ニートの生活

地方のニートが上京就職するための必要な準備と資金を解説

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ニートの自分がいきなり地方から上京して就職してやっていけるのかな…

地方から上京して就職しようとするとどのくらいお金がかかるのかな

地方から上京する場合色々な不安が頭をよぎります。

永田

私も元ニートで就職する際に上京をしました。

この記事では地方のニートの方が上京する際の

  • メリットとデメリット
  • 必要な準備や資金

などを解説していきます。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

地方のニートが上京して就職するメリット

地方でニートで就職もしたことないのに大都会東京に行くメリットは果たしてどのようなところにあるのでしょうか。

永田

地方と東京の違いと共に紹介します。

  • 求人の数が多くて時給も高い
  • 知り合いがいないので生まれ変わるチャンス
  • 色々な人がいるので目立たない
  • 出会いが豊富

求人の数が多くて時給も高い

日本は良くも悪くも一極集中の国なので東京ではありとあらゆるジャンルの様々な仕事が溢れており、仕事を探すにはこれ以上の場所はないでしょう。

また賃金も高く、時給が1000円を切るような仕事はほとんどありません。

毎日どこかで必ず求人しているのでぴったりの仕事が見つかるはずです。

知り合いがいないので生まれ変わるチャンス

今まで暗い学生生活を送ってきた人にとっては生まれ変わるチャンスです。

進学して学校が変わっても誰か1人くらいは昔の自分を知っている人はいるわけですが上京して就職すればそこにいる人達は知らない人たちばかりです。

もちろん同郷の人が東京にいることもあるでしょう。

しかし東京の人口は地方都市の数倍あるので会おうとしない限り会うことはまずありません。

色々な人がいるので目立たない

東京には大金持ちの社長からオタクまで様々な人がいます。

地方の小さな町ではニートだということで変に目立ってしまってみんなから心配されてしまう人も少なくありません。

東京に住んでる人は良くも悪くも他人のことをあまり気にしません。

永田

目立つことで嫌な思いをしてしまっている人にとっては心地良い空間かもしれません。

出会いが豊富

東京の人口は900万人いるので出会いはたくさんあります。

男女の出会いはもちろんそうですが、同じ趣味や価値観を持つ人など、なかなか小さな地方都市では見つけられなかった気の合う人達と知り合うことが出来るでしょう。

たまたま出会って仲良くなった人がすごいお金持ちだったり、有名人だったりすることもありますし、バーなどではかつての有名人が普通に働いていたりします。

このような人との出会いで運命が大きく変わることもありえますので地方よりは多くチャンスが訪れます。

上手くいかなくても帰る場所がある

例え東京での仕事が上手くいかなかったとしてもふるさとではないわけですから帰る場所は別にあります。

これが地元であれば、会社を辞めた後も実家での日常生活の中でかつての職場の人達と顔を合わす可能性が大きくなります。

上京して心が折れても実家に帰ってしまえばふるさとの安心感に包まれながら東京での嫌なことは忘れることが出来ます。

人間、何か安心出来る要素があると思い切ったことが出来るものです。

ダメだったら実家に帰ればいい」と思うだけで心境は楽になるはずです。

\就職成功率80%以上/

地方のニートが上京して就職するデメリット

それでは逆に地方のニートが上京するデメリットは何があるのでしょうか。

永田

デメリットも地方と比較しながら紹介します。

  • 困った時に頼りに出来る人がいない
  • 住宅の距離が近くて窮屈
  • 同調圧力があって人情味が無い

困った時に頼りに出来る人がいない

周りにはいつも助けてくれた親や兄弟はいません。

病気になったり、怪我をしてしまった場合など自分で調べて病院に行ったりしなければなりません。

体調が悪くなった時は気も弱くなりがちなので誰もそばにいないと耐えられないかもしれません。

永田

上京してすぐ素晴らしい仲間と巡り合えたら最高ですが、実際にはなかなか難しいでしょう。

住宅の距離が近くて窮屈

東京は狭い土地に多くの人が住んでいます。

特に最初上京したばっかりの頃は家賃が最低水準の壁の薄い部屋に住むことが多いと思います。

ちょっとした音でも迷惑になってしまうので常に気を使わなければなりません。

また、家賃の安いアパートには時々変な人が住んでいることがあり、ちょっとしたことで文句を言ってくる人や騒音を出しているにも関わらず誰も苦情を言えない雰囲気を出している人がいます。

地方都市の立派な建物の実家に住んでいた人からしたらびっくりすることでしょう。

同調圧力があって人情味が無い

東京に限らず、日本の町では「人の迷惑になることはみんながしないようにしよう」という雰囲気があります。

しかし、咳が止まらなかったり体調が悪くて吐いてしまったり、どうしても音を出さないといけなかったりしょうがないことは時々あります。

地方だとまだ「多少はお互い様だからしょうがないね」と多目にみてもらえる場面でも東京だと徹底的に叩かれてしまいます。

もちろんお互い支え合っている住みやすい自治体もありますが、その一方で常にピリピリしている自治体もあります。

永田

こればっかりは近所にどんな人が住んでいるかは住んでみないと分からないので雰囲気で推察するしかありません。

\就職成功率80%以上/

上京する際にかかる生活費や初期費用

それでは実際に上京する時にどれくらいお金が必要なのでしょうか。

また東京での生活費は一体どのくらいかかるのでしょうか。

永田

東京までの移動代は別途かかりますがそれは住んでいる場所により異なるのでそこは省いて紹介します。

東京都心部か近郊か

まず、決めなければならないのが

  • 東京23区内に住むか
  • やや郊外に住むか

です。

安い部屋は23区内にもありますが、狭かったり汚かったりするのが普通です。

同じ値段だとやや郊外の方が快適に生活は出来ます。

最悪なのは奮発して都心に住んだものの、職場は東京の外れだったという場合です。

そのために部屋を見つける前にまずは職を見つけることをおすすめしています。

物件の中には3ヶ月は引っ越せないなどの決まりがある場合があり、先に部屋だけ決めてしまっていると最初無駄にお金を使ってしまうことになりかねません。

上京する際にかかる生活費や初期費用

不動産屋の広告などで家賃月2万円などといった激安物件を見ることがありますが、実際には管理費やシャワーや洗濯機はコインをいれないと動かないなど色々なお金がプラスされてきます。

その結果、

  • 家賃
  • 光熱費
  • インターネットの基本的な料金

を含めると最低ランクでも月5万円から6万円となってきます。

食費はスーパーで期限切れ直前の惣菜などが1食分200円くらいで買えるので、この惣菜と白ごはんで200円前後でお腹いっぱいになりなおかつ最低限度の栄養を接種することは出来ます。

もちろん全部自炊にした方が安いのですが、このような食生活を毎日続けると食費はおよそ月2万円くらいです。

あとは携帯電話の料金や時々飲みに行く交際費、コーヒーなどの嗜好品を購入したり、交通費などで約10万円で最低限度の生活は出来ます。

さらに最初は敷金礼金やデポジットなどが家賃の1ヶ月分取られます。

最初の1ヶ月の生活費と合わせると最低でも20万円は必要で、出来たら余裕を持って30万円くらい用意しておきたいところです。

状況にかかる必要な資金
  • 初期費用はだいたい20~30万程度
  • 1ヶ月の生活費は10~20万程度

移動費や緊急な出費に備えて最低でも40~50万円は用意しておこう!

シェアハウスという選択肢

地方でもだんだん増えてきていますが東京ではシェアハウスというものもあります。

同じ部屋でベットだけが別というところもありますが、ほとんどのところは個室が用意されています。

キッチンとトイレ、浴槽を共同で使い、みんなのために綺麗に使い、食器や調理器具は共同で使います。

共用部の掃除は業者がやるところと自分達でするところもあります。

さらにシェアハウスは連帯保証人がいらない場合が多いので親に迷惑をかけたくないという人にはおすすめです。

ただし身元保証人という形で連絡先を知らせる必要が出てきます。

身元保証人だと連帯保証人ほど法的に強制力はないので気軽にお願いすることが出来るでしょう。

食費は安く抑えれる

東京での食費は外食で良いところにいけば当然高くなりますが、自炊であれば地方とさほど変わりはありません。

住宅密集地ではスーパーがあちこちにあり価格競争などが行われており、賞味期限が近づくとパンや弁当などが半額になったりします。

それ以外にも全国展開している安い外食チェーン店や、昔ながらの安い値段で美味しいランチを提供してくれている店もあります。

\就職成功率80%以上/

地方のニートが上京して就職するための必要な準備とは

それでは地方のニートが上京を決意した時に必要なものは何があるのでしょうか。

  • 住むところを決める前に職探しをしておこう
  • 実家から持ってくる荷物は最小限に
  • まずはゲストハウスで生活するのもあり

住むところを決める前に職探しをしておこう

上京する前に職が決まっているというのが理想的です。

工場などだと寮があったりするので部屋探しをする手間が省けます。

家と職場は最も頻繁に移動するので家と職場が近いほど時間が有意義に使えて交通費も抑えられます。

東京は地方都市と比べて電車代は安いとはいえ、月に1万円くらいするので職場が徒歩で行ける場所だとそれだけで月に1万円節約出来ます。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

実家から持ってくる荷物は最小限に

実家からはなるべく余計なものを持ってこないようにしましょう。

服も最低限使い回せるだけ持ってくることをおすすめします。

東京では意外にもバーゲンなどで安く服が買えることもありますし、わざわざ実家から大荷物を抱えて持ってくる必要はありません。

シェアハウスだと家具などはすでに用意されている場合があります。

何よりも地方から大荷物を持って東京に来ると大変ですし、ラッシュアワーの時間帯に来てしまうと電車にも乗れません。

必要なものは仕事をしながら買い揃えていく方が良いでしょう。

まずはゲストハウスで生活するのもあり

東京の宿代は中野区や墨田区などのゲストハウスのドミトリーだと1500円で泊まれるところもあります。

ゲストハウスが1泊1500円ということは光熱費等込みで掃除もやってくれて月5万円以下ということになり、下手に部屋を決めてしまうより安く済んでしまいます。

地方でニートをしながら東京での仕事が見つからなかった時はまずはゲストハウスを拠点にして探すのも良いでしょう。

\就職成功率80%以上/

地方のニートが上京して就職活動するときのポイント

それでは実際に地方のニートが就職活動するときはどうしたら良いのでしょうか。

永田

基本的にはニートと言えどもやることは普通の就職活動と大きく変わりはありません。

  • 清潔感のある格好を意識しよう
  • 面接で聞かれる定番の質問の答えは用意しておこう
  • 転職エージェントに頼るのが確実

清潔感のある格好を意識しよう

基本的なことですが清潔感のある格好をしましょう。

爪、ひげはしっかりカットして服装も汚れていたりしていない格好をしましょう。

このような格好は就職活動だけではなく女性受けも良いのでめんどくさがらずに常に清潔感のある格好を意識しておけば私生活でもプラスになるはずです。

面接で聞かれる定番の質問の答えは用意しておこう

面接で聞かれる定番の質問の答えはすぐ言えるように用意しておきましょう。

  • 志望動機
  • 長所
  • 短所
  • 自己アピール

などです。

特に短所は事前に考えておかないと難しいです。

その職種にとって致命的な短所だとまずいですし、ないと言うわけにもいかず、ちょうど良い部分を言わなければなりません。

転職エージェントに頼るのが確実

面接時にどう答えたら良いのか分からなかったり、清潔感のある格好はどんな格好なのかよく分からない場合は転職エージェント(就職支援サービス)に頼ると確実です。

上手くいけば地方にいながら東京の仕事を見つけることが出来ます。

すでに仕事が決まっていれば部屋探しも楽ですし、安心して上京が出来ます。

永田

色々考えすぎて頭が痛くなってしまうことから解放されるということを考えると転職エージェントに頼るのもありです。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

一人であれこれ考えるよりもまずは相談を!

東京に限らず、1人で知らない街で暮らすのは色々と考えないといけないことが多くなります。

考えることに多くの時間を費やしてしまうのはもったいないです。

考えることは転職のプロに任せて、地方にいながら上京した時の職が決まっているという状況であれば安心感があり、ずいぶんと気持ちは楽になるはずです。

永田

色々悩んで頭が痛くなるくらいならまずは転職エージェントに相談してみましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる