既卒の就活

既卒の求人はブラックしかない?既卒でもホワイト企業に就職する方法

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「既卒の求人ってブラックしかないの?」「既卒になったらもうホワイト企業には就職できないのかな…。」

今まで500人以上の就職相談に乗ってきましたが、このような悩みを抱えている人はたくさんいました。

既卒の人にはいくら求人を探してもブラックなものしか見当たらないと思っている人も多いでしょう。

ブラック企業で働くくらいならニートのままで良い、フリーターを続けようと考えるかもしれません。

確かにブラック企業には就職したくないと思うのはもっともなことですが、ホワイト企業の求人は本当に存在しないのでしょうか。

既卒の人の就職や転職をサポートをしてきた経験から考えると、決してホワイト企業に就職する道がないわけではありません。

自分と波長が合うホワイト企業を選び出すことができればきっと既卒の人でも就職できます。

既卒にはブラック企業からの求人しかない思い込まずに上手にホワイト企業からの求人を選び出せるようになりましょう。

そこで今回はこのページに訪れてくれたあなただけに既卒が就活する際に、ブラック企業を避けるコツやホワイト企業に就職するための方法をご紹介していきたいと思います。

このページにしか記載していない情報あるので既卒の方は是非参考にしてみてください。

なぜ既卒はブラック企業しかないと言われるのか

既卒の人にはなぜブラック企業からの求人しかないと言われているのかを知っていますか。

実はブラック企業からの求人が目立っているもっともらしい根拠があるので、このような噂が流れている理由を確認しておきましょう。

ホワイト企業には新卒が入社している

ブラック企業からしか求人がないのは、ホワイト企業が既卒を募集していないからだと考えられます。

ホワイト企業は待遇が良くて人気があるので新卒の応募が殺到してしまい、十分に入社しているから既卒に向けた求人を出していないというのが理由です。

ホワイト企業としては新卒のときにより良い人を採用したので、あえて同じ年齢層で採用する必要がないと考えるのも理解できるでしょう。

人材不足のブラック企業だから既卒を採用する

逆に既卒にブラック企業からは求人が出ているのは、人材が不足しているからです。

ブラック企業では労働条件が厳しかったり、職場環境が整っていなかったり、将来性が不安になったりする状況の場合がほとんどです。

その情報を就職前に手に入れたらそもそも求人に応募する人はあまりいません。

採用活動のときにも片鱗が見えてしまうことが多く、応募した人も途中で辞退してしまうことがよくあります。

さらに、たとえ入社したとしてもつらくてすぐに退職してしまうケースが多いのです。

ブラック企業ではこのような状況があるため、既卒でも採用しようというスタンスで求人を出している傾向があります。

慢性的な人材不足が起こっているので誰でも良いというくらいに幅広く募集していることが多いのです。

既卒の人の中には新卒のときに他の就活生と競争をして負けてしまった人もいるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒になったらブラック企業にしか就職できないはほんと?

このような理由があるとなると既卒になると諦めてブラック企業で働くしかないと思うかもしれません。

確かにもっともらしい根拠はありますが、ブラック企業しか選択肢がないというわけではありません。

現実にはホワイト企業に就職できる可能性が十分にあるので、その理由を知っておきましょう。

ホワイト企業でも若手の転職が問題になっているから

ホワイト企業では確かに新卒の獲得に成功しているケースもあります。

しかし、近年になって若手がすぐに転職してしまうのが問題視されるようになってきました。

就職先の企業とマッチしていなかったり、働く自信を失ったりして入社後にすぐに転職してしまう若手が増えているのです。

ホワイト企業であってもやりたい仕事ができないと他の仕事を探したいという気持ちが生まれることがあるでしょう。

結果としてホワイト企業でも若手が不足してしまい、新卒採用の時期よりも後になってから追加で若手を採用したいと考えることが多くなってきているのです。

ホワイト企業でも十分数の若手を確保できていないことがあるから

そもそもホワイト企業であっても若手を十分数確保できているとは限りません。

新卒採用の時点で予定数よりも少なくなり、このままでは計画通りに事業を進められないと判断して既卒の募集をすることがしばしばあります。

企業数は増加しているのに若い世代の人口は減少傾向にあるので、新卒獲得はホワイト企業でも難しくなってきているのです。

このような状況を考えると既卒の人もすぐに就職に踏み切ればホワイト企業を選べるチャンスがあるとわかります。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒がブラック企業を避けるためには?

ホワイト企業で働ける可能性があるかどうかよりも、ブラック企業に就職してしまうのが不安な人も多いでしょう。

既卒の人が就活においてブラック企業を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

求人に応募する前に十分な調査をすれば対策になります。

どんな情報調査をする必要があるのかを確認しておきましょう。

平均残業時間や離職率を調査する

応募先の候補にする企業については十分に研究するのが大切です。

特にブラックかどうかを見極めるためには月間の平均残業時間と離職率を参照してみると良いでしょう。

企業によっては統計調査の結果をホームページで公開しています。

公式の公開情報がない場合にも就活情報サイトなどのメディアを見てみると詳しい情報が載せられていることがあります。

ブラック企業を避けるには平均残業時間が短く、離職率も低い所を選べば問題ありません。

少なくとも過重労働に苛まれてしまうようなリスクは低い企業を選び出せます。

職場の内情を調査する

ブラック企業かどうかを判断するためには職場の内情を把握することも重要になります。

理不尽な理由で上司から叱られることが多いなどハラスメントが横行しているブラック企業も少なくありません。

統計調査による数字上は残業が少なくても、実際にはサービス残業ばかりで余計につらい状況になっている現場もあります。

実際に働いている人たちの声を聞いたり、職場の様子を転職エージェントに見てきてもらったりして本当に安心して働ける職場なのかを見極めるのが大切です。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒でホワイト企業に就職するためには?

ホワイト企業を目指したい既卒の人はどのようにして就活を進めると良いのでしょうか。

ホワイト企業に就職するためには求人を見つけ出し、応募して採用してもらうというプロセスが必要になります。

このハードルを越えるために必要なことを紹介します。

自分を生かせるホワイト企業を見極める

まずはどのホワイト企業に就職したいかをよく考えてみましょう。

既卒の人が採用してもらうためには、志望先の企業から有望な人材だと認めてもらわなければなりません。

基本的にはポテンシャル採用なので即戦力になるスキルや能力を持っている必要はありませんが、この人はきっと自社のためになると思ってもらえるようにする工夫は必要です。

企業に魅力として伝えられる自分の取り柄を探し、それを生かせる企業を選ぶのが大切です。

プロによるサポートを受ける

自分の取り柄が何かわからない、この強みを企業が高く評価してくれるのかが不安だという人もいるでしょう。

ブラック企業かどうかを見極めたいけれど情報がなくて判断できないこともあります。

ホワイト企業に就職するためには正確な情報を十分に集めた上で、企業のニーズとのマッチングを重視して求人を選び出すことが不可欠です。

そのためにはプロによるサポートを受けて就活を進めるのが合理的でしょう。

転職エージェントに相談すれば職場の内情もよく理解しているのでブラック企業に応募してしまうようなことはまずなくなります。

自分の取り柄や強みについてのカウンセリングも受けられるので自信を持って応募できるようになるでしょう。

既卒(学校卒業3年以内)の就職活動に強い転職エージェント5選!この記事では既卒に評判のおすすめ転職エージェント、利用方法や使い方のコツ、登録する際の注意点などを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

諦めるな!既卒でもホワイト企業に就職しよう!

既卒の人はブラック企業にしか就職できないというのはただの噂なので心配する必要はありません。

ホワイト企業がどこなのかをきちんと見極めて応募すれば、きっと前向きな気持ちで働いていける魅力的な職場に就職できるでしょう。

少しでも迷う気持ちがあるなら、すぐにでも就活を始めるのが大切です。

既卒の就職でもホワイト企業は人気があるので、時が経つにつれて候補が少なくなってしまいます。

既卒がホワイト企業に就職するには企業のニーズに合った取り柄があることが重要なので、候補が減るともしかすると魅力的なホワイト企業が見つからなくなるかもしれません。

速やかにホワイト企業を選んで応募を始めるために、転職エージェントに相談してサポートを受けながら就活を進めていきましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ