ニート(年代別)

ニートでも20代なら就職できる!内定獲得のための3つのメソッド

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「せっかく大学出たのに内定がもらえなかったから、なんだか意気消沈して結局ニートのまま20代半ばへ向かってる。」

「この先就職なんてできるだろうかという漠然とした不安がいつもある。」

就活に失敗することが何度か続くと、すっかり自信ややる気をなくすことってありますよね。

そんな気持ちがズルズルと続くと、結局長らくニート生活を送ってしまうというのもよくある話です。

私は、ニートを中心としたキャリアカウンセラーとして10年間、ニートの就活をサポートしてきました。

その経験から、20代のニートがどのように就活を成功させていくかをご紹介していきます。

今現在、就活を悩む20代ニートの皆さんは必見ですよ!

ニートでも20代ならば就職できる!

何歳であってもニートとして生きる人は、少なからず就職の不安を抱えているものです。

しかし、20代のニートならばまだまだ就職をすることは十分に可能です。

その理由をしっかりと理解すれば、これまで持っていた不安も一気に解消します。

若さは就活での最大の武器

企業が採用の判断材料として若さを重視するというパターンも多く見られます。

仕事の内容によっては、スキルや経験値よりも若くて体力がある方が重宝される場合があるのです。

また、若い人の方が経験値が低い分、吸収力が高くぐんぐんと成長する可能性があります。

年齢が上がると固定観念やプライドが邪魔をして新しいことを覚えるのが難しくなるものです。

そんな中、仕事を素直に覚えていく若い人は企業にとって未来の有望株として見られることも少なくはないのです。

採用コストが低い

そもそも、社会経験を多く積んでいるような30代以降の人は、採用後の給与面等のコストが高いと言ったデメリットがあります。

実際にコストをかけて採用したところで、その人がスキルを発揮できるかどうかはわからないためある程度企業も賭けに出るところがあるのです。

しかし、20代の人ならばコストをそこまでかけずに採用をすることが可能です。

採用後は吸収力の高さから将来的な展望もあり、低コストでありながらスキルを開花させてくれれば企業としても大成功となるわけです。

\就職に不安を抱えているなら/

20代のうちに正社員になっておくメリットとは

20代ならばまだまだ正社員になれる可能性が高い上に、大きなメリットもあります。

しかも20代のうちに正社員になる方が年齢を重ねてから動き出すよりもずっと得策なのです。

ニートを脱出して正社員になるにしても、メリットがわかっているとより頑張れますよね。

選択肢が多くある

企業としては出来るだけポテンシャルのある若い人を採用したいという考えを持っています。

この考えを踏まえると、20代という若いうちの方がより多くの企業の中から就職先を選択できることにつながります。

30代になると一気に年齢制限などに引っかかり選べる企業が減ってしまうのです。

当然、就活においてはたくさんある選択肢から企業を選んだ方が、より自分にマッチした会社に出会える可能性が高まりますよね。

20代の中でも22歳と29歳ではまた選択肢に差がついていきますから、出来るだけ早めに動くことが吉です。

生涯年収が増える

正社員の場合、勤続年数や能力によって昇給が見込める場合がほとんどです。

となると、当然早くから働く方が生涯的なトータル年収が増えることは容易に想像できますよね。

また定年時の年齢は誰もが同じで、そこから多くの人の年収は下がり始めることになります。

後から入社したからといって、定年がその分後ろにずれるわけではないのです。

勤続年数が多ければ多いほど給与は上がっていくのですが、年収が下がり始めるポイントが同じということも生涯年収に差がつく理由となります。

スキルアップが望める

20代のうちに正社員になると、就職したのちに仕事の内容はもちろんビジネスマナーやコミュニケーションスキルなどもしっかりと教えてもらうことができます。

また、少しずつ仕事ができるようになっていくと役職についたりすることも見据えて、部下を統括するためのマネジメントスキルなども学ぶことができるでしょう。

このように仕事やポテンシャルに応じて様々なスキルアップが望めるのも、20代という若さで正社員に就くからこそのメリットと言えます。

スキルアップができれば、さらにキャリアを積むことができ収入的にもアップしていく可能性が高まります。

\就職に不安を抱えているなら/

20代ニートの就活に関する悩み

ニート生活が続いている20代にとって就活は結構なハードルとなります。

それでも自分がどんなことをハードルだと思っているのか、どんな悩みを持っているのかがわかると解決策を導きやすくなります。

一つ一つ悩みを理解し、丁寧に解決していく方法を見出していきましょう。

自分に見合った仕事がわからない

多くの20代ニートは、一体自分が何をしたいのか、どんな仕事が合っているのかがわからないという傾向にあります。

実際、一言に就職と言ってもその種類は千差万別で、かなりたくさんの職業が世の中には存在していますから、わからなくなるのも無理はありません。

特に、一度就活に失敗したというニートにとっては、良かれと思ってチャレンジした就活での失敗ですから尚更に自分の適性がわからなくなっていると言えます。

この悩みを解決するためには、とにかく自分のことを内観する必要があります。

一度ゆっくりと時間をとって、自分の興味関心や、苦手なこと、得意などをリストアップしていきましょう。

だんだんと自分の傾向が見えてきて、見合った仕事を見出すことに繋がっていきます。

人間関係が怖い

ニートの中には、もう家族ともほぼ接することもなく人間関係自体に恐怖を感じている人も少なくはありません。

もちろん、仕事の中にはそこまで人と接することを必要としない職種もありますが、とは言え多少のコミュニケーションはかわさなければなりません。

就活をしたい気持ちがあっても、人間関係を怖いと思ってしまうことが大きな障壁となって一歩前進ができないとしたら非常にもったいないと言えます。

こう言った場合は、まず家族からでも少しずつ会話をしていくことを始めましょう。

次は、外へ出て近所を歩くだけでも外との接触に慣れていくため、ストレスが少しずつ緩和し、結果的にはコミュニケーションを取ることにも繋がっていきます。

何も、たくさんのことを喋るのがコミュニケーションではありません。

会釈をする程度、一言二言を交わす程度でもいいのです。

ゆっくりと前に進んでみると、意外と人間関係も怖いものではないなということがわかるでしょう。

自信がなく勇気が持てない

就職をしたいと思っていても、ニート生活を続けたことで自信がなくなっている人も多く見られます。

一度就活を失敗した人などは特に自信が持てず、就活に向けての一歩を踏み出す勇気がないでしょう。

勇気が持てないことから、就活に関する悩みだけではなく生活における悩みなどを誰かに相談することすらできないと言ったパターンも多く見られます。

先ほどのコミュニケーションにも通じますが、まず一言、家族でも友人でも信頼できる人に今の悩みを打ち明けてみませんか。

あなたを受け入れてくれている家族や友人は、あなたのことを心配してくれている存在です。

その一言を聞いてもらうことで、自分の中のわだかまりが溶けていく可能性があります。

生活リズムを戻せない

就活したくても、なかなか今までの自堕落な生活リズムを戻せないという人も多くみられます。

実際、一般的な会社は始業が午前9時頃となっていますから、規則正しい生活が求められるのは否めません。

このリズムも、慣れてしまえばどうってことないことですから、就活をしている段階から朝起きて夜眠るという一般的なリズム意識しておくことをおススメします。

いい就活をするためには、基本的なこととも言えます。

\就職に不安を抱えているなら/

20代のニートが就職成功させるための3つのメソッド!

せっかく就職しようという気持ちが湧いたのですから、できるだけスムーズに就職したいものですよね。

そのためには就職成功するためのメソッドが3つあります。

活用するとしないとでは大きな差を生みますから、ぜひ覚えておいてくださいね。

自己分析をしっかりとする

就職を成功するためには、まず自分のことをしっかりと理解することから始まります。

誰でも自分のことというのは意外とわからないものです。

一体自分が本当にしたいことは何か、特技や弱みなどあらゆる角度から自分のことを内観していきましょう。

そうやって自分を分析することで、長く勤められる職種や、ぴったりとマッチする企業を見つけやすくなるのです。

せっかく就職したとしても自分に合わない企業に出会ってしまうと、結局仕事を辞めてニートに逆戻りするということもあり得ますよね。

そんな無駄なことにならないためにも、じっくりと自分と向き合う時間を作るなことが大切です。

面接対策をしっかりとする

ニートが就職する場合、一番の難関となるのが面接です。

特に、どうしてニート生活を送っていたかを聞かれる可能性が高いですから、ブレずに対応するために対策はしっかりとす取る必要があります。

その際には、嘘をついたりごまかしたりすることなく答えることが大切です。

その上で、ニート生活絵でた経験や反省を生かして、今後はどんな風に社会貢献していきたいと思っているかを伝えることで、ニートだった日々も逆手に取ることができます。

プロの力を借りる!転職エージェントがおススメ

一人で就活するのも一つの手段ですが、プロの力をエッセンスとして加えるのもスムーズな就活のコツとしておススメですよ。

転職エージェントは、就職のプロとして20代のニートにとっても大変な味方となってくれます。

自己分析もバッチリ

就活において大切な自己分析も、就職のプロとしての角度で抜かりなくチェックしてもらえるのも嬉しいポイントです。

自分では見落としがちなことにも、しっかりと気がつくことができるので、よりスムーズにマッチする企業に就職しやすくなります。

面接対策サポートも万全

転職エージェントでは、面接対策もしっかりと行ってくれます。

就職のプロとして、どんな風に答えたらいいかをしっかりとアドバイスしてくれるのも助かりますよね。

自分一人での対策だと、どう答えるかを悩むのにもひどく時間を要してしまい、結局本番で失敗するということもあり得ます。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

20代なら早めの就活が得策!メソッドを活用して内定を掴み取ろう!

ニートだったあなたに就職をしたいという気持ちが湧いたなら、グズグズしている暇はありません。

20代の出来るだけ早いうちに就活をすることがいかに得策であるかはお分りいただけたと思います。

そして、就職のプロの力を借りることはスムーズな就活には欠かせないメソッドです。

転職エージェントへの登録は今すぐにでもできますから、思い立ったが吉日で早速行動に移すことをオススメします。

早ければ早いほど、あなたが望む仕事につけるチャンスも広がります。

そうして内定を掴み取れば、これからの未来は今までとは比べ物にならないくらい明るいものになっていくでしょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ