職歴なし

30代で初めての正社員を目指すときの3つの注意点とポイント

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「30代で職歴がない状況だが、正社員になれるのか」

「今まで初めて正社員を目指すけど、どうしたら良いのか」

このような就職への不安を感じたことがあるのではないでしょうか。

今のまま就活をしてもどこの企業も採用してくれないと、落ち込んでしまいますね。

しかし、30代で職歴なしでも初めての正社員を目指すことはできます。

私は過去の就職活動で相当苦労しましたが、見事に正社員として就職することができました。

30代で職歴なしの人でも初めての正社員を目指せられる方法をお伝えしていきますね。

30代で職歴なしで正社員は厳しいことは覚悟しておこう

30代で職歴なしの人が初めて正社員に就職しようとするのは厳しくなっているため、覚悟しておきましょう。

それは年齢が大きく関係していて、30代になると年齢で採用の合否を左右されるようになるのです。

30代で職歴なしの人が正社員へ就職することが厳しくなる具体的な理由について、見ていきます。

30代の就活は年齢が壁になってくる

30代で職歴なしの人が就活を行っていくと年齢が原因で採用が見送られる機会が多くなります。

例えば、書類選考の試験で履歴書を送ったとしても30代の場合は年齢が原因で落とされることもあるのです。

20代の頃は年齢を重視する企業が多いですが、30代になると経験や能力の方を選考で重点を置くようになります。

これは企業がキャリア形成をしていく上で、年齢が若い方を採用して育てていこうとするからです。

30代で職歴なしの人が就活を行っていくと直面する壁なので、覚えておきましょう。

30代は経験・能力が求められる

30代の就活は20代の頃と比べると、企業から求められるものが変わってきます。

20代の頃は若さやポテンシャルを重視されますが、30代は別のものが求められます。

それは経験や能力の面を重視するようになるのです。

特に専門なスキルが必要な仕事に採用されるためには、それなりの経験や能力がなければいけません。

応募者にやる気があったとしても、30代で職歴なしの人は採用されにくいでしょう。

30代で初めて正社員を目指すためには、職歴がなくても採用をしてくれる職種に絞る必要があるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

30代で初めての正社員を目指すときの4つの注意点

30代で職歴なしの人が初めての正社員を目指すためには注意点が3つほどあります。

この注意点を抑えておかないと厳しい就活を乗り越えるのは難しいです。

今回は4つの注意点について、詳しく解説していきますね。

注意点を抑えた上で就活を進めていくと、初めての正社員も近づくでしょう。

応募する条件を決め過ぎない

初めての正社員を目指して良い求人を探そうと気合いを入れますが、条件を絞り過ぎることは避けましょう。

例えば、「休日は完全週休2回にしたい」・「残業が無くて、プライベートを充実させたい」など自ら望む条件が出てくるはずです。

しかし、条件を絞り過ぎると求人数が少なくなってしまい、応募できる企業が極端に減ってしまいます。

できるだけ、応募できる企業が減らさないように「自らが譲れない条件」・「妥協できる条件」を考えて決めておきましょう。

求人の探す手段を固定しない

求人を探す手段について、1つの方法に絞らないように気を付けて下さい。

例えば、「ハローワーク」・「転職サイト」・「転職エージェント」など複数のところから求人を探せるようになっています。

このように求人を探せる手段が多くあると、正社員として就職できる可能性が上がるでしょう。

1つのところから求人を探す方法に絞ってしまうと他の求人を見逃してしまうこともあり得るので、複数の手段を活用することをおすすめします。

求人を探す手段を固定せずに、幅広くところから自らに合う求人を探しましょうね。

先入観を持ち過ぎない

特定の業種に対して「厳しい・キツい・危険」という先入観を持たないようして下さい。

もし、先入観を持ってしまうと求人数が減ってしまい、自らのチャンスを逃すこともあり得ます。

噂やインターネットの情報から信じてしまうと間違った認識を持ってしまいます。

自らが仕入れてきた情報が根拠のある情報なのか、しっかりと判断するようにしましょう。

以前は「厳しいと言われていた業界」でも現在は働く環境が改善していて、働きやすくなっていることもあります。

根拠のある情報を集めて、業界について調べることも大事ですよ。

\就職に不安を抱えているなら/

30代で初めて就活する際に意識するべきこと

30代で職歴なしの人が初めて就活しようとする時は緊張しますね。

さらに、就活を行う際にどのようなことを意識すれば良いのか気になります。

30代で初めて就活する際には2つの点を抑えるようにしましょう。

やみくもに就活をしたところでなかなか上手くは行かず、チャンスを逃してしまいます。

初めての正社員を目指す場合、大事になる点を見ていきますね。

空白期間の理由を明確する

就活する場合は応募する企業を探して、履歴書を送るケースが多いです。

多くの企業は1次選考として「書類選考」を設けているため、ここを突破しなければいけません。

30代で初めて就活する人にとっては、履歴書の内容をしっかりと記載する必要があります。

今まで職歴が無い場合は「空白期間の理由」を明確しておくべきです。

例えば、「アルバイトをしていた」・「資格習得のために勉強していた」など企業の採用担当者に説明できるようにしましょう。

企業の採用担当者は今まで何を行っていたのか気になっていて、採用後に仕事を続けていけるのかを判断します。

また、空白期間の理由だけではなく、自己PRや応募理由についても明確にしておくと担当者に熱意が伝わりますよ。

面接の際も「空白期間・自己PR・応募理由」は問われるため、受けた答えができることが望ましいです。

ビジネスマナーを身に付ける

応募をする際に履歴書で自らのことをアピールして、企業の採用担当者の目に留まるようにします。

そして、書類選考に通った後には面接試験が待っていますが、ビジネスマナーやコミュニケーション力などを見られるでしょう。

30代で職歴なしの人はビジネスマナーが身に付いているのか、採用担当者が気にする点の1つです。

採用後も職場で馴染むことができるのか、仕事も円滑に行っていけるのか判断します。

基本的なビジネスマナーである「挨拶・電話応対・名刺交換」や身だしなみをしっかりできると面接での評価も良くなりますよ。

\就職に不安を抱えているなら/

30代で初めて正社員になるために一番効率的な方法とは?

30代で初めて正社員を目指す人は、どのような方法で就活を行うと良いのか迷いますね。

最も効率的に30代で初めての正社員を目指す方法は「転職エージェント」を活用することです。

1人で就活を行っていくよりも時間も労力などに無駄がありませんよ。

転職エージェントを活用するメリットについて、詳しく見ていきましょう。

履歴書の添削や面接対策を行ってくれる

転職エージェントに登録すると担当のキャリアアドバイザーが付いて、就活を様々な形でサポートしてくれます。

具体的には履歴書の添削や面接対策などを行ってくれて、今後のキャリアプランについても相談に乗ってくれるのです。

応募の際には履歴書を提出するケースが多く、書類選考を通過すると面接が待ち構えています。

書類・面接の両採用試験に受かって採用を勝ち取るためには、しっかりとした準備が必要です。

キャリアアドバイザーからアドバイスをもらうことで、質の高い履歴書や面接ができるようになるでしょう。

求人の紹介や条件交渉をしてくれる

転職エージェントでは履歴書や面接のサポートをしてくれますが、求人紹介や条件交渉もキャリアドバイザーが企業に行うのです。

担当のキャリアアドバイザーが登録者の条件に合った求人を見つけてきて、紹介してくれます。

さらに紹介してきた企業に対しても条件交渉も行ってくれるので、面接では聞きにくい情報も知ることができるでしょう。

30代で初めての正社員を目指す人は効率的な就活を行うために「転職エージェント」に登録して下さいね。

30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 「30代フリーターにも、使える転職支援はあるのかな」 ...
https://syu-katsugura.com/job-search-services-and-agents-for-neets-in-their-30s/

\就職に不安を抱えているなら/

30代で初めての正社員を掴み取ろう

30代で初めて正社員を目指す人は1日でも早く就活を行って下さい。

企業は応募者が30代の場合、経験や能力を求めてくるようになります。

特に30代で職歴なしの初めて正社員を目指す人にとっては、厳しい就活が待ち受けているのです。

この状況でも効率的に就活を進めていくためには「転職エージェント」を活用することでしょう。

担当のキャリアアドバイザーが就活全般のサポートを行ってくれるので、登録者は負担を軽減できます。

様々なアドバイスやサポートを受けられる「転職エージェント」を積極的に活用することをおすすめしますよ。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ