既卒の就活

就職浪人とは?就職留年とどう違う?就活に不利?影響はあるの?

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「このまま就職浪人になってしまうと人生は終わりなのではないだろうか」

「就職浪人と就職留年って何が違うのかな」

就職活動で失敗してしまってこのような不安や疑問を持っている人もいるでしょう。

就職活動で内定が決まらないと将来の不安が生まれてきてしまって、これからどうやって就職しようかと悩みがちです。

ただ、この時点で人生を諦める必要はありません。

大学生として就職活動に失敗した人でもすぐに正社員として働き始めたケースはたくさんあります。

就職支援をしてきた私はその様子を目の前で見てきました。

この記事を通して就職浪人や就職留年について理解し、就活を成功させましょう。

就職浪人とは?就職留年と違う?

まずは就職浪人とはそもそもどういうものなのかを確認しておきましょう。

自分は就職浪人だと思い込んでいるだけで、実はそうではないかもしれません。

類似している言葉として「就職留年」や「既卒」、「第二新卒」も知られているので、違いについても紹介します。

就職浪人とは

就職浪人とは学生として新卒採用の際に就職活動をしたけれど、何らかの理由で就職せずに翌年も就職活動に挑んでいる人です。

第一志望の企業に採用してもらえなかったから翌年にもう一回チャレンジしたいと考えて就職浪人をする人もいます。

また、就職する段階になって不安が生じてきてしまって内定を辞退し、翌年に別の企業に就職しようと考える人も増えてきました。

この他にも病気や怪我などの理由で入社を辞退しなければならなくなったなど、やむを得ない事情で就職を諦めているケースがあります。

就職浪人の場合には大学受験の浪人と同じで、また翌年の新卒採用でエントリーをして就職を目指す傾向があります。

一般的に学生だけでなく、既に学校を卒業した人も3年目くらいまでは募集対象としているからです。

就職浪人の人に共通しているのは翌年の間に就職しようという意識をはっきりと持っていて努力をしていることです。

この点も大学受験の浪人生と同じだと考えられるでしょう。

就職留年とは

就職留年とは就職に失敗したかどうかにかかわらず、翌年に就職活動をするために卒業せずに留年をすることです。

就職浪人の場合には大学を卒業した上で就活を行いますが、就職留年の場合には留年するのでもう一年間、大学の最終学年に在籍することになります。

就職留年をする理由は人によって様々ですが、目的意識を持って留年する人もいる一方、就活に成功したのに卒業できなかったから留年したというケースもあります。

単位が不足していたり、卒業のための論文などを書き上げられなかったり、指導教官から卒業を認めてもらえなかったりしたケースが典型例です。

就活に時間を使い過ぎてしまって学業が疎かになってしまった人によくあるパターンです。

目的意識を持っている人の場合には、内定を獲得できずに就活シーズンが終わってしまったため、翌年の計画として在学したままにしようと決めているのが通例です。

学生の方がリクルーティングを受けやすく、大学の就職支援センターなどの支援も受けられることがあるため、就職留年を選ぶ人もしばしばいます。

既卒とは

既卒とは最終学歴の学校を卒業してから就職せずにいる人たちを一般的に指します。

就職浪人も既卒の一部です。

ただ、既卒の人は必ずしも就職に対する意欲を持っているとは限りません。

もう結婚して専業主婦になるつもりだから就職活動はしない、フリーターとして生きたいから就職しないと決めている人もいるからです。

また、既卒の人はやむを得ない事情によって就職活動を行えない場合もあります。

親の介護をしなければならなくて向こう数年間は就職できないというケースもしばしばあります。

既卒の人も後になってから就職活動を始めることがよくありますが、その際には就職浪人とは言わないのが一般的です。

第二新卒とは

第二新卒とは新卒採用などで就職に成功した後、一般的には3年以内に転職活動をしている人たちを指します。

年齢的には就職浪人の人たちと同じくらいになりますが、一度就職して社会人として働いている点が大きく異なります。

基本的には学生と同じ新卒採用にエントリーすることはできず、中途採用で転職先を探します。

就職浪人の人が就職活動をする上では、中途採用枠を選ぼうとしたときに競合になるので念頭に置いておきましょう。

わずかとはいえ職歴を持っている第二新卒の人は企業にとって大きな魅力がある人材だからです。

過去に採用されていた経歴があるという点でも人材としての価値が高いと考えられます。

このような人たちと競い合わなければならないことも就職浪人をするときには頭に入れておく必要があります。

就職浪人する人の割合

就職浪人をする人は世の中にどのくらいいるのかが気になっている人もいるでしょう。

自分が就職浪人になったときに、周りにはあまりいなかったという人も多いかもしれません。

全国的な状況を統計データから確認しておきましょう。

就職率の統計データ

文部科学省は厚生労働省や経済産業省と連携して、学生の就職に関する支援活動を行っています。

その基盤情報となる統計データの収集にも力を入れていて、毎年就職状況調査を実施しています。

令和元年度における大学等卒業者の就職状況調査によると、大学の卒業者の就職率は98.0%になっていました。

前年度における大学卒の人の就職率が97.6%だったことを考慮するとやや就職に成功しているケースが増えていることがわかります。

短期大学の卒業者の場合には97.0%で、前年度が98.6%だったことを考慮するとやや就職率が低下しています。

高卒の場合には就職活動をした人の中での割合では98.1%が就職に成功しています。

大学、短期大学、高等専門学校を合わせたデータでは令和元年度の就職率が98.0%で、前年に比べて0.2%高くなっていました。

このように様々な状況の学生を総合して考えてみると、2%~3%くらいの人しか就職に失敗していないことがわかります。

就職浪人の割合はどのくらいか

就職に失敗している人の割合は2%~3%ですが、就職浪人をしている人はこのうちの一部です。

必ずしも就職できなかったからといって、来年も頑張って就職活動を使用と思うわけではありません。

自分は就職するのが無理だから諦めようと思い、フリーターになっている人やニートで親に養ってもらっている人もいます。

その割合については明確にわかる統計データがあるわけではありません。

就職活動をしている人の割合が高かったとしても、大学卒の場合には2%に満たないと考えるのが妥当でしょう。

年度によって違いはありますが、就職浪人をしている人は全体から見るとほんのわずかなのです。

就職浪人するメリット

就職浪人をしている人はかなり少ないのは確かですが、就職浪人にはメリットがないのでしょうか。

自分は実は意図して就職浪人をしたという人もいるでしょう。

就職浪人には実はメリットがたくさんあります。

その中でも代表的なメリットとしてよく知られている3つを見ておきましょう。

第一志望に再チャレンジできる

就職浪人をすれば第一志望の企業から内定を受けられなかったときで再チャレンジできます。

前年にたくさんの企業に応募していれば経験も十分に積んでいるでしょう。

早い段階で第一志望の企業を受けて落とされてしまった場合には、今年はきっと大丈夫だという自信を持てるかもしれません。

特に他の企業で内定をもらえたのに蹴ってまで就職浪人をした人は前向きな気持ちで就活に取り組みやすいでしょう。

成功の暁には諦めて他の企業に就職しないで良かったという満足感も得られます。

きっと前向きに仕事にも取り組んでいくことができ、大きな成果を上げられるでしょう。

学生時代を満喫できる

就職浪人をすると学校の最終学年の時期を別のことに費やすことができます。

学生の間は自由がたくさんある重要な機会なので、社会人になる前にやりたいことを全手終わらせておきたいという人もいるでしょう。

留学をして語学を学んだり、文化交流をしたりして視野を広げるのは学生の間の方がやりやすいのは確かです。

NPO法人の活動や地域活動などのボランティア活動に参加する時間も確保しやすいのは学生の魅力です。

サークル活動や部活動などに本気で取り組みたいという人もいるでしょう。

貴重な学生時代を満喫したいという希望を叶えられる手段でもあるのが就職浪人です。

就職活動に専念できる

就職浪人を決意すれば落ち着いて就職活動に専念できるのは大きなメリットです。

就職先を選ぶためには自己分析や企業研究をすることが欠かせません。

学業も進めながら、合間を縫って自己分析をしたり、情報収集をしたりするのは大変です。

学費を自分でアルバイトをして稼いでいる人の場合には本当に時間がなくて困ってしまうでしょう。

しかし、就職浪人をすれば学業に勤しむ必要はなくなります。

生活費を工面する必要があるならアルバイトはしなければならないかもしれませんが、アルバイト、学業、就職活動の三つを同時進行する必要はありません。

そのため、本当に自分に合う企業を選び出して、十分な準備を整えてからエントリーできます。

結果として大きな満足感や納得感を得られる可能性も高いのです。

就職浪人は就活に不利?影響はある?

就職浪人をしてしまうともう就職できないのではないかと不安になる人も大勢います。

就職浪人は就活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

不利になってしまうという考え方が広まっていますが、その実態を理解しておきましょう。

結論から言えば、学生の新卒に比べると就職浪人は不利になります。

なぜ就職浪人をすると就職が難しくなってしまうのでしょうか。

就職浪人をするデメリットを根拠と共に理解しておきましょう。

レッテルを貼られる

就職浪人をした人は企業から採用されなかった人だと考えられてしまうのがデメリットです。

多くの人が学生の立場で就活をして採用されているので、こぼれ落ちた失敗者として見られてしまう傾向があります。

それよりは学生の新卒の中から良さそうな人を採用しようといいう考え方を持っている企業も少なくありません。

なかなか内定を受けられずに苦労することになりやすく、第一志望に再チャレンジしてもやはり内定を受けられない場合も多々あります。

選考を通りにくくなる

選考の目が厳しくなるのも就職浪人をするデメリットです。

前年に内定を受けられなかったのなら、何か問題点があるはずだと考えるのがもっともなことでしょう。

自分で内定を辞退したのだとすると、企業としては内定を出しても辞退されてしまうリスクがあります。

慎重に吟味して本当に内定を出して良い人なのかどうかを考えるのは当然です。

第二新卒の人と違って職歴もないので、中途採用枠では特に熾烈な競争になります。

いくら応募しても採用してもらえずに苦労することも多いのが実態です。

年齢的にもデメリットが生まれる

就職浪人は年齢的にも不利になる傾向があるので注意が必要です。

浪人一年目であればあまり大きな問題にはならないでしょう。

大学受験で浪人した人と同じ年齢になるだけだからです。

ただ、他の不利な要素がある影響で、就職できずに浪人二年目、三年目に突入するリスクがあります。

するといつの間にか年齢を重ねてしまい、若手を採用したいと考えている企業からも見放されてしまいます。

本当に就職できないような窮地に立たされるリスクも秘めているのが就職浪人です。

就職留年とどっちがいい?

このように就職浪人の事情を見てみると、メリットもデメリットもあって就職浪人するのが良いのかを判断するのが難しいでしょう。

まだ大学を卒業していない段階なら就職留年を選ぶこともできますが、どちらの方が良いのでしょうか。

就職留年を選ぶ  メリットとデメリットを理解した上で就職浪人と比較してみましょう。

就職留年のメリット

就職留年のメリットは大学のサポートを受けられることと、リクルーティングの機会があることです。

大学では就職先の情報や企業の案内などを学生に提供しています。

大学によっては面接を受けるときの交通費補助などの支援もしているので大きなメリットを享受できることもあるでしょう。

また、大学や所属先の研究室によっては特定の企業からのリクルーティングがあります。

卒業してしまうと対象にはなりませんが、在学中ならリクルーティングを受けることが可能です。

競争率が高く、候補企業も少ないのであまりメリットにならないケースもあるでしょう。

しかし、前年のリクルーティングで機会を逃してしまって再チャレンジしたいなら魅力的です。

就職留年のデメリット

就職留年をするデメリットは学費と学歴に問題が生じることです。

留年をすれば大学に在籍することになるので、当然ながら学費を払わなければなりません。

単位が足りていて一つも講義やゼミを受ける必要がなかったとしても、学費を払わなければ在籍できないのがルールです。

国公立であってもかなり学費は高いので、何十万円~数百万円の出費になります。

それでも就職留年をするのかはよく考えなければならないでしょう。

さらに学歴的にも留年という経歴が一生残ります。

今回の就活で不利になる要因の1つですが、将来的に転職したいと思ったときにもネガティブに捉えられてしまいます。

その重みを理解した上で留年を決意することが必要です。

結論:就職浪人の方がいい!

就職浪人と就職留年を比較すると、学費と学歴のデメリットを考えても十分なメリットを大学から受けられるかどうかが判断基準になります。

本当に大学のサポートを受ければ第一志望の企業に就職できるのなら、就職留年をした方が良いでしょう。

しかし、そこまで充実した支援をたった一人の学生に対して積極的に行っている大学はほとんどありません。

将来的に学歴が大きなデメリットになるリスクがあることも考慮すると、卒業できるなら就職浪人を選んだ方が良いでしょう。

就職浪人の就活のやり方

就職浪人をしようと決意したときに重要なのが、就活をどのようにして進められるのかを理解しておくことです。

ここでは就職浪人の一般的な就活の方法について簡単に解説します。

新卒枠に応募する

就職浪人をした人がよく選んでいるのが学生と同じタイミングで新卒採用にエントリーする方法です。

就職浪人は新卒枠でエントリーできる場合が大半を占めています。

新卒採用は若い人をポテンシャル採用したいというのが目的で行われているものなので、企業の意向に合う人材だとアピールできれば就職浪人でも採用される可能性が十分にあります。

前年に失敗した企業に再チャレンジしても採用されているケースがあるので、第一志望の企業に何としてでも就職したいときには魅力が大きい選択肢です。

中途採用枠を利用する

就職浪人をした人は中途採用枠でも就職先を探すことができます。

中途採用枠はキャリア採用ともよく呼ばれていて、基本的には戦力になる人の採用を目指しています。

しかし、企業としても若手の新卒採用に失敗してしまい、十分な人数を確保できていないことがしばしばあります。

少子化によってこの傾向が顕著になってきているため、新卒採用で失敗してもすぐに中途採用枠に応募して内定を受けられる可能性があるのが現状です。

中途採用枠での募集をしている企業の意図をよく理解した上で応募する必要がありますが、即就職できる可能性もあるので、就職浪人から就職できる道として魅力的です。

転職エージェントに相談する

転職エージェントを利用して就職先を紹介してもらうのも近年注目されている方法です。

転職エージェントとは就職浪人を含む既卒の人などを対象として、就職の支援を総合的に行っているサービスです。

若手の人材を探している企業と、就職したいと考えている若い人を橋渡ししています。

公開されている中途採用枠の求人の紹介もしていますが、一人一人の個性に合わせて公開されていない求人も探してきてくれるのが魅力です。

就職浪人をして本気で働きたい就職先を見つけようと思っている人や、自分に合う就職先がどこかわからなくて困っている人にうってつけです。

就職活動に関わる不安の相談も受け付けているので、自分で新卒枠や中途採用枠を選んで応募していきたい人もサポートを受けると就活を進めやすくなるでしょう。

既卒(学校卒業3年以内)の就職活動に強い転職エージェント5選!この記事では既卒に評判のおすすめ転職エージェント、利用方法や使い方のコツ、登録する際の注意点などを解説していきます。...

就職浪人は新卒扱い?求人を探すコツ

就職浪人をしている人が求人を探すときにはコツがあります。

ここまで説明してきたように就活の仕方には選択肢がありますが、実は魅力的な候補は限られています。

就職浪人をしたときにはどのようにして求人を探すと良いのかを見てみましょう。

新卒採用は厳しい面がある

就職浪人は新卒採用にエントリーできますが、扱いとしてはやや新卒と異なります。

募集要項の上では就職浪人でも新卒と同じ扱いを受けられるように見えるでしょう。

しかし、就職浪人をする影響のところでも触れたように、企業側は就職浪人をした人というレッテルを貼って人材を評価します。

そのため、新卒と同じようにエントリーすることはできても、選考のハードルは高くなることは否めません。

同じくらいの魅力の人がいたら新卒の人が選ばれてしまう可能性が高いでしょう。

前年に就職できなかった理由を不安に感じている企業にとっては新卒の方が大きな魅力があります。

そのため、新卒の求人はたくさんあるのは確かでも、書類選考の時点からなかなか通れずにつらい思いをすることになりがちです。

中途採用枠は競争が激しい

新卒と同等の扱いにはならないのなら中途採用枠の方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、中途採用枠では競争相手に比べて就職浪人の人は不利になりがちです。

求人はたくさんあるので応募可能ですが、即戦力を求めている求人では書類選考を通れません。

未経験の人を募集している中途採用枠もあるものの、第二新卒の人が応募してきたら不利になるのは明らかでしょう。

そのため、中途採用枠の求人に応募するときは企業側の募集意図を読みつつ、競合がいることを考慮して応募数を増やすことが必要です。

中途採用枠ならいつでも応募できる状況で求人が公開されているので、就職浪人を始めた段階からすぐに就職を目指せます。

応募して選考を受ける努力を続けていけばきっと採用してもらえるでしょう。

転職エージェントなら効率的

就職浪人をしたときにあまり不利な面がないのが転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントによるサポートを受けると、企業と人材の間のマッチングが行われます。

基本的には応募先の企業は就職浪人がエントリーしてきたときにも前向きに採用を検討したいと考えているのです。

そのため、むやみやたらに多数の求人に応募する必要はなく、転職エージェントから紹介を受けた候補の中から魅力的なものを厳選して応募していくだけで済みます。

企業側の理解があるので選考も先へ進みやすく、内定を出してもらえる可能性も高くなっています。

エントリーするには準備が必要になるので、無数の求人に応募するには多大な労力がかかるでしょう。

しかし、転職エージェントを使えば、確率が高い求人にだけ応募できるので効率的に就職活動を進められます。

既卒(学校卒業3年以内)の就職活動に強い転職エージェント5選!この記事では既卒に評判のおすすめ転職エージェント、利用方法や使い方のコツ、登録する際の注意点などを解説していきます。...

就職浪人の理由をどう説明するか?

就職浪人をしてしまうと、選考のときになぜ浪人したのかを説明しなければならない場合がほとんどです。

どうやったらネガティブにとらえられず、採用を前向きに考えてもらえるのでしょうか。

基本的に就職浪人の理由を伝えるときに嘘は厳禁です。

その前提の下で何を話すべきかを理解しておきましょう。

ポジティブに伝えよう

基本的には就職浪人をした理由をポジティブに伝えるのが大切です。

内定が出なかったから浪人したというケースや、第一志望の企業から採用を見送られたというケースが多いでしょう。

その事実をそのまま伝えてしまうと、何か問題点がある人材だと見なされて即不採用になるのが通例です。

基本的なスタンスとしては、応募先の企業を選んだ理由と関連付けましょう。

学生として就職活動をしているうちに色々な業界に触れて、自分が何をしたいのかを見直す機会になり、志望先の企業の仕事に興味を持ったというのが典型例です。

また、内定をもらえなかった事実をはっきりと伝えてしまい、その理由が何だったかを分析した結果を示し、改善の取り組みをしてきたことを話すのも良いでしょう。

課題を見つける力や解決に取り組む力があると見てもらえるからです。

その力を生かせる企業として応募しているという流れにできれば、採用担当者もポジティブにとらえてくれるでしょう。

やむを得ない理由は率直に伝えよう

やむを得ない事情があった場合には就職浪人の理由として通用します。

新卒の就職シーズンに病気で活動できなかった場合や、親の病気の看病をしていた場合なども就職浪人をすることがあります。

このようなときには事実を率直に説明するのが適切です。

その間に考えたことや準備してきたことなども添えて説明すると、将来有望な人材として高い評価を受けられる可能性もあります。

取り組んできたことを説明するのは良いのか

就職のために留学や資格の取得に励んでいたというのは就職浪人の理由としてもっともなものと思うかもしれません。

しかし、一般的には就職浪人をしてまで経験や資格を重視するよりも、就職して現場経験を積むのが大切だと考えられています。

そのため、就職に向けて何かに取り組んできたことを前面に出すのはあまり良い方法ではありません。

別の理由を説明した上で、就職浪人をしていた期間も有効活用していたと添えるのは効果的でしょう。

何か取り組んできたことがあるからアピールすれば良いと安直に考えないのが大切です。

就職浪人が就活を成功させるには?

就職浪人をしてしまうと本当に就職に成功できる可能性があるのかはどうしても大きな悩みになります。

ただ、2%~3%とはいっても修飾に失敗してしまっている人たちはいます。

その人たちも今まで就活に取り組んで成功してきているので心配はありません。

就職浪人をしても社会人になって働いていくことは可能なのです。

ただ、闇雲に就職活動をしてもなかなか成功できずに苦悩することになりがちです。

ここで就職浪人をした人が何をすべきかを確認しておきましょう。

成功とは何かを考えよう

就職浪人を成功させるためには目標を明確にするのがまず必須です。

就職してどうなりたいのか、この企業で働きたいというこだわりがあるのかをよく考えてみましょう。

就活が成功するかどうかの判断は自分で下すものなので、内定をもらえたことが成功とイコールでつながるわけではありません。

魅力的な就職先だと思っていたのに、不満が生まれて退職している人は第二新卒が増えていることからもわかるでしょう。

何が満たされれば就活の成功と言えるのかをよく考えて、具体的にリストアップしておくのが大切です。

そのリストを参考にすると、応募先の企業も選びやすくなります。

親には必ず相談しよう

就職浪人をしたときには生活の不安をなくしておくのが大切です。

就職浪人をすると決意した時点で親には必ず相談しておきましょう。

就職活動をするためにはかなりの費用がかかるのは、既に経験しているならわかることでしょう。

親から仕送りを受けていたのなら支援を続けてもらうか、実家に帰って就活をするかを考えなければなりません。

生活費をアルバイトで工面しながら就職活動をすることもできますが、アルバイトに時間を取られていたために失敗するリスクもあります。

腹を割って親と話をして理解を得るのが大切です。

たとえ金銭的な支援を受けられなかったとしても、親との相互理解があれば後ろ盾になります。

就職浪人をしたことを親に何と言われるかと思っていると、就職活動のメンタル面に響いてしまいます。

プライベートのことには不安がない状況にして、集中して就活に取り組めるようにしましょう。

正しい方法で就活を進めよう

就職浪人の成功の秘訣は正しいやり方を選ぶことです。

就職浪人が失敗してしまうケースとして多いのが、自分の力に頼り過ぎてしまったというものです。

学生のときの失敗を踏まえれば自分も成功できると信じて、果敢にチャレンジしている人は大勢います。

しかし、新卒とは扱いが違うので、同じ考え方で取り組んでも成功するのが難しいのです。

ここまでの解説からわかるように、転職エージェントを使うのが最短経路です。

転職エージェントは就職浪人の就職活動を円滑に進め、成功させるためのノウハウを持っています。

ずっと働きたいと思うような魅力的な企業に出会い、応募して無事に内定をもらうのは転職エージェントに相談してみるのが一番です。

利用してみて自分には合わないな、と思ったときにも、他の転職エージェントを候補にできます。

いくつかの転職エージェントと話をしてみて、自分と相性の良いところを選んで就活のサポートにしていきましょう。

既卒(学校卒業3年以内)の就職活動に強い転職エージェント5選!この記事では既卒に評判のおすすめ転職エージェント、利用方法や使い方のコツ、登録する際の注意点などを解説していきます。...

就活浪人から納得の企業に就職しよう

就職活動で満足できる結果を得られず、就職浪人をするとお先真っ暗と考えてしまう人もいます。

確かに就職浪人をするデメリットは大きく、就活にさらに失敗するリスクも抱えることになります。

しかし、就職浪人をして成功している人もいるので前向きに就職を目指しましょう。

転職エージェントを利用することは就職浪人が就職に成功するために欠かせません。

自力で新卒枠や中途採用枠に応募してから考えようと思うかもしれませんが、無駄に年齢を重ねるだけのリスクがあります。

成功の道標を立ててくれる転職エージェントと二人三脚で就活を進めるのが大切です。

これからの就活を円滑に進めるためにも、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる