ニートの就活

ニートからプログラマーに就職するためには?【独学じゃきついかも】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「ニートだけどプログラマーに就職できるかな」

20代でニートをしている方の中にはプログラマーになりたいと思っている方も多いと思います。

しかしプログラミングの難しさを書籍やネットで感じて「自分には無理かもしれない」と考えて不安になっている方は多いのではないでしょうか。

そういった方は転職エージェントに登録をして「ニートOK」「未経験者歓迎」求人に応募することが近道です。

この記事ではプログラマーを目指す人が知っておきたい要点をまとめています。

プログラマーを目指すあなたの不安の正体をつかみ就職への近道を見つけましょう。

ニートからプログラマーに就職することはおすすめ?

「資格不要」「会話も少ない」という点からニートの方はプログラマーを目指すことがオススメです。

また「ニートOK」といった求人もあるために未経験からの就職も可能なのです。

資格などを取得する費用や時間がいらないことは大きなメリットです。

20代などの若いうちから就職を目指すのであれば手に職をつけることができますよ。

資格がいらない

プログラマーに関連した資格はあります。

しかし資格がなくても仕事ができるのがこの業界です。

たとえば看護師や美容師などは資格が無ければ仕事はできませんよね。

そういった職種は数年間を犠牲にして学費を支払いながら勉強して卒業をするという高いハードルがあるんですね。

でもプログラマーはコードが書ければそれでいいのです。

また人材不足の業界なので未経験やブランクがあっても就職することが可能な場合も多いのです。

チャレンジしやすい職種でしょう。

仕事中に会話がほとんどない場合も

仕事中はもくもくとコードを打ち込むために会話が不要なことがほとんどです。

もちろん打ち合わせや報告などで最低限のコミュニケーションはあります。

しかし営業職のような提案や交渉のコミュニケーションスキルなど、サービス業のような顧客との会話は必要ありません。

プログラマーはエンジニアの仕様書に従いシステムやソフトウェアをコツコツ作り上げることが仕事です。

「人と会話をするのはあまり好きじゃない」

そういった方には向いている職種なんですね。

ニートOKの求人がある

実はニートからプログラマーになる人は少なくありません。

なので最近は転職エージェントなどで「ニートOK」といった求人があるほどなんです。

ニートなら誰でもできるというわけではありませんが、おそらく適性があるということが一般的な見解なのでしょう。

なぜならニートの方はネット検索などが得意な人が多くパソコンを使い慣れています。

なので働きたいというニートの方にはプログラマーが向いている場合が多いんですね。

「ニートOK」という求人は「ニート」を武器にできるということです。

\就職に不安を抱えているなら/

そもそもプログラマーってどんなことをするの?

プログラマーはエンジニアが作成した仕様書という設計図のようなものに従い、ソフトウェアやシステムを作り上げることが仕事です。

たとえば「こんなスマホアプリを作って」と指示されて、それを再現するのがプログラマーです。

他にもプログラムで開発する製品にはWebページやアプリ、金融システムなど様々なものがあります。

開発の種類

開発の種類には下記のようなものがあります。

・汎用系(情報処理作業)

・通信系(通信に関わるプログラムや製品を作る)

・ゲーム系(ゲーム作成に関連したプログラミング)

・組み込み系(電子機器や家電製品向けの制御をするためのプログラム開発)

・オープン系(複数のコンピュータによって構築されるシステム開発)

・アプリ系(タブレットやスマホで利用可能なソフトウェア開発)

自分の好みにあった分野を目指すことも良いかもしれません。

また若いうちからキャリアを積むことでやりたいジャンルの開発へと近づけるかもしれませんね。

プログラミング言語の種類は多い

「スマホアプリを作る」ということはざっくりと言うと「プログラミング言語でコンピュータに命令する」ということになります。

たとえば「Youtube」のアプリであれば「ユーザーが動画をタッチしたら再生を始める」とプログラミング言語でコンピュータに命令しているイメージですね。

そのプログラミング言語の種類はかなりあって今後も増加していくことが予想されます。

代表的なプログラミング言語の種類には「C言語」「Java」「Ruby」があります。

それぞれの言語には特徴があります。

Javaを習得するのは難しい反面、習得をすると他の言語が身に付きやすいと言われています。

またRubyは短いコードでプログラミングできることが特徴で、過去にはツイッターの作成に使われていました。

未経験者は検証テストからが一般的

新人のときはいきなりプログラミングから始まることはありません。

検証テストという仕事を行うことが一般的です。

そこでプログラミングの勉強をしながらプログラマーへのキャリアアップを目指します。

さらに上級のプログラマーであったりシステムエンジニアとステップアップという流れが多いんですね。

しかし最近ではキャリアアップとは別に、技術面でより専門性の高い人材を育てたい企業も増えているようです。

なのでマネジメントではなくプログラミングを徹底的に極めたいという職人気質の人にも進みやすい道となっています。

プログラマーの働く環境はさまざまな改善が行われているんですね。

\就職に不安を抱えているなら/

プログラマーのデメリット

「3K」と言われていて肉体的にも精神的にもきついというのは事実で給料が安いなどとも噂されています。

また身に付けるスキルによっては他の企業で通用しない場合があります。

プログラマーに限らず他の職種でも同じようなデメリットは存在しますよね。

肉体的にも精神的にもきつい

「プロジェクトを納期に間に合わせるために残業をしなければならない」

こういった状況になると職場はピリピリしたムードになりますし、必然的に残業や休日出勤は増えます。

またそういったときにプログラムのテストをしてエラーが出たときの対処などで神経を擦り減らすこともあるようです。

とはいえこういった状況はプログラマーだけでなく、他業種でもありがちなことです。

特別なことではありませんよね。

またこういったきつい状況をクリアしたときの達成感は感動的なものになりやすいでしょう。

給料が安い?

プログラマーは3Kと言われていて、「きつい」「帰れない」「給料が安い」という通説があります。

確かに政府の統計では20~24歳の情報通信業の平均年収は228.7万円とされています。

一見は安いように感じますね。

しかしながら20~24歳の建設業は221.1万円、製造業は203.1万円と比較した場合に高いので「給料が安い」は現代では違いますね。

そもそも若いうちは年収が低めなのは一般的なことです。

また正社員としてキャリアを積んでいけば給料は上昇しやすい傾向があります。

出典:令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況(産業別)

スキルによっては他で通用しないことも

一般的なプログラミング言語である「Java」や「Ruby」などを仕事で扱うと、仮に転職した場合でもそのスキルが活かせます。

しかしプログラマーといってもその企業でしか利用されていないシステムを管理したり構築するという場合もあるんですね。

そういった仕事に就いた場合は転職するときにスキルを強みにできない場合があります。

「JavaやRubyができるなら雇いたいんだけど…」

もちろん大企業であれば他業種で通用しなくても長く安定して勤められる可能性が高いという側面もあります

どのようなプログラミング言語を取り扱う仕事なのかということはチェックしておくとよいかもしれません。

\就職に不安を抱えているなら/

プログラマーに向いている人

「ものづくりが好き」「想像することが好き」といった人はプログラマーに向いています。

なぜなら試行錯誤することが好きなタイプが多く、プログラミングでは必要な要素だからです。

さらに「面倒くさがり」な人はもっと向いています。

「この計算…自動化すれば楽なのに…」

「面倒くさがるな!」と怒られそうなところですが、実はこういったアイデアを生み出す考え方がプログラマーには必要です。

ものづくりが好きな人

説明書を見ながらプラモデルを作ったりすることが好きな人はプログラマーに向いています。

プログラマーはシステムエンジニアが用意した仕様書に従ってソフトウェアなどを作り上げるからです。

こういった人は困難なことが起きた時も考えることが好きなので楽しめるんですよね。

また作り上げた時の達成感は気持ちが良いものでしょう。

スキルを身に付けて行くことで自分なりのやり方を見つけたり、より高度なものを制作できる楽しみが待っています。

面倒くさがりな人

「この単調な作業…面倒くさい」

こういったことを言うと叱られたり注意されたりすることもありますよね。

ですが面倒くさがりな人は言ってみれば効率化をしたい人です。

プログラマーは「面倒くさい」を自動化することが仕事でもあるので効率化をしたい人にはやりがいがあります。

たとえば企業が必要としているシステムなどは働く人の手間を減らすことです。

そういったことを自動化して生産性を上げることで社会貢献につながります。

面倒くさいが社会貢献になるというやりがいへつながります。

想像力のある人

プログラミングはレベルアップをしていくとより短いコードでシステムを構築することが出来ると言われています。

もちろん初心者のときはとにかく作り上げるという気持ちで長いコードでも完成を目指すことになります。

しかし熟練していく中で想像力を働かせるとひらめきが生まれます。

「こうすればもっと短いコードで書ける!」

頭の中で思い描くことが好きな人には得意な分野かもしれません。

また初心者のときは検証テストなどをして下積みをしますが、その期間も想像力があれば学習がはかどりますね。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートがプログラミングを習得する方法

書籍で勉強する方法やサイトを利用する方法などがあります。

他にもプログラミングスクールという手段もあり無料や有料などを選べます。

またいっそのこと就職をしてしまうという方法があるんです。

未経験者歓迎やニートOKといった求人がプログラマーでは増えてきています。

そういった企業に就職をしてプログラミングを習得することも不可能ではありません。

書籍で独学する

本屋や中古本屋に行ってプログラミングに関連する書籍を買って学習する方法があります。

この場合には本の発行日に注意しましょう。

プログラミング業界は常に変化しているため、発行日が古い書籍は役に立たないことが多いようです。

最初に勉強しやすいのはHTMLやCSSに関連した書籍です。

本当に入り口程度なので簡単なホームページを作れる程度の実力まではいけるかもしれません。

ただ人に質問などができないので学習でつまづくと時間がかかる場合が多いでしょう。

サイトで学習する

有名なサイトは「ドットインストール」や「Progate」です。

無料の動画やアプリなどで学習することができます。

短時間の学習でも簡単なゲームなどが作成できることから楽しく学ぶことが可能なようです。

「ドットインストール」の場合は有料版は月額1,080円となり、嬉しい機能は現役エンジニアへの質問機能です。

また「Progate」はスマホアプリでも勉強ができるため、ちょっとした待ち時間や電車での移動中など隙間時間を利用した学習ができます。

プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは無料のものと有料のものがあります。

どちらもプログラミングを学んで就職先を紹介してもらうタイプがほとんどです。

では違いはというと紹介される企業の質です。

プログラマーを目指すのであれば詳細を知っておきましょう。

無料のプログラミングスクール

勉強と転職がセットになっているのが無料のスクールの特徴です。

転職先の企業が限定されており、実は「企業の研修」のような実態があります。

そのため場合によっては学習を挫折してやめると違約金が発生するなんてケースもあるので注意が必要です。

また転職先についてもあまりいい評判はありません。

というのも下請け業務がほとんどの労働環境でやりがいもなくスキルも身に付かない仕事をすることになるパターンもあるようです。

もしも利用する場合は慎重に選ぶ必要がありますね。

有料のプログラミングスクール

入会金や月額費用を支払うなどして下記のような学習サポートを受けられます。

・基本的な講義

・カウンセリング

・メンター制度

・転職先が限定されていない

プログラミング学習をしているとバグやエラーがすぐに出るため、わからないことを質問できる制度は嬉しいですね。

ただ料金が気になる人は多いようです。

たとえば「tech boost」というスクールではこれだけの費用がかかります。

・入学金:110,000円(ブーストコースは199,800円)

・月額料金:29,800円

・メンタリング(月4回):31,600円

仮に3ヶ月継続したとして最低で20万円程度はかかります。

収入がない状態でこれだけの出費をするのは少し不安ですね。

就職する

「プログラミングを習得してから就職ができる」

年齢が高い人であればこのような考え方をする必要があります。

しかし今の市場では20代など若い人であれば「未経験歓迎」といった求人も多いんです。

それほどに人手不足の業界なんですね。

何のためにプログラミングを習得するのかというと仕事をするためですよね。

では一番学びやすいツールはサイトでもなくスクールでもなく企業であることは明白です。

企業で学ぶことは企業がやってほしいことだからです。

また企業で教育に携わる人は製品を実際に作って売っているプロがほとんどです。

プロから学ぶことができて給料までもらえるというある意味で理想的な環境なんですね。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

\就職に不安を抱えているなら/

ニートがプログラミングを独学は厳しい理由

バグやエラーでつまずいて学習をやめてしまう人や難易度が高くモチベーションが続かないという人が多いのがプログラミングの独学です。

そのため学習には膨大な時間を必要とすることが多くなる場合もあります。

独学では人に質問などをしにくいため問題解決が難しいことが多いのです。

エラーでつまずく

プログラミングを書籍やサイトなどで勉強していると必ずエラーやバグが起こります。

これはどんな人でも一度はあることなのです。

しかしながらそのエラーの原因がわからないで調べていたら1日が終わっていた…などということもあります。

エラーの原因を見つけることは簡単なケースもあれば難しいケースもあるでしょう。

特に長いコードであればあるほど原因特定には時間がかかってしまいます。

書籍などの場合は一方的な記述しかないため、こういったエラーに柔軟に対応することは難しいです

学習は進んでも膨大な時間がかかる可能性があります。

モチベーションが続かない

「なんのためにこのコードを覚えなきゃいけないの?」

「エラーばかり起きてやる気がなくなった」

こうしてモチベーションが下がるというパターンも多いようです。

というのも書籍などはとにかく基本的な内容から順番にやっていくように作られているものがほとんどです。

なのでただただ暗記をするような学習方法になりがちです。

そうなるとおもしろさがないためモチベーションが下がるのは当然ですよね。

またエラーの連発で解決ができなくなりモチベーションが低下することもあります。

いかにモチベーションを維持できるかということが課題かもしれません。

膨大な時間を消費する

学校ではわからないことがあれば先生や勉強のできる友達に聞くこともできました。

しかしながら独学の場合は基本的に頼る人はいません。

サイトなどで質問もできますが「質問回数が限定されている」「回答してくれる人が不在」といったケースがあります。

こういった場合に問題を解決することに膨大な時間を要します。

そもそもそれがプログラミングの問題なのかパソコンの不具合なのかプログラミング環境の問題なのか…という難しさがあります。

どんな学習や練習でも「出来る人」が近くにいるほうが上達が早いということは当然ですよね。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートがプログラマーとして就職するには?

書籍やサイトを利用して独学をして基礎を身に付けてから就職する方法があります。

また無料か有料のスクールで勉強をして企業を紹介してもらい就職を目指すことも可能です。

「独学は苦手だしスクールを利用するお金もない」

こういった方は転職エージェントに登録して「未経験者歓迎」の求人などから就職をしてしまうということも可能です。

特に20代など若いうちであれば就職しやすいでしょう。

独学で目指す

やり方を間違えなければ独学で目指すことも不可能ではありません。

書籍や無料サイトや有料サイトを利用するという手があります。

上達のコツとしては実際に製品やウェブページを作ることです。

ただただ暗記をするだけでは効率よく身に付かない傾向があるためです。

完成された製品やウェブページのがどのようなコードで形成されているのか考えるようなイメージでしょうか。

ただし一人で学習をするので膨大な時間がかかることは覚悟が必要です。

就職支援つきプログラミングスクールを利用する

企業への転職がしやすい方法です。

プログラミングを効果的に勉強できて、プログラマーを求めている企業を紹介されるため転職をしやすいですね。

ただし無料のプログラミングスクールでは紹介企業がブラック企業である可能性を覚悟する必要があります。

有料のプログラミングスクールの場合は効果的に学習が出来ますし紹介先企業も選べます。

ただし多額の費用とある程度の時間が必要であることを理解しておきましょう。

また仮に挫折をした場合は無料スクールの場合は違約金、有料スクールの場合は学費が無駄になるというケースも想定しなければなりません。

転職エージェントを利用する

「プログラマー募集」「ニートOK」の求人がある転職エージェントを利用する手段があります。

ニートOKという時点で未経験者歓迎ですよね。

なのでプログラミング知識がなくともチャレンジすることが可能です。

企業で働きながらプログラミングを勉強できるので「収入を得ながら勉強ができる」という理想的な形です。

プログラマーをやってみたいけど踏み出せない

こういった場合でもとりあえず登録してみることです。

相談や悩みをカウンセリングなどで有益な情報を得られます。

一人で考えていては気付けないことが多いですからね。

転職エージェントは企業情報をよく把握しているため、企業の実態をよく知っています。

そういった「生の声」を聞くことで「やってみたい」「チャレンジしてみようかな」という気持ちになるかもしれません。

また就職後にもフォローしてくれる転職エージェントもあります。

未経験で入社後には困りごともあるでしょう。

そういった時にサポートがあるのは本当に助かりますよね。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

ニートからプログラマーを目指す近道は就職

ニートで20代の若さであればプログラマーを目指すのは就職をすることが一番の近道ということがわかりました。

ニートの方は特にプログラマーへの適性が高い傾向があるのでチャレンジする価値はあるでしょう。

就活をはじめるときは闇雲に仕事を探すのではなく転職エージェントに登録しましょう。

自分が身に付けたいスキルであったり挑戦したい分野、また優良企業を見つけるためにも転職エージェントで相談をして他に差をつけたいですね。

独学をしても空白期間が長引くだけで自分が損をしてしまうだけです。

就職をしてキャリアを積みながらプログラマーのスキルを身に付けましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ