていたために体力的についていけるのか不安視されます。

現場での立ち仕事や、荷物の運搬がある仕事はもちろんですが、研修期間などが設けられている仕事も多いので、周りのテンポに合わせて動けるのかという問題があります。

また、体を動かさない仕事でも、毎日の通勤やデスクで作業を続けることが毎日続くことで、体力を消耗するもの。

ニート生活なら好きなだけ休んでも周囲の目はありませんが、就職すると状況は変わります。

適応できなければ、評価が悪くなることは避けられませんし、誰かにフォローしてもらうという負担も掛けてしまいます。

行動力がないと思われている

ニートというイメージは皆さんもわかる通り、「なにもしていない」というイメージが付きまとっています。

なにかを目標にしたりして行動する人は少ないのが現状です。

まぁニートというのはNEET(Not in Education, Employment or Training)、直訳して、教育を受けず、就業もせず、就活もしていないという人ですので何か目標に向かって頑張っている時点でニートとは言わないのですが。

行動力がない人=雇ったとしても何もしてくれないと思われているので企業側も採用するのを躊躇ってしまいます。

やる気がないと思われている

上記でも言いましたが、ニートは就業もせず、勉強もせず、就活もしていないpという人です。

何に対しても無気力でやる気がないと思われがちです。

企業も採用するなら会社に貢献してくれる人材を雇いたいと思っています。

もし、知識や経験がなくても会社が教育していけば、将来利益を生み出す人になるかもしれませんが、やる気がなければいくら教育しても活躍してくれる人材になってくれません。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートになったら就職できないは本当か?

ニートが社会復帰するのは難しく、「就職できないまま末路を迎えるしかない」のでしょうか。

世間的にフリーターの存在は認知されてきましたが、ニートとなると印象は悪いまま推移しています。

「ニートは就職できない」。

巷ではそんなことがささやかれていますね。

しかし、この噂はあくまで噂に過ぎず、ニートでも正社員に就職することはできます。

実際に僕はニート歴4年からホワイト企業に就職することが出来ています。

しかし、ニートは就職に不利だというのは紛れもない事実です。

あなたが採用者側なら「正社員としての経験のある人」、「今まで働いたことのない人」、どちらを取りたいかと言えば前者だと思います。

そういう面でニートは正社員に就職することは今まで働いてきた人に比べたら難しいと言うことです。

とはいえ、20代という年齢にはポテンシャルや可能性が秘められています。

また、コロナ禍の影響を受けて、従来の価値観が変わりつつあります。

新たな求人の枠の広がりも見られるので、ニートの社会復帰は無理ではなくなってきています。

元々の人手不足企業

ニートから社会復帰を目指して就職する場合、就業経験のある人と比較して難しいことを覚悟する必要があります。

とはいえ、近年の企業は慢性的な人手不足に悩んでいますし、コロナ禍にあっても全体で30.4%の企業が依然として人手不足を感じています。

人手不足の業種は以下の通りです。

  • 「建設」
  • 「メンテナンス・警備・検査」
  • 「教育サービス」
  • 「農・林・水産」
  • 「各種商品小売」

建設業は慢性的な人手不足問題があり、コロナの影響を受けても50%と高い数字です。

公共工事や震災などの復興事業に対応しきれていないことが原因ですが、この業種に入ると実地で業務を覚える事ができますし、スキルが身に付きやすいメリットがあります。

メンテナンス・警備の仕事も人手不足が続いていますが、この仕事は「一人で黙々と」こなすので孤独に強いニート向けの仕事です。

若年離職者・若手への需要

「なぜ若者が企業に定着しないのか?」という問題を、日本企業は数十年にわたって抱えています。

この状況は景気の良し悪しに関わらず、過去20年間で30%台と高止まり傾向。

大きな要因は、終身雇用の崩壊に伴う意識変化で「就職=就社」ではなくなったということにあります。

もちろん、企業にとって若年層の早期離職にメリットはなく、育成コストの損失でしかありません。

20年前とは違い、現在の労働人口が減少している中で若年層の離職率30%は深刻な問題です。

これの流れを受けて、企業側も第二新卒、既卒者の採用枠を広げている傾向にあり、今後も継続していく見通しが強いと予測できます。

20代は未経験であっても、「人柄・熱意・ポテンシャル」を積極的に評価される年齢で、流れをうまく掴めば、マイナス要素にはならないのです。

コロナ禍を期に成長する業界を狙う

2020年はコロナ禍という未曽有の事態が発生し、今後も予測しにくい状況が続いています。

その中にあって、打撃を受けている企業が多数に及び、今までとは違う価値観に対応することが求められています。

一方で、今までは大手や他業種に流れていた人材を積極的に採用し、成長しようとしている企業も存在しています。

コロナ後も成長していく企業は以下の通り。

  • IT業界
  • 家電業界
  • 物流
  • インターネットメディア、ゲーム
  • 医療・介護業界

今後は人が生きていくうえで、欠かせない業界が注目されていきます。

「エッシェンシャルワーカー」が注目されたように、スーパー・コンビニ・ドラッグストアの店員や、物流ドライバー、医療が該当します。

また、シニア・高齢者向けの介護業界も、今後は100兆円規模になる見込みで拡大していくと予想できます。

これらの業界は人の不足が起きていますので、20代のニートにも就職のチャンスがあります。

参考:報告書「経済・産業の動向と見通し及び当面の政策課題」

\就職に不安を抱えているなら/

ニートで社会復帰できない人の特徴

ニートから社会復帰が無理な人の特徴とはなにか?

気になるところですが、結論から述べると「ネガティブ」「自分に甘く行動力がない」「プライドが高く高望みする」という原因が根強く存在します。

また、職種に対する偏見、誤った認識を持っていることも多く見られます。

僕の周りにもニートの知り合いがいるのですが、その人は就活をしているにも関わらず、正社員に就職することがいまだにできていません。

そんな人を見て思った就職できないニートの特徴を上げていきます。

これらは意識して改善する事は十分可能なので、改めていきたい点ですね。

ネガティブ思考の人は社会復帰できない

多くのニートは在学中に就活をして、面接に失敗した過去を持っています。

就活をせずにニートになり、社会復帰を目指す人もいますが、この場合は面接経験がありません。

そのことから、自分にはコミュニケーション能力がないし、どこにも就職できなかった人間なんだ…。

「ニートになり条件も悪いし就職できないだろうなぁ…。」と、過去を引きずり暗い気持ちでは面接に成功することは難しくなります。

面接官から見ても、顔色が悪い、覇気がなく暗いと判断されてしまいますので、何時まで経っても社会復帰はおぼつきません。

自分に甘く、行動力がない人は就職できない

現在は豊かな時代と言われて久しく、就職できないままのニートであっても、誰かが金銭的に支援してくれています。

「社会復帰しなければ」と思っていても、緊急で働く必然性を感じない環境に浸ってしまえる温さがあります。

そういった状況に身を置いていると、企業検索や履歴書の作成、スーツの用意などの一般的な準備も先送りしがちに。

自分に都合の良い理由を作って行動しないまま日を過ごす人は「過去の反省もできていない」ことにつながります。

なぜ、就職できないでニートなのか、反省できないと行動力も生まれず、時間を無駄に過ごしてしまいます。

ましてや、ニート期間の中で「勉強をして自分を磨く」という行動とは無縁の生活をしているのが現状。

そうなると、社会復帰は到底無理で、ニートから抜け出せないままになってしまうのです。

高望みをして企業を選びすぎるとニート脱却は無理

社会復帰が無理なニートの特徴として、高望みをして条件の良い求人しか見ていないケース。

多くのニートに言えるのですが、自分の市場価値や実力などの現実を考えないまま日を過ごしてしまうケースです。

社会復帰するにあたり、使用期間や新人に課せられる「下積み仕事を嫌がり」最初から主任クラスの待遇を探すという、勘違いが見られます。

結局、そのような求人は多くはなく、自分も採用基準に到達していないので諦めてしまいます。

また、残業時間や労働時間などの条件を気にして、そこばかりを面接時に確認してしまうと、熱意を疑われてしまいます。

このようになると、採用企業もありませんし、社会復帰は絶望的な状況になります。

職種・業界を絞りすぎている

ニートは何もしなくても就職が不利と言われています。

それなのに職種や業界にこだわってしまうとますます正社員に就職できる確率が減ってしまします。

職種や業界にこだわるのはある程度、正社員経験のある、スキルを持った人たちだということを覚えておいてください。

そして、知らない業界や興味のない職種でもいざ働いてみたら楽しかったということもあります。

僕も就職するまでその業界のことを全く知らなかったのですが、働いてみて思ったことは「この業界は自分に向いているかも」ということです。

職種や業界の幅を広げれば、選択肢も広がりますので、最初から特定の業界にこだわらずに求人を探してみることです。

先延ばし癖がある

いざ、行動しようと思っても面倒くさかったり、億劫だったりして「また今度でいっか」となにもしないことが往々にしてあります。

しかし、たいていの「また今度」が一生来ることはありません。

人は一度先延ばしにするともっと面倒くさくなるという性質を持っています。

思い立った時が一番、行動のハードルが低いということを覚えておいてください。

1人でがむしゃらに就活している

ニートは周りに頼りになる人や相談できる人が少ない人が多いです。

そのため就活をしようとしても一人でがむしゃらに就活をしてしまっている人がいます。

しかし、ニートが一人で就活をしても99%上手くいくことはありません。

ニートという特殊な環境下の就活はそれなりにちゃんとした対処策を取らなければいけません。

それにも関わらず、そういう知識がないまま就活してもうまくいくことはありません。

\就職に不安を抱えているなら/

社会復帰のための第一歩!

ニートから社会復帰を目指すなら、初歩的なことから少しずつ行動することが近道です。

最初から大きな変化は難しいですが、少しでも踏み出すことで着実に社会復帰へと進んでいけるのです。

就職できない状態から脱却するための、簡単なSTEPをご紹介します。

生活リズムの改善を行う

ニート生活を続けている間は、部屋に引きこもっていますので、昼夜逆転の不規則な生活リズムになっています。

ニートから社会復帰を目指すのなら、生活のリズムを一般的な朝方に戻しておきましょう。

ニートの特徴である、誰からも時間を縛られない生活を続けているうちは、就職できないままの状態に変化は見いだせません。

生活リズムを朝方にして、太陽の光を浴びだけで、マイナス思考からの脱却にもつながります。

簡単なことですが、規則正しい生活リズムに戻すだけでもニートからの脱却には有効な方法です。

参考:Omron 太陽光不足が「SEうつ病」を招く | 健康・医療トピックス | 

家事を手伝い、外にも出てみる

ニートからの社会復帰は無理なことではありません。

まずは家事手伝いを始めてみるだけで、分類上はニートではなく「家事手伝い」となります。

また、家事の延長で「外に出るきっかけ」が生まれますので、社会との接点が戻ってきます。

そうすることで、働いている先輩や友人に話を聞きに行くなど、社会復帰に向けた準備が無理なく進められます。

外の人と関りを持つことで、自分が気にするほどコミュニケーション能力が劣っているわけではないと自信回復する事が見込めます。

さらに、家事手伝いを通して家族に貢献しているという実感も、社会復帰向けてはプラスに働きます。

自己分析を通じて過去と向き合う

就職できないまま卒業して、ニートのまま過ごしてしまった事は変えようありません。

ただ、ニートになり働く意欲をなくしてしまった原因がどにあるのか、自分と向き合う事をおすすめします。

そもそも内定が取れなかつた原因はどこにあったのか時間を掛けて分析すると答えが見えてきます。

そうすると、小さな課題も見えてくるので、クリアしていくことで自信をつけていく事ができます。

「毎日〇時間を求人の検索にあてる」「一週間で〇件の求人を申しこむ」「一日に〇分は職務経歴書の見直しをする」

このように自分でタスクを決めていきます。

そうすると、自然に継続して行動する考え方になれますし、自分の改善点が見えてきて自信が付きます。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが就職して社会復帰に成功するために 

ニートが就職して社会復帰するためには、準備を万全にする必要があります。

ニートの世間的なイメージはマイナスなものが多いですが、20代という若い人材なら「どのように過ごしたか」で挽回が可能です。

今からでも遅くないので、企業にアピールして社会復帰を成功させる方法を解説します。

まずは働いてみる

ニートのまま社会復帰して正社員になるには、かなりの決意と行動の量が求められます。

ニート期間は人生の空白期間なので、採用する側も躊躇する部分が大きく、スムーズには進みません。

そこで、まずは社会復帰の為と考えて、数時間程度のアルバイトから始めて、社会生活に馴染んでいく方法が有効になります。

働くというサイクルに慣れてくれば、段階を踏んで、派遣社員や契約社員に挑戦していきます。

これらの採用ハードルは、そこまで高くないので、まずは職場という環境を得られます。

そこからの正社員登用も視野に入れる事もできますから、無理のない就職につなげることが可能です。

転職エージェントを利用して準備万全にする

ニートからの社会復帰には、「転職エージェントの利用」が一番のおすすめです。

転職エージェントというのは就活に対する基礎知識を教えてくれて、履歴書の書き方、面接対策など就活に関することをマンツーマンでサポートしてくれます。

転職エージェントを利用する一番のメリットは、無料でキャリアアドバイザーが担当についてくれて、多くの手厚いサポートを受けられるところです。

就活のプロであるアドバイザーに相談することで、自分では気が付かなかつた弱点について的確なアドバイスが得られ、修正に役立てることができるのです。

さらに、転職エージェントを利用すると「書類選考が免除」という求人が多く、面接から臨めるメリットがあります。

結果として、ニート期間が長い人でも転職エージェントの利用で採用率は8割以上に向上します。

なぜなら、苦手な部分の見直しや、対策のフォローをしてくれるので、自信をもって就活に臨めるようになるからです。

もちろん、エージェントに頼り切りでは就職できないままの失敗を繰り返してしまいます。

不足していたものを見つめ直すためには、自分主体でなければ意味はありません。

また、転職エージェントとの相性や、得意とする分野や強みは異なりますので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

ニートに特化した転職エージェント

似ているサービスとして「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などの転職エージェントがありますが、ニートはそこを使わない方が良いです。

なぜかというと上記の転職エージェントは基本的に正社員で働いてきた人を転職支援をするサービスなので、ニートなどの人は対象外となっています。

一応使えはしますが、ほとんどまともな就職先がないといっても過言ではないです。

そこでニートがこれだけ使っておけばOKという転職エージェントを紹介します。

ジェイック

ジェイックはニートの人も歓迎しており、正社員に就職する最後まで徹底的に面倒を見てくれます。

「0」から就活を始めたニートの人にとってはかなりうってつけのサービスと言えるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートの社会復帰は無理ではない!転職エージェントを活用しよう!

ニートの社会復帰が難しい背景についてお話してきましたが、採用側の企業は若い人材を求めていることも解説しました。

ニート期間が長くなれば就職できないリスクは高まりますが、20代なら社会復帰は無理ではありません。

コロナ禍の中で新たな価値観も生まれており、そこには雇用のニーズは広がっています。

今からでも、ニートの期間を充実したものにすれば社会復帰は可能です。

さらに確率を高めるには「転職エージェント」の活用が効果的です。

無料でプロのアドバイスが受けられるメリットを活用して、ニートから脱却しましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ