ITエンジニア

ニート/フリーターからプログラマーに就職するためには?【独学じゃきついかも】

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ニートだけどプログラマーに就職できるかな…プログラミングってどうやって勉強するんだろう…

今までずっとフリーターだったんだけど今からでもプログラマーに就職できるものなの?

20代でニート/フリーターをしている方の中にはプログラマーになりたいと思っている方も多いと思います。

しかしプログラミングの難しさを書籍やネットで感じて「自分には無理かもしれない」と考えて不安になっている方は多いのではないでしょうか。

相川

私もニートからプログラマーになった身で、当時はそのような気持ちを抱いていました。

この記事ではプログラマーを目指す人が知っておきたい要点をまとめています。

プログラマーを目指すあなたの不安の正体をつかみ就職への近道を見つけましょう。

\ニート/フリーターからプログラマーを目指すなら/

ニート/フリーターからプログラマーを目指すなら「プログラミングスクール」の利用が必須です。なぜなら、未経験からプログラマーを目指すならプログラミングの知識が必須だからです。

プログラミングスクールでは基礎的なIT知識やプログラミングの実践的な技術を現役のエンジニアなどが対面で教えてくれます。

独学で学ぶことも可能ですが、その難解な構造ゆえにほとんどの人が挫折してしまうというのが実情です。

そのため、「プログラミングスクール」を利用することが今からプログラマーになるための一番の近道です。

そこで当サイトではさまざまな人の口コミを集めた結果わかった、人気かつ評判の良い

「完全無料」で使える就職サポート付きプログラミングスクール

を厳選していくつか紹介します。以下のサービスは実際に筆者や同僚なども利用しており、プログラマーになることができています。

プログラマカレッジ
未経験からのITエンジニアへの就職成功率96%以上!ITスクールトップクラスの実績
対応地域:東京・神奈川・埼玉・千葉のみ対応
対応年齢:21~27歳

ウズキャリ
未経験からITエンジニアの就職成功率86%!関東・関西・東海・九州に対応しているのでプログラマカレッジを使えない人はここを使おう
対応年齢:18~29歳

※登録後、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう

現在、ITエンジニアは人気の職業になってきており、今のうちに目指しておかないと倍率がどんどんと高くなり就職するのが難しくなってくるでしょう。

なので、まずは相談からでも始めてみてはどうでしょうか。

プログラマカレッジの公式サイトはコチラ>>

ウズキャリの公式サイトはコチラ>>

ニート/フリーターからプログラマーに就職することはおすすめ?

  • 資格不要
  • 会話も少ない
  • 未経験OKの求人が豊富

という点からニート/フリーターの方でもプログラマー未経験での就職も可能なのです。

資格などを取得する費用や時間がいらないことは大きなメリットです。

相川

20代などの若いうちから就職を目指すのであれば手に職をつけることができますよ。

資格がいらない

プログラマーに関連した資格はあります。

しかし資格がなくても仕事ができるのがこの業界です。

たとえば看護師や美容師などは資格が無ければ仕事はできません。

そういった職種は数年間を犠牲にして学費を支払いながら勉強して卒業をするという高いハードルがあります。

でもプログラマーはコードが書ければそれでいいのです。

また人材不足の業界なので未経験やブランクがあっても就職することが可能な場合も多いのです。

相川

こういった点からもチャレンジしやすい職種でしょう。

仕事中に会話がほとんどない場合も

仕事中はもくもくとコードを打ち込むために会話が不要なことがほとんどです。

もちろん打ち合わせや報告などで最低限のコミュニケーションはあります。

しかし営業職のような提案や交渉のコミュニケーションスキルやサービス業のような顧客との会話は必要ありません。

プログラマーはエンジニアの仕様書に従いシステムやソフトウェアをコツコツ作り上げることが仕事です。

人と会話をするのはあまり好きじゃない

そういった方には向いている職種です。

ニート/フリーター(未経験)OKの求人がある

実はニート/フリーターからプログラマーになる人は少なくありません。

相川

私もそのうちの一人です。

なので最近は転職エージェントなどで「ニート/フリーターOK」といった求人があるほどです。

ニート/フリーターなら誰でもできるというわけではありませんが、おそらく適性があるということが一般的な見解なのでしょう。

なぜなら最近のニート/フリーターの方はネット検索などが得意な人が多くパソコンを使い慣れています。

なので働きたいというニート/フリーターの方にはプログラマーが向いている場合が多いです。

「ニート/フリーターOK」という求人は「ニート/フリーター」を武器にできるということです。

↓評判の良いプログラミングスクールを見る方はコチラ↓

そもそもプログラマーってどんなことをするの?

プログラマーはエンジニアが作成した仕様書という設計図のようなものに従い、ソフトウェアやシステムを作り上げることが仕事です。

たとえば「こんなスマホアプリを作って」と指示されて、それを再現するのがプログラマーです。

他にもプログラムで開発する製品にはWebページやアプリ、金融システムなど様々なものがあります。

相川

詳しく解説していきます。

開発の種類

開発の種類には下記のようなものがあります。

開発の種類は豊富
  • 汎用系(情報処理作業)
  • 通信系(通信に関わるプログラムや製品を作る)
  • ゲーム系(ゲーム作成に関連したプログラミング)
  • 組み込み系(電子機器や家電製品向けの制御をするためのプログラム開発)
  • オープン系(複数のコンピュータによって構築されるシステム開発)
  • アプリ系(タブレットやスマホで利用可能なソフトウェア開発)

自分の好みにあった分野を目指すことも良いかもしれません。

また若いうちからキャリアを積むことでやりたいジャンルの開発へと近づくこともできます。

プログラミング言語の種類は多い

「スマホアプリを作る」ということはざっくりと言うと「プログラミング言語でコンピュータに命令する」ということになります。

たとえば「Youtube」のアプリであれば「ユーザーが動画をタッチしたら再生を始める」とプログラミング言語でコンピュータに命令しているイメージです。

そのプログラミング言語の種類はかなりあって今後も増加していくことが予想されます。

代表的なプログラミング言語の種類には

  • 「C言語」
  • 「Java」
  • 「Ruby」

があります。

それぞれの言語には特徴があります。

Javaを習得するのは難しい反面、習得をすると他の言語が身に付きやすいと言われています。

またRubyは短いコードでプログラミングできることが特徴で、過去にはツイッターの作成に使われていました。

未経験者は検証テストからが一般的

新人のときはいきなりプログラミングから始まることはありません。

検証テストという仕事を行うことが一般的です。

そこでプログラミングの勉強をしながらプログラマーへのキャリアアップを目指します。

さらに上級のプログラマーであったりシステムエンジニアとステップアップという流れが多いです。

しかし最近ではキャリアアップとは別に、技術面でより専門性の高い人材を育てたい企業も増えているようです。

なのでマネジメントではなくプログラミングを徹底的に極めたいという職人気質の人にも進みやすい道となっています。

相川

プログラマーの働く環境はさまざまな改善が行われています。

↓評判の良いプログラミングスクールを見る方はコチラ↓

プログラマーのデメリット

「3K」と言われていて肉体的にも精神的にもきついというのは事実で給料が安いなどとも噂されています。

また身に付けるスキルによっては他の企業で通用しない場合があります。

相川

プログラマーに限らず他の職種でも同じようなデメリットは存在しますが、プログラマーになるならこのようなデメリットもあるということを認識しておきましょう。

肉体的にも精神的にもきつい

「プロジェクトを納期に間に合わせるために残業をしなければならない」

こういった状況になると職場はピリピリしたムードになりますし、必然的に残業や休日出勤は増えます。

またそういったときにプログラムのテストをしてエラーが出たときの対処などで神経を擦り減らすこともあります。

とはいえこういった状況はプログラマーだけでなく、他業種でもありがちなことです。

特別なことではありません。

またこういったきつい状況をクリアしたときの達成感は感動的なものになりやすいでしょう。

最初は給料が安い?

プログラマーは3Kと言われていて、

  • 「きつい」
  • 「帰れない」
  • 「給料が安い」

という通説があります。

確かに政府の統計では20~24歳の情報通信業の平均年収は228.7万円とされています。

一見は安いように感じます。

しかしながら20~24歳の

  • 建設業は221.1万円
  • 製造業は203.1万円

比較した場合に高いので「給料が安い」は現代では違います。

そもそも若いうちは年収が低めなのは一般的なことです。

また正社員としてキャリアを積んでいけば給料は上昇しやすい傾向があります。

相川

私も最初は安かったでしたが、現在は年収700万ほどあります。

出典:令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況(産業別)

スキルによっては他で通用しないことも

一般的なプログラミング言語である

  • 「Java」
  • 「Ruby」

などを仕事で扱うと、仮に転職した場合でもそのスキルが活かせます。

しかしプログラマーといってもその企業でしか利用されていないシステムを管理したり構築するという場合もあります。

そういった仕事に就いた場合は転職するときにスキルを強みにできない場合があります。

面接官

JavaやRubyができるなら雇いたいんだけど…

もちろん大企業であれば他業種で通用しなくても長く安定して勤められる可能性が高いという側面もあります

どのようなプログラミング言語を取り扱う仕事なのかということはチェックしておくとよいかもしれません。

↓評判の良いプログラミングスクールを見る方はコチラ↓

プログラマーに向いている人

  • 「ものづくりが好き」
  • 「想像することが好き」

といった人はプログラマーに向いています。

なぜなら試行錯誤することが好きなタイプが多く、プログラミングでは必要な要素だからです。

さらに「面倒くさがり」な人はもっと向いています。

この計算…自動化すれば楽なのに…

という風になるからです。

「面倒くさがるな!」と怒られそうなところですが、実はこういったアイデアを生み出す考え方がプログラマーには必要です。

相川

それぞれを詳しく解説していきます。

ものづくりが好きな人

説明書を見ながらプラモデルを作ったりすることが好きな人はプログラマーに向いています。

プログラマーはシステムエンジニアが用意した仕様書に従ってソフトウェアなどを作り上げるからです。

こういった人は困難なことが起きた時も考えることが好きなので楽しむことができます。

また作り上げた時の達成感は気持ちが良いものでしょう。

スキルを身に付けて行くことで自分なりのやり方を見つけたり、より高度なものを制作できる楽しみが待っています。

面倒くさがりな人

この単調な作業…面倒くさい

こういったことを言うと叱られたり注意されたりすることもあると思います。

ですが面倒くさがりな人は言ってみれば効率化をしたい人です。

プログラマーは「面倒くさい」を自動化することが仕事でもあるので効率化をしたい人にはやりがいがあります。

たとえば企業が必要としているシステムなどは働く人の手間を減らすことです。

そういったことを自動化して生産性を上げることで社会貢献につながります。

相川

面倒くさいが社会貢献になるというやりがいへつながります。

想像力のある人

プログラミングはレベルアップをしていくとより短いコードでシステムを構築することができます。

もちろん初心者のときはとにかく作り上げるという気持ちで長いコードでも完成を目指すことになります。

しかし熟練していく中で想像力を働かせるとひらめきが生まれます。

こうすればもっと短いコードで書ける!

頭の中で思い描くことが好きな人には得意な分野かもしれません。

相川

また初心者のときは検証テストなどをして下積みをしますが、その期間も想像力があれば学習がはかどります。

↓評判の良いプログラミングスクールを見る方はコチラ↓

ニート/フリーターがプログラミングを習得して就職する方法

相川

ニート/フリーターの方がプログラミングを学び、プログラマーとして就職するには以下の3つの手段あります。

  • 独学で目指す
  • 未経験歓迎求人を探してそこに就職する
  • プログラミングスクール(有料・無料)

独学で目指す

やり方を間違えなければ独学で目指すことも不可能ではありません。

書籍や無料サイトや有料サイトを利用するという手があります。

上達のコツとしては実際に製品やウェブページを作ることです。

ただただ暗記をするだけでは効率よく身に付かない傾向があるためです。

完成された製品やウェブページのがどのようなコードで形成されているのか考えるようなイメージでしょうか。

ただし一人で学習をするので膨大な時間がかかることは覚悟が必要です。

書籍で独学する

本屋や中古本屋に行ってプログラミングに関連する書籍を買って学習する方法があります。

この場合には本の発行日に注意しましょう。

プログラミング業界は常に変化しているため、発行日が古い書籍は役に立たないことが多いです。

最初に勉強しやすいのはHTMLやCSSに関連した書籍です。

本当に入り口程度なので簡単なホームページを作れる程度の実力まではいけるかもしれません。

ただ人に質問などができないので学習でつまづくと時間がかかる場合が多いでしょう。

サイトで学習する

有名なサイトは

  • 「ドットインストール」
  • 「Progate」

などです。

無料の動画やアプリなどで学習することができます。

短時間の学習でも簡単なゲームなどが作成できることから楽しく学ぶことが可能です。

「ドットインストール」の場合は有料版は月額1,080円となり、嬉しい機能は現役エンジニアへの質問機能です。

また「Progate」はスマホアプリでも勉強ができるため、ちょっとした待ち時間や電車での移動中など隙間時間を利用した学習ができます。

↓評判の良いプログラミングスクールを見る方はコチラ↓

就職しながらプログラミングを学ぶ

「プログラミングを習得してから就職ができる」

普通であれば、このような考え方をすると思いますし、それであっています。

しかし、今の市場では20代など若い人であれば「未経験歓迎」の研修制度の整った求人もあります。

それほどに人手不足の業界です。

また企業で教育に携わる人は製品を実際に作って売っているプロがほとんどです。

プロから学ぶことができて給料までもらえるというメリットもあるので、そのままIT業界に就職してみるのもありでしょう。

ただし、

  • 研修制度がしっかり整っている会社はまだ少ないこと
  • 研修制度が充実しているかどうか見極めるのは難しいこと
  • そういった会社はプログラミング技術をすでに持った人も応募してくるので倍率も高いこと

という点もあるので注意していただきたいところです。

求人を探すときは転職エージェントを利用する

  • 「プログラマー募集」
  • 「未経験OK」

の求人が豊富にあるある転職エージェントを利用しましょう。

未経験OKの求人に絞れば、プログラミング知識がなくともチャレンジすることが可能です。

就職の相談をしてみるのもあり

プログラマーをやってみたいけど踏み出せない

こういった場合でもとりあえず登録してみることです。

相談や悩みをカウンセリングなどで有益な情報を得られます。

一人で考えていては気付けないことが多いです。

転職エージェントは企業情報をよく把握しているため、企業の実態をよく知っています。

そういった「生の声」を聞くことで

やってみたい

チャレンジしてみようかな

という気持ちになるかもしれません。

また就職後にもフォローしてくれる転職エージェントもあります。

未経験で入社後には困りごともあるでしょう。

相川

そういった時にサポートがあるのは本当に助かります。

プログラミングスクールを利用する

一番現実的な方法はやはりプログラミングスクールで学ぶことです。

プログラミングスクールではその名の通り

  • プログラミングの基礎知識
  • 実践的な技術

などを教えてくれたり、わからないところの質疑応答などをしてくれます。

また、プログラミングスクールの中でも有料/無料のものがあります。

相川

その違いを解説していきます。

有料のプログラミングスクール

入会金や月額費用を支払うなどして上記のような学習サポートを受けられます。

無料のプログラミングスクールに比べるとより深く学ぶことができます。

ただし多額の費用とある程度の時間が必要であることを理解しておきましょう。

仮に3ヶ月継続したとして平均で40~50万円程度はかかります。

収入がない状態でこれだけの出費をするのは少し不安だとは思います。

無料のプログラミングスクール

勉強と転職がセットになっているのが無料のスクールの特徴です。

プログラミング技術の習得後、そのまま就職先の紹介までしてくれます。

有料プログラミングスクールの中にはスキルを教えてくれるだけで、その後の就職サポートは行ってくれないところもあるのでせっかく技術を身につけたとしても就職できないということもあります。

有料と比べると学べる範囲は浅くなりますが、そういう点では無料でも十分使う価値はあります。

ITスクールなのに無料な理由はそのまま「ITエンジニア人材」として紹介するので「企業側」から紹介料という形で成功報酬を貰っているからです。

なので無料だからといってサービスの品質は悪い訳ではなく、就職サポートも丁寧にしてもらえます。

もちろん、有料の方がより深くITスキルを学べることができますが、正直言ってしまうとそこは入社してから何とでもなる部分なので、むしろ無料ITスクールの方がいいと個人的には思います。

下で紹介するITスクールは同僚やこれまで仕事で知り合ったエンジニアの方が実際に利用していたサービスですので、実績はしっかりとあります。

大事なのはいち早くITスキルを学び、就職し現場の経験を積むことです。

評判の良い「無料」のプログラミングスクール

そこでさまざまなプログラミングスクールを調査してきた当サイトが

完全無料でかつ、その後の就職サポートまでしてくれる「プログラミングスクール+就職支援サポートサービス」

を下記で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

IT特化型サービス
第1位
【プログラマカレッジ】
未経験からITエンジニアへの就職成功率96%以上
対応地域:東京・神奈川・千葉・埼玉のみ
対応年齢:21~27歳
公式サイトはコチラ>> 
第2位
【ウズキャリ】
未経験からITエンジニアの就職成功率86%以上
対応地域:関東・関西・東海・九州地方対応
対応年齢:18~29歳
公式サイトはコチラ>> 

※全て完全無料で利用可能
※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので、着信拒否設定などは解除しておきましょう

<第1位>プログラマカレッジ

年齢制限21歳~27歳
対応地域東京・神奈川・千葉・埼玉
学歴制限学歴不問

※コロナ禍のため、オンライン面談にも対応しています。

プログラマカレッジは

  • IT系求人3500件以上
  • 未経験からのITエンジニア就職率96%以上
  • 対面式でマンツーマンでサポート

と無料のITスクールではトップクラスのサービスです。ぶっちゃけてしまうとITエンジニアを目指すならココ以外の選択肢はないといっても過言ではないです。

ただし、注意点としては

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉

一都三県に住んでいる人しか利用することができないこと。

また、利用可能な年齢も21~27歳と範囲が狭いことです。

\60秒で登録完了『プログラマカレッジ』/

<第2位>ウズキャリ

年齢制限18歳~29歳
対応地域関東・関西・東海・九州地方
学歴制限学歴不問

※コロナ禍のため、オンライン面談にも対応しています。

ウズキャリは

  • 就職内定率86%以上
  • 求人件数1500件以上

とプログラマカレッジには若干劣りますが、それでもIT特化型サービスの中ではトップクラスを誇っています。

もちろん対面でITスキルや就活サポートなどをマンツーマンで行ってくれるので心強いです。

プログラマカレッジと大きく違う点は

  • 関東
  • 関西
  • 東海
  • 九州

地方に対応しているので一都三県以外に住んでおり、プログラマカレッジが利用できないという方はウズキャリの方を利用しましょう。

また、ウズキャリは18~29歳という幅広い年齢層を受け入れているので、年齢的にプログラマカレッジが利用できない人も試してみましょう。

\60秒で簡単登録『ウズキャリ』/

ニート/フリーターがプログラミングを独学は厳しい理由

  • バグやエラーでつまずいて学習をやめてしまう人
  • 難易度が高くモチベーションが続かないという人

が多いのがプログラミングの特徴です。

また、一人で学習すると膨大な時間を必要とすることが多くなる場合もあります。

独学では人に質問などをしにくいため問題解決が難しいことが多いのです。

相川

そのため、独学で学ぶことはあまりおすすめはできません。

エラーでつまずく

プログラミングを書籍やサイトなどで勉強していると必ずエラーやバグが起こります。

これはどんな人でも一度はあることなのです。

しかしながらそのエラーの原因がわからないで調べていたら1日が終わっていた…などということもあります。

エラーの原因を見つけることは簡単なケースもあれば難しいケースもあるでしょう。

特に長いコードであればあるほど原因特定には時間がかかってしまいます。

書籍などの場合、一方的な記述しかないため、こういったエラーに柔軟に対応することは難しいです

相川

学習は進んでも膨大な時間がかかる可能性があります。

モチベーションが続かない

なんのためにこのコードを覚えなきゃいけないの?

エラーばかり起きてやる気がなくなった

こうしてモチベーションが下がるというパターンも多いようです。

というのも書籍などはとにかく基本的な内容から順番にやっていくように作られているものがほとんどです。

なのでただただ暗記をするような学習方法になりがちです。

そうなるとおもしろさがないためモチベーションが下がるのは当然です。

またエラーの連発で解決ができなくなりモチベーションが低下することもあります。

相川

いかにモチベーションを維持できるかということが課題かもしれません。

膨大な時間を消費する

学校ではわからないことがあれば先生や勉強のできる友達に聞くこともできました。

しかしながら独学の場合は基本的に頼る人はいません。

サイトなどで質問もできますが

  • 「質問回数が限定されている」
  • 「回答してくれる人が不在」

といったケースがあります。

こういった場合に問題を解決することに膨大な時間を要します。

そもそもそれが

  • プログラミングの問題なのか
  • パソコンの不具合なのか
  • プログラミング環境の問題なのか

という難しさがあります。

相川

どんな学習や練習でも「出来る人」が近くにいるほうが上達が早いということは当然です。

IT特化型サービス
第1位
【プログラマカレッジ】
未経験からITエンジニアへの就職成功率96%以上
対応地域:東京・神奈川・千葉・埼玉のみ
対応年齢:21~27歳
公式サイトはコチラ>> 
第2位
【ウズキャリ】
未経験からITエンジニアの就職成功率86%以上
対応地域:関東・関西・東海・九州地方対応
対応年齢:18~29歳
公式サイトはコチラ>> 

※全て完全無料で利用可能
※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので、着信拒否設定などは解除しておきましょう

ニート/フリーターでもプログラマーにはなれる!

ニート/フリーターでプログラマーを目指すのは十分に可能だということがわかりました。

20代のであれば特にプログラマーへの適性が高い傾向があるのでチャレンジする価値はあるでしょう。

就活をはじめるときは何の知識も持たずに、挑んでも落とされる可能性が高いのでまずは「就職支援付きプログラミングスクール」で基礎知識を学んでから始めましょう。

自分が身に付けたいスキルであったり挑戦したい分野、また優良企業を見つけるためにもプログラミングスクールで相談をして他に差をつけたいところです。

独学をしても空白期間が長引くだけで自分が損をしてしまうだけです。

相川

早めにプログラマーになりスキルをみがきキャリアを積んでいきましょう。

IT特化型サービス
第1位
【プログラマカレッジ】
未経験からITエンジニアへの就職成功率96%以上
対応地域:東京・神奈川・千葉・埼玉のみ
対応年齢:21~27歳
公式サイトはコチラ>> 
第2位
【ウズキャリ】
未経験からITエンジニアの就職成功率86%以上
対応地域:関東・関西・東海・九州地方対応
対応年齢:18~29歳
公式サイトはコチラ>> 

※全て完全無料で利用可能
※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので、着信拒否設定などは解除しておきましょう

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


7月はエンジニアになるチャンス!未経験からITエンジニアの就職成功率86%以上!
ウズキャリに相談してみる
\未経験からのエンジニア就職成功率86%以上/
ウズキャリに相談してみる