大学中退者の生活

大学中退して親不孝と感じているあなたがするべき3つの親孝行

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「結局単位が取れなくて大学中退してしまった。親も悲しんでるし、これこそ親不孝だよね、、」

「大学中退しちゃった。実家はお金持ちでもないのに。ひどいことしたな。なんで頑張れなかったんだろう。」

希望に溢れて入学したはずの大学を、中退せざるを得なかったという人も多く見られます。

中には悪びれずに堂々と生きている人もありますが、大半は金銭的にも精神的にも親へ迷惑をかけたことを考えてしまい、自分は親不孝だという感情に潰されそうになっているでしょう。

しかし、大丈夫です。

しっかりと自分と向き合い、親とも向き合うことで親不孝なんていうレッテルを貼る必要は無くなります。

私は、長い間就職アドバイザーとして多くの人のカウンセリングを行なっています。

クライアントの中には、大学を中退して職を探しているという人も数多くいらっしゃいます。

その経験を踏まえて、今現在、大学中退に関する悩みや親不孝者という気持ちを克服するためにもがいている人に対して役立つ記事をまとめました。

ぜひ、前へ進むためにも参考になさってください。

なぜ大学中退は親不孝なのか?

一般的に、大学は入学したらしっかりと最後まで学び卒業しなければならないと思われています。

そんな社会的風潮の中、大学中退者は親不孝者だというレッテルを貼られがちです。

当然と言えば当然な話ですが、一体なぜ大学を中退すると親不孝だと思われるのでしょうか。

学費が無駄になるから

大学に通うためには、決して安くない額の学費を支払う必要があります。

そして、大学を目指し通った高校や、予備校、塾などにも相当なお金がかかっているのです。

奨学金を使えば話は別ですが、多くの場合親がそのお金を支払ってくれているのが現実です。

一般家庭において、大学への費用を捻出するためにはどれだけ働き、貯金をしなければならないかは容易に想像がつくでしょう。

ましてや、兄弟がありみんな大学に行ったとなるとその額はとんでもないことになります。

とは言え、子供のためと思い頑張って工面したお金が、大学中退するとなると一度に無駄金へと変わってしまいます。

これはどう考えても親不孝と言われる理由になり得る実情でしょう。

就職に影響が出てしまう

大学を出ていい企業に就くという考え方は、現代でもまだまだ定着し続けています。

そんな中、高卒ならまだしも、大学中退という学歴は就職時に非常に悪い印象を与えがちです。

親としては、子供の将来を思ってせっかく大学まで出させたつもりが、途中でやめることで正社員にすらなりづらい現状となり、結果的にはきちんと就職ができるまで大きな心配を抱えることになるのです。

この事実も大学中退が親不孝と言われる理由として大きく挙げられる項目に入るでしょう。

年収が下がる

なんとか企業に就職ができたとしても、その年収は大学を卒業した人と比べれば大きく差が出るのも否めません。

せっかく大学に入学したのに、途中でやめたとなるとその学歴は高卒と変わらなくなってしまいます。

多くの企業で高卒と大卒では初任給に差があり、その後の給料や賞与にも差をつけているというパターンも見られます。

結果的に、トータル収入で見ると大学中退をした人は大卒よりも大幅に低くなるため、できる限りいい将来をと大学進学まで大枚叩いて導いてくれた親に対して悲しい思いをさせる可能性は高いと言えます。

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退は親不孝ではない

死ぬ気で頑張って大学受験をし、なんとか合格した大学。

そんな大学を中退をするというのにはそれなりの理由があり、その内容は人によって様々でしょう。

特に、下記の理由で大学中退した人の場合、一見すると親不孝と思われがちな大学中退も一概には親不孝ではないと言っても過言ではありません。

本当に大学へ通う必要性を感じなくなったからやめた

大学で真面目に勉強をしてきたが、それらが自分の人生において必要な学びに思えなくなるということもあります。

この場合、無理に頑張って学校へ通っても自分の人生を無駄にすることに繋がる可能性もあるでしょう。

金銭的な無駄は出てきますが、お金よりも大切な人生を選ぶという点では、ある意味親孝行とも言えるのではないでしょうか。

入学当初とは進みたい道が変わってしまった

大学に進学したばかりの頃は、しっかりと目標を持ってその夢を達成するための学校を選んだとしても、多くの出会いや日々の生活の中で進む道が変わることも起こり得ます。

その場合、変わってしまった夢に罪悪感を持つのではなく、自分に正直に生きることの方が人生においては大切です。

この決断は結果的に親不孝とは言い切れないものになるでしょう。

単位が取れなかった

この場合は、当然反省するべき中退理由ではあります。

しかし、このような理由だとしても必要以上に落ち込む必要はありません。

そもそも、親に対して申し訳ないという罪悪感や謝罪の気持ちを抱えている段階で親不孝とは言えないのです。

親に対する感謝の気持ちや愛情がきちんとあるからです。

罪悪感から脱するために

どんな理由にせよ、初めから大学を中退するつもりで進学を選んだわけではないはずです。

どうして大学中退の道を選んだのかをしっかりと親に伝えることも、親不孝から脱する一つのポイントです。

そのためには、大学をやめてしまった現実に対して落ち込むよりも、この先の行いをどうしていくかが大切になります。

両親に対して将来へのプランをしっかりと伝え、そのプランに沿って動いていくことで、大学中退という親不孝な出来事をいくらでも挽回できるのです。

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退に対する親の本音を聞いてみた

※現在調査中

\就職に不安を抱えているなら/

大学中退者ができる3つの親孝行

大学を中退をすると親不孝だというレッテルに押さえつけられ、親孝行なんてできないんじゃないかという気持ちにもなりますよね。

ましてや、大学中退していることを盛り返すためにも親孝行は人一倍したいと思っているのにも関わらずです。

しかし、大学中退者だってもちろん親孝行はできます。

すぐにでもすることができる親孝行を3つご紹介しましょう。

学費を返していく

大学を中退したならば、その分大いに時間もできるため、大学卒業を待つよりも一足先にお金を稼ぐことができます。

大学中退によって親不孝と言われる所以の一つが学費を無駄にしたという点にありますが、その親不孝を報いる方法として学費を親に返していくという選択肢が挙げられるでしょう。

もちろん一度に返せるような額ではありませんから、少しずつ返していく流れになります。

とはいえ、親も金額の問題ではなく大学中退を反省して、学費を返そうとしてくれる姿勢に親孝行ぶりを感じるものです。

一刻も早く、バイトでも契約社員でもいいので就職先を探し、少しずつでも月々学費を返していけるような状態を作ることをお勧めします。

時間がかかったとしても、この行為はあなたの罪悪感を減らし結果的には学費の額面以上のお金を親に渡すことができる日も訪れることでしょう。

それはまさしく、親孝行以外の何ものでもありません。

就職をする

先ほどの学費を返すといった親孝行にも通じますが、大学を中退したところで結果的にいい会社に就職できれば親とすれば文句なしと言えるのではないでしょうか。

むしろ、大学を卒業したのにフリーターやニートでいられるよりもずっと親孝行だとも言えます。

とは言え大学中退者にとって就職活動は困難な道です。

そこでおすすめな方法をお伝えしましょう。

大学中退者が就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 大学を中退してしまったけど就職をしたい。でもどうすればいいんだろう? 就職したいから動き出したけど、なかなかうまくいかない...

就職のプロに相談してみよう

就職のプロである転職エージェントをご存知でしょうか。

彼らは就職のプロとして様々な背景の求職者に対してアドバイスを行なっています。

ニートの人もいれば、もちろんあなたのような大学中退者だってたくさんいるのです。

今の状況を踏まえ、そして自分がどんな性質を持っているのかを知るための自己分析のサポートもした上で、大学中退者であろうとぴったりとくる職種や企業を選び抜いてくれます。

相談から就職が決まるまで専任の担当者が寄り添ってくれますので、親に対する罪悪感などの悩みも踏まえてサポートしてくれるのも魅力です。

当然、大学中退したばかりの頃は、親不孝というレッテルが貼られる現状がありますが。

しかし、きちんと就職すればすぐにそのレッテルは剥がれ、いつの間にか親孝行者として褒められるような存在になる可能性も十分にあります。

大学中退者向け転職エージェント5選!就職するならこれでしょ!この記事では大学中退者の就職に強い人気の転職エージェント、そして大学中退者が転職エージェントを上手く使う方法を大学中退者だった私が経験を通して解説します。...

自分らしく生きてみよう

もちろん大学中退したという事実は、親にとってなかなかのショックにはなります。

親としてどれだけのお金をかけたと思っているんだ!と叫びたくなるのも無理はありません。

しかし、親心の奥底には、ただただ我が子が幸せであってほしいという願いだけがあるものです。

無理をして大学に通うよりも、選び抜いた人生を生きがいを持って貫いてくれる方が本当の親孝行だと言えるのではないでしょうか。

もちろんそのためには、あなたがあなた自身の人生をしっかりと歩むことが大切です。

誰かの言葉に流されてふらふらしていては、またしても親不孝者に逆戻りしてしまいます。

大学を中退してまでも貫きたかった道を、しっかりと歩んで親が自慢したくなる子供へと成長することは何よりもの親孝行となります。

\就職に不安を抱えているなら/

親不孝から親孝行へのステップアップ!

大学中退といういかにも親不孝に思える行為が、実は親孝行へと繋がる可能性を秘めていることをおわかりいただけたかと思います。

せっかく決断した人生ですから、それこそ無駄にならないように歩み続ける必要があります。

そのためにも様々なプロフェッショナルの力を借りることは、素晴らしい未来を進むためのポイントとになるでしょう。

転職エージェントはその1つとしておすすめできる就職のプロです。

大学中退者であるあなたの立場を踏まえ、そしてこれからどう生きていきたいかを考えながら、一番心地よく頑張っていける就職先を見つけてくれます。

どうか親不孝者だと一人で悩まないで、頼れるところには頼ってみてください。

親不孝から親孝行へと変化していく過程を、ご自分の目でしっかりと見ることができるでしょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ