大学中退者の就活

大学中退からプログラマーになるには?プログラミングの効率的な勉強方法

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「大学中退してから就職できる気がしない。」

「プログラマーってプログラミングのスキルがあればなれるの?」

「なんとかして手に職をつけたい。」

私も手に職をつけたくプログラマーを目指して、プログラミングを勉強していましたから気持ちは分かります。

最初はプログラマーになるのは難しいと思いましたが、必死に勉強してなんとかプログラマーになれました。

私の就職活動の経験を元に、本記事ではプログラマーになるための方法をお伝えすることが可能です。

20代であれば正しい方法で活動をすれば目標を達成できるでしょう。

大学中退者にプログラマーはおすすめ?

プログラミング技術一つで仕事ができるプログラマーは、大学中退をした20代の方におすすめです。

IT業界の人手不足が深刻化しており、プログラマーは学歴よりもスキルが最重視されるからです。

特に20代前半であれば教育を前提に採用してくれる企業は多くあるでしょう。

早ければ早いほど就職が有利なことは確かです。

プログラマーの求人は学歴不問が比較的多い

プログラマーは、学歴を問わない求人が多いです。

ただし、多くはプログラミングのスキルを持っていることを条件としています。

つまり、プログラミングを勉強すれば大学中退者でも就職ができるチャンスがあるということです。

学歴に対してコンプレックスがあったとしても、努力をすれば就職を目指すことが可能です。

20代はプログラマーの実務未経験でも十分に就職できる

20代は、プログラマーの仕事が未経験でも就職実績が多数あります。

強調したいのは20代であればということです。

特に20代前半であればプログラマーに就職に成功する確率は高いでしょう。

なぜなら、20代前半はプログラマーに就職する一般的な年齢だからです。

20代中盤以降もアピール次第で十分に就職が可能な年代と言えます。

しかし、30代になると状況は一気に変わり就職は不利になります。

プログラマーを目指すのならポテンシャルをみてもらえる20代の今がチャンスですので、一日も早い行動をおすすめします。

IT業界全体が人手不足である

経済産業省の調査によると、IT人材は2030年には約79万人が不足するという結果が出ています。

プログラマーが属する情報処理・通信技術者の有効求人倍率は2.77倍で、全業種と比べても高い水準です。(厚生労働省の調査)

このように、業界で人手不足が深刻化すると企業は人材の確保に必死です。

採用基準を満たす応募者であれば積極的に採用することが考えられます。

また企業の採用基準から多少はずれていても、意欲やスキルをアピールすればプログラマーに採用される可能性もあるでしょう。

大学中退したばかりの若者が就職を狙う条件を十分に満たしていると言えます。

プログラマーは将来性が高い

プログラマーの技術は、習得までにそれなりの地道な苦労を要します。

誰でも簡単に身に付けられるものではありません。

そのため、一度技術を身に付ければ自分の大きな武器を得ることができます。

企業に対してスキルをアピールしやすく他の応募者に差をつけることが可能です。

コロナの影響で働き方改革が進みリモートワークが盛んになっています。

働き方に柔軟性を持たせ今の世の中に必要な働き方を実現できたのは、間違いなくIT技術があってこそです。

IT業界の将来性は高く、プログラマーの需要は今後も増えていくと考えられます。

\就職に不安を抱えているなら/

そもそもプログラマーってどんなお仕事?

プログラマーとは実際にどのような仕事をするのか。

「大学中退した私でもできる仕事かな?」

そう考えるかたもいらっしゃると思います。

答えはプログラマーに求められるスキルがあればYESです。

簡単にいえば、プログラマーは設計書をもとにプログラミングをする仕事です。

大工は設計書を見ながら家をつくりますが仲間と協力しながら作業しています。

プログラマーも同じで一人で仕事をする時間も多いですが、チームのメンバーと協力しながらプログラミングを進めていきます。

プログラミングをしたら必ずテストをしてシステムの品質に対する責任も持ちます。

プログラマーは技術力だけではなく協調性やコミュニケーション力、責任感が求められる仕事と言えるでしょう。

プログラマーは家づくりに例えると大工の役割

プログラマーは設計書を元に英語単語のようなプログラミング言語を用いて、コードを作成する仕事です。

対してお客様からどんなシステムにしたいかの要望を聞き、設計書をつくるのがシステムエンジニアです。

プログラマーとシステムエンジニアの違いを把握して求人に応募するように注意してください。

設計書は、システムの要件や内部の動き画面のデザインなどを記載したものです。

その設計書を見ながら、プログラマーはプログラミングをします。

最後に、作成したコードが設計書通りに動くのかテストや修正(デバック)をすることも、

基本的にプログラマーの役割です。

テストを外部に発注する場合や自社のテスターに依頼する場合もあります。

例えると、システムエンジアは建築士でプログラマーは大工と言ったところでしょう。

プログラマーは協調性が大切な仕事

プログラマーは基本的に一人での作業が多いですが、チームで開発を行うので協調性も非常に大切です。

協調性がなく単独で仕事を進めてしまうタイプがチームに一人でもいると、システムが思った通りに動かずに大幅な修正を行う必要が出てしまうからです。

プログラマーは協調性やコミュニケーション力も大切な仕事と言えます。

20代の皆さんは技術力よりもヒューマンスキルを重視される可能が高いでしょう。

プログラマーの仕事の流れ

プログラマーの仕事のだいたいの流れをまとめます。

システムエンジニアが作成した設計書をもとにプログラミング。

テスト仕様書(システムが正しく動くかのチェック項目をまとめたもの)を作成。

テスト仕様書をもとにプログラミングしたコードが正しく動くかをテスト。

テストの結果不具合があればデバッグする。

再度テストを行う。

以上が仕事のざっくりとした流れです。

また品質の高いシステムを完成させるため、日頃からチーム間でのミーティングやシステムのレビューを行います。

このように、プログラミング以外でもチームでの議論や話し合いをする機会も多いです。

プログラマーの仕事を選ぶ上で参考にしてみてください。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者のプログラミングの勉強方法

大学中退者のプログラミングの勉強手段は、独学かプログラミングスクールに通うかの2択です。

独学とプログラミングスクール両方にメリットとデメリットがあります。

独学は金銭面や自分のペースで行えることは良いのですが、聞ける人が身近にいないので挫折してしまう可能性があります。

対してプログラミングスクールは質問できる環境があり、プログラミングスキルを身に付けるのには最適です。

しかし、金銭的な余裕とまとまった時間を確保できないと難しいというデメリットもあります。

独学でプログラミングスキルを身に付ける

独学でプログラミングを学ぶメリット

プログラミングを独学で学ぶメリットは、金銭面でそこまでの負担がないことや時間に融通が聞くことです。

独学は他のことをしながらプログラミングを勉強することには適しています。

例えばどうしても就職をすぐにする必要がある方が、就職活動をしながらプログラミングの勉強したいなど時間に余裕がない方は独学が良いでしょう。

就職活動は何かとお金がかかるので金銭的に負担が少ないことも重要です。

プログラミング以外の研修を受けながら、プログラマーになるための学習も進めたい場合など柔軟に学習を行えることも独学のメリットです。

独学でプログラミングを学ぶデメリット

プログラマーを目指す過程で一番こわいことは挫折してしまうことです。

独学は挫折する可能性が高いでしょう。

挫折してしまう理由は、以下の通りです。

  • パソコン関連の知識や技術が人によって異なる(自分に合った学習法を選べない。)
  • 分からない所を聞ける人がいない。
  • テキストを読んで覚えているだけでなんとなく成長を実感できない。

独学は自分に合った学習法を選べません。

プログラミングをはじめる前の前提知識は人それぞれで、どのような学習を進めていけば分かりません。

それを相談できる人や学習で分からないことを聞ける人もいません。

また、独学は決まったカリキュラムもないので学習にかたよりが出る可能性が高いでしょう。

なんとなく有名なテキストを読んで分かった気になり、いざ自分でプログラミングをしてみるとまったくできないことが多くあります。

その結果、成長を実感できずに自分には向かないと挫折をしまうことが多いです。

プログラミングスクールでスキルを身に付ける

プログラミングスクールで学ぶメリット

プログラミングのスキルを身に付けるためにプログラミングスクールで学習する方法があります。

プログラミングスクールは個人に合った講座を選べますし、相談ができるメンターもいますのでなにかと心強いでしょう。

時間と金銭面の余裕があればスクールの勉強にかけてみてもいいでしょう。

返金制度があり講座の内容もレベルが高く充実しているので、利用を検討する価値はあります。

プログラミングスクールを選ぶデメリット

プログラミングスクールは、講座の内容相当のお金と時間を消費してしまいます。

無料のプログラミングスクールもあり20代であれば利用できますが、就職に失敗するとお金を払わなければいけないのでリスクはあります。

プログラミングスクールは短期集中で学習を進めるためまとまった時間が必要です。

講座内容だけではなく課題も難しいという評判があり、その期間はスクールの学習に全集中して取り組まなければいけません。

その講座をやり遂げれば大きな力になりますが、時間はさておき金銭面である程度の余裕がないと利用は難しいでしょう。

なによりプログラミングスクールに通ったからと言って、必ずしもプログラマーとして希望の企業に就職ができるとは限りません。

20代は高いプログラミングスキルよりも、ヒューマンスキルやプログラマーに対する熱意が重視されることを覚えておきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がプログラマー求人を探す際の注意点

大学中退者が、プログラマーの求人を探す時は特に注意する必要があります。

プログラマーの求人は大きくわけると以下の2種類があります。

  • お客様先で業務を行う客先常駐。
  • 自社で開発を担当する自社内開発。

自分のスキルや今の状況に合った求人を選ばなければ、短期離職につながる可能性があります。

大学中退者は多少の時間がかかっても自社内開発の求人を受けてください。

プログラマーの求人で客先常駐は受けない方が無難

プログラマーの働き方でお客様先に派遣されて働く客先常駐というものがあります。

客先常駐の求人の特徴は勤務地がプロジェクト先になっていることです。

大学中退したばかりの方にこの働き方はおすすめをしません。

なぜなら、プログラミングの仕事ができるのは即戦力の人材であることが前提だからです。

シビアな話ですが、派遣先の会社はわざわざお金を払ってまでスキルがない人材に仕事は頼みません。

大学中退したばかりでプログラミングの経験がない場合、単純作業を割り振られる場合が多いでしょう。

仕事で結果を出すことは必須ですので自分ができる仕事の担当になることは必然です。

しかし、今後のキャリアを考えた場合社会人経験やプログラマーの経験がない若者には荷が思い働き方でしょう。

スキルが身につかず30代・40代を迎えてしまうと、派遣先がなくなり解雇ということも十分に考えられます。

自社内で開発している企業の求人を狙う

プログラマーを目指す場合は自社でシステムを開発している企業を選びましょう。

客先常駐の企業と比べて就職の難易度は上がりますが、20代であればチャンスは十分にあります。

基本的に長期で教育をすることを考えて採用をしますので、そこまですぐには結果を求めれません。

結果を求められない代わりに教育が厳しくハードなことが多いことも覚えておきましょう。

会社はあなたに早く一人前のプログラマーになって欲しいからです。

最初は簡単な仕事から担当しますが、徐々にプログラミングや設計の仕事を担当させてもらえます。

仕事が高度になるにつれて悩むことも増えるのかもしれませんが、その分確実に成長しているでしょう。

客先常駐の企業でいろいろな派遣先で働いてみるのも一つの経験になりますが、長くプログラマーとして働きたいのであれば、自社で開発を行っている企業をおすすめします。

企業の口コミは、必ずチェック

社員の生の声が書いてある口コミサイトは必ずチェックしましょう。

顔が見えない分本音を書いている場合が多いです。

口コミを完全に信じる必要はありませんが会社の環境を知るためには有効ですので、目を通しましょう。

そのことであきらかなブラック企業を回避できます。

すぐに辞めてしまうと今後の就職が難しくなってしまいますので、ぜひ参考にしましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がプログラマーになるためには?

大学中退者がプログラマーになるためには自分一人で就職活動を進めるのではなく、しっかりと支援を受け相談をしながら仕事を探すのがおすすめです。

大学中退者の就職を支援してくれる所は以下の通りです。

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 地域若者サポートステーション

転職エージェントは高い就職率と入社後の定着率に定評があり、とくにおすすめをしています。

大学中退者を受け入れている転職エージェントに相談

転職エージェントは企業との長い付き合いから選考情報を熟知しており、就職に役立つサービスを多く提供しています。

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

  • パソコンスキルやコミュニケーションの研修を受けることが可能。
  • 応募企業に合わせた選考対策を受けることができる。 
  • 未経験者でも応募可能な企業と書類選考なしで面接可能
  • プログラミングをいかせる仕事が多数。

就職率も高く、主要な転職エージェントの就職率はおおよそ90%以上を誇ります。

大学中退者がネックになる書類選考なしで面接を受けれること、人物面を重視した採用を行っている企業を多く扱っていることが転職エージェントの高い就職決定率につながっています。

プログラミング技術のアピール方法や大学中退者ならではの企業へのアプローチを学べ、

プログラマーへの就職が一番現実的なのは転職エージェントと言えます。

20代の就職率は高いので利用することをおすすめします。

大学中退者向け転職エージェント5選!就職するならこれでしょ!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

ハローワークを利用する

ハローワークは全国各地にあり求人検索や職業相談が行えます。

基本的に地元の求人を扱っていますので、地元で就職をしたい方は求人の傾向をみるために足を運んでみましょう。

相談員の中には特定の仕事の経験がありその分野のアドバイスに特化した方もいます。

プログラマーの経験がある相談員がいて専門的なアドバイスを聞ける可能性もあるので、相談に行ってみましょう。

ただし、ハローワークを利用するデメリットや注意点があります。

  • 相談員の対応が機械的になる場合が多い。
  • 求人検索が使いづらい。
  • 求人情報が不正確。

ハローワークの仕事は求人の紹介がメインです。

中には親身に相談にのってくれる職員もいますが、基本的にこちらが希望する求人の担当者に連絡をとり、紹介状を発行するという一連の流れを機械的に行う職員が多いのが特徴です。

業界に対する知識がない職員も多く職業相談に期待ができない可能性も多いです。

また、ハローワークの書き方にしたがって企業は求人情報を記載しなかればならないので、求人情報が不正確で実際と一致しない場合もありますので注意をしましょう。

求人検索の条件を細かく設定できず求人検索がしにくいのもデメリットです。

地域若者サポートステーションでカウンセリングを受ける

地域若者サポートステーションは15歳から49歳の就職希望者が利用対象です。

事業所は全国にあり多くの方の利用実績があります。

地域若者サポートステーションはカウンセリングを無料で受けることができます。

カウンセラーはキャリアコンサルタントや臨床心理士の資格を持っており、専門的なアドバイスを受けることが可能です。

また、ジョブトレという職場体験ができるプログラムがあり、社会に出る前に働く経験ができることは非常にメリットがあります。

スキルを高めるために地域若者サポートステーションを利用したいところですが、注意したいのは就職率です。

地域若者サポートステーションの就職率は約67%で、転職エージェントの方が就職実績が高いことが分かります。

すぐに就職を考えるのなら転職エージェントをおすすめします。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者がプログラマーへ就職するためには、企業へ独自のアプローチが必要!

大学中退の理由は面接で必ず聞かれます。

書類選考に合格させ面接に呼んでいても企業がどうしても気になるポイントでしょう。

大学中退した前向きな理由と熱意を担当者に伝えるには工夫が必要です。

マニュアル通りの受け答えをするのではなくあなたにしかない良さをアピールし、企業へ独自のアプローチをすることが大切でしょう。

その点で転職エージェントはあなたの大きな支えとなってくれます。

とくに大学中退したばかりの20代前半であればまだまだ挽回できます。

今日という日は二度と帰ってきません。

一日でも早く行動しましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ