高卒

高卒ニートからプログラマーになるまでの道のりを徹底解説!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「高卒ニートからプログラマーに就職しようと思うけど、どんな仕事内容……?」

「プログラマーって高卒ニートには荷が重い? なれる可能性はあるのかな……」

高卒ニートには荷が重いと思っている人は多いのではないでしょうか。

プログラマーの仕事を理解していないと、とても特別で難しそうな仕事だと思ってしまう気持ちもわかります。

実際にプログラミングについて難しいと感じている人は多く、学習に手をつけることを躊躇ってしまう人が多いのが現状です。

この記事では高卒ニートでもプログラマーの仕事を理解して、どんな学習をして、就職活動をすればプログラマーになれるのかをご紹介していきます。

Contents
  1. プログラマーとはどんなお仕事?
  2. 高卒ニートにプログラマーが打ってつけな理由
  3. プログラミングってどうやって勉強するの?
  4. 高卒ニートが独学でプログラミングを勉強するのはきついかも
  5. 高卒ニートがプログラマー求人で重視する点
  6. 高卒ニートがプログラマーになるなら転職エージェントを利用するのもあり!
  7. 高卒ニートでもプログラマーになろう!未経験でも大丈夫!

プログラマーとはどんなお仕事?

プログラマーの仕事について知っていくと、プログラマーが難しくないことがわかります。

基本的にデスクワークであり、設計書に従ってプログラミング言語を使いこなす仕事です。

もちろん難しい部分もありますが、実態を知ることで苦手意識がなくなっていきます。

まずはプログラマーの仕事について見ていきましょう。

デスクワークでプログラムを組み立てる

基本的にプログラマーの仕事はデスクワークです。

プログラミング言語という、パソコンにしか認識できない言語を利用して、目的のプログラムを完成させることにあります。

そのため、1日の9割が座り仕事となることが多く、調べながらできることや、上司や先輩が常にそばにいることから、わからないことは聞いて作業できます。

ものごとを組み立てる、誰かと一緒に、体力を使わないで出来ることが特徴の仕事なのです。

設計書に従ってバグのない製品を作り出す

プログラマーにとって楽なことと言えば、設計書が既に存在するということです。

プラモデルを作った経験のある人はわかると思いますが、目的の製品がわかっていて、それを目指し、設計書を見ながら作るのは簡単でしょう。

それと同じようにプログラマーは既に用意された設計書に従って、製品を作り出すことが仕事です。

もちろん完璧な設計書でないこともありますが、それでも目的や道筋は通っているため、苦痛ではありません。

最終的にはテストをして、バグが出来るだけでない製品を作ることが大きな役割です。

テスターがバグを発見した場合、バグを修正することなども、プログラマーの仕事のひとつとなります。

多彩なプログラミング言語を使いこなす仕事

プログラミング言語というのは、ひとつではありません。

代表的なところで、Java、PHP、Pythonなど、多彩な言語が存在しています。

こういった言語を理解して、使いこなすこと、それぞれの特徴を理解していること。

プログラマーはひとつの言語だけでは幅が狭くなってしまうため、いずれはたくさんの言語を使いこなせるようになる必要があります。

そう言われると難しそうだと思いますが、方言のようなもので、1つの言語を覚えることで、後は書き方やその言語の癖を知るだけなのが実状です。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートにプログラマーが打ってつけな理由

設計書があるということを先ほど述べましたが、難しい考え方や細かい部品については既に決まっています。

これは自分が考える必要はなく、もっと上のレベルの人が考えるだけで良いため、難しいことは既に別の人がやってくれているのです。

また、高校生活の中で情報の授業があった場合、授業の延長のような楽しさがあります。

肉体労働でもないため、高卒ニートでも打ってつけな職業なのです。

プログラミング言語の基礎を覚えれば、あとは設計書通りに作るだけ

プログラミング言語というのは基本構文を覚えてしまえば、どんなことにも対処できるというのが特徴です。

もちろんプログラムの書き方がどれだけ綺麗かというのは様々な構文を使うことで変わってきますが、基本構文を使えるようになればプログラマーとしての仕事ができます。

また、細かい部品まで設計書に書かれているため、高卒ニートであっても、プログラムを作ることは難しくないということを実感することができるでしょう。

迷っている方にとって、学んでみて損のない内容です。

高校生活の情報授業の延長だと考えられる

高校生活には普通科であれば地域差はあれど情報の授業というものがあると思います。

パソコンに触れるのがなんとなく楽しいと思える人もそうですし、タイピングが好きな人にとっては、情報授業の延長感覚で楽しむことができるでしょう。

もちろん仕事になりますので、レベルは多少上がりますが高校生の時からいままで、パソコンに触れる機会の多い人にはオススメです。

特にブラインドタッチができるほどパソコンに触れている人にとっては、あとは頭に知識を入れるだけなので、非常に有利な仕事になるといえます。

肉体労働よりも楽にでき、パズルのような感覚で楽しめる

高卒ニートにとって、就職の道は狭いです。

フリーターの道を選択すれば肉体労働が主な仕事になるでしょうし、専門的な分野ではなく誰でも代わりの効く仕事に就くことになるでしょう。

しかし、プログラマーに一度なれば、専門的な職としての道が開いていきます。

仕事の内容もパズルのように組み立ていくことから、慣れてくるとプログラムを書くことの楽しさすら感じるようになるのです。

また、段々と自分の技術が上がっていくことがわかるため、最終的には技術を持ってさらに上の仕事内容を任されたり、自分から率先して飛び込むことができます。

\就職に不安を抱えているなら/

プログラミングってどうやって勉強するの?

プログラマーになるためにはプログラミングの勉強は必須です。

基本的には独学になりやすく、書籍で学習したり、ネット上の無料コンテンツを利用することが多いでしょう。

しかし、専門的な学習を行いたい場合は、プログラミングスクールの利用をすることで、即戦力として雇用してもらえる可能性もあります。

ひとつずつ解説していきますので見ていきましょう。

書籍を購入して独学で学習する

オーソドックスな学習方法になりますが、書籍を購入して、独学で学習するというスタイルです。

この学習方法は、パソコンがあればあとはそれを通して自分のペースで学習できるので、ひとりで勉強するのが好きなタイプであれば問題ないでしょう。

しかしながら、独学は質問できなかったり、誤植や説明の少ない書籍を購入した場合はかなりしんどい作業を強いられてしまいます。

とはいえその中をひとりで乗り切って学習することで身につくことは多く、調べて学習を繰り返すことができる人にとってはとても楽しい学習方法です。

ネット上の無料コンテンツで学習する

現代はインターネットで無料で学習できる時代です。

先ほど述べた代表的なプログラミング言語に関しても、基本的にはネット上にすべて学習できるサイトなどが完備されています。

もちろん、文字媒体など形式は様々ですが、独学よりもコメント欄から質問しやすかったり、同じような悩みを抱えている人と一緒に学習することができるでしょう。

問題としては無料コンテンツで学習できる内容は本で学べる基本構文程度のものが多く、さらに専門性を高めるに当たっては、専門書やプログラミングスクールがいいといえます。

プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは一番現実的な学習方法です。

無料と有料のものがあり、有料コンテンツには無制限に質問をすることができることやマンツーマンでの指導ができるものなど、様々な特典があります。

もちろん無料コンテンツでも十分に学習はできますが、より素早く効率的に学習するには無料コンテンツでは物足りないという面があるでしょう。

プログラミングスクールを利用することで、効果的に学習をすることもできますし、対面でメンターと一緒に学習することができるため悩まずに進むことができます。

効果的な学習をしたい方にはプログラミングスクールがオススメです。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートが独学でプログラミングを勉強するのはきついかも

高卒ニートにとって、プログラミングの勉強はできる人とできない人の差が激しいと言えます。

というのも、数学的な処理などが入ると、難しさを感じてしまう人や、専門性が高くなるにつれて嫌気が刺す人が増えてくるからです。

独学で勉強することが辛くなる理由について見ていきましょう。

専門的な内容が多くなると、学習意欲が追いつかなくなる

プログラミングの学習をしていく中で、基本構文を学習していくことはとても簡単で楽しいことといえるでしょう。

それは難易度が低く、学習意欲がある状態を維持したまま進むことができるからです。

しかし、基本構文の学習が終わり、いざプログラムを作っていくぞ、という時になってより専門的な内容が出てくることがしばしばあります。

その際に、学習意欲が段々と削がれていき、ひとりで学習することに限界を感じます。

独学である以上、専門的なことを調べようと思っても、また専門用語で開設されたりなどしてしまうため、苦痛を感じてしまう人が多いのです。

アルゴリズムなど、数学的処理があるため苦手な人には厳しい

アルゴリズムというのはプログラムを効率的に動かすための勉強のひとつです。

これは数学的な処理や考え方が出てくることが多く、高校で数学が苦手だった、最初から数学が嫌いだ、というタイプにとってはかなり苦痛になってしまうことがいえます。

アルゴリズムを学ばずに、プログラム言語だけ学習することも良いですが、いずれはアルゴリズムというものに触れることになるでしょう。

そのため、苦手な人は先にアルゴリズムに着手して、すこしずつ苦手をなくすことをお勧めします。

または独学での学習に限界を感じたら、素直にプログラミングスクールを利用するのも手です。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートがプログラマー求人で重視する点

プログラミングの学習を終えて、プログラマー求人を見る時がきた際に、まずなにを重視するべきかを知らなくてはなりません。

ポイントとしては未経験に対してどう対応してくれるのか、また、仕事の内容がなにか、ということを考えながら求人を見ていきましょう。

詳細を述べますので、参考にして見てください。

未経験者歓迎や、ポピュラーな言語を利用する求人を選ぶ

プログラマーの求人で特に重視するべき点は「未経験者歓迎」の文言です。

この業界における経験者というのはちょっと学習でかじった程度のレベルではありません。

そのため、未経験者歓迎という求人がある場合はできるだけその求人についての詳細を知る必要があります。

実際の内容が未経験でもできる内容なのか、自分が学習してきたポピュラーなプログラミング言語なのか、そして未経験をフォローしてくれる場所かどうかです。

そういった内容はクチコミや求人の詳細、企業のWebサイトから社風を確認することで理解することができます。

未経験を歓迎するといっておきながらブラック企業であることも考えられますので、慎重に求人の中身を精査する必要があるのです。

プログラマーからではなくテスターから入る求人を探す

プログラマーとして働きたいと思っている人にとっては何故と思うかもしれませんが、テスターから入ることはとてもオススメです。

プログラムの完成形を見ながら、テストの仕様書に従ってテストをするのがテスターの仕事となります。

特に求人では「テスターからプログラマーの作業に入れます」などの、柔軟に対応してくれる企業を選択することが大切です。

テスターをしているうちに、プログラムの書き方やプログラムがどのように動くのかを把握することができます。

学習した内容が目の前で動く様を見てから、プログラマーの仕事を始めることで、学習した内容の復習と応用を同時に理解できるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートがプログラマーになるなら転職エージェントを利用するのもあり!

転職エージェントを利用することで、幅広いIT企業の中からあなたにあった企業を選んでもらえることができます。

また、未経験の求人や育ててくれる企業というのは自分で調べるよりも転職エージェントの方が詳しいため、そういった意味でも、転職エージェントを利用するのはありです。

転職エージェントという選択肢も取り入れることでよりよい就職先が見つかるでしょう。

高卒ニートでも、IT特化した転職エージェントが利用できる

高卒ニートであることに引け目を感じてしまうことや、相手にされないのではないかと思うかもしれませんが、世の中には学歴や年齢が不問の求人が存在します。

そういった求人を抱えているのが転職エージェントです。

実際に、IT特化したエージェントは多くあり、高卒ニートであっても適した求人を多数紹介してもらうことができます。

年齢層も18歳から30歳までの範囲をカバーしてくれる転職エージェントも多く、高卒でも空白期間があっても相談することで解決策を提示してくれることが多いです。

自分にあった企業を選ぶことはひとりでは難しいため、転職エージェントにまずは相談から始めるのが良いでしょう。

未経験可の求人や、育ててくれる企業を紹介してもらえる

高卒ニートにとって、まだプログラムをかじった程度の能力で大丈夫なのかと不安になるでしょう。

しかし、若手を育成することを確約している企業だけの求人を紹介している転職エージェントも存在しています。

もちろん大企業の紹介実績のある企業も存在しているため、意欲や若さがあるうちに、転職エージェントを利用することで、未経験でもプログラマーになることは可能なのです。

転職エージェントは、積極的に利用することが大切です。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートでもプログラマーになろう!未経験でも大丈夫!

高卒ニートがプログラマーになるまでの方法や注意点について解説してきましたが、まだ不安な点はあると思います。

しかしこのまま悩んでいる時間を放置しているとどのような未来が待っているでしょうか。

未経験と空白の期間ばかりが蓄積されていくばかりで、得られるものが何もないことになります。

高卒ニートでもプログラマーになる道はまだ閉ざされていません。

独学で学習をしてもいいですし、転職エージェントに相談しながら自分の道を決めるのもいいでしょう。

ですが最も大事なことはそれをすぐに行動に移すことにあります。

20代のうちに高卒ニートを卒業すればまだ間に合うことは明白です。

ブラック企業を避けて、未経験を優遇してくれるホワイトな企業はたくさん存在しています。

あなたの将来のために、いますぐ行動を開始してプログラマーの未来を掴みましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ