既卒の就活

既卒1年目の就活はどうやる?正社員に就職するための方法とは

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

こんにちは!今まで500人以上の就職活動の相談に乗ってきた庄司です!

「内定がもらえないまま卒業・・・。既卒1年目の就活はどうすればいいの?」

こんなことを思ってこのページに訪れてくれたのだと思います。

大学卒業後、既卒1年目の方がこれから就活をするならいろいろと気をつけていかないとならないことがあります。

「大学在学中にした新卒としての就職活動と同じでいいの?」

「既卒1年目の就職活動は新卒より不利なのかなぁ?」

と不安に感じている人も多いと思います。

心配することはありません。

既卒者でも正しい就活をすれば必ず内定を勝ち取ることが出来ます。

もちろん、既卒1年目の方の就職活動は新卒者の方の就職活動とは違う面があり、新卒より不利な部分があるのは確かで方法や心構えなどを入れ替えてやり始めることは必要です。

しかし一方で、やり方次第では有利になることもありますし、良い面もあるのです。

ですので、コツをつかんでやっていけば、新卒で就職が決まらなかった方が簡単に就職がきまったり、新卒時よりよい条件の仕事に出会えることもあります。

そこで今回は、このページに訪れてくれたあなただけに既卒1年目の就活方法や特徴をご紹介していきたいと思います。

このページにしか書かれてないこともありますのでぜひ参考にしてみてください。

卒業してから3年以内なら新卒扱いって本当?

既卒1年目の方は求人応募画面などで新卒者か既卒者どちらを選ぶか迷っているかもしません。

これは実は3年以内なら新卒扱いになるというのが答えです。

ですので、新卒者のところから応募しても全く問題ありません。

会社によっては新卒者の応募が終わっていたり、卒業後のタイミングだと既卒者しか募集していない会社もあります。

そのような会社であれば、既卒者として応募することも可能なのです。

ですので、どちらを選んだとしても間違いではありません。

ただし、会社の方針で、新卒者しか応募できない会社もありますので、そのようなところへは応募することができません。

新卒扱い、既卒扱いというのはあくまで振り分けですので応募そのものは可能だけど、選考で影響することは避けることができないのは事実です。

応募はできても選考で残れるかはその人次第ということになるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

新卒と既卒1年目との違いは?

多くの企業は既卒者と新卒者に対して全く別のものを求めています。

新卒者には、これから新しく会社を作っていってもらえる新メンバーとなるべく、これまでにない会社の人材や新しい風を吹き込むような新鮮さ。

このような新しい力が会社の新しい戦力となります。

既卒者の方も、もちろん新しいパワーとなることはもちろんです。

ですがそれに付け加えて、例えば社会人経験があったり何らかの理由で卒業と同時に就職できなきなった、あるいはしなかったわけですから、そういった新卒の方とは違った経験をしていることを求めている場合もあります。

そこを上手く活かすことができれば、それがむしろその人の強みとなります。

また、新卒の方と既卒の方が同じタイミングで入社するならこの違った立場の人たちが同時にいることが良い相乗効果となることもあります。

先輩や上司とは違いますが、新卒の方にとっては立場の違う新入社員がいることで、それは彼らの刺激にもなります。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒1年目の就活のやり方は?

既卒一年目の方の就活はどのようにすればよいかと迷っている方は、まずは新卒の時にしていた就活を振り返ってみましょう。

その時にうまくいかなかった点や、チャレンジすべき点などをまとめて今後の作戦を練るのが最優先です。

やみくもに、新卒の時と同じように就活をしてもうまくいかないことが多いです。

つまり、もし新卒の就活が決まらなかった方が同じ方法でやってもまた同じことの繰り返しになる可能性が高いということです。

ですので、まずは発想の転換をして、新しい作戦を練ることが大切です。

例えば、自分が思っていた業界が悪かったのかもしれません。

それならば全く別の業界へ方向転換をしてみる。

他にも自己分析が甘かったのかもしれません。

そうした場合、自分の能力や適性も再度見直してみてください。

次に新卒優先の会社と既卒者を好む会社があるので、この2つをよく見極めましょう。

まずは、既卒者の割合が高い会社をリサーチすることをおすすめします。

そのような会社は、選考で既卒者が不利になりません。

一方で、100%新卒の会社には応募しても可能性は低いです。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒1年目の就活で注意してほしいポイント

既卒1年目の方が就活で注意してほしいポイントは2つあります。

なぜ既卒なのかということをしっかり説明できるようにする

まず最も重要なのは、あなたが既卒で就活をする理由です。

おそらく企業の方もそれが一番聞きたいポイントだと思いますので、この部分をしっかりと詰めておくことが大切です。

いかに既卒であることがあなたのアドバンテージ(強み)となるかが重要なところです。

不利益とならないことはもちろんですが、むしろ強みにする作戦を立てましょう。

たとえば、失敗経験からした挫折からの復帰やそれが自分の力となったということを説明する。

または既卒になってからの1年の間で学んだことなどを説明するなどです。

既卒者に相性のよい会社を調べる

このリサーチもとても大切です。

いくらあなたが既卒者として十分な準備をしても、乗り越えられない壁があります。

それは既卒者を受け入れる体制がない会社です。

そういった会社に、既卒者でもいいと思われるにはかなりのエネルギーがかかります。

反対に会社から既卒者の受け入れ経験があり魅力を感じている企業なら、最初のハードルは低めです。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒1年目が正社員に就職するためのコツ

既卒者の方が正社員として就活するためのコツは次の2つです。

既卒者限定に申し込む

既卒者であることがデメリットとならないようにセミナーや説明会は既卒者限定などに出席することをおすすめします。

数は少なくなりますが、このようなセミナーでしたら既卒者だからといって不利になりません。

そういう条件ではないセミナーや説明会には参加できても選考で残れないという可能性が十二分にあるので積極的には参加しても時間の無駄になることもあります。

このようなな会社は既卒者不可とするのが倫理上難しかったりしてあえて書いていないというケースもあるので、あなたの貴重な時間を割かない方が賢明です。

特に正社員の採用にはこの2つの門が分かれていることが多いので、敢えてその部分が不透明な会社は避けるというのが無難です。

新卒者があまり使わない方法も使う

新卒者の方があまり利用しないような方法も考えましょう。

例えば、ハローワークや転職エージェントを利用するなどです。

このような方法はあまり新卒者の方は利用しないのですが、既卒1年目の方はこういう方法を用いることで正社員の採用につながることがあります。

ハローワークや転職エージェントはそもそも経験者の方が多いのですが、全く未経験の方でも受け入れてくれる会社が多いです。

このようなところのポジションの特徴は即戦力に慣れることや、すぐに働けるということです。

ですので、もしあなたが既卒ですぐに働けられるのなら、十分にチャンスがあります。

ちなみに転職エージェントの中には既卒向け転職エージェントが存在するので既卒1年目の方はそちらを利用したほうが正社員に採用される確率が格段に上がります。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

既卒1年目の就活まとめ

既卒1年目の方がこれから就職活動をするなら、今回ご紹介しましたようなポイントを押さえて行うときっとうまくいきますよ。

新卒の方も最近はあえて競争率が高い新卒の採用時期をずらしてしまう方も多いといいます。

海外ではギャップイヤーといって、この期間を利用してボランティア、インターン、海外留学などにあてて自己研鑽をする学生も多くなっています。

既卒であることをメリットにするのはあなた次第です。

しっかり自己分析をして就活を始めましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ