高卒

高卒は就職できない?難しい?厳しいといわれる3つの理由とその解決策

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「就活を少ししたけど結構厳しくて、結局就職できないからフリーターに。やっぱり高卒は難しいのかな。」

「本当は正社員になりたいけど、なかなか難しいから自信がなくなってきてる。」

高卒ということで就活に悩む人は、こんな風に感じていることが多いのではないでしょうか。

確かに、高卒での就職は厳しい面もありますよね。

私は、10年に渡りキャリアアドバイザーとして、主に高卒の方をメインとした就職のサポートをしてきました。

その経験を生かして、高卒の方が就職するためのヒントをご紹介していきます。

ぜひ参考になさってくださいね。

高卒就職は厳しいが就職できないわけではない!

確かに世間一般的に見ると、高卒は大卒よりも就職をするのに厳しい立場にあるといえます。

実際のところ、大卒の方が多少就職に有利な面もありますが、高卒でも就職ができないというわけではありません。

その理由を一つ一つ紐解いていきましょう。

しっかり社員教育できるから

高卒の人は、多くの場合大卒者ほどアルバイトの経験もないため、企業側としてはある意味とてもフレッシュな状態で雇用することができるのです。

社会のことを何も知らないまま入社するのはデメリットのように見えますが、逆手に取ればしっかりと教育すればぐんぐん吸収して有力な社員になる可能性を十分に含んでいるといえます。

そのため、高卒でも就職が可能であるパターンも十分にあり得るのです。

日本全体が人手不足だから

現在の日本は高齢化社会となっています。

つまり、退職する人はどんどん増えるけれど、新しく入社する人が減っている状態なのです。

そんな中、大卒だろうと高卒だろうと若い人が入社してくれることは、今後長く勤めてもらえる可能性があるため、企業としては非常に助かると言えます。

学歴という風潮が変化している

まだまだ学歴社会の風潮は日本のベースに存在していますが、だんだんとやる気やスキル、ポテンシャルを重視する社会へと変わっていっているのも事実です。

企業の中には、学歴は問わずその人が持つ能力を採用の基準にしているところも増えています。

そのため、企業によっては高卒でもやる気のある若い人が採用される可能性が高いと言えるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒の正社員就職が難しいと言われる3つの理由

高卒でも就職ができるとは言え、やはり正社員として採用されるのは難しいと言われているのも実際のところ。

なぜ高卒の就職が難しいと言われているかを確認知っておくと、いざ就活をする際に対処が可能となります。

コミュニケーション能力が低いとみられる

高校生活は大学生活に比べて関わる人の数が少ないのが普通でしょう。

大卒の人は様々な人と触れ合い、バイトも盛んにしますから仕事やプライベートを問わず社会人とのコミュニケーションも多くなります。

ある意味社会生活という角度では高卒の人よりも経験値が高いと言えます。

そのため高卒者の場合、大卒者ほどのコミュニケーションスキルがないというのが一般的な見方となっています。

企業としても判断の基準としてコニュニケーションができるかどうかは重視するため、高卒は就活が厳しくなる傾向にあるのは否めません。

学力やスキルへの期待値が低い

高卒の人は大卒の人に比べて、基礎的な学力が低いのではないかという味方が一般的な風潮としてあります。

そして、企業にとっても学力があるかどうかは一つの判断基準となっており、学力があると言われる大卒の方が、応用力や吸収力、記憶力に長けている見なされる傾向にあります。

当然、高卒だからといって学力やスキルがないと決めつけることはできませんが、一つの基準として学歴をみられることは大いにあり得ます。

忍耐力がないと思われる

大卒者の場合、厳しい受験勉強を乗り越えてきたというイメージがあります。

また、受験戦争を勝ち抜いてきた心の強さも大卒者の方があると思われがちです。

実社会においては心の強さも非常に大切な要素として挙げられます。

しかし、高卒の場合、何かを乗り越えるといった経験が乏しいとみられ、忍耐力の弱さを疑われて不採用になるということも少なくはありません。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒の就活方法は?

高卒の就職が厳しいと言われている昨今でも、就活方法はあります。

効率的な就活方法方を選び、スムーズな就活をしたいものですよね。

3つの就活方法をご紹介しますので、チェックしてみてください。

転職エージェントを利用する

一番おすすめな方法が、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは会社によって特化している分野があるのですが、中でも高卒向けの転職エージェントを利用することが大切です。

専任のアドバイザーが付いてくれるのが魅力で、しっかりとカウンセリングをした上で最適な企業を紹介してくれます。

将来の方向性や、自分が本当にやりたいことはなかなか自分一人でははっきり定めることが難しいことも多いのですが、プロのサポートがあるととてもスムーズに見定めることができますよ!

ハローワークを利用する

各自治体にある公共職業安定所のことをハローワークと言います。

ハローワークを利用するためには、利用登録をすることから始まります。

就職の専門施設とはいえ、専任の相談員がつくわけではありませから、基本的には自分で就職先を探すことになります。

希望の就職先が見つかれば、ハローワークから紹介してもらうことができますが、実際に自分にマッチしている会社かどうかは働いてみなければわかりません。

求人サイトから応募する

最近はたくさんの求人サイトがあり、自分で就職活動をすることが可能となっています。

山のようにある求人の中から、高卒でもOKな企業を見つけ出し応募していきましょう。

しかし、この手段は情報が溢れかえるほどあるため、反対に言えば非常に非効率な方法と言えます。

ツテを頼る

親戚や友人のつながりなどを使って、会社に就職するという方法もあります。

前々から働いてみたいと思っていた会社があればこの手段でもいいのですが、よくわからないままツテで就職をすると、辞めづらいというデメリットもあります。

また、コネクションを使って入社することをよく思わない人もあるため、人間関係がいきなり悪くなる可能性も含んでいます。

活用しやすい手段ではありますが、気をつける必要は十分にあります。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒の面接突破のカギ!

高卒に限らず、就活において一番の難関となるのが面接です。

高卒者なら尚更に、普段あまり頻繁に体験しないシーンだけに、かなり緊張することが容易にイメージできますよね。

面接には実は突破するためのカギとなるポイントがありますので、ぜひ確認しておくことをおすすめします。

自己PRが大切!

まだまだ学歴によっての採用が多い中、高卒者が大卒者との差をつけるためには自己PRが必須です。

面接に至る前の書類選考の段階では、学歴が有利となりがちです。

そんな中での面接はある意味チャンスと言えることを忘れてはなりません。

もちろん、自己PRについては面接官からも直接聞かれることが多いですが、面接そのものが自己PRの時間だと思って挑むことが大切です。

話の内容だけでなく、挨拶の仕方や話し方も自己PRの一環となるため、油断は禁物です。

面接会場への入室から退室するまで、しっかりと丁寧にその上で自分らしくいられるようにいつもよりも意識することを心がけましょう。

面接官の話に耳を傾ける

緊張しているとついつい相手の話をちゃんと聞けるような状態ではなくなることがあります。

聞いているようで、どこか上の空だったり、次に自分が話すことにばかり気を取られて、相手の質問を聞き逃したりすることもあり得るでしょう。

しかし、面接において大切なのは面接官の質問に対して的外れな答えをしないことです。

まずは、面接官の話にしっかりと耳を傾けて、相手がどんなことを知りたいと思っているかを把握するように意識しましょう。

一見難しそうに思えますが、相手に意識を向けることを心がければそう難しいことではありません。

リラックスしよう

面接ですから、もちろん緊張するのは当然ですが深呼吸をして出来るだけリラックスして挑むようにしましょう。

いいことを言おうとして身構えてしまうと緊張感が抜けません。

失敗してもいいという気持ちを持って落ち着いて面接を受ければ、自ずといつもの自分らしく会話をすることができ、結果的にはいい印象を相手に与えることができます。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒におすすめの就職先!<職種や業界>

高卒の人でも意外と就職しやすい仕事はあります。

その特徴として挙げられるのが下記の3つです。

  • 学歴不問の職種
  • 人手が足りていない
  • 働きながらスキルアップ可能

これらの特徴のある職業を具体的にご紹介していきましょう。

公務員

意外に思われるかもしれませんが、公務員の多くは学歴が関係ありません。

その代わりに公務員試験に合格するという条件があります。

多くの人の印象にある通り、公務員は手堅い仕事で給与や福利厚生面については安定しています。

そのため応募者も多く倍率は高いという点は否めません。

また、年齢制限が設けられている公務員の種類もありますので、注意が必要です。

介護スタッフ

ニュースなどでも多く取り上げられていますが、介護スタッフは慢性期な人手不足で悩まされています。

少子高齢化の煽りも受けており、スタッフの高齢化も進んでいるため若い人材は重宝される世界です。

とはいえ、資格がいるので高卒だと無理なのではと思っている人もいるのではないでしょうか。

無資格でも始めることができるのが介護スタッフの魅力で、さらに仕事をしつつ資格を得ることができます。

介護は体力が必要な仕事ですから、体力に自信がある人におすすめと言えます。

配送ドライバー

買い物の主流がネットショッピングに移りつつある昨今。

実は配送ドライバーも人手不足が深刻な状態にあります。

自動車の免許が必要にはなりますが、作業自体は複雑なものではないため高卒でもしっかりと働くことができます。

事務職

企業によっては、事務員を高卒から募集しているところもあります。

事務職の主な仕事は、書類作成やデータ入力といったデスクワークが中心です。

一般事務の他には、医療事務や営業事務といった職種もありスキルが事務スキルとは別のスキルが問われる場合もありますが、高卒でも十分に活躍できる職種と言えるでしょう。

販売・接客業

実力主義の傾向が高い職種の一つが販売業です。

つまり、学歴よりも現場でのスキルが求められる世界となります。

お客様と接する仕事ですから、コミュニケーションを取るのが得意だという人はおすすめと言えるでしょう。

飲食業

居酒屋やレストランで働く場合も多くの場合学歴が必要ありません。

それよりも料理の腕や、ホールでのコミュニケーションスキルが大切となります。

仕事をしながら料理のスキルを磨けば、将来的には自分で店舗を持つことも夢ではありません。

製造業

工場などで物作りに関わる仕事として製造業があります。

販売などのコミュニケーションが必要な仕事が苦手という人は、おすすめと言えます。

多くの場合、2交代制や3交代制など労働時間がしっかり決められた企業となり、仕事と生活のバランスを取りたい人にとっても選択肢の一つとなり得るでしょう。

IT業界

IT業界といってもプログラマー、エンジニア、webデザイナーなど様々な種類がありますが、実はどれも独学で学ぶことが可能なものです。

もちろん専門の学校もありますが、センスや才能があれば十分高卒でも対応でき、仕事をしながらスキルアップをすることも見込めます。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒から優良企業の正社員になるためには?

高卒とは言え、就職するなら優良企業の社員になりたいですよね。

しかし、何も知らずに正社員へ向けて動き出すと、ブラック企業に出会ってしまうこともあり得ます。

しっかりとした優良企業に就職するためにはコツや注意点を理解しておくことが大切です。

優良企業を見つけるコツ!

一般的に優良企業といえば大企業というイメージがあります。

しかし、大企業はなくても優良企業はたくさん存在しています。

コツを掴んで優良企業を探し出すのは、優良企業に就職するための第一歩です。

成長している業界を選ぶ

時代の流れとともに、それぞれの業界にも波が起こります。

衰退していく業界もあれば伸びていく業界もあるというわけです。

世の中の情勢をしっかりと捉えて、これから伸びていくだろう業種に就くと将来的にも安定しやすいといえます。

求人内容がはっきりとしているところを選ぶ

求人を見ていると、「いい雰囲気の会社」や「やりがいのある仕事」など割と抽象的なPRだけを載せている企業が多くあります。

そんな中で、仕事内容や年収、福利厚生など明確に記載されている会社は、優良企業である可能性が高い傾向にあります。

とはいえ、必ずしもそうとは限らないため、しっかりと見抜く目は必要です。

企業のホームページをチェックする

実際に気になる会社が見つかったならば、ぜひホームページを確認してみましょう。

今やホームページは会社の顔といっても過言ではありません。

福利厚生についてや、会社が目指していることなども記載されているところが多くありますから、隅々までチェックしてみることをおすすめします。

また、最近は企業が発信するSNSも盛んに繰り広げられています。

堅苦しくないフランクな状態での発信も、企業の本質をみる際に役立つと言えるでしょう。

口コミをチェックする

企業の目星がついたら、口コミを確認してみるのもおすすめです。

企業を検索すれば、Googleなどでも口コミをみることができます。

また、企業の口コミサイトなどもありますので、活用してみるのもいいでしょう。

厚生労働省マークを取得している企業もおすすめ

厚生労働省マークとは、優良企業に与えられるシンボルで、従業員にとって働きやすい環境が備わっている会社の目安となります。

注意点はココ!

高卒OKの優良企業を見つけたら、ついつい飛びつきたくなる気持ちもわかります。

しかし、就職するにあたっては注意点も見逃すわけにはいきません。

就職に失敗しないためにも、どんな点に注意するべきかを確認しておきましょう。

自分にマッチしている会社かどうか

どれほど給料がよく福利厚生もしっかりしていたとしても、自分の性質ややりたいことにマッチしていなければ、結局すぐに辞めてしまうことに繋がりかねません。

就活をする際には、自己分析をしっかりしておくことが大切です。

志望動機が明確かどうか

大企業だからという単純な理由で仕事を選ぶと、後々の仕事に歪みが出てくる可能性があります。

また、単に大企業で働きたいといった動機だといくら志望したからといって面接で受かる率も低くなります。

先ほどの自己分析にも通じますが、自分がなぜその企業に就職したいのかを明確にするかどうかは就職を成功させる鍵にもなります。

正社員になるための方法は転職エージェントがおすすめ!

上記のコツや注意点を一度に押さえるとができる就活方法が、転職エージェントを利用することです。

おすすめするのには理由がありますので、チェックしていきましょう。

専任アドバイザーがつく

転職エージェントでは、一人一人に専任のアドバイザーがつき自己分析から内定までしっかりとサポートしてくれます。

就活においてベースとなる自己分析は、自分一人で行うと甘くなってしまい深いところまで見つめることができません。

就活のプロがサポートしてくれることで、本当にしたいことは何か、自分の強みや弱点はどこかを客観的な視点からしっかりと知ることができるのです。

そうすることで自分でも知り得なかった新しい自分に気づくこともできる可能性があります。

自己分析の上で企業を紹介してくれる

自己分析をすることで自分自身の性質やスキル、ポテンシャルがはっきりと見えてきます。

転職エージェントでは、それらを踏まえた上でマッチする企業へと導いてくれるため、就職したのちも辞めることなく、自分にぴったりくる職場で長く続けられる可能性も高まります。

優良企業が豊富

転職エージェントは独自のつながりで企業と契約をしています。

そのため、企業のチョイスもしっかりとしており、優良企業が多くあるというのがメリットです。

もちろん、高卒OKな企業や未経験者でも働くことができる企業も多くありますから、安心して託すことができます。

面接対策も充実

転職エージェントのメリットとして大きいのは、面接対策もしっかりとしてくれる点です。

何と言っても就職のプロたちがサポートしてくれますから、そのノウハウは高卒で就職を目指す人にとっても大変役に立つものです。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...
ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

高卒だって大丈夫!正社員へ突き進もう。

高卒だからといって就職を諦めていた人にとって朗報だったのではないでしょうか。

就職もポイントさえ押さえることができれば、高卒だって案外スムーズに就活を進めることができます。

そのためにもプロの力を借りることは何よりの得策となります。

転職エージェントは、高卒で正社員を目指す人にとって、具体的な動きはもちろん精神的にも非常に心強い存在となってくれるでしょう。

高卒だと、周りの大卒の人と比べてしまい卑屈になってしまうこともあります。

しかし、今から行動することで学歴の悩みは消え去り、あなたが思っているよりも遥かに嬉しい未来が待っています。

ぜひ、一歩を踏み出して正社員へと突き進んでいきましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ