既卒の就活

就活失敗する人の5つの特徴をタイプ別に解説【対処法もあるよ】

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「頑張って就活したのに、なぜか失敗してしまった。失敗する人に特徴ってあるのかな。」

「就活に失敗するタイプがわかれば、次の就活を乗り越えられる気がするんだけど。」

就活失敗者の中には、こんな風に、何故自分が就活に失敗したのかわからないまま途方に暮れているという人もあるのではないでしょうか。

実は、就活に失敗する人には特徴がありタイプ分けすることができるのです。

それらの特徴を理解しておけば、就活リベンジにおいて成功する可能性が高まります。

私は、これまで就活アドバイザーとして500人を超える就職のサポートをしてきました。

当然、就活に失敗して相談に来られる方も多く、彼らの傾向を踏まえながら対処してきた経緯があります。

それらを踏まえて、皆様に就活に失敗する人の特徴やその対処法をお伝えしていきます。

ぜひ、次の就活への参考になさってください。

就活に失敗する人の5つの特徴【タイプ別】

就活に失敗する人たちの統計をとってみると、共通した特徴があることに気がつきます。

就活に成功するための秘訣として、失敗する人の特徴は何かを知ることは非常に有効です。

その上で、自分はその特徴に当てはまらないかどうかを確認しておくと、いざ就活をする際に対処法を考えることができるからです。

実際のところ、就活で失敗する人の特徴は、5つに分類されます。

全部当てはまるという人は当然かなり危険度が高いですが、一つでも当てはまるという人でも気をつける必要があります。

コミュニケーションが苦手

就活においてコニュニケーション能力は非常に大切なスキルと言えます。

多くの就活に失敗する人はコミュニケーションが苦手といった特徴があるのです。

コミュニケーション能力とは、自分の意見を相手に伝えるだけではなく、きちんと相手の話を聞くというスキルも問われます。

しかし勘違いされがちですが、誰とでも打ち解けて、たくさん友達がいる方がいいというわけではありません。

就活において必要なのは、誰とでも親しくなれるという能力ではなく、上司やクライアントといかに円滑にやりとりができるかという点です。

対処法

対処法として大切なのは、しっかり相手と向き合って話を聞き、そして相手が何を言いたいのかを汲み取るという点に意識を置いて会話をすることです。

別にスラスラと言いたいことを話さなければならないわけではありません。

必要以上にうまく話そうする必要はないのです。

相手が何を聞きたいかを捉え、そのポイントにひとつひとつ答えることが大切だと言えます。

コミュニケーションスキルという単語を聞くと難しそうに感じてしまいますが、ただ相手に意識を向けるだけなので、実は簡単なスキルだと思いませんか?

このスキルを習得することができれば、自ずと自分の意見もスムーズに伝わるようになっていきます。

自信がない

就活で失敗する人といえば、とにかく自分に自信がないという特徴を持っています。

自信がない人は、面接においても必要以上に緊張する傾向にあり、本来の自分を表現できなくなります。

たとえば話し方や行動ひとつとっても自信のなさは現れてしまうでしょう。

自信がないことが全面に出てしまうと、選考においても企業側から落とされる可能性が高くなるのです。

採用する側からすれば、会社の未来を背負う若者を選ぶわけですから、自信のある人を選ぶのも当然の結果と言えます。

対処法

自信を持つための一つの対処法としておすすめなのが、自己分析をすることです。

人は、わからないこと知らないことに対して不安に思い、自信を失う傾向にあります。

自分のことはわかっていそうですが、意外と見えていないものですよね。

逆に、他人の長所などはよく見えてしまい、それも自信を失うきっかけとなります。

これらのことを解消するためにも、自分が好きなことや嫌いなこと、苦にならないことや苦手だと感じることなどを一つ一つ理解していくと、だんだんと自分のことが見えてきます。

そうすると、意外と自分にも長所があり得意分野もあるということがわかり、自信へと繋がっていくのです。

高望みをしている

あまりに大企業ばかりを狙っている人も就活に失敗しがちです。

もちろん、魅了的な企業に入りたいという気持ちは誰もが持っていると言えます。

しかし、そういった企業は倍率も高く、ある程度のスキルが高くなければライバルに勝ち抜くことはできません。

とはいえ、大企業だけが魅力的な企業とは限りません。

単なるプライドだけで大企業を狙うのは、無駄な高望みと言え、結果的に受かるものも受からないというような悲しい結末に追い込まれるだけなのです。

対処法

高望みしがちな人は、実は視野がとても狭いと言えます。

世界はとっても広く、あなたの知らない素敵な企業はたくさんあります。

目立っている企業にばかり目を向けるのをやめて、少しだけ視野を広げてみましょう。

すると、昨日までは目に入らなかったような小さな企業の中に、あなたのスキルを活かせるところを見つけられる可能性が高まります。

自己アピールが苦手

就活の最終ポイントとなる面接において、自己アピール力は必須条件です。

そのため、自己アピールが苦手な人は就活を失敗する傾向にあると言えます。

企業の面接を受ける人は当然あなただけではありません。

中にはかなり多くの求職者の面接をしている企業だって存在するでしょう。

そんな中、面接官に対してあなたの印象を残すためには、うまく自己アピールができないといけません。

ありきたりな文面を並べたような自己アピールだと他の人に埋もれてしまいますよね。

対処法

ここでも功を奏すのが自己分析です。

そもそも就活における自己アピールとは、自分が一体どんなスキルを持っているのか、強みは何かを踏まえて、入社後にどのように活かせるかを伝えることです。

自分のことを自分自身で理解していないと、アピールポイントどころか自己紹介すらうまく伝えることができません。

加えて、その企業がどんなことを求めているかも事前に知っておく必要があります。

ただ単に自分の長所を並べても、それは企業にとっては的外れとなり自己アピールとは言えないからです。

行動力のない人

就活を失敗する人の中には、行動力がない人も多くみられます。

この行動力のなさというのは、就活においては致命的になるといっても過言ではありません。

事実、就活に成功している人は早い段階で就活に向けての行動を始めています。

しかし、失敗した人の多くはなかなか重い腰が上がらず、どうせどこかに就職できるだろうと高をくくってしまうことも往々にしてあります。

その間に、早く動き出した人はとっくに内定をもらいますから、どんどんと遅れをとることになります。

そして、行動が遅ければ遅いほど、受けられる企業も減っていき結果的には自分が入りたい企業を逃すということになるのです。

対処法

就活は一にも二にも行動が大切です。

はじめの一歩は自分が踏み出さなくてはなりません。

誰かが歩み出してくれるわけではないのです。

行動力のない人に欠けているのは、自分が当事者であるという意識であると言えます。

就活をしているのは誰でもなく自分自身であるということをしっかりと意識することが大切です。

そうやって当事者意識を持つことが、次に自分がやるべき行動を見出すことに繋がっていきます。

一歩進めば、そのあとの足取りは少しずつ軽くなっていきますよ。

もし、就活に失敗してしまったら…?

就活に失敗する人のタイプがわかったとしても、うまく対処できずに失敗してしまうことだってあります。

この記事にたどり着く前に失敗してしまった人も少なくはないでしょう。

そうなると、一気に不安が押し寄せてしまいますよね。

しかし、万が一就活に失敗してしまったとしても大丈夫です。

まだまだ乗り切るための秘策はあります。

こちらで4つの秘策をご紹介します。

転職エージェントを利用する

就職のプロである転職エージェントを利用するのは非常に賢い手段です。

転職エージェントには就活に失敗した人にとっても魅力的なメリットが多くあります。

的確な自己分析

自分の強みや弱点、本当にやりたいことが何かを知ることは就活において欠かせないことです。

ところが、自分一人で自己分析をしていると深いところまで探れなかったり、分析が甘くなり本当のことを見逃したりすることも多々あります。

就職のプロである転職エージェントでは、専任のアドバイザーがついて的確な自己分析をしてくれるのです。

マッチする企業への就職

自分だけで仕事を探していると、闇雲に求人に応募してしまうことも多くなりがちです。

焦って自分に合わない企業に入社すると、結局ストレスが溜まってすぐに辞めるようなことも起こりかねません。

しかし、転職エージェントでは自己分析の結果をもとにマッチする企業を紹介してくれるため的外れな就職をする危険性がありません。

求人の数が多い

転職エージェントには、独自のつながりから数多くの求人が集まっています。

一般的な求人やハローワークには見られないような求人もあるため、自分一人で探していては見つからないような求人情報に出会える確率も高くなるのです。

さらに、転職エージェントは求人の質も高く、就職に失敗した人でも安心して就活をすることができる点も魅力的だと言えるでしょう。

既卒(学校卒業3年以内)の就職活動に強い転職エージェント5選!この記事では既卒に評判のおすすめ転職エージェント、利用方法や使い方のコツ、登録する際の注意点などを解説していきます。...

就職留年をする

まだ大学を卒業していない人に使える方法です。

大学を卒業せずにそのまま留年、もしくは休学することで、1年間大学生として過ごし就活をすることを就職留年と言います。

1年後に向けて新卒生として改めて就活にチャレンジするという方法です。

もちろん学費が1年分発生するため、経済的に余裕がなければ難しい手段でもあります。

また、就活の際に留年の理由を聞かれるといったデメリットもあります。

大学院に進学する

一つの手段として、就活に失敗したのち一旦大学院に進学するという手もあります。

最近は大学院卒の初任給は大卒よりも多い傾向にあったりと、進路に困った際の方法として大学院進学を選ぶ人も増えています。

しかし、大学院の試験は夏頃までで終了してしまうパターンもあるので、タイミングが合わなければ時間を持て余してしまうようになります。

派遣やアルバイトでつなぐ

引き続き就活しながら派遣社員やアルバイトをしてつなぐという手段もあるでしょう。

就活がうまくいかなかったからといって、家でだらだらしてしまってはニートへの道を突き進むようになります。

それを考えると、生活費を稼ぎながらの就活なのでマシな方法と言えます。

フリーランスになる

昨今よく見られるのが、デザイナーやプログラマー、ライター、イラストレータ、カメラマンなどクレイティブな分野でのフリーランスとして活躍する人たちです。

フリーランスは企業に所属することなく個人事業として仕事を請け負う形をとります。

もちろん、何かしら長けた才能があることが前提ですが、得意分野がある人はチャレンジしてみるのも一つの手段と言えます。

失敗しても諦めないで!すぐに行動を始めよう!

自分が就活に失敗するタイプに当てはまると落ち込みがちですが、少し意識を変化させるだけで随分と対処できるものです。

そして、たとえ失敗しても心強い味方として転職エージェントがあるのは非常に安心感がありますよね。

就職活動自体は人生における小さな一ページです。

たとえ失敗したからといって人生を諦める必要なんてどこにもありません。

それよりも、頼れるところにはしっかりと頼って、あなたらしい人生の一歩を再び歩み始めればいいのです。

失敗を恐れずに、ぜひ今すぐ行動を始めてください。

きっと素晴らしい未来が待っています。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる