フリーターの就活

中途採用とは?フリーターが就職成功させるための求人の探し方のコツ

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「フリーターをやめるには中途採用で応募する必要があるはずだ」

「中途採用で求人を探したらきっとフリーターから正社員になれるに違いない」

そう思ってこれから就職活動を始めたいと思っている人もいるでしょう。

フリーターの人が就職活動をするときには中途採用の募集を探すのが一般的になっています。

ただ、私の経験からすると中途採用の意味をよく理解せずにこの方法を選んでいる人が多い気がしています。

フリーターの就職支援をしてきた私としては、もっと広い視野で就活をするのがおすすめです。

この記事を通して中途採用とは何かをよく理解し、フリーターの人が就職活動を成功させるのに必要な求人の探し方を学んでください。

中途採用とは? 

初めに中途採用とはそもそも何かを確認しておきましょう。

中途採用とは企業が人材を必要としたときに募集活動をする不定期な採用活動です。

その対象は今まで就業した経験がある人というのが主流になっています。

就業経験がない人でも応募することは可能ですが、募集条件を満たしていなければその時点で採用されません。

企業が中途採用を行う目的は様々で、事業を進める上で必要な人材が社内にいなかったときや、退職者が出て補填しなければならないときが代表的です。

また、新卒採用では人材を十分に獲得できなかったときにも中途採用が行われることがあります。

特定の企業から募集が常にあるわけではありませんが、企業の数が多い影響もあって中途採用の募集は通年でかなりの数を見つけられるのが現状です。

新卒採用との違い

中途採用はキャリア採用とも呼ばれていて、新卒採用とよく対比されています。

新卒採用とは年に1回の採用活動で、主に卒業予定の学生を採用対象としています。

実際には卒業してから3年以内の就業経験がない人まで応募できるようになっているのが一般的です。

\就職に不安を抱えているなら/

中途採用に企業が求めている条件とは 

中途採用について概要がわかったところで、企業が中途採用に何を求めているのかを確認しておきましょう。

即戦力になる人

ほとんどの場合には一言で言うと即戦力になることを条件に求人を出しています。

今まさに必要な人材を確保するために中途採用を行っているのが一般的だからです。

長期的な視野で教育をして成長してもらい、企業に多大な貢献をする人材になってもらいたいという場合には若くて意欲がある新卒がもっと魅力的です。

ただ、新卒の場合には教育コストがかかってしまい、すぐに必要な業務に戦力として携わってもらうことができません。

中途採用では新卒では実現できない即戦力という点を重視した採用をしているのです。

教育コストがかからない人

近年では教育コストがかからわない若者を集めるという視点でも中途採用がよく行われるようになりました。

新卒採用では若手を十分に確保できない企業が増えていることに先ほど少し触れましたが、その充当方法として第二新卒がよく着目されるようになっています。

新卒として就職した企業でビジネスマナーなどの基礎を学んでいて、初期教育のコストがかからなくなっているにもかかわらずまだ若いのが第二新卒の魅力です。

即戦力にはならずとも、即専門教育を始められるという点で優れているのです。

中途採用ではこのように企業のたった今のニーズに合った人材が求められています。

詳しい条件はケースバイケースで、同じ企業からの募集でもタイミングによって異なります。

うまく自分がその企業のニーズに応えられるときにだけ採用してもらうことができるのが中途採用に一般的に共通する特徴です。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターは中途採用枠で募集するべき? 

フリーターの人の中にはフリーターは中途採用枠でしか応募できないと思っている人も大勢います。

ただ、本当にフリーターは中途採用の募集を探して応募するべきなのでしょうか。

中途採用しか選択肢がない

中途採用の募集意図を考えてみると、基本的には就業経験がある人を即戦力として雇おうとしています。

フリーターは就業経験があるとは見なされないので、中途採用の条件を満たさないのではないかという疑問も生まれてくるのではないでしょうか。

まだ学校を卒業してから年月が浅い場合には新卒と同じ枠でエントリーすることもできます。

ただ、何年も経過してしまっているともう新卒採用に応募することはできません。

そのため、中途採用枠でしか就職活動をおこなうことはできなくなってしまいます。

特別に若い時期を逃してしまったなら、本当に中途採用の募集を探すしかないと考えましょう。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターが中途採用枠に応募するときの注意点

中途採用枠に応募する際には押さえておかなければならない注意点が2つあります。

即戦力を求めている求人には応募しない

第一に言えるのが、即戦力を求めている求人にいくら応募しても採用してもらえないことです。

フリーターとしてどれだけ長く働いていたとしても社会人経験とすら認められないのが日本の状況です。

類似の仕事をアルバイトでしていたとしても、正社員とは違うと一言で一蹴されてしまいます。

職歴がない人は戦力になり得ないと判断されて書類選考の時点で落とされてしまうのです。

第二新卒枠の求人にも応募しない

もう一つ押さえておきたいのはフリーターとして働いた経験がいくらあったとしても第二新卒としては認めてもらえないことです。

第二新卒は初期教育を受けて社会人としての基礎を身につけているのが魅力です。

フリーターの場合にはやはり社会人経験があったとは認めてくれないため、第二新卒を欲している求人に応募しても目を向けてくれません。

年齢的には第二新卒だったとしても対象から外されてしまいます。

この場合にも書類選考の時点で採用を見送られてしまうことになるので注意が必要です。

このような事情を理解した上でいかにして就活を進めるかを考えましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターが求人を探すときのコツ 

これから本格的に就職活動をしたいと思っているフリーターはどうやって求人を探したら良いのでしょうか。

中途採用枠しか候補がないとすると、いかにしてフリーターでも採用する意向がある企業からの求人を見つけ出すかが勝負所です。

フリーター歓迎求人を狙おう!

一つの方策としては求人を見て「フリーター歓迎」「未経験歓迎」などといったキーワードが含まれているものを候補にすることを考えられます。

社会人として働いた経験がない人でも欲しいと思っている企業はたくさんあります。

社会全体を見ると労働者の不足が問題になっているので、探してみればフリーターでも採用してくれる企業は見つかる可能性があるのです。

求人サイトやハローワークなどの検索システムを使ってキーワード検索をすれば候補をリストアップできるでしょう。

働く地域の選び方によっては無数に候補があり、逆に地域によってはほとんど求人がないこともあります。

この方法で地道に求人を探して応募していけば中途採用で就職に成功できる可能性を切り拓けます。

しかし、あまりのも労力がかかり過ぎて断念してしまうことになりかねないのも確かです。

なぜなら求人を見ただけで本気でフリーターも採用しようとしているかどうかを見極めるのは難しいからです。

できるだけ多くの応募者を集めたいというだけの意図で「フリーター歓迎」と記載しているだけのこともあります。

転職エージェントに相談して選び出そう

このような求人の中から本当に自分のような人を求めているものを選び出したいなら、転職エージェントに相談するのがコツです。

転職エージェントは企業からの依頼を受けて適材を紹介する仕事をしています。

企業がどういう人を欲しがっているのかを詳しく聞いているので、フリーターでも適任者なら紹介してくれます。

前述のように現実的には社会人経験がなくても採用したいという企業はたくさんあるので、転職エージェントに相談すれば自分の適性に合った企業を選んで紹介してくれるでしょう。

転職エージェントは求職者にとっては就活を成功させるためのサポーターとしての役割を持っています。

企業のニーズに合っている人材だとアピールできるように、履歴書の書き方や面接の受け方なども手取り足取り指導してもらうことが可能です。

就職活動に失敗した記憶があって不安がある人も、ここで気持ちを入れ替えて転職エージェントと一緒に進んでいけばきっと魅力的な企業に就職できるでしょう。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターに最適な仕事の探し方をしよう 

フリーターが就職したいと思ったときには、ある程度フリーター歴が長くなってしまうともう中途採用枠にしか応募できません。

中途採用の募集を出している企業の意図は個々にまるで違うので、その中から自分を候補者として見てくれる求人を探し出すことで就職に成功できるようになります。

転職エージェントに相談すれば企業の募集意図を正しく理解しているので、自分に合った仕事を紹介してもらえます。

就活は大変なのは確かなので、思い立った今すぐに足を踏み出さないと諦めようという気持ちが強くなってしまうかもしれません。

このチャンスを逃さずに転職エージェントに相談してみましょう。

きっと自分を貴重な人材として迎え入れてくれる企業に出会うことができます。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ