フリーターの生活

一生フリーターでなんとかなる?【20代後半がギリギリ】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

就職しようとは思いながら、気がつけば20代中盤になってもフリーターを続けている。

このまま一生フリーターでもなんとかなるかな。でも最近結構不安になってきているのが本音。

フリーター生活って、なんとか日々を送れているうちはズルズルと続いてしまいがちですよね。

とはいえ、このような不安を抱えている人が多いのも本当のところでしょう。

高梨

私は、キャリアカウンセラーとして10年の間、主にフリーターを担当してカウンセリングを行ってきました。その経験を生かして、

  • 一生フリーターでもなんとかなるのか
  • 一生フリーターの場合、背負わなければいけないリスク
  • 今からでも正社員に就職する方法

を解説していきます。

今現在、将来に悩むフリーターの皆さんにぜひ見ていただきたい内容です。

\一生フリーターは正直、厳しい/

まず結論から言いますと一生フリーターでいるのは厳しいです。20代のうちはなんとなるかもしれませんが、30代、40代となってくると雇用先もなくなり、色々な出費も増えてくるので経済的に立ち行かなくなる可能性があります。

そして30代を過ぎて現実に直面し、正社員になろうと決意したときにはもう遅い可能性があります。30代で正社員未経験だとほとんど採用する企業がありません。

そうならないためにも今のうちから就活を行い正社員になっておきましょう。正社員になり、職歴をつけ、技術を磨けば、

  • 独立をするもよし
  • 転職をするもよし
  • フリーランスとして個人事業主になるのもよし

とその後自分が取れる選択肢が広がります。

そしてフリーターが就活する際には就職支援サービスを使うのが一番優良企業に就職できる可能性が高いです。

中でも『ジェイック』という会社は社会人経験の浅い方の就職に特化しており、これまで20000名以上のフリーターの就職成功のサポートをしてきました。

年齢が若ければ若いほど就職できる可能性が高くなるので、まずは相談から始めてみてはどうでしょうか。

\利用無料/

一生フリーターでもなんとかなる?

フリーター生活でなんとか暮らせている20代の人からすると、

このまま一生フリーターでも生きていけるんじゃない?

という淡い期待を抱きがちです。

もちろん、自分の人生は誰のものでもありませんから、一生フリーターとして生きるのも一つの選択です。

しかし、結論から言うとそんなにフリーター人生は甘いものではありません。

高梨

今が良くても、長い人生を見ていくとなかなか難しいものがあります。その理由を解説していきます。

  • 年齢が上がるにつれ体力がきつくなる
  • 年金だけでは生活は厳しい
  • 最悪なホームレスという状態も起こり得る

年齢が上がるにつれ体力がきつくなる

フリーターを一生続けた場合、年齢を重ねるごとにきつくなる体を感じざるを得ないでしょう。

当然、昇給もボーナスもないアルバイト生活ですから、何歳になっても仕事をし続けなければ生活は立ち行かなくなります。

年齢を重ね、若い頃には感じなかったような

  • 疲労感
  • 怪我や病気

などに見舞われた時、福利厚生もないフリーターは休むこともできずに働くと言うリスクがあるのです。

その覚悟ができていれば、一生フリーターでもなんとかなるといえますが、いつ怪我や病気になるかは誰にも分りません。

高梨

働くことすらできない状況になることだって考えておかなければならないのが現実です。

ケガや病気をしたときは?

アルバイトはケガや病気で出勤できなくなったときは何の手当も出ないので給料が全くもらえません。

しかしアルバイトでも有給休暇を貰えるところもあり、条件は

  • 6か月間の継続勤務
  • 全労働日の8割以上の出勤

になります。

しかし多くても15日程度しか貰えないためそれ以上のケガや病気になると給料が全くもらえなくなるので生活がなんとかなることはないでしょう。

反対に正社員の場合「傷病手当金」というものが受け取れるので長期のケガや病気になっても生活に困ることはなくなります。

年金だけでは生活は厳しい

正社員と違いボーナスも退職金もないフリーターは、貯金をしている人も少ないでしょう。

20代後半となったフリーターでも、20代前半と変わらない給料のままで日々を駆け抜けるしかないと言う生活を送るのが一般的です。

いざ高齢者となった時、頑張って支払った年金をもらうことはできますが、到底生活ができるだけの金額には至りません。

フリーターは基本的に厚生年金を収めてなく、国民年金だけになるので
老後にもらえる年金は

約5.5万円~6.5万円程度

になります。

正社員で頑張ってローンを組み、自分の持ち家を持っているのならまだしも、フリーターの多くは持ち家がないため、家を借りるのにもお金がかかってしまいます。

高梨

そのため、年金にプラスして収入を得る必要があるのです。

つまり、一生フリーターでいきていくためには、高齢者となっても労働し続けなければならないと言うわけです。

高齢になっても働き続ける自信がある!

という方も雇う側が果たして高齢の方をアルバイトとして雇うかは疑問に思うところです。

最悪なホームレスという状態も起こり得る

一生フリーターでも、

生活保護を受ければなんとかなるだろう

と考えているフリーターも多いのではないでしょうか。

実は生活保護は誰にでも受けられる制度ではないのです。

例えば、申請を出してもまだ働けると判断されてしまうと生活保護を受けることはできません。

たとえ高齢者であっても、

  • よっぽどの病気や怪我
  • 精神疾患

などがあり証明できなければならないのです。

また資産があっても受けられませんから、実家に暮らしているフリーターなどは生活保護を受けることができません。

生活保護も受けられずフリーターとしての仕事も若い時ほどできなくなってしまうと、成れの果てはホームレスということも起こり得るのです。

高梨

ホームレスとなって生きるほどの覚悟があれば別ですが、多くの人はそう簡単には持つことのできない覚悟と言えるでしょう。

一人暮らしは可能?

フリーターの月収月収

高梨

フリーターの一人暮らしは可能なのかを検証していきます。

まずはフリーターの月収はこちらになります。

週5日8時間働いたとして

時給月収
800円128,000円
1,000円160,000円
1,200円192,000円
1500円240,000円

フリーターの平均月収は20万前後になりますね。

ここから

  • 税金
  • 健康保険料
  • 国民年金

で大体約4万円差し引かれますので残るお金は16万円程度になります。

衣食住にかかる諸費用

あなたがどういう家に住みたいのかに変わってきますが仮に東京に住むとして東京の1K(一人暮らしの最低限の間取り)の家賃相場は平均で7.5万円前後です。

さらに

  • スマホやPCなどの通信費が1.5万円
  • 食費が3万円

とすると自由に使えるお金は3~4万円程度になります。

高梨

こうみるとフリーターでも一人暮らしはなんとかなりそうですね。

どのくらい遊べたり、趣味をできるの?

フリーターは時間的には制約がありませんので遊ぼうと思えばいくらでも遊べることができます。

しかし遊んだ時間の分だけ働いていないということになりますからその分給料は減っていきます。

その辺は遊びとアルバイトをバランスよくこなしていかなければならないので注意が必要です。

上記で言ったように自由に使えるお金は3~4万円程度です。

その中から

  • 交際費
  • 趣味代

などを捻出していかなければなりません。

高梨

さらに何かあった時のための貯金をするとなると使える金額はかなり限られてきます。

\就職に不安を抱えているなら/

30代を過ぎたフリーターの現実

30代を過ぎると、20代の頃には感じることのなかったフリーターの現実を目の当たりにすることとなります。

当然、いい現実ではなく人生における障壁といってもいいような現実です。

高梨

どういった出来事がフリーター生活の中に起こるのかを知っておくことは、20代後半のフリーターにとって大切なことと言えるでしょう。

  • 手取りが変わらない
  • 社会的信用が得られない
  • 職を失う怖さがある
  • 就職した友達と話が合わなくなる
  • 彼女もいなければ、結婚もできない

手取りが変わらない

周りの正社員として働く友人を見回してみると、いい車に乗ったり海外旅行に行ったり自分よりも遥かに羽振りがいいように見えることはないですか?

特に20代前半の頃は正社員の友人と手取り額も変わらなかったので、気にならなった収入ですが、30代に突入すると20代の頃よりも収入の差が一気に開くことを体感するでしょう。

正社員の場合、30代は役職がついたり後輩が増えたりと、だんだん中堅へのステップを上がる頃と言えます。

高梨

そうなると自ずと昇給もあり、ボーナスも十分にもらえるようになるのです。

フリーターの年齢別の平均月収を見てみよう

対して、フリーターは20代の頃のままと同じ手取り額のままで昇給をしたとしても微々たるもの。

高梨

当然、この先40代、50代と歳を重ねても同じままです。

むしろ、仕事数が少なくなり今よりもぐんと給料が減る可能性だって十分にあり得るのです。

参考にフリーターの平均月収の推移を見てみましょう。

年齢平均月収
20歳~24歳 17万3,400円
25歳~29歳 19万2,400円
30歳~34歳 20万600円
35歳~39歳 20万4,800円

20代のうちは若くて体力があるので、生活がギリギリでもなんとかなりますが年を取るとそうもいきません。

あちこち体にガタがきて病院代やら体のケアやら色々とお金がかかってきます。

高梨

そんな中でひもじい生活を送るのはなかなか苦しくなってきますよね。

社会的信用が得られない

車や家を購入することはかなり絶望的と言っても過言ではないでしょう。

正社員で頑張る友人の中には、30代になったのを機に家を買ったり、高級車に乗り換えたりという人もあるでしょう。

ところが、フリーターの場合は安定した収入がないとみなされ社会的信用を得ることができません。

そのため、家や車など高額な商品を買う際のローンを組むことはおろか、クレジットカードを作ることも難しいのが現実なのです。

高梨

代わりに一括で支払うしかないのですが、100万や1000万以上するものを一括で支払うのはかなり難しいといえます。

職を失う怖さがある

フリーターの恐怖といえば、仕事が安定していないという点にあります。

20代のうちはまだ若さでなんとか仕事を続けられましたが、30代のアルバイトという立場はより不安定になってきます。

例えばバイト先の業績が悪くなった場合、まず削られるのが人件費でしょう。

そうなると、正社員や若いアルバイトよりも先に肩を叩かれるのが30代以降のフリーターとなる可能性が高いのです。

高梨

何故ならば、正社員の場合は法律により雇用の安定が守られていますが、フリーターの場合はそれらがなく辞めさせやすい立場にあるからです。

就職した友達と話が合わなくなる

20代のうちは正社員とも給料差が少ないので生活レベルも同じで話すことは同じだと思います。

しかし30代になってくると給料差もどんどん開いてくるので生活レベルも変わってきます。

  • フリーターの生涯賃金は約6000万~8000万
  • 正社員は約2億~3億

となっています。

一生で約1億以上の差が出てしまうんです。

そうなると向こうは結婚、家、子供などのお金がかかる話がちらほらと出てきます。

さらにはキャリアアップなどの仕事の話も出てくるようになると思います。

フリーターは給料も上がらず、ずっと同じ生活を強いられ仕事の話も関係ないのでだんだんと自分が持っている価値観と友達との価値観も違ってくるようになります。

彼女もいなければ、結婚もできない

フリーターは、その不安定さや収入の低さからモテないという現実があります。

ましてや30代を超えると20代の頃のような勢いのある出会いもなくなり、ますます彼女ができるような状態ではなくなっていきます。

たとえ彼女がいたとしても、いざ結婚となると収入面の壁や、家族からの反対など一筋縄にはいかない現実が立ちはだかるのです。

さらに結婚式自体にかかるお金は平均で350万円します。

その他それに関連する婚約指輪、新婚旅行などを合わせると500万程度
かかってきます。

高梨

もし、お相手が正社員で共働きをするならばなんとかなるかもしれませんが、もし子供が欲しい場合は教育費などの費用がかかってくるためかなり厳しいと思われます。

\就職に不安を抱えているなら/

正直、なんとかなるのは20代後半まで

将来的な展望も踏まえて考えると、実際フリーターとしての生活がなんとかなるのは20代後半がギリギリなところと言えるでしょう。

その理由がわかると、これからの人生も大きく変わってきますのでしっかりと確認しておきましょう。

  • まだギリギリ親に養ってもらえる
  • 20代後半ならまだバイト先に居られる
  • 正社員を目指せるのは20代後半まで

まだギリギリ親に養ってもらえる

高梨

20代後半といえば、まだギリギリ親も働いているというパターンも少なくはないでしょう。

実家暮らしのフリーターならば、家賃はもちろん食費や生活費全般を親に頼っている人もあるため暮らしは成り立つでしょう。

しかし、親もいつまでも若いわけではなく年金暮らしも目の前です。

歳をとれば必然的に病気や怪我の恐れも増えてきますから、次は自分が親を養うといったことも起こり得るのです。

バイト先に居られるのもギリギリ

20代も後半になるとバイト先の同僚もかなり年下ということも増えるでしょう。

それでもまだ20代ならばギリギリ同年代というくくりで見てくれる若い子たちも、流石に30代となるとかなり差を感じ始める傾向があります。

30代といえば正社員の上司と同じ年代で、その中でフリーターとして働く30代はかなりきついものがあります。

高梨

そういった環境の中で心穏やかに過ごせるのは、やはり20代後半がギリギリのラインと言えるのです。

正社員を目指せるのもギリギリライン

年齢が上がるにつれ、就活というのはだんだんと難しくなる傾向にあります。

20代のうちはフリーターでも就職先がまだまだたくさんあります。

企業側も20代ならまだ若くて将来性があると感じ、雇ってくれます。

20代では若さもあるため、多くの企業が求人をかけていきますが、30代を超えると一気に少なくなるのが現状です。

あったとしてもブラック企業の可能性が高まります。

高梨

せっかく正社員になる気が起きても、求人が少なければなかなかいい企業に出会えず、結局フリーターに逆戻りということも考えられるでしょう。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

20代後半フリーターからでも正社員に就職するためには?

正社員を目指そうと思うなら、20代後半までに行動をするべきと言えるでしょう。

高梨

そのためには、コツや注意点もありますので、スムーズな就活のためにもぜひチェックしてみてください。

  • 就活を後回しにしない
  • プライドを捨てる

就活を後回しにしない

20代後半のフリーターといえば、バイトや日々の生活を送るのに手いっぱいになりがちな傾向があります。

とはいえ、就活は20代のうちにするのが得策ですから、すでに20代後半の人はもう時間がありません。

そんな中、

就職したい!

と思いつつも就活自体を後回しにしてしまうと時間だけが過ぎ去り、できる就職もできなくなってしまいます。

高梨

そうやって30代を迎えてしまっては後の祭りと言えるでしょう。

就活を最優先に考えるという思考へと切り替えていくことが大切になります。

プライドを捨てる

フリーターとはいえ、ある程度年齢を重ねている20代後半の人は無駄なプライドを持っていることがあります。

実際正社員になることは新たな一歩となりますから、社会人1年生となんら変わりがありません。

ところが、変なプライドを持ってしまうと

  • 就職先を選り好みしすぎてしまったり
  • 条件を高望みする

ようになってしまうのです。

チャレンジすることは悪いことではありませんが、ただのプライドでこだわりを持っているとしたらそれは就活においてただの邪魔としかなり得ません。

高梨

無駄なプライドは捨てて、素直に就活をするというのが得策と言えます。

\就職に不安を抱えているなら/

20代後半からの就活方法

いざ就活をしよう思っても、フリーター歴が長いと正社員への就活方法がわからなくなっている人もあるでしょう。

高梨

20代後半のフリーターが活用しやすい就活方法をご紹介しましょう。

  • 就活のプロである転職エージェントを活用する
  • ハローワークを利用する
  • 求人サイトから職探しをする

就活のプロである転職エージェントを活用する

一人で就活を進めていくのもいいですが、ここでぜひ活用してもらいたいのが就職のプロである転職エージェントというサービスです。

20代後半ともなると、20代前半の頃よりも就活に手こずる可能性がありますが、転職エージェントに頼むことで一気にスムーズになるのです。

質の高いサポートを受けられる

転職エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートをしてくれます。

登録から内定まで同じ人が担当してくれるため、ブレることなくマッチした企業に繋いでくれるというメリットがあります。

優良企業に繋いでもらえる

転職エージェントは、独自のルートで企業と繋がり求人情報を把握しています。

そのため、しっかりとブラック企業対策もなされており、就活をする側としては非常に安心して就活サポートを任せられるのです。

フリーターに特化したエージェントもある

転職エージェントは会社によって様々な特色があります。

  • 専門職に特化していたり
  • 女性目線だったり

とある中で、フリーターに特化したエージェントもみられます。

高梨

そういったエージェントを活用することで、より気軽に相談できるため就活もスムーズになっていきます。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

ハローワークを利用する

就活といえばハローワークを思い浮かべる人もあるでしょう。

別名公共職業安定所というぐらいですから、当然20代後半であっても活用することが可能です。

たくさんの企業の中から職探しをすることができますが、担当者が決まるわけではありませんので、基本的には自分一人で探さなければなりません。

また、ハローワークに登録されている企業の中にはブラック企業が紛れている場合がありますので、しっかりと見極める目も必要となってきます。

求人サイトから職探しをする

最近はネット環境が充実していますから、PCやスマホがあればどこでも仕事探しができます。

高梨

中でも求人サイトは、フリーターが就活しようとした際にも、比較的早くたどり着く方法です。

こちらも、ハローワークと同じく誰かがサポートしてくれるわけではありませんので、自分自身の見極める目が非常に大切となります。

見極めができなかった場合、ブラック企業はもちろん結果的には試用されただけで正社員にはなれなかったという悲しい結末もあり得るので注意が必要です。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターの辛い末路に気づいたら、すぐに正社員への道を選ぼう!

高梨

これまでフリーターでもなんとかなるかを検証してきましたが、現実問題、厳しい部分が多いです。

ただ、20代のうちはフリーターを楽しめるだけ楽しんだほうがいいと思います。

それがあなたの本当にやりたいことであるならば。

しかし30代過ぎて安定しようと思っても遅いかもしれないということを胸に刻んでおいてください。

さらに20代でも若ければ若いほど就職には有利ということも覚えておくのがいいです。

今、惰性でフリーターをしているのならば残された時間はあまりありません。

しかし、20代であればまだまだ人生間に合うのですから、ある意味ラッキーと言えるでしょう。

高梨

いますぐに行動を起こし、正社員への道を選ぶことが何よりも大切です。

やはりフリーターより安定面、経済面からしても正社員の方がかなり有利な部分があります。

でも就活で失敗したからもう嫌だよ…

という方。それはその時一人で就活をしていたからかもしれません。

その際には、一人で行動していても無駄な時間を使い兼ねませんから、就職のプロである転職エージェントをうまく活用して、できる限りスムーズに就活を行うことをおすすめします。

今日の一歩があなたの3ヶ月後の未来を変えます

ぜひ、動き出してみてくださいね!

俺の人生こんなはずじゃなかった!

とならないように。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ