フリーターの就活

フリーターの就活方法。はじめ方や効率の良いやり方を徹底解説!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「フリーターになってから数年経ち、不安になってきたけど就活方法が分からない」

「就職したいけどフリーターからの就職方法のやり方や始め方を教えて欲しい」

このように就活に不安や悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

私は学校卒業後に早期に仕事を辞めてフリーターの時期がありましたが、そこから正社員へ就職できました。

就職活動ではフリーターの期間が長くなると、就職しずらい状況になっています。

この記事ではフリーターの就活方法について、はじめ方ややり方をご紹介してきましょう。

フリーター就活のはじめ方

フリーターの期間が長くなった人は就職活動から離れてしまい、どのような就活方法を行えば良いのか分らなくなります。

いざ、就活をして正社員を目指そうとしてもやり方やはじめ方が分からず、立ち止まってしまうこともあるでしょう。

フリーターが就活方法として何から始めるべきなのか、見ていきましょう。

気持ちの整理からはじめる

フリーターが就活する前にすることとして、気持ちの整理と自己分析から始めていきましょう。

企業に就職を目指すフリーターはなぜ就職したいのか、その理由を明確にしておくべきです。

例えば、1人暮らしをするために安定した収入を得たいから正社員を目指すや自分のスキルアップを目指すために就職したいなど人によって理由は異なります。

就職したい理由を明確にしておかないと、就活中や就職後に自らの考えとギャップがあった時に後悔してしまうからです。

自らの気持ちを整理するところから就活をはじめてみましょうね。

自己分析をして必要書類を準備

気持ちの整理が付いた人は、就活に必要となる書類を準備していきます。

就活方法としては企業に履歴書や職務経歴書を送るようになるため、学歴・職歴・応募理由などを記載する必要があるでしょう。

履歴書や職務経歴書を作成する場合、フリーターの期間が長いと何を書けば良いのか分らなくなります。

例えば、自らの学歴や職歴がコンプレックスになってしまい、アピールことがないと落ち込む人もいるはずです。

まずは自らの特徴や良さを客観的に見つめ直してみましょう。

自己分析をすることによって自分の特徴や性質を理解し、応募先の企業に「自分はこんな人間です」「自分のこういう特徴を生かして活躍したいです。」とアピールすることができます。

また自分が何をしているときに歓びを感じるか自分の力が発揮できる環境はどういうときかを理解することによってどのような業界で働くべきかどういう環境の職場が自分に合っているかなどの業界選びや職場選びの就活の軸を作ることができます。

1人で難しい場合は、第三者に相談をしてみると意外な発見がありますよ。

身近では家族・友人・バイト先の人など自分以外の人にアドバイスをもらうやり方もあるので、最も負担が少ない方法を取りましょう。

周囲の人からアドバイスをもらいながら、自分の良さが出ている履歴書や職務経歴書を作成してみて下さい。

業種・職種・方向性を決める

フリーターから就活をするためには気持ちの整理や必要書類の準備以外にも大事なことがあります。

それは自らが仕事をしたい業種や職種を決めることです。

今後、どのような仕事をしていくのかしっかりと決めておかないと就職後に後悔してしまうでしょう。

もし「自分が働きたい業界はまだ決まってないよ」「そもそもどんな業界があるかわからない」という方は世の中にどんな業界があるのか、どのような仕事があるのかを色々調べてみましょう。

そうすることでこれまで自分が知らなかった業界でも「こんな仕事があるんだ!働いてみたいかも」と新たな発見があるかもしれませんよ。

業種や職種について本やインターネットを使い情報収集をしていき、自らが進みたい方向性を決めてみて下さい。

もし、情報収集をしている時に興味を持てた企業があれば、企業のホームページやパンフレットを見て詳しく調べてみましょう。

面接の練習を行う

必要書類や情報収集ができた後は本番に向けて、面接の練習を行っていきましょう。

もし、面接の練習を行っていないと本番では緊張し過ぎて失敗してしまうこともあり得ます。

面接の練習を行うことで本番でも自らをしっかりとアピールできるようになるでしょう。

できれば、第三者に面接練習を行いアドバイスをもらうと上手く自己PRができます。

フリーターの期間が長くなるほど自己表現が難しくなるため、面接練習を重ねていくと自然と慣れてくるはずです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターの就活方法はどんなのがある?

就職活動を行う準備ができて、いよいよ求人に応募する段階になりました。

求人を募集している企業は全国に多くいますが、どこから応募すれば良いのか迷いますね。

フリーターの就活方法としては4つあり、「ハローワーク」・「転職サイト」・「就職、転職エージェント」・「その他」が挙げられるでしょう。

ハローワークからの応募

1つ目は「ハローワーク」から応募する方法です。

「ハローワーク」は厚生労働省が運営していて全国の都道府県にあり、地元の求人を中心です。

パソコンから求人検索をしていきますが、自らが希望する条件を入れられます。

希望の求人が見つかれば、窓口で紹介状をもらい履歴書とともに企業に送るようになります。

事前に質問したいことがある場合は窓口の担当者に代わりに聞いてもらえることもできるでしょう。

アドバイスをしてくれる担当者もいますが、人によって対応が違う場合もあるので注意して下さい。

仕事を探して応募するだけなら「ハローワーク」だけでも良いですが、履歴書の添削や面接の練習などのサポートに関してはあまり期待できません。

転職サイトからの応募

2つ目は転職サイトから応募する就活方法です。

転職サイトとして「リクナビ」・「マイナビ」・「エン・ジャパン」など知名度が高いところがあります。

この転職サイトは会員登録して求人検索や応募するやり方で、パソコンやスマートフォンがあればいつでも活用出るため便利です。

ちなみに会員登録をする時には学歴や職歴など入力する必要があるので、覚えておきましょう。

気になった求人に応募していくやり方ですが、書類選考を設けている企業が多くなっています。

そのため、職歴や自己PRをしっかりと書いておかないと面接まで辿り着けないでしょう。

フリーターの期間にあった出来事を振り返って、企業にアピールできることを考えておくと良い結果に繋がるはずです。

就職・転職エージェントを活用

3つ目は就職・転職エージェントは企業が運営する求人を紹介するサービスの活用です。

ここは求人への応募だけではなく、履歴書・職務経歴書の添削など就職活動のサポートが手厚くなっています。

例えば、フリーターで就活方法が分からない時にも相談に乗ってくれて、その人に合ったやり方やはじめ方を教えてくれるのです。

さらに仕事の紹介もしてくれるため、就活に慣れていない人にとっては嬉しいでしょう。

1人での就職活動が不安な人や自信が無い人にはおすすめします。

就職・転職エージェントなら高い確率で就職先が見つかるでしょう。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

企業の求人ページから応募

4つ目の「その他」としては、「企業の求人ページから応募」・「アルバイト先での雇用」が挙げられます。

企業の求人ページからの応募は、直接気になる企業のホームページから応募する方法です。

転職サイトを通して求人を出している企業が多いですが、自社の求人ページでしか応募していないとこもあります。

このような場合もあるため、気になる企業の求人ページも確認するようにしましょう。

ただ、企業の求人ページからの応募の際は担当者と直接やりとりをしたり、転職サイトを使うより就活の日程が早くなったりと精神的に大変な部分があります。

アルバイト先での雇用

他の就活方法としては「アルバイト先での雇用」が該当します。

例えば、ガソリンスタンドでアルバイトとして働いているフリーターが上司から推薦があって、正社員になる場合もあるでしょう。

特に同じ企業で長い間アルバイトを行っている場合は、仕事や職場のことを熟知していて責任あるポストを任されていることもあります。

新たな環境ではなく、慣れ親しんだ職場の方が精神的な負担が軽減されるでしょう。

今後、自らがやっていきたい仕事であれば、一度上司に相談してみてはいかがでしょうか。

しかし、正社員として正式な手続きを行われておらず、アルバイトのまま雇用され続けるケースもあります。

慣れている職場とはいえ口約束ではなく、書面で新たな契約の手続きをしなければいけません。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーター就活の流れ

フリーターの就活方法として、はじめ方ややり方を紹介してきました。

ここではフリーターの就活の一連の流れについて、見ていきましょう。

  1. 応募書類(履歴書・職務経歴書)を準備、面接対策を行う
  2. 求人検索・応募を行う
  3. 書類選考・面接(1次~最終)
  4. 内定

大まかに分けると上記のようになっていきます。

就職をするためには1つずつステップを踏んでいく必要がありますよ。

さらに各項目ごとに詳しく説明してきましょう。

応募書類(履歴書・職務経歴書)を準備、面接対策を行う

フリーターのはじめ方としては気持ちの整理・自己分析を行うことです。

そして、履歴書や職務経歴書を作成して、応募に必要書類を準備していきましょう。

いきなり、求人を探したとしても必要書類が完成していないと応募ができません。

多くの企業では1次で書類選考となっているため、丁寧で応募者の人柄が伝わる履歴書や職務経歴書を作っておく必要があります。

応募に必要な書類が揃えば、次に面接の練習を行いましょう。

面接の練習をせずに本番を迎えてしまうと、緊張し過ぎて上手くアピールできません。

できれば、第三者に面接をしてもらいアドバイスをもらえます。

何度も面接の練習を行っていると慣れてくるため、自己PRができるようになりますよ。

求人検索・応募を行う

応募書類(履歴書・職務経歴書)や面接の対策の準備ができたら、求人検索を行っていきます。

求人検索の方法としては「ハローワーク」・「転職サイト」・「就職・転職エージェント」がありますよ。

ハローワークの求人はインターネットからでも見ることができるため、都合が良い時間に検索してください。

転職サイトに関しては複数のサイトに会員登録をして、求人検索をしていきましょう。

また、自らの条件を登録しておけば、条件に合う求人があると転職サイトからメッセージが送られてきます。

直接、企業の採用担当者からメッセージがくることもあり得るのです。

就職・転職エージェントの場合も担当者から求人を紹介してもらえるでしょう。

書類選考・面接(1次~最終)

求人に応募した後は、企業からの返事を待つようになります。

採用試験の1次には書類選考を行っている企業が多いです。

まずは書類選考を突破する必要があるため、履歴書や職務経歴書を丁寧に作成しましょう。

フリーターだったとしてもアルバイトをしている場合は、業務のことをアピールできます。

また、アルバイトをしていないフリーターでも自分の性格や長所をアピールして、書類選考を突破して面接に望みましょう。

書類選考に通過後は面接試験が待ち受けていますが、企業によって回数が異なります。

事前に面接対策をしておくことで本番では焦りません。

もし、面接中に言い間違えたり、言いたいことを忘れたりしたとしても途中で諦めないようにしましょう。

最後まで自らの言葉を採用担当者に伝えて、アピールすることが大事です。

就職・転職エージェントに登録している人は選考結果について報告して、アドバイスをもらうと上手くいきますよ。

内定

最終面接を受けた後は企業からの結果待ちになります。

この結果待ちの間はどうなっているのか気になって落ち着きませんよね。

面接の結果の通知は採用の場合、電話が掛かってくることが多く、不採用の場合はメールや書類で通知されるでしょう。

企業から電話が掛かってきた場合は採用になる場合が多いですが、気を抜かずに対応してください。

内定後の対応も採用担当者は見ているため、電話応対や書類の手続きに誤りがないようにしましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

優良企業に就職するための効率のいいやり方

フリーターが優良企業に就職する方法として最も効率が良いのは、就職・転職エージェントを活用することです。

転職サイトに登録して優良企業を探す方法もありますが、見極める能力が必要となります。

企業の中にはブラック企業もありますが、求人票だけでは見極めることは困難です。

その点、就職・転職エージェントを活用すると優良企業を見つけられるでしょう。

登録者の条件に合った求人を紹介してくれますが、優良企業がある可能性があります。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターから就職を目指してみましょう!

フリーターの就活方法について紹介してきましたが、やり方は人によって異なります。

就活のはじめ方ややり方としては、就職・転職エージェントを活用してみることをおすすめします。

今まで就職活動から離れていた場合、いきなり1人で仕事を探して応募しようとしても上手くいきません。

そのため、転職エージェントに登録して、様々なアドバイスをもらうと順調に就活が進んでいきます。

フリーターでも就職できますので、1つずつ課題をクリアしていきましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ