フリーターの就活

フリーターが資格取得しても就職に意味がない3つの理由【資格より実績】

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

就職が決まらないのはフリーターで資格を持っていないせいかもしれない

資格をとっても就職に意味ないって本当なのかな

そう思って悩んでいる人もいるでしょう。

フリーターは就職するのに不利だから何か武器が欲しいと思って資格の取得を考える人もいます。

ただ、資格があっても意味ないという話も聞いたことがあるかもしれません。

就活をサポートしてきた私としては資格を取るのにこだわって必死になる意味はないと言えます。

資格なしでも就職に成功しているフリーターの人もたくさんいるからです。

そこでこの記事は人材業界で200名以上の就職・転職のサポートをしてきた私が

  • フリーターが資格をとっても意味ない理由
  • 資格取得よりも優先すべきこと
  • 資格なしのフリーターが就職するための方法

を解説していきます

もっと良い視点を持って就活を進められるようになりましょう。

\資格よりも優先すべきこと/

残念ながら、フリーターが半年~1年程度でとれる簡単な資格はほとんど意味がありません。なぜなら、企業は資格よりも「若さ」を求めているからです。

そしてフリーター期間が長引けば長引くほど就職が困難になるというデータも出ています。資格勉強している間に本当に就職できなくなってしまう可能性もあります。

そのため、フリーターが就職するためにすべきことは一刻も早い就職活動です。そしてフリーターが就活する際には就職支援サービスを利用したほうが効率的です。

その中でも『ジェイック』という就職支援サービスはフリーターに向けた就職支援を行って15年以上になり、今まで23000名以上のフリーターを就職成功させてきました。

まずは資格取得の準備をする前に一度相談に行ってみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターは資格取得しても意味がない3つの理由 

フリーターは資格を取ったとしても意味がないと言われている理由をまずは理解しておきましょう。

一般的には資格があると就職にも転職にも有利と言われていますが、フリーターの場合には何が問題になるのかというと以下の3つが挙げられます。

  • 実力を求められていないから
  • 資格が必要な職種は経験が求められるから
  • 就職に有利になるのは難関資格ばかりだから

実力を求められていないから

まず、フリーターはもともと実力があって即戦力になることを求められていないからです。

フリーターが就活をするときには中途採用の求人に応募することになる場合が多いでしょう。

一般的に中途採用では即戦力の人材を求めています。

しかし、フリーターは業務経験がないので戦力として認められることはまずありません。

資格があっても未経験では戦力にならないだろうと思われてしまいます。

フリーターは即戦力でなくても構わないというスタンスで募集している求人を探して応募しなければなりません。

そのような求人では特定の資格を要求していることはあまりないので、資格を取ってもほとんど意味がないのです。

資格が必要な職種は経験が求められるから

資格が重宝される仕事は業務経験者を求める傾向が強いのも資格取得の意味がない理由です。

資格はあれば良いのではなく、資格を取得する過程で身につけた知識や技術を業務に活かしてこそ意味があります。

企業が採用するときにも資格が重要とされる場合には実際に業務で活かしたことがある人を採用しようと考えます。

例えば簿記検定を受けて合格していたとしても、経理業務の経験がないので戦力になるとはあまり考えられません。

情報技術者試験を合格していたとしても、エンジニアやプログラマーとして仕事をしたことがないのでは実力がないだろうと思われてしまいます。

資格は業務経験があることを前提としている場合が多い

このため、企業が募集をしているときには業務経験が何年かあることを前提として、さらに資格がある方が望ましいというケースが目立ちます。

そのため、業務経験のないフリーターが資格を取ったとしても、有効活用できる求人を見つけるのが困難なのです。

資格があった方が有利になる可能性はないわけではありませんが、前提条件をクリアできないのであまり、意味がない場合が多いのです。

就職に有利になるのは難関資格ばかりだから

もう一つの理由はフリーターとして働きながら取得できるくらいの資格では就職にあまり有利にならないからです。

例えば、

  • 司法試験に合格した
  • 医師免許や薬剤師免許を取得した

というのであれば貴重な資格保有者なのでフリーターだった人でも採用してくれる企業が見つかるでしょう。

しかし、このような保有者の少ない資格は取るのに費用も年月もかかってしまいます。

試験も難関なのでなかなか取れずにいるうちに年を取ってしまうでしょう。

簡単な資格はあまり役に立たない

かといって簡単に取得できる資格を取っていてもあまりポジティブにはとらえてもらえません。

ITパスポートやMOSを取得するとパソコンに強いことはわかりますが、オフィスワークができるようになるのにそんなに長い月日が必要とされるわけではありません。

企業が未経験者のフリーターを雇う覚悟をするときにはそのくらいの教育期間が必要になると初めから想定しています。

そのため、フリーターが時間の合間を縫って勉強して取得した資格くらいでは就職で有利になることはあまりないのです。

\就職成功率80%以上/

資格の勉強よりその時間で就活したほうがいい 

フリーターが就職したいと思っているなら、資格を取得するよりもその時間を活用して就活を進めるのがおすすめです。

なぜ資格取得よりも早め早めの就活が重要なのかというと

  • 資格取得には時間がかかる
  • フリーターの就活では若さが重要
  • 資格の勉強をしている間にどんどん求人は減る

この3つの観点からお話していきます。

資格取得には時間がかかる

前述のように、この資格を取ったらまず間違いなく就職できるという難関資格を取るには年月がかかってしまいます。

例えば、医師や薬剤師の資格を取るには大学に入学して6年間勉強し、さらに国家試験に合格する必要があります。

大学受験にかかる期間も考えると6年では済まないでしょう。

司法試験や税理士資格ならもう少し短くて済む可能性がありますが、途方もない勉強量が必要なので、何年も勉強した挙句に結局諦めてしまっている人もいます。

本当に有用な資格を取るには現場で働いた経験が必要なものも多いのでなかなか魅力的な候補が見つからないのが現実です。

実際問題としてはフリーターには何年もかけている余裕はありません。

フリーターの就活では若さが重要

フリーターの採用を前向きに検討してくれる企業は最近では増えてきています。

その理由は若手の採用に苦労しているからです。

新卒採用で必要な人数の新卒を獲得できず、既卒や第二新卒を狙う企業が増加しています。

資格よりも学校卒業後、どのくらいの期間が経っているか

つまり、フリーターが就職するためには若くないと難しいのです。

何歳以上になるとフリーターは就職不可能というボーダーがはっきりと存在しているわけではありません。

ただ、20代前半と後半で大きなギャップがあり、さらに30代になるとかなり厳しくなるのが一般的です。

全体的な傾向としては学校を卒業してから3年以内であれば採用を検討してくれます。

新卒採用や第二新卒の募集では卒業後3年以内が標準となっているからです。

あくまでこれは一般的なボーダーなので、3年目までずっと同じ扱いを受けるわけではありません。

資格の勉強をしている間にどんどん求人は減っていく

企業としては新卒の代わりが欲しいという考えで募集しているため、若ければ若いほど良いのです。

資格の取得に励んで特に付加価値のない資格を手に入れ、半年後に就活をしたのでは魅力が失せたと解釈する企業もあるでしょう。

候補は刻々と減っていってしまうので、資格の取得に時間をかけるのがもったいないのです。

\就職成功率80%以上/

資格がないと自信がないなら

もし今のまま就活するのでは自信がないというのなら二つの選択肢があります。

  • スキルアップを進める
  • 転職エージェントを使う

スキルアップを進める

一つは資格を取るよりも、もっと効果的なスキルアップを図ることです。

若手という意味では就活では第二新卒が大きなライバルになります。

社会人経験がある第二新卒との競争に勝つのは難しいかもしれませんが、企業の目で見て第二新卒と変わらないのではないかと思ってもらえれば採用してもらえる可能性が高まります。

企業に入ったときに新人研修で行われるのがビジネスマナー研修で、そのマナーが板につくまで初期には徹底した教育を受けます。

ビジネスマナー研修やセミナーに参加してみよう

就活と並行して一般向けに行われているビジネスマナーの研修やセミナーに参加してスキルアップをするのは自信につながるでしょう。

選考を受けるときにも面接での立ち振る舞いや応答の仕方にプラスに働くと期待できます。

就職に向けてフリーターとして働きながら研修も受けて社会人としての基礎を身につけてきたというアピールもできるでしょう。

一日で終わるような研修が多いのであまり時間もかからず、就活にも就職後の仕事にも役立つのがメリットです。

転職エージェントを使う

もう一つは転職エージェントに後押ししてもらいながら就活をすぐにスタートさせることです。

転職エージェントに相談すればスムーズに就活を進められます。

じっくりと話をしてどんな仕事に興味や適性があるのかを考えて、これだという求人を選び出してくれるからです。

もちろんフリーターを採用の候補に入れている企業の求人の中から候補を探してくれます。

このようなマッチングをしてくれるので少ない応募回数でも採用してくれる企業に巡り会うことができるのが魅力です。

下記の記事ではフリーターの就職を支援している転職エージェントを紹介しています。興味があればご覧ください。

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

転職エージェントではビジネスマナーも教えてくれる

また、ビジネスマナーについてのレクチャーをしてくれたり、社会人らしい面接の受け方を指導してくれたりする転職エージェントもあります。

フリーターの就職では転職エージェントは大きな支えになるので、今まで失敗してきた人も相談して状況を改善しましょう。

そうすればきっと資格を取らなくても就職して正社員になれます。

\就職成功率80%以上/

フリーターは資格を取得するよりもいち早い就活を 

フリーターには資格は意味ないから取らなくても良いという考え方はあながち嘘ではありません。

本当に希少な資格を取得すれば就職につながる可能性はもちろんありますが、そのために何年も費やさなければならないでしょう。

資格の勉強に時間を使うよりは、一歳でも若いうちに就職する方が合理的です。

フリーターは年齢的に若いうちの方が就職できる可能性が高いからです。

資格の取得に何年も使ってしまうと、年齢が原因で就職できなくなるリスクもあります。

一刻も早く就活を始めて内定の獲得を目指しましょう。

転職エージェントはフリーターにとって大きな支えになります。

就職できずに苦労してきた人も転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる