既卒の就活

既卒の自己PR作成方法を例文付きで紹介!何もない人の対策も紹介!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「既卒の自己PRってどうすればいいの?」「書くことが何もないんだけどどうしよう・・・」とお悩みの人は多いのではないでしょうか?

今回は既卒の自己PRはどうやって書けばいいのかをご紹介していきます。

自己PRが何も思い浮ばない?

「自己PRがなにも思い浮ばないよ」と言う人も多いんではないでしょうか。

自己PRは派手な経歴やエピソードを探すのではなく、自分の人柄や個性など自分がどういう人間か知ってもらうためにあります。

面接官にインパクトを与えるエピソードを与えるのではなく自分の性格や人柄が感じられるエピソードを探してみましょう。

大切なのはそのエピソード、経験から何を学んだか、どのように生かしていったかです。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒の自己PRの探し方

まずは自分のこれまでの経験を具体的に書き下ろしていくことが重要になります。

自分がそうでもないと思ったものでも意外と自分の強みが発揮されていた場面があることは珍しくありません。

自分が行ってきた勉強、サークル活動、部活動、アルバイトなどから自分がこれまでの人生で行動してきたことを書き出してみてください。

この中から自分の行動を分析し、自分が行ってきた工夫や努力を書き出してみましょう。

それが自分の強みとなり、企業にアピールするポイントとなります。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒の自己PRを考えるうえでのポイント

自己PRを考えるうえで重要なポイントは

  • 自分が何をアピールしたいのか明確にする
  • 企業が求める人物像を考える
  • できれば最近の出来事をアピールする

です。

自分が何をアピールしたいのか明確にする

自分の強みをアピールするのは1個までと決めておきましょう。

「あれもこれも」となると結局自分がなにを一番アピールしたいのかわからなくなり、面接官の方も「で、結局君の強みは何なの?」となってしまいます。

たくさんアピールポイントはあることはいいですが、まずは一つに絞ってその強みが遺憾なく発揮されたエピソードを伝えるようにしましょう。

企業が求める人物像を考える

企業がどのような人材を求めているのか考えることも重要です。

例えば企業が「リーダーシップのある人」を欲しいと思っているのに「私の強みは1人で何でも行動できることです!」と言われても欲しいとは思わないですよね。

このような企業とのミスマッチを起こさないためにも企業側がどのような人物を求めているのかを調査しましょう。

そのためにも企業研究は重要になってきます。

そしてもし、自分の強みや長所が思いついたらそれがどのように仕事に活かせるかを考えましょう。

面接官に「この人はこの強みを活かして自社で活躍してくれそうだな」という印象を持たせることが重要です。

できれば最近の出来事をアピールする

既卒の自己PRでは最近の出来事をアピールするようにしましょう。

既卒は卒業後までの期間を「空白期間」と捉えられます。

もし、学生時代やかなり昔の出来事をアピールしてしまうと「卒業後から今までは何もやってこなかったの?」と面接官にツッコミを入れられる可能性があります。

卒業後からアピールするエピソードがこれといってない場合は仕方がないですができるだけ最近の出来事をアピールするようにしましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

面接官が既卒の自己PRのどこを見ているのか

面接官が既卒の自己PRでどこを見ているかのポイントを説明します。

  • どのような人物か
  • どんな経験をしているのか
  • 経験したことから何を学んだのか
  • 自社ではどのような活躍をできるか

以上の4点を面接官は見ています。

このような点を踏まえて作成手順を考えると

  1. 結論(強み・長所)
  2. エピソードの問題提起
  3. それに関して工夫・改善したこと
  4. 結果どうなったか

このような手順を意識しながら自己PRを作成していきましょう。

ポイントしては必ず結論を最初に持ってくること。

結論を最初に持ってこないと結局何が言いたいのかわからない文章が出来上がってしまいます。

そしてエピソードの中に具体的な数字を入れること。

数字を入れればどのような結果になったかを可視化できるようになり面接官に伝わりやすくなります。

\就職に不安を抱えているなら/

自己PRを1人で作成する自信がない場合は就職エージェントを使うのもアリ

もし、具体的なエピソードや自分の強みを見つけられない場合は就職エージェントを利用してみるのも良いかもしれません。

就職エージェントとはあなたの就職活動をマンツーマンでサポートしてくれるところです。

あなたの強みや自己分析など就活に関する悩みを全て解決してくれます。

僕がオススメしているところはすべて無料ですので一度気軽に相談してみると良いと思います。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ