大学中退者の就活

大学中退者の就職が厳しいと言われる理由と解決するための方法

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

大学を中退からの就職って厳しいのかな。。。

大学中退すると就職が厳しいってよく聞く…どこにも雇ってもらえないって本当…?

大学を中退してしまい、就職もうまくいかず途方に暮れている人は少なくありません。

大学中退というレッテルが就職に影響していると思い込んでいる人もいるでしょう。

しかし、大学中退者でも正しい就活を行えば優良企業の正社員になることは可能です。

庄司

実際に私は大学を中退しましたが、上場企業の正社員に就職することができました。

そこでこの記事ではそんな経験から

  • 大学中退者の就職は厳しいのか
  • その現状
  • 大学中退者でも正社員に就職するためにすべきこと

などを中心に解説していきます。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

大学中退者の就職の現状

大学中退したのちに正社員としての就職を望む人もたくさんみられます。

しかし、正直なところ大学中退者の就職活動は、当然大学を卒業した新卒者から比べると非常に厳しい道のりになる現状があります。

それを表すように、就職を望んで大学を中退したけれど、結局就職することができずにフリーターやニートになっている人も少なくはありません。

それでは、大学中退者の就職について具体的な数値も見てみましょう。

独立行政法人「労働政策研究・研修機構の調査」によると、大学中退者は中退してから正社員として就職する割合が11.9%と実に低いことがわかりました。

庄司

中退者が正社員になるのがどれだけ難しい現状にあるかが伝わる結果と言えるでしょう。

大学中退者のその後の進路

まずは大学中退者が中退後どのような進路を辿っていったかを紹介します。

大学中退者は主に以下のような進路歩んでいるようです。

  • フリーターになる
  • 資格の勉強をする
  • 公務員になる
  • 留学をする
  • 起業をする
  • 違う学校に再入学する
  • 正社員になる

1つ1つ順に説明していきましょう。

フリーターになる

大学中退者はまず大学をやめてフリーターになる方が多いようです。

大学は中退してしまったが「特にやりたいことがなくどうしていいかわからない」という方が多く、とりあえずアルバイトをして生計を建てなければいけないのですぐに働けることができるアルバイトを選択する方が多いようです。

資格の勉強をする

何か希望する職種があり、その職種につくためには特殊な資格が必要府だったりする場合は資格取得のために勉強を始める方もいます。

もし、あなたが何かしらの就きたい仕事があり、それに資格が必要、あるいは就職に有利になる場合には資格の取得に向けて勉強を始めてみるのも1つの手です。

公務員になる

公務員試験には学歴制限などがない場合が多く公務員試験にさえ合格してしまえば大学中退をしてても公務員になれるチャンスがありますので心機一転公務員試験の勉強を始める方もいます。

留学をする

大学中退後、

  • 異国の文化に触れたい
  • 自分の価値観を変えたい

などと言った理由で留学をする中退者もいます。

異国の文化に触れることによってやりたいことや目標なども見えてくることもあるので、一度留学してみるのもいいでしょう。

留学をして語学力を伸ばせば就活の時に有利に進められる可能性もあるので異国の文化に触れるだけでなくしっかりと語学の勉強もして就活に生かしていきたいところです。

起業をする

稀なケースではありますがしたいビジネスが見つかってあえて大学を中退して起業をするという人もいます。

これは中退する前からかなり明確な目標がある場合でなんとなく起業をしたいから中退したという場合は必ず失敗します。

中退してなにもすることがないから起業するのではなく、かなり綿密な計画を立てて将来のビジョンが見えたら起業するとよいでしょう。

違う学校に再入学する

  • 「前の大学では興味の湧く分野がなかった」
  • 「自分のいる学校では勉強したい分野ができない」

などと言った理由から違う学校へ再入学する人もいます。

正社員になる

大学中退をしたあとそのまま就活をして正社員になる方もいます。

正社員はアルバイトに比べて給料も良く、ボーナスや福利厚生がしっかりしているのでフリーターよりも安定性があります。

もしあなたが明確なやりたいことなどがなかったらまずは正社員に就職してみることをおすすめします。

仕事をしていく中でやりたいことが見つかったりレベルの高い、様々な人に出会うことによってなりたい人物像が見つかることも大いにあります。

\就職成功率80%以上/

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

大学中退者の就職が厳しいといわれる理由

冒頭の調査結果からも、大学中退者の就職が厳しい現実は確かにあることがわかりました。

とはいえ、なぜ大学中退者の就職が厳しいと言われるのでしょうか。

庄司

その理由を探っていきましょう。

  • 大学中退者の学歴は「高卒」となる
  • 忍耐力がないとみられがち
  • 空白期間ができてしまう
  • 大学中退の理由がうまく説明できない
  • 大学中退者は一人で就活をしてしまう

大学中退者の学歴は「高卒」となる

いくら頑張って大学に入ったとしても、中退してしまっては最終学歴は「高卒」となってしまいます。

「大学中退」という学歴が手に入るわけではありません。

当然、大学1年で辞めても大学3年で辞めても結果は同じです。

一般的に大卒と高卒では就活における選択肢の幅が大きく変わってきます。

大卒の方が高卒よりも圧倒的に受けられる会社の数が多いという現状があるわけです。

なぜならば、多くの企業が求人応募の最低条件を大卒にしているためです。

そのため、高卒という学歴になった時点で、応募すらできない企業も多く見られるでしょう。

庄司

企業は高卒よりも大卒を欲しているので従って高卒である大学中退者は就活のスタート地点から選択肢が狭まってしまうということになるのです。

忍耐力がないとみられがち

大学中退者は、一般的に大学を卒業するための忍耐力がないとみられてしまう傾向にあります。

企業からすれば、

採用担当

大学を卒業できなかった人が仕事を続けられるのだろうか

という不安感を拭い去れないのが大学中退者なのです。

その点、大卒者は厳しい受験にも合格し、勉学に励み大学卒業までやり遂げる持続力と忍耐力があるとみなされるため、大学中退者よりも就職が有利になると言えます。

空白期間ができてしまう

大学を中退してそのまま就職ということができればいいですが、多くの場合は中退後から就職するまでの間にブランクができてしまいます。

例えば、仕方なくフリーター生活をしたりニートになってしまうということもあり得るでしょう。

もちろんブランクが数日から1ヶ月程度で済めばいいのですが、長く伸びれば伸びるほど就職において不利と言えます。

なぜなら、就職において必要不可欠な履歴書でそのブランクは企業側に伝わってしまうからです。

大学中退の理由がうまく説明できない

大学中退の理由を

  • 「なんとなく」
  • 「勉強についていけなかったから」
  • 「大学に行くのが面倒だったから」

などと説明してしまうとアウトです。

企業側もそのように説明されたら

採用担当

うちの会社もなんとなくや仕事についていけなかったらすぐ辞めてしまうんじゃないの?

と思われてしまいます。

大学中退者は一人で就活をしてしまう

大学中退者の就職活動は新卒と違い多くの場合は一人で行うことになります。

そうした場合、仲間と就活の状況や不安や悩みなどを言い合ったりして励ましあったりすることができません。

そうなると就活の途中で心が折れてしまったり精神的に参ってしまうことがよくあります。

さらには就活を一人で行うと自分の主観的な立場でしか物事が見えず、客観的な立場からのアドバイスが貰えないので独りよがりな自己分析や面接の受け答えになってしまいがちです。

\就職成功率80%以上/

大学中退者就活は厳しいが不可能なわけではない

大学中退者は、大卒者よりもはるかに厳しい就活となりますが、それでも就職が不可能というわけではありません。

庄司

その理由をしっかりと把握しておけば、就活をする際にもモチベーションになるでしょう。

  • 学歴不問の職種も多い
  • 20代の若さなら大丈夫
  • 大学に入学できる能力を活かせる

学歴不問の職種も多い

多くの企業は最終学歴を大卒としているものの、まだまだ学歴を問わない企業や職種も多くみられます。

大学中退者が就職をしようと思えば、そういったハードルの低い企業を狙うことをおすすめします。

また、学歴不問で未経験でもOKな職場は研修制度が整っていることも多く、大学中退者でも安心して働くことができる環境でもあります。

あまりにも選り好みしなければ、十分に大学中退者でも就職することは可能だと言えます。

20代の若さなら大丈夫

企業が採用の基準として重点を置くポイントに若さがあります。

特に20代ならばまだまだ吸収力も高く、これからの未来に伸び代をたっぷりと持っています。

企業からすれば、学齢がなくても仕事をきっちりと覚えてくれて、この先伸びていくポテンシャルを持っていることの方が重要となることも少なくはありません。

大学に入学できる能力を活かせる

大学は中退してしまったけれど、それでも大学に入学したという実績は少なからずあります。

全く能力のない人ではないことの証明にはなるでしょう。

大学では活かすことのできなかった能力を、就職において開花することができれば、大学中退者でも十分に就職できる可能性はあります。

\就職成功率80%以上/

大学中退者が就職するため意識するべきこととは?

大学中退者として就活していると、大卒者に比べて不利であるでことは否めません。

そんな大学中退者が就職するために意識するべきことを3つご紹介しましょう。

庄司

就活の際に活かすことができるポイントです。

  • 現状をしっかりと受け入れる
  • 本当にやりたいことを見定める
  • プライドを捨てる

現状をしっかりと受け入れる

大学を中退したという現実は、紛れもない事実で変えることができません。

そういった現状から目をそらしてしまうと、自分に対して必要以上に自信を失うことにもつながります。

自信のなさは当然就活にも影響してくると言えます。

そうならないためにも、大学を中退したという現実をしっかりと受け止めて、その上でこれからの未来へ向けたビジョンを持つことが大切です。

企業としても、自分自身を理解し、そして未来に向かっている人は大学中退者であっても魅力的に映るものです。

本当にやりたいことを見定める

大学を中退した人も、はじめから大学を中退するつもりがあったわけではないでしょう。

中には、金銭的に厳しくなった人もあるでしょうし、家庭内の事情があり学校へいけなくなる場合もあるでしょう。

しかし大半が、入学してみたらなんだか思っていたのと違ったというパターンではないでしょうか。

つまり、大学を選ぶ時点で本当の自分を見定めることができていなかったということにも繋がります。

  • なんとなく自分はこういった方面が好きだろう
  • 得意分野はこうだろう

といった表面的な考えで将来を描くと、実は自分の本質とは異なっていたということも少なくはないのです。

就職をする際には、この教訓を生かしてしっかりと自分の気持ちを見定めることが大切になります。

プライドを捨てる

大学を中退したとはいえ、大学に入学したというプライドが捨てきれない人も多くあります。

偏差値の高い大学に入学した人ほど、こういった傾向にあると言えるでしょう。

プライドが高いがゆえに、応募した企業に対して見下すような気持ちが少しでも芽生えてしまうと、面接で落ちてしまう可能性が十分にあります。

どんなにいい大学に入ったとしても、中退したという事実は変わりません。

さらに言えば、社会に出てしまえば小さなプライドは成長の邪魔にしかなりません。

プライドは思い切って捨てて、まっさらな自分で就活をすることが大切です。

\就職成功率80%以上/

大学中退者の就活成功のためにやるべきこと

大学中退者が就職を成功させるためには、ポイントを押さえることが大切です。

庄司

出来るだけスムーズに就活を成功させるためにも、次にあげるコツを把握しておいてください。

  • とにかくすぐに行動を始める

とにかくすぐに行動を始める

大学中退してから就活を始めるまでの期間ができるだけ短い方が就活には有利になってきます。

長ければ空白期間が伸びてしまい就職に影響して来るからです。

しかも、正社員の就職はアルバイトのように1週間程度で採用が決まり、すぐに働いてくださいといった採用スパンではありません。

履歴書送付から採用まで3ヶ月ははかかると見越して、それなりの動きをしていく必要があることを肝に命じておきましょう。

大学中退の理由をうまく説明できるようにする

大学中退の理由を真摯に説明しましょう。

大学中退理由をただ説明するのではなく失敗だと思ったなら失敗だったと認め、

  • なぜ失敗だったのか
  • その失敗をどう改善していくか

をうまく説明していきましょう。

その失敗から何を学び今後にどう生かしていくのかを説明するのかが重要です。

企業は完ぺきな人を求めているのではなく、失敗から学び改善できる人を求めているのです。

中退理由をマイナスな印象にさせない

大学を中退したという事実は確かに変えることができません。

しかし、就職を成功させるにあたって、大学中退の理由をいかにネガティブなものにしないかというのは大切なポイントです。

例えば、企業に中退の理由を伝える時に次のような言い方をするだけでも随分と印象が変わってきます。

  • 学業に疲れやる気がなくなってしまったため
    学業よりも情熱を燃やせるものが見つかり中退をすることを決意した
  • 大学自体に馴染むことができなかったため
    より自分が自分らしくいられる場所をのぞみ中退することを選んだ
  • 金銭的に大学に通うのが難しくなったため
    止むを得ない理由で残念ではあるが、同学年の人よりもいち早く社会人になれるのでチャンスだと思って頑張る

このようにちょっとした言い回しの違いで随分と違う印象になります。

当然これに加えて、大学を中退したことは自分にとって努力不足であったことなど、自分にも非があることを認めることも大切な要素となります。

空白の期間についてきちんと説明できるようにする

大学中退者の多くは、中退してから一度フリーターやニートになることが多いです。

そのため、いざ就職しようと履歴書を書くと大学中退の後に空白の期間ができてしまいます。

大学中退後の活動は企業側から「空白期間」と捉えられがちになります。

「空白期間」とは「何もやっていなかった」という期間です。

面接の際にはこの空白の期間いついて必ず問われるといっても過言ではありません。

きちんと答えられるかどうかは、就職を成功させる上で非常に重要なポイントとなります。

例として次のような受け答えができるように、自分自身で事前に準備しておきましょう。

  • アルバイトをしながら、本当に自分に合う仕事を探していました
  • 金銭的にいち早く稼ぐ必要があり、取り急ぎ収入を得るためにアルバイトをしていました
  • あまりにも突然の中退だったために、今後の人生について一旦落ち着いて考えていました

など常識的な範囲内で、相手も納得がいく理由をまとめておくと、面接においてもスムーズに会話を進めることができます。

もし、あなたが何かしら熱心に活動していたことがあったならそれをどうやって正社員になったときに生かせるかを説明していきましょう。

「特に何もやっていなかった」という人は

  • アルバイトで何かしら努力をしていたこと
  • 日常で意識していたこと

を書き出してみましょう。

どんな些細なことでも構いません。その中に必ず自分がやってきたことに何か企業にアピールできることがあるはずです。

\就職成功率80%以上/

大学中退者が就職するために一番重要なこと

大学中退者が就職をするために大切なのは、ズルズルとニートやフリーターをしないでいち早く就活をすることです。

そのためには「転職エージェント(就職支援サービス)」を利用するのが一番スムーズな方法と言えます。

転職エージェントとは、就職や転職を希望している人と人材の募集をしている企業のマッチングをサポートするサービスです。

あなたの就職活動をマンツーマンでサポートしてくれます。

  • あなたの就職活動の悩み
  • 企業の選び方
  • 自分の強みの見つけ方

などを全てアドバイスしてくれます。

大学中退者にとっても大きな支えとなるサービスです。

転職エージェントを利用して就活を有利に進めていくというのも1つの手です。

庄司

どんなメリットがあるのかをチェックしていきましょう。

  • 就職のプロによるカウンセリングが受けられる
  • 就活のスケジューリングもしてもらえる
  • 利用料は無料
  • 面接対策もバッチリ
  • 自己分析も完璧

就職のプロによるカウンセリングが受けられる

大学中退者は、多くの場合卒業できなかったことに引け目を感じ自信を失っています。

そんな中の就活ですから、なかなかうまくいかないのも頷けます。

しかし、転職エージェントを活用すれば就職のプロであるアドバイザーが専任でついてくれ、あなたの悩みをしっかりと解決へ導いてくれます。

大学中退者には大学中退者ならではの悩みがあるものです。

一人で悶々と悩んでいては解決できませんが、プロのカウンセリングを受ければ効率的な就活が実現できるのです。

就活のスケジューリングもしてもらえる

大学中退者にとって、リズミカルで素早い就活が何よりも大切です。

とはいえ、スムーズな就活を行うためにはスケジューリングをしっかりと行うことは外せません。

ところが、大学中退者の場合、まだ社会経験が乏しいためスケジューリングも苦手だという人が多いのも事実。

そんな時でも転職エージェントを活用すれば、効率的なスケジューリングとスケジュール管理をプロが行ってくれるため、安心して身を委ねることができます。

利用料は無料

大学中退者にとって、何より気になるのは利用料についてだと思います。

実は転職エージェントはマッチングの成功報酬として企業側がエージェントにお金を支払うため、求職者は利用料を支払う必要がありません。

このメリットは経済的にも厳しい大学中退者にとって非常に助かると言えるでしょう。

面接対策もバッチリ

大学中退者にとって1番の難関でもある面接。

転職エージェントでは、そういった人のための面接対策もしっかりとサポートしてくれます。

もちろん、面接において聞かれるであろう中退の理由についても、どのように受け答えすればいいかをアドバイザーと共に考えることができるのも大きなメリットです。

自己分析も完璧

転職エージェントでは、自己分析もしっかりと行ってもらえます。

  • 自分自身がどんなことを得意としているのか
  • 苦手な分野は何か

をきちんと把握することで、自分に見合った職種や企業を繋いでくれるのです。

そのため、就職後もマッチした環境でストレスなく働ける可能性が高いと言えます。

大学中退者向け転職エージェント(就職エージェント)5選!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

大学中退を強みに変えて、今すぐ就職しよう!

大学中退という現実に押しつぶされそうになっている人も、この記事をとして少しずつ希望が見えてきたのではないでしょうか。

長い人生において大学中退は1ページに過ぎません。

一度反省をしたら、もうくよくよするのはやめて次へ進むのが得策です。

せっかく就職のプロがいて、アドバイスを受けることができる転職エージェントがあるのですから、使わない手はないです。

大学中退という誰もができるわけではない経験を思い切って強みに変えて、就活の糧にしてしまいましょう。

庄司

近い将来、中退の事実をある意味武勇伝として語れる日が来るでしょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる