大学中退者の就活

大学中退からITエンジニアになるには?知識「0」でもなれる!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「ITエンジニアになりたいと思って大学中退を決めたけれど、どうやったら良いのだろう。」

「大学中退したらITエンジニアになるのが魅力かな。」

このようにITエンジニアに興味を持っている人もいるでしょう。

大学中退をした理由は人それぞれですが、その後にどうやって生きていくかはよく考えなければなりません。

IT業界のエンジニアは就職や転職の際に人気があります。

私も多くの若い人たちの仕事探しのサポートをする中でITエンジニアをおすすめしてきました。

大学中退の人がITエンジニアになっていく姿も何度も見てきています。

この記事を通してITエンジニアの仕事に就いて理解した上で、エンジニアになるために歩み始めましょう。

大学中退者にITエンジニアはおすすめ?

大学中退者が就職をするときには職種や業種で悩みがちです。

本当に就職して仕事をしていけるのかが不安な人も多いでしょう。

迷ったときの選択肢の1つとしてITエンジニアはおすすめです。

どんな点が魅力的なのかを詳しく見てみましょう。

成長業界だから成功できる

IT業界は成長業界だからこそ、就職したら活躍できる可能性が高いのがおすすめの理由です。

大学を中退して何をしたら良いのかがわからなくなっていたり、物事に意欲的に取り組む楽しさを忘れてしまったりしている人も多いでしょう。

仕事を通して大きな成功を遂げられると仕事に対するモチベーションが飛躍的に高まります。

今まで本気で取り組みたいものが見つからずに悩んでいた人もIT業界での仕事を通して本気でやりたいことが見つかるでしょう。

IT業界で中心的な役割を果たしているのがエンジニアです。

ITエンジニアが新しいものを生み出すことで近年の社会が変わってきています。

世界のあり方を変えられる可能性すら秘めている魅力があるのがエンジニアの仕事なのです。

人手不足なので就職しやすい

エンジニアはIT業界が著しい成長スピードを持っていることもあって不足しています。

大学中退者におすすめなのは、人手不足だから未経験でも就職しやすいからです。

十分な人材を確保できている場合には求人が出ることはあまりありません。

社内にはいない優秀さを持っている人材を獲得したいとき程度しか募集されることはないでしょう。

しかし、ITエンジニアはあまりにもニーズが高いために、毎年多くの人材が生まれているにもかかわらず不足が続いています。

大学中退者でも必要な条件さえ満たせばすぐにエンジニアになれる可能性もあるのです。

応募しても採用してもらえないのではないかという不安は大学中退者にはつきものです。

その悩みを解決できる選択肢と考えられます。

ちなみに他にも人手不足で大学中退者でも就職しやすい業界を「大学中退者におすすめの就職先は?職種や業界別に解説!」で紹介していますので、興味があればご覧ください。

スキルがあれば有利になる

ITエンジニアは技術職なのでスキルがあれば有利になります。

スキル習得に励むことで有利になり、就職に成功できるようになる点でおすすめの職種です。

大学中退をするまでにもしIT系のスキルを習得していたならスムーズに就職できるでしょう。

IT業界が人気になっている影響で、様々な方法でスキルを学べます。

たとえ就職に苦労したとしても、スキルアップをしてから再挑戦すればきっと採用してもらえるようになります。

成長すれば採用されるとわかっていれば前向きに勉強にも取り組めるでしょう。

就職への前向きな気持ちを培う上でもITエンジニアを目指すのはメリットがあるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

そもそもITエンジニアってどんなお仕事?

ITエンジニアは人気があるという理由で興味を持ち始めた人もいるでしょう。

就職するときにはどんな仕事をするのかを正しく把握しておくのが大切です。

ITエンジニアの仕事についてどのような特徴があるのか、どんなことをやるのかを確認しておきましょう。

エンジニアには種類が多い

ITエンジニアには実はかなりの種類があるので、どの職種を選んだかによって具体的な業務には違いがあります。

システムの開発や運用に関わる職種だけでも、専門としている分野によってインフラエンジニア、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、データベースエンジニアなどに分類できます。

また、サポートエンジニアやフィールドエンジニア、ヘルプデスクなどのように業務がシステムの開発とは離れているものも少なくありません。

働く現場もIT系の企業だけでなく、一般企業も選ぶことが可能で、社内エンジニアとして活躍している人もいます

基本的にはシステムと総称されるソフトウェアやハードウェアなどを取り扱う業務を担当するのがITエンジニアです。

開発や設計、導入や構築、運用や監視、保守や点検などの多岐にわたった業務があります。

職種によっては営業やカスタマーサポートを行うこともあるなど、専門性を生かした多岐にわたる仕事に携わることが可能です。

システムエンジニアが人気の仕事

ITエンジニアの中でも人気が高く、初心者も就職するときによく選んでいるのがシステムエンジニアです。

システムエンジニアはシステムの開発が仕事で、どのようなシステムを組むかを考えて具体的な設計書や仕様書を作成します。

多くのIT系の企業では顧客の課題解決のためにシステムを開発しています。

そのため、顧客が解決したい課題が何かをヒアリングして、解決可能なシステムを考案して開発するというのが仕事の一般的な流れです。

IT全般についての幅広い知識とスキルが求められる職種ですが、成功した暁には自分が考えたシステムが現場で使われるようになる魅力があります。

\就職に不安を抱えているなら/

プログラマーとの違いとは?

ITエンジニアと並んで、IT業界の技術職としてプログラマーがよく知られています。

ITエンジニアの職種の一つとしてプログラマーを位置づけることもありますが、基本的に別の職種と考えた方が良いでしょう。

プログラマーはプログラミングをするのが仕事です。

システム開発の現場ではITエンジニアが設計書や仕様書を作成し、その内容に基づいてプログラマーがシステムを動かすのに必要なプログラムを作っています。

プログラマーも不足しているので就職の際には候補にしても良いでしょう。

ただ、ITエンジニアに比べると高度なプログラミングスキルが求められるので注意が必要です。

\就職に不安を抱えているなら/

ITエンジニアに向いている人は?

ITエンジニアになってみたいという気持ちがあっても、向いているかどうかがわからない人もいるでしょう。

適性がない仕事を選んだためにひどい苦労をするのではないかと不安になることはよくあります。

ITエンジニアにはどのような人が向いているのかをここで確認しておきましょう。

物事を論理的に考えられる人

物事を論理的に考える習慣がある人はITエンジニアに向いています。

システムの開発や設計をするためには論理的な考え方が不可欠だからです。

顧客に課題解決の方法を説明するにも、ヘルプデスクとして社員が抱えているIT系のトラブルの質問に答えるにも、論理性が求められます。

感情だけで物事を判断せずに、筋道立てて考える力がある人はITエンジニアとして重宝されるでしょう。

コミュニケーション力がある人

ITエンジニアにはコミュニケーション力がある人も向いています。

エンジニアというと必死にパソコンに向かって作業をしている人をイメージするかもしれません。

しかし、実際には現場で他のエンジニアやプログラマー、デザイナーなどの様々な職種の人と連携を取りながら仕事をします。

顧客との打ち合わせにも参加することがよくあるので、円滑にコミュニケーションを取れる人が活躍しています。

人とのコミュニケーションの中で、初心者エンジニアも成長している傾向があります。

忙しい現場が多いので、自分から主体的にコミュニケーションを取って学べる人ほど成長しているのです。

問題解決の意識が高い人

問題が何かを見つけたり、与えられた問題を解決したりすることに対して意識が高い人もITエンジニアに向いています。

ITは各所にある課題を解決するためのツールとして用いられています。

自分から率先して課題を見つけられる人は企業にとって利益をもたらす種を発見できることになります。

そして、解決力がある人は問題を解消に導くことができる人材として魅力的です。

両方を兼ね備えていればベストですが、一方でも持ち合わせていればITエンジニアとして活躍できます。

新しいことが好きな人

ITエンジニアは新しいもの好きにも向いている職種です。

IT業界では次々に新しい技術が生まれて活用されています。

古くから使われている技術にこだわらずに積極的に新しいものを取り入れていくことで、また新しい技術が作られてきているのがIT業界の特徴です。

そのカギを握っているのがITエンジニアなので、新しいことに興味を持って学ぼうとする気持ちが強い人が成功しています。

また、同じ新しいもの好きの中でも、幅広い見識を持っている人は特に重宝される可能性があります。

分野の融合が進んでいる影響で、全然関係のないことに興味を持っている人が知識を持ち込み、新しい技術が生み出されるケースも増えてきました。

事業拡大を考えている成長企業では見識の広い人がITエンジニアとして活躍しています。

数学が得意な人

数学が苦手な人はITエンジニアになれないというわけではありませんが、得意な人は有利です。

ITエンジニアにとって重要なスキルの1つにプログラミングがあります。

プログラミングをするためには基本的な数学の演算をスムーズにできることが求められるからです。

また、新しい技術には統計の知識が求められることも多いので、数字に強い人はITエンジニアに向いているでしょう。

ただ、数学をほとんど使わない働き方もできるので、苦手意識があっても他の部分に興味を持てれば問題はありません。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がITエンジニアの求人を探す際の注意点

ITエンジニアになろうと考えたら求人を見つける必要があります。

大学中退者がITエンジニアの求人を探すときにはどんな点に注意した方が良いのでしょうか。

ITエンジニアの求人には特色があるので重要なポイントを押さえておきましょう。

スキルがないと採用されにくい

ITエンジニアの求人では基本的に何もスキルがない場合には応募してもあまり採用されません。

スキルがあるかどうかを書類や面接で吟味されることになるので勉強しておきましょう。

求人を見ると詳しい要望条件が書いていないこともあります。

スキルの条件が書いていないから全くスキルがなくても応募できると思うのは誤りです。

業務経験はなかったとしても、現場ですぐに成長して戦力になると期待できる人材が採用されます。

その一番の基本はIT系のスキルなので、応募先企業で求められるスキルを学んでから書類を出しましょう。

学歴と経験の要求に注意しよう

IT業界でのエンジニアの募集ではあまり学歴を重視しない傾向があります。

大学中退者にとっては魅力的な部分でしょう。

ただ、経験の有無は問われることがあるので注意が必要です。

求人によっては未経験者も応募可能になっていますが、即戦力の経験者しか求めていない求人もあります。

学歴不問と書いてあったときには特に注意して求人を隅々まで読みましょう。

未経験者を採用する際にはすぐに成長することを期待しています。

そのため、概して学歴が高い人の方が優遇される傾向があります。

大学中退者の場合には学ぶ意欲がなくて中退したのではないかと懸念されてしまうため、高卒よりも不利になるかもしれません。

この辺りの考え方が企業によって大きく違うので、求人から経験や学歴についてどのような見解を持っている企業なのかを読み取るのが大切です。

教育の仕組みが千差万別

ITエンジニアの教育の仕組みについても注意しましょう。

未経験の人をITエンジニアとして採用するときには教育をして一人前にしようとするのが一般的です。

中途採用をしたときには研修を実施することは少なく、OJTでの教育の場合がほとんどです。

ただ、OJTのやり方も千差万別で、ベテランのサポートをする形で学ぶ場合もあれば、マニュアルを見ながら一人で仕事をしながら学ぶ場合もあります。

マニュアルすらなく、やるべきことを言われて自分で考えながら仕事を進めなければならない現場も少なくありません。

教育の仕組みが自分に合ってないと、就職してすぐにつらくなってしまいます。

どういう教育を受けて成長したいかをよく考えて応募先を決めましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がITエンジニアになるためには?

大学を中退した人は中途採用枠で一般の人と競い合いながら求人に応募して採用してもらわなければなりません。

ITエンジニアになるためにはどのような準備をしておけば良いのでしょうか。

準備段階を経てITエンジニアとして働けるようになるまでに必要なことを解説するので、できるところからすぐに取り掛かっていきましょう。

エージェントのサポートを使う

ITエンジニアになるにはエージェントのサポートを使いましょう。

準備ができた段階で相談を始めるよりも、ITエンジニアを目指そうと思った時点で相談を開始しておくのがコツです。

なりたいエンジニアの種類や希望する分野によって学ぶべき内容は違います。

プログラミング言語を学ぶとしても言語の種類は無数にあるので、現場で使えるものを選んで学ぶのが重要です。

企業ごとに要求するスキルは違うので、就職先の候補を絞り込んでから学ぶのが効率的です。

転職エージェントに相談すれば、興味や適性に基づいておすすめの職種や企業を紹介してくれます。

その中から特に魅力的な候補を選び、何を学んだら良いかもアドバイスしてもらいましょう。

応募可能な求人があれば、勉強しながら応募していくのも良い方法です。

エージェントはその視点も持っているので、すぐに就活を始められます。

学びながら就職を達成し、現場で成長していくのが理想的でしょう。

大学中退者のサポートの経験が豊富なエージェントを選べば、就職を焦る気持ちも理解してくれます。

メンタル面のサポートも受けながら前向きに就職を目指せるのが魅力です。

大学中退者向け転職エージェント5選!就職するならこれでしょ!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

興味のある分野を探す

ITエンジニアには種類がたくさんあるだけでなく、企業が対象としている分野にも違いがあります。

医療システムの開発に力を入れている企業や、AIの活用を目指している企業もあるでしょう。

その中から自分の長所を生かせるのはどこなのかを選び出すことが重要になります。

企業の分野は自分の興味関心があることを条件に選ぶと良いでしょう。

例えば、大学で経済学部に入ったのはマーケティングに興味があったからだという人は、マーケティングツールの開発に力を入れている企業を候補にするという考え方ができます。

大手企業では広い分野をカバーしていることもありますが、中小企業では分野特化型の事業展開をしていることが多くなりました。

そのミスマッチが起こってしまうとITエンジニアになっても仕事にやりがいを感じられないでしょう。

興味を広く考えて候補の分野をいくつかに絞り込み、その現場で働くのに必要なスキルを習得しましょう。

プログラミング言語を学ぶ

ITエンジニアになるにはどんなスキルを習得したら良いのかがわからずに悩むケースも多々あります。

基本的にはプログラミング言語を一つ学んで、簡単なプログラムなら作れるようになれば十分です。

希望する職種によってはハードウェアの知識が求められる場合もありますが、プログラミングの考え方はほぼ全てのITエンジニアに求められています。

高いレベルのプログラミングスキルがあるよりも、プログラムを製作するときの考え方ややり方を知っていることが肝心です。

その知識があるとプログラマーにとってわかりやすい仕様書や設計書を書けるようになるからです。

課題解決の方法を考えるときにも重要な基盤になるノウハウなので、プログラミングを学んでおきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

適性を判断して大学中退者もITエンジニアを目指そう

ITエンジニアに興味を持ったのが大学を中退する前でも、中退した後だったとしても、就職するときには魅力的な候補になります。

IT業界は成長業界で、技術職として活躍しているエンジニアの不足に喘いでいるからです。

興味を持ったなら適性があるかどうかを判断して、すぐに就活の準備を始めましょう。

スキルを習得しないとITエンジニアになるのは難しいですが、どの企業でどの種類のエンジニアになるかを決めないと学ぶべきスキルも明確にはなりません。

転職エージェントに相談して今後の方針を決めましょう。

エージェントによっては応募先ごとに何を学ぶ必要があるかを詳しく説明してくれます。

その説明を受けて学びながら就活を進めていけばスムーズに就職できるでしょう。

勉強してから就活を始めようと考えるかもしれませんが、無駄な勉強に時間を費やして就職の時期が遅れていってしまうリスクが高いでしょう。

就職先を転職エージェントと相談して見定めながら、必要最低限の勉強をしてITエンジニアを目指しましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ