フリーターの就活

フリーターから正社員になれない?なれる人となれない人の違いとは

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「正社員になるにはフリーターになったらもう終わり」

「フリーターとして働いてきた自分にはもう正社員になれない」

そう思って正社員にはなれないと諦めてはいないでしょうか。

フリーターになってしまうともう正社員になれる可能性は失われてしまうという噂があるのは確かです。

しかし、フリーターから正社員になっている人を私は何度も見てきました。

就活や転職のエージェントとして仕事をしているとフリーターからの相談もたくさんあります。

無事に正社員になっている人たちもいるので、決してフリーターは就職できないということはありません。

ただ、スムーズになれる人となれない人はいます。

その違いを理解して就職できる自分になりましょう。

フリーターは正社員になれないのか?

まず大前提としてフリーターは正社員になれます。

正社員になれないと言われているのは、いくら苦労しても採用してもらえていない人が大勢いるからです。

企業としては将来有望な人がフリーターの中から見つかったら積極的に採用してくれます。

自社にとってメリットになる人材を採用し、社内でさらに育て上げることで企業は成長を続けているからです。

しかし、たとえ他の企業で正社員として働いていた人でも、自社にとって役に立たない人であれば採用しません。

フリーターは職歴がなく、社会人として現場で業務に携わった経験もないので中途採用に比べたら不利になります。

ポテンシャル採用を狙える

ただ、企業は必ずしも即戦力だけを求めているわけではありません。

新卒を採用するときと同じように、採用してから成長して大きな貢献をしてくれる人を探していることも多いのです。

フリーターの人でもこのようなポテンシャル採用を目指す求人に応募し、企業が有望と認めてくれれば正社員になれます。

実際にはポテンシャル採用をする求人には競合して応募してくる人がたくさんいて、その中には職歴がある人も少なくないでしょう。

そのため、フリーターの人は職歴がある人たちよりも魅力があると思ってもらう必要があります。

そのハードルが高いのが原因で、フリーターは正社員にはなれないと言われてしまっているのです。

\就職に不安を抱えているなら/

正社員になるためには早めに動き出すのが吉

フリーターから正社員になるためにはこのような厳しい状況を乗り越えなければなりません。

早めに動き出す必要性

乗り越える手段の一つとしてとにかく早めに動き出すことが大切だということが知られています。

正社員になることと、就活をするために早く動き始めるのがどのように関係しているのかがわからない人もいるでしょう。

端的に言ってしまえば、若いほど企業にとって魅力が大きいからです。

最近では新卒採用のタイミングで必要な人数の人材採用をできずに終わっている企業が増えています。

先行き不安の影響があって大手企業に就職したいという学生が多く、中小企業を避けて通る傾向が強まっています。

そのため、大手企業では応募者が十分にいますが、中小企業では一人も応募してくれないことすらあるのです。

内定者辞退がある今はチャンス

大手企業でも内定を出したのに入社直前になって辞退してしまう人が増えてきているのが問題となっています。

内定者の辞退の状況は深刻で、何人もいなくなってしまって事業予定が大幅に狂ってしまうケースすらあるのです。

その不足を補うために学生並みに若い人たちが欲しいという声が大きくなっているのが現状です。

1歳でも若いうちの方が採用を前向きに考えてもらえるため、フリーターでも正社員になれる可能性が高まるのです。

だからこそ迷っている暇があったら就活を始めた方が良いと考えることができます。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターから正社員になれない人の特徴

フリーターは正社員になれないと言われているのは、就活しても採用されずに苦労している人が多いからだというのは既に述べました。

では、フリーターから正社員になれない人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

正社員なろうとするのが遅すぎる

まず、あまりにも出足が遅すぎた人たちは本当に正社員になれずに苦労しています。

40代や50代でもフリーターをしている人を見たことがあるでしょうか。

実はフリーターで人生を過ごそうと思い立ってしまった人も世の中にはいます。

若いうちは生活費も少なくて済む場合が多く、結婚前なら子供も育てなくて良いので収入があまり高くなくても問題はないかもしれません。

それが理由でフリーターとして生きようと思ったものの、30代くらいになってから養育費などが足りない事実に気付いて就活を始めている人もいます。

しかし、年齢がネックになってしまってなかなか採用してもらえずに苦労しています。

そのうちにさらに年齢を重ねてしまい、いくら求人に応募しても落とされてしまってついには諦めた人もいるのです。

実際には50代になっても就活に成功している人もいないわけではありませんが、かなり厳しいのは事実です。

学生の頃と同じ就活をしてしまう

全く学生の頃と同じ気持ちで就活を進めようとしていた人も大抵失敗しています。

フリーターになると学生の新卒とは違う目で企業から見られるので対策もし直さなければなりません。

しかし、学生のときに必死に勉強して就活の仕方を覚えて取り組んだので、そのときにやったのと同じように就活を進めてしまいがちです。

考えてみれば、そのやり方もあまり正しいとは言えなかったために就職できなかったのでしょう。

誤っていた部分が何だったのかも確認せず、さらにフリーターには適していない新卒としての就活をしてしまったら成功できないのは目に見えているでしょう。

就活への執念が不足している

もう一つの特徴として、執念が足りていないことです。

本当に正社員になりたいなら一度書類選考で落とされたくらいで諦めはしないでしょう。

やはりフリーターだから駄目かもしれないと思っても、対策を立てながら挑み続ければ採用してもらえる可能性はあります。

しかし、何が何でも就職するという気持ちが足りず、中途半端なところでやめてしまっているのです。

ただ闇雲に応募し続けていても就職できないかもしれませんが、落ちたら反省して次に生かすという前向きな気持ちがあればきっと就職できます。

今こそ就活に専念しなければ正社員になれないという気迫や執念がない人はなかなか就職できないのです。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターから正社員になれる人の特徴

フリーターから正社員になれない人の特徴がわかったところで、逆に正社員になれるフリーターの特徴が気になり始めたでしょう。

フリーターから正社員になっているのはどのような人たちなのでしょうか。

正社員になるのに必要なことを考えている

まず、正社員になるためには何が必要なのかをあらためて考えて論理的な結論を出しているのが特徴です。

正社員になれる人はフリーターの立場と新卒の立場の違いや、仕事におけるフリーターと正社員の違いがよくわかっています。

逆に空白期間を利用している

フリーターは新卒と違って1年以上は学歴も職歴もない期間があります。

その間に何をしていたのかは企業にとって興味があるところでしょう。

フリーターの間に取り組んできたことをきちんとまとめて、応募先の企業での仕事に役立てることができるとアピールしています。

するとその空白期間を有効活用して成長しようとする意欲がある人材だと認めてもらえるのです。

正社員になってなにをしたいのかがはっきりしている

また、フリーターがアルバイトを探すのと同じ感覚で正社員になろうとしても採用されません。

企業としてはアルバイトと正社員に求めていることが違うからです。

これをわきまえて正社員になったら何をしたいのかをはっきりと伝えることで有望な人材として期待してもらえます。

このように不利になり得る点や認識が誤っている可能性がある点をよく考え、企業の目線でよく考えている人はフリーターから正社員になっています。

学習意欲がある

前向きに学習して成長する心がけがある人も就職に成功しています。

書類選考で落とされてしまったときには伝わりにくい表現がなかったか、企業が求めている人材とは違ったのかとよく考えて研究しています。

何が悪かったのかを考えるだけでなく、良かった点も加味して考えて成長を続けています。

成長を経て就職に成功するという気持ちを持っているので、選考で落ちてしまってもあまりくよくよしません。

前向きな気持ちをいつも持っていられるので面接での印象も良く、ついには正社員になっているのです。

他人の力を借りている

一方、正社員になっているフリーターの人はよく他人の力を借りています。

自己分析をするときにも本当に客観的に見ることができているのかが心配になることがあるでしょう。

その際に家族や友人に聞いてみると正しく評価できているかがわかります。

就職先を決めるときにも実際に働いている人に聞いてみて、自分に合っているかを確認している人はより良い仕事を見つけ出しています。

適性がある仕事に応募すれば企業からの評価も高くなり、採用してもらえる可能性も高まるでしょう。

このようにしてうまく正社員になったフリーターも少なくありません。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターからでも就職しやすい業界の特徴とは?

フリーターから就職するときにはどの業界を狙ったら良いのかが気になる人もいるでしょう。

時代によってどの業界に就職しやすいかは違うので、一般的な特徴を把握しておくのが大切です。

人材不足の業界

全般的に人材が不足している業界は就職しやすい傾向があります。

人材採用では新卒を除くと基本的には即戦力を採用するのが基本です。

ある業務を担当する人材がいないから中途採用で獲得するという流れが一般的だからです。

しかし、需要の割に希望する人が少なくて人材が不足している業界は常にあります。

このような業界では即戦力にこだわっていては業務が滞ってしまいます。

そのため、未経験の人でも採用して現場で教育して一人前にするという方針を立てている傾向があります。

すると学習能力が高く、教育をしてからずっと働いてくれると期待される若い人たちに期待が寄せられます。

フリーターでもまだ若いうちで十分な意欲や向学心があるならすぐに採用してくれる可能性もあるのです。

急成長をしている業界

また、成長業界も同じような理由でフリーターが就職しやすくなっています。

成長業界は人気がありますが、それ以上に人材が必要になっていることが多いからです。

特に顧客獲得競争が激しくなってきた頃の成長業界では営業職がどの分野でも重宝されます。

一人でも良いから多く若くてエネルギーがある人を雇って顧客を見つけて欲しいと思っている企業が多いのです。

営業職はその企業の製品やサービスを熟知し、さらに顧客についても詳しくならなければなりません。

学ぶことが多いのでやはり学習能力が高い若手に期待が集まります。

また、営業職は企業が利益を生み出す現場で働くのが特徴で、将来的には優秀な人を管理職に据えようと考える企業も少なくありません。

そのため、できるだけ候補者を多くしたいという気持ちもあって積極的な採用をしている企業が成長業界では多いのです。

成長業界のタイプに注意

なお、成長業界にも色々なタイプがあります。

短期間で急激に成長をしているタイプの業界ではフリーターのような未経験者を採用する傾向が強いのが一般的です。

それに対して長期的に持続的な成長をしているタイプの業界では人気が低迷しない限りは人材の供給が追い付くことが多いので注意しましょう。

この場合には新卒や即戦力の中途採用で人材が充足してしまって、未経験者を採用しようとする動きが起こりにくいのです。

フリーターが目を付けると良いのは急成長をしている業界だと覚えておきましょう。

ただし、成長速度が速い業界では仕事も忙しくなる場合がほとんどです。

特に入社してからは学ぶこともたくさんあるので覚悟を決めて就職する必要があります。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターが就活する際に注意すべき点とは?

フリーターも正社員になれる可能性があるとわかってくると、すぐにでも就活を始めたいと思うのではないでしょうか。

ただ、就活をするときには注意しておいた方が良いポイントがあります。

ハローワークにこだわり過ぎないこと

まずはハローワークにこだわって就活をしないことです。

フリーターも採用してくれそうな企業からの求人はどこにあるだろうと思ったときに、公的サービスとして提供されているハローワークに目を向けるのは決して悪くはありません。

ハローワークにもフリーターを採用しようとしてくれる企業からの求人もあるでしょう。

ただ、ハローワークは求人を出すのに費用がかからないので、あまり採用するつもりもないのに求人を出したままにしているケースも少なからずあります。

必死に企業研究をして書類を整えて応募したのに、そもそも企業側が人材を新たに採用するつもりがなかったら徒労に終わってしまいます。

あくまでハローワークは候補の1つと考えて広く求人を探すようにしましょう。

ブラック企業の存在に注意すること

もう一つはいわゆるブラック企業に就職して後悔しないようにする注意が必要です。

未経験者を歓迎する求人は一般的な求人サイトによく見かけられます。

ブラック企業では厳しい職場環境になっている影響で離職する人が多く、未経験でも良いから歓迎して迎え入れたいと思っていることがよくあります。

若手の獲得にも失敗していることが多いので、若いフリーターが応募してきたときには新卒の代わりのつもりで採用してくれる可能性が十分にあるでしょう。

ただ、晴れて正社員になれても仕事が厳しくてつらくなってしまいがちです。

理不尽なことで叱責を受けたり、サービス残業ばかりで給料もほとんど上がらなかったりすることも少なくありません。

こんなことになるなら正社員にならない方が良かったと後悔してしまうでしょう。

そこでフリーターに戻ってしまったら、また思い立ったとしても再び就職するのは難しくなります。

ブラック企業を避けるには

求人に応募するときには手当たり次第ではなく、一つ一つの企業を十分に調べましょう。

離職率や平均残業時間の長さなどを見てみるとブラック企業かどうかを判断できます。

可能であれば職場を見学させてもらって、良好な雰囲気があるかどうかを見てから入社するかどうかを判断するのが賢明です。

応募前から見学させてくれるところはあまりありませんが、面接のときに職場見学を申し出ると承諾してくれることはよくあります。

社員と自由に話をさせてくれることもあるので、実際に働いている人がどう思っているかを聞いてみると働きやすい環境が整っているかどうかがわかるでしょう。

このような工夫を通して職場の様子を見極めればきっと安心して働き続けられるところに就職できます。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターから正社員になるためのポイント

このような注意点を踏まえて、フリーターが正社員になるためにはどんなポイントを押さえておいたら良いのでしょうか。

ここでは重要な3つのポイントを解説します。

正社員になると心に決める

1つ目は何としてでも今回の就活で正社員になると心に誓うことです。

気持ちの持ち方はとても重要なもので、壁が立ちはだかったときに乗り越えられるかどうかを大きく左右します。

フリーターから正社員になるのは決して簡単なことではないので、挫折も経験することになるかもしれません。

それでも気を取り直して就活に真っ向から取り組む精神力が大切です。

あくまで正社員になるのはゴールではなく、本当に重要なのはその後になって頑張り続けることです。

ただ、そのようなきれいごとを言っていて就職できなかったら意味がありません。

あらゆる手段を尽くして失敗と反省を繰り返しながら成功を勝ち取ると心に決めましょう。

業界分析に力を注ぐ

2つ目は業界分析を徹底して行うことです。

上述のように人材不足になっている業界ではフリーターが正社員になれるチャンスがあります。

頑張って働いて企業とともに大きな成長を遂げたいなら急成長業界を探しましょう。

逆にずっと安定した需要があるけれど人材が足りない業界を探すと、縁の下の力持ちとして活躍を続けられます。

このような業界に限らず、自分が興味を持てる業界について人材の過多を調べてみるのが大切です。

そして、人材不足が明らかに見て取れたら就職先の業界として有力候補にしましょう。

エージェントをパートナーにする

3つ目は就活エージェントや転職エージェントをパートナーとすることです。

ハローワークや求人サイトの求人状況について注意すべきポイントは既に少し触れました。

本当にフリーターの人材も募集候補として考えている求人を見つけ出すのはかなり大変です。

未経験者を募集していても本音は経験者しか採用するつもりがない場合も決して少なくありません。

しかし、もともと募集対象として考えていない企業からの求人に応募していては日が暮れてしまいます。

エージェントは募集意図を企業から聞いた上であなたに合っている求人を紹介してくれます。

職場環境についても情報をきちんと押さえているので、ブラック企業かどうかも見分けられます。

就職エージェントや転職エージェントに相談しながら就活を進めれば、就職して良かったと心から感じられる企業への道しるべを立ててくれるでしょう。

エージェントには就職に関わる相談を何でもすることができます。

フリーターが正社員になれないというのは噂だけで就職している人がいるのかも聞いてみましょう。

それなら就活したいと思えるような魅力的なエピソードをきっと語ってくれて、やる気を出して正社員を目指せるようになります。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターも正社員になれないと諦めないようにしよう

フリーターは正社員になれないというのはあくまでそういう人が多い状況が続いているだけです。

ただ、能力的な問題で正社員になれるかなれないかが決まっているわけではないのがわかったでしょうか。

気持ちの持ち方や就活のやり方が成功の可否を分けています。

ここで説明した正社員になれない特徴が該当しているなら、改善して就活に足を踏み出しましょう。

若さが成功に大きく関わっているので、今すぐにスタートを切るのが大切です。

来年でもいいと思ってしまうと本当にチャンスを逃してしまうかもしれません。

就活エージェントや転職エージェントを味方につけて上手に就活を進めましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ