フリーターの就活

フリーターは就職できない!?就活成功のためにすべき3つの行動とは?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「フリーターを始めてしまったらもう最後で二度と就職できることなんてない。」

「どうしてフリーターになってしまったんだろう。就職できないって知っていればこんな道を選ばなかったのに。」

こんな思いを抱いている人はいないでしょうか。

フリーターになると正社員として就職するのが困難だということはよく知られています。

ただ、就職できないというのは嘘でしかありません。

私は就職支援の仕事をずっとしてきましたが、フリーターから就職した人たちも大勢見てきています。

就職成功のためのポイントがわかればきっと誰でも就職できるので諦めてはなりません。

就職できないと思い込んでいる人もこの記事を通して前に進めるようになりましょう。

フリーターは就職できないは嘘! 

フリーターは就職できないというのが嘘だというのは冒頭でも述べました。

就職支援や転職支援をしているサービスに携わっている人なら誰でも知っていることです。

企業からのニーズがある

今は働き手が足りなくて困っている時代なので、正社員になりたいと思っている人を探している企業がたくさんあります。

フリーターになってまだ期間が短く、20代半ばくらいまでの人なら若手として注目してくれる企業も多いのが現状です。

特に最近では少子化の影響を受けて若手の獲得が難しくなってきました。

大手の有名企業なら何人も新卒を獲得することができますが、中小企業になると以前にも増して新卒獲得が困難な状況で苦しんでいます。

そのため、フリーターでも就職できないということは決してありません。

フリーターの就職は決して簡単ではない

ただ、フリーターとしての経歴が長くなればなるほど難しくなってしまう可能性はあります。

就職できないと思い込んでしまうと正社員に本当になれなくなってしまうかもしれませんが、簡単に就職できるだろうと信じている場合にも採用されずに困りがちです。

ストレートに新卒で就職できた人たちに比べると不利になってしまうのは事実です。

フリーターには就職のチャンスはあるけれど、それなりの覚悟をして就職活動にチャレンジする必要があります。

\就職に不安を抱えているなら/

なぜフリーターは就職できないと言われるのか? 

フリーターには就職の機会があるにもかかわらず、なぜ就職できないと言われているのでしょうか。

「火のない所に煙は立たぬ」とはよく言いますが、根拠がない噂というわけではないので注意しましょう。

フリーターが就職できないと言われている理由として代表的なのは以下の3つです。

就活失敗組だから

1つ目は新卒での就職に失敗した人だという固定観念を持って見られてしまうからです。

フリーターをしている若い人の多くは学生のときに就職活動をしてどこからも内定をもらえずに終わってしまっています。

とりあえず生活費を稼がなければならないのでアルバイトを始めて、翌年の新卒採用のタイミングで就職しようと考える場合が多いでしょう。

このような形でフリーターになった人が多いため、学生のときの就活の失敗組と思われています。

他の人たちは内定を獲得して就職に成功していたことを考えると、ストレートで就職した人に比べて劣っているところがあると判断できます。

そのため、採用しても役に立たないのではないかと懸念されてしまい、採用を見送られてしまいがちなのです。

空白期間があるから

2つ目は空白期間があるとなぜ就職して働いていなかったのかが疑問視されてしまうからです。

フリーターは社会人の職歴としては認めてもらえないので、働いていないと無職同然の扱を受けてしまいます。

働いていなかった期間を空白期間と言いますが、人によって遊んで暮らしていたのか、病気になっていたのか、と色々な可能性があるでしょう。

多くの企業ではリスクを選ばないようにするので、遊んでいて仕事をする気がなかったために空白期間があったのではないかと疑われやすいのです。

仕事に対する意欲があって大きな成長をして企業に貢献してくれる人を採用したいというのが企業の本心です。

そのため、空白期間が目立つフリーターは不採用にしておこうと考えられがちになっています。

年齢的な魅力が低いから

3つ目は年齢的に魅力がなくなってきてしまうからです。

フリーターでも若い人であれば伸びしろが十分にあるから採用したいという企業もたくさんあります。

しかし、30代になってしまうとだいぶ若さの魅力が失われてしまって敬遠されがちです。

40代ともなると採用しても20年足らずしか働いてもらえないので、教育にかけるコストを考えるとコストパフォーマンスが良くないと考えられてしまいます。

そのため、フリーターとして働いてきた期間が長く、年齢を重ねてしまっているほど就職できない状況に陥りやすいのです。

\就職に不安を抱えているなら/

選考に落ち続けてしまう原因とは? 

フリーターになっても就職できると信じて求人に応募したけれど落とされてしまった経験がある人もいるでしょう。

一回落ちたくらいならたまたまかもしれないと思うかもしれません。

しかし、何度も繰り返し落ちてしまうと、やはりフリーターは就職できないのだと考えてしまうのももっともなことです。

ただ、選考に落ち続けてしまうのには理由があります。

なぜフリーターの人は応募しても落とされ続けてしまうのでしょうか。

よくある原因を確認していきましょう。

正社員とアルバイトの違いがわかっていない

まず、正社員として働くこととアルバイトをすることの違いがわかっていないのが原因のことがよくあります。

正社員には責任が伴う

フリーターとしてアルバイトをしていると仕事をして稼いでいる気分になるでしょう。

ただ、先ほど述べたように人材採用のシーンではアルバイト歴は職歴にはなりません。

仕事をしていたのだから職歴として考えるべきだと思うかもしれませんが、企業にとってアルバイトは正社員とはまるで違うものなのです。

正社員は企業の一員として、企業が成長して売上を伸ばせるように貢献してくれる人です。

責任を持って自分がやるべき業務を遂行することが正社員には求められます。

成功したときには自分の業績となり、失敗したときには責任を取らなければなりません。

アルバイトは社員の指示通りに動けばいい

それに対してアルバイトは正社員の指示を受けて作業をする人という位置付けなのです。

考えてみると、マニュアルが用意してあってその通りに作業をすることが求められていなかったでしょうか。

やることは現場の正社員から指示されて、言われた通りにできると褒められ、できないと叱られたのではないでしょうか。

アルバイトでミスをしたときには正社員の人が責任を取ってくれた記憶がよみがえってきた人もいるかもしれません。

基本的には正社員が頭を使って手を動かそうとしても手数が足りないときに、アルバイトを雇って代わりに作業をさせる仕組みになっているのです。

そのため、正社員になると全ての業務に責任を伴うようになります。

正社員の行動は業績に影響力がある

正社員になるとその一つ一つの決断や行動が企業の業績に大きく影響します。

採用担当者は、その覚悟を決めて就職したいと思っているかどうかを書類や面接で見極めています。

アルバイトのような感覚で働こうとしているのが垣間見えた時点で、正社員としての素質はないと思われて落とされてしまうのです。

選考対策が十分にできていない

一方、選考を受けるときにきちんと対策ができていないのが原因の場合もよくあります。

この企業のために頑張って働きたいという気持ちがどれだけあったとしても、採用担当者に伝わらなかったら意味がありません。

また、どんなに意欲があったとしても、企業目線で見て有用な人材だという評価を得られなければ採用されることはありません。

本当は応募先の企業にとても合う性格や素質を持っていたとしても、採用担当者がそう判断できなければ採用は見送られてしまいます。

そもそも自分に適性がない職種や業種の求人にばかり応募していたとしたら目を向けてくれることはないでしょう。

選考基準の違いを把握しよう

アルバイトの場合にはマニュアルを作ったり、直接指示を出せるようにいつも正社員が隣にいるようにしたりして、誰でも作業を行えるように工夫をしています。

そのため、適性などの見極めも正社員に比べると厳しくはなく、きっとやるべき作業はこなせるだろうという程度の気持ちで採用することも珍しくありません。

しかし、正社員になると終身雇用が原則になるという影響もあり、本当に適性があるのかを隅々まで見て適任と思ったときにだけ採用します。

応募先の企業がどんな人材を求めているのかを理解し、自分がそういう人材だと伝えられないと、いくら応募しても落とされてしまうでしょう。

闇雲な応募は禁物

フリーターのときには闇雲に応募していても採用してくれるところが見つかったかもしれません。

特に履歴書を書くときに工夫をしたり、面接で個々の応募先に合わせて準備をしたりしなくても雇ってもらえた人もいるでしょう。

しかし、正社員になるためには応募先ごとに適切な対策をして選考を受けないとなかなか通れることはないのです。

\就職に不安を抱えているなら/

これで安心!就活成功のための3つの行動!

フリーターの人がこれから就活にチャレンジして成功させるためには何をしたら良いのでしょうか。

ここまでにフリーターの人が不利になってしまう原因や、落とされてしまう理由について紹介してきました。

これらを参考にすると就活成功のための秘訣がわかります。

以下に挙げる3つの行動をすぐに起こして就職に向けて動き出しましょう。

やりたいことと適性を理解する

1つ目は自分のやりたいことと適性を分析することです。

実際にその企業で働くイメージを持とう

正社員になって働いていくからには、その企業でずっと働いていきたいという気持ちを心から持てることが大切です。

どこでも採用してくれるなら構わないというのでは、企業としても全く魅力的な人材には感じてくれません。

フリーターは職歴がなくて不利だったとしても、年齢的に若ければ魅力的な採用候補になります。

そのチャンスを活かすためには、自分は正社員として働いた経験はないけれど、この企業に入ったら成長してこんな貢献をしていきたいという気持ちを伝えるのが大切です。

企業にどんな貢献ができるかを考えよう

自分が入社したことによって将来、企業にどんな可能性が生まれてくるかをイメージしてもらえればきっと採用を前向きに考えてくれます。

そのためには応募先の企業の事業に興味がなければ始まりません。

自分がこれからずっとやりたいと思える仕事は何か、どんな分野なら広く興味を持てるかといったことをよく考えてみましょう。

その際に適性も加味して考えると、企業に対して自分をアピールしやすくなります。

フリーター歴を思い返そう

ただ、自分の適性が何かがよくわからずに悩んでしまうことがよくあります。

その際にはフリーターとしてどんな仕事を担当してきたかを思い返してみましょう。

フリーターとして働いてきた中でヒントを得られているかもしれません。

レストランで接客をしていてお客様から喜ばれていたことはないでしょうか。

コンビニで多岐にわたる仕事をてきぱきとこなして正社員から褒められたことはないでしょうか。

こういった他者からの評価の言葉は選考のときにアピール力があります。

自分がやりがいを持って取り組める仕事の特徴を見つけられる可能性も高いので、就活前に必ずアルバイトの内容を思い返してみましょう。

周りの正社員を観察する

2つ目はアルバイト先で正社員が何をしているかをよく見て理解することです。

言葉で言われただけでは正社員とアルバイトの違いがわからない人もいるでしょう。

フリーターとしてアルバイトをしているメリットを生かして、現場で正社員を観察して違いを見極めるのは合理的な方法です。

実際に話を聞いてみることも大切

見てみてもよくわからないのなら正社員の人に話を聞いてみるのも良いでしょう。

普段、どういう仕事をしていて、何に責任を感じているかを聞いてみるとアルバイトとの違いが見えてきます。

できるだけやる気を持って働いているのがよくわかる正社員の人に話を聞いてみるのがおすすめです。

仕事に対してどのようなやりがいを持っているか、なぜその仕事を選んだのかといったことも聞いてみると、自分が就職先を探す上で参考になります。

正社員としての心得がわかったらゴールはもうすぐそこ!

このようにして違いがわかったら正社員になるための心得も自然に自覚できてくるでしょう。

心を入れ替えて就活に挑まなければならないという意識が芽生えてきたならきっと大丈夫です。

書類選考のために提出する履歴書の一字一句、面接選考のときに態度や言動などを通して、責任を持って行動を取れる人だと伝える努力をしましょう。

就職支援サービスを活用する

3つ目は就職支援サービスを最大限に利用することです。

フリーターの就職が大変なのは確かで、フリーター歴がある人でも雇いたいという企業の求人を選び出さなければなりません。

求人にはっきりと書いていない場合が多いので、企業の意向をよく理解している人に教えてもらうのが近道です。

就職支援サービスは企業とあなたをマッチングさせてくれる

就職支援サービスは企業にとっては人材を紹介してもらうサービスです。

若手が不足して困っているから生きのいい人材を紹介して欲しいという企業の言葉を聞いています。

そのため、自分がフリーターを続けてきた事情を伝えると、きっと正確なマッチングをしてくれます。

就職支援サービスでは自分のやりたいことがわからないときにも相談に応じてくれます。

自分が知らなかった仕事に出会える可能性もあるでしょう。

選考の準備も手伝ってくれるのが一般的です。

以前にフリーターとして就活をして失敗した苦い思い出のある人もサポートを受ければきっと採用を勝ち取れます。

積極的に利用して就活を有利に進めていきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

今のチャンスを生かしてフリーターから就職しよう

就活はフリーターになったらもう成功するのは無理で、就職できないから諦めるしかないと思い込んでいる人もいます。

しかし、フリーターから就職に成功している人もたくさんいるので、ここに挙げた成功の秘訣を頭に入れて行動を起こしましょう。

ただ、迷っていてはチャンスを失ってしまうかもしれません。

若いことが企業にとって大きな魅力だからです。

就職したいという気持ちが少しでもあるなら今すぐに行動を始めましょう。

まずは就職支援サービスに連絡して自分のやりたいことを明確にし、求人を紹介してもらいましょう。

チャンスを逃さないために行動を起こすタイミングはまさに今なのです。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...
フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ