ニートの生活

ニートが結婚式に呼ばれたら!果たして出席すべき?しないべき?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「学生時代の友達の結婚式に呼ばれたが、ニートで働いていないのでご祝儀が払えない…」

「結婚式の同席者はきっと就職しているのに、私だけニートだから気まずくて出席したくない…」

結婚式に呼ばれることは嬉しいことですが、ニートなのでご祝儀が払えなかったり、周りの目を気にするあまり心から喜べない、なんて経験はありませんか。

しかし、結婚式は人生の大イベントですし、呼ばれたからにはぜひ参加したいですよね。

私は20代で約2年間のニート生活がありましたが、親友の結婚式には参加し、それがきっかけとなり人生を大きく変えることができました。

ここでは、ニートだった私がなぜ結婚式に参加することができたのかを、体験談をもとに説明します。

ニートが結婚式に呼ばれたら出席するべき?

現在20代~30代の人は、学生時代の友人の結婚式に呼ばれることが多くなってくる頃ではないでしょうか?

しかしニートの場合、劣等感を感じてしまい参加しにくかったり、金銭的に余裕がなくてご祝儀を渡すことができず、泣く泣く参加をあきらめるということもあると思います。

そんな人のために、ニートが結婚式に呼ばれたら出席すべきかどうか、そして結婚式に出席して得られるものを説明します。

今後の関係を続けたいのであれば、参加すべき!

まず、式を挙げる新郎新婦が一番悩むのは、結婚式に誰を呼ぶかということです。

結婚式の費用は新郎新婦が負担するため、単純に1人呼ぶといくらかかるかという費用面で時間をかけて悩みます。

また、「この人を呼ぶならこの人も呼ばないと…」など、友人関係なども考慮されて、招待するメンバーはかなり厳選されます。

そんな中でも結婚式に呼ばれるということは、新郎新婦の「自分たちの一生の晴れ舞台を見てほしい人」に選ばれたということです。

両親や親族と同じくらい大切に思っている人だからこそ招待するため、結婚式のお誘いとは呼ばれた人にとって光栄なことなのです。

そんなお誘いを、現在ニートだからという自分都合の理由で断るのは、友人との関係を悪くしかねず、とてももったいないことです。

今後も友人関係を続けたいのであれば、必ず参加したほうがいいでしょう。

参加することで得られることも多い。

一般的に結婚式は、

  • ご祝儀を渡して入場
  • 新郎新婦の入場
  • 主賓のあいさつ
  • 歓談
  • スピーチや余興
  • 引き出物をいただいて終了

という流れになります。

結婚式に参加すれば、友人の一生の晴れ舞台をお祝いできると共に、旧友と再会できたり、新しい出会いがあるなんてこともあります。

そして、何より新郎新婦のお祝いの場にいるだけで、心が洗われるような幸福感に包まれます。

また、自分が友人の結婚式に参加することで、もし自分が結婚式を挙げることになった場合に、その友人はきっと参加してくれるという関係値を作ることもできるでしょう。

結婚式はあくまで新郎新婦が主役ですが、参加した人も楽しめて、みんなが幸せな気持ちになるのです。

決して「ご祝儀代がないから」「ニートだから友人に顔向けできない」などの理由で参加しないのではなく、ぜひ参加して幸せを分けてもらってください。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートは周りの出席者にどう見られる?

結婚式に招待してもらった際はひ参加すべきですが、やはりニートのままだと周りの反応は気になるところです。

ニートのままで結婚式に参加した場合、周りの出席者からはどのような目でみられるでしょうか?

結婚式の流れやよくある会話などから、周りの感情を説明いたします。

同席者からの冷たい目が避けられない。

結婚式では、新郎新婦が席を割り振り、参加者は指定された席に座ります。

基本的には学生時代の旧友や親しい仲間と同じ席になり、懐かしい話や近況の話などで盛り上がるように配慮されます。

そこでよくある話は、新郎新婦との思い出話と、自分たちの近況の話です。

新郎新婦との思い出話はもちろん盛り上がりますが、親しい仲だからこそ「身の上話」が多くなるため、ニートであってもその会話は避けられません。

もし自分がニートであることを明かしたら、どのような反応をするでしょうか?

幸せな席なので、責められたり仲間外れにされることはないと思いますが、ニートということに対して冷たい目で見られてしまうでしょう。

また、仕事の話や社会の話をする際には、会話に入れない可能性があります。

さらに、同席者がお金の心配や将来の心配をしてしまうこともあり、幸せな席が台無しになってしまいかねません。

せっかくの結婚式に盛り上がるためにも、ニートの状態で参加することは避けたいですね。

新郎新婦からも、誘ったことに対する罪悪感を感じてしまう。

また、新郎新婦に挨拶する時間もあり、お祝いの言葉をかけたり、思い出話で盛り上がります。

その際、近況を聞かれることもありますが、自分が現在ニートであると言うとどのように見られるでしょう?

まず真っ先に新郎新婦は、ご祝儀をいただいたことに申し訳なさを感じてしまいます。

一般的にご祝儀は3万からと、決して安い金額ではありません。

その分、新郎新婦は式を盛り上げて楽しんでもらおうと考えますが、ニートからご祝儀を貰っているという罪悪感を感じてしまい、せっかくの幸せな気分を損ねてしまう可能性があります。

また新郎新婦の親族も同様に、娘や息子の式のために負担をかけてしまっているという気持ちになり、申し訳ない気持ちになってしまいます。

もちろんニートであることを隠せばいいのですが、話が盛り上がらなかったり、雰囲気が悪くなったりと、あまりいいことはないでしょう。

他にも新郎新婦は

「こんなに幸せな自分たちを見てどう思っているだろう。」

「ニートということは仕事が見つからず苦しんでいるのではないか。」

などと考えてしまい、せっかくの幸せなひと時を台無しにしてしまう可能性もあります。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが結婚式までにできること

結婚式に呼ばれたら、ニートでも参加をあきらめる必要はありません。

ニートのまま参加するのではなく、少しでも早く現状を変え、自身を持って結婚式に参加するようにしましょう。

ここでは、もしもニートが結婚式に呼ばれたらすぐにすべきことをご紹介いたします。

招待してから式までは約2ヵ月。

現在ニートの方でも、結婚式に呼ばれたらぜひ参加してください。

ただしニートのままではなく、何かしらの仕事をしている状態で参加することをお勧めします。

仕事をしていれば、ご祝儀を喜んで出せる経済力が備わるのはもちろん、同席者との会話が弾んで、心から式を楽しむことができます。

一般的に結婚式の招待状は、約2ヵ月前に出します。

2ヵ月あれば、仕事を探すことも十分できます。

せっかく誘ってくれた友人の、一生に一度の晴れ舞台を心から祝うためにも、この2ヵ月間で就職をして、結婚式に参加するための準備を行いましょう。

期間が迫っている場合は、より効率的な転職活動をすべき!

結婚式に呼ばれてから当日までは約2ヵ月ですが、現在ニートの人にとっては時間が短いと感じるのではないでしょうか。

2ヵ月しかないといって手あたり次第に応募しても、いい結果はでないでしょう。

そんな時に活用すべきなのが、転職エージェントです。

転職エージェントを利用すれば、採用の可能性が高い企業を紹介してもらえるため、効率的に応募ができます。

さらに、面接対策や書類書き方などを教えてもらえるため、採用する方法を短期間で学ぶことができます。

このように、転職エージェントを使えば、招待状を受けてから式までの約2ヵ月で就職が決まるなんてことも珍しいことではありません。

結婚式に呼ばれて焦っている人ほど、転職エージェントを利用して、効率よく転職活動をすべきなのです。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

転職活動をしていれば、冷たい目で見られることはない。

転職エージェントを使えば効率よく仕事を探せますが、最終的に採用されるかどうかは会社の判断ですので、結婚式に間に合わない可能性もあります。

ニートのまま結婚式に参加しても会話になりませんが、就職活動をしていれば「自分はこの会社を目指している。」「この業界は今後どうなるの?」など、仕事に関する話ができて、情報収集もできます。

また、結婚式で興味のある会社の社員や関係者がいたり、興味のある業界で働く人がいたりと、思わぬ出会いがあるかもしれません。

ニートのまま結婚式に参加するより、少しでも転職活動をしてから結婚式に参加しましょう。

周囲との話にも入れて、明るく楽しく結婚式を祝うことができるでしょう。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが結婚式に呼ばれたら就職のチャンス!胸を張って式に参加しよう。

結婚式に呼ばれて、行きたい半面、不安な気持ちを抱えていませんか?

招待してくれた人の一生に一度の晴れ舞台を心から祝うために、少しでも早くニートを脱し、就職してから結婚式に参加しましょう。

仕事をしていればご祝儀も気持ちよく渡せますし、旧友との会話も盛り上がって、幸せな時間を過ごすことができるでしょう。

式まで時間がないという人は、転職エージェントと二人三脚で仕事を探すことが最も効率的な方法です。

転職エージェントを使えば、招待状を受け取ってから約2ヵ月という期間の中で、自分に合った仕事を見つけることは可能です。

まずはニートを脱却するために転職活動を始めることが、結婚式に参加する準備になるのです。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ