高卒

職歴なしの高卒ニートが正社員就職して社会復帰するためにすべきこと

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

職歴なしの高卒ニートはもう社会復帰できないのかな

高卒のニートはもう正社員就職を諦めるしかないのかな

永田

まだ諦めるには早いですよ!

高校を卒業し、様々な事情を抱えてニートになってしまう人は多く存在します。

永田

この記事では元ニート歴4年から正社員に就職し、社会復帰を果たした私が、

  • 職歴なしの高卒ニートはもう社会復帰は不可能なのか
  • 高卒ニートがこれから正社員に就職するためににすべきこと

をご紹介します。

\高卒ニートでも就職は十分可能!/

高卒ニートでも、正社員として就職することは十分に可能なのです。なぜなら昨今の人手不足に加え、転職市場の流動性が激しいため、企業は常に人手欲しているからです。

そして職歴なしのニートの一番の強みは

企業の色にまだ染まっていないということ

です。いわゆる「中途採用」や「即戦力」と言われる人材は少なからず前の企業のやり方や理念などを継承してしまっています。つまり、自分の考え方ができてしまっており、企業独自のやり方を踏襲するのが難しいという点があります。

しかし、その点「職歴なし」ということは今までどこの組織にも属していなかったので文字通り「0」から会社のやり方を教えることができます。そういう点で職歴なしの人は

  • ポテンシャルがあり
  • 将来性がある

のです。そういったことを加味して企業は職歴なしの人を採用してくれるのです。

しかし、そうはいってもニートの人が一人で就活をしてしまうとその経験不足からうまく企業の面接を突破できない可能性もかなり高いです。

そもそも「就活のやり方自体わからない」という人もいるでしょう。そういう方たちは就職支援サービスを利用するのが一番効率よく就活を進められ、かつ優良企業に就職できる可能性が高くなります。

その中でも『ジェイック』という就職支援サービスはニートやフリーターなどの職歴や学歴に自信がない人専門に就職支援を行っています。

これまで15年以上、そういうサービスを提供してきたので就活ノウハウも豊富で、これまで23000名以上のニートやフリーターの就職成功者を輩出しています。ちなみに私もここを使って無事に就職し、社会復帰を果たしています。

相談するだけでもかなり就活のやり方がわかってきますので、まずは登録から始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/

登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので、着信拒否設定などは解除しておきましょう!

高卒ニートが抱える悩みとは

一般的にニートとは、

  • 15〜34歳の就職も通学もしていない
  • また主婦でもない人

のことを指します。

永田

高卒ニートで職歴もなし、一言でくくってしまえばそうですが、抱えている悩みは人それぞれ違いますよね。

  • 焦り
  • 人間関係への不安
  • 親への申し訳無さ

具体的にどのような悩みを抱えているのでしょうかをニートだった経験から踏まえて解説していきます。

もう社会復帰はできない?

平成30年度の調査では、15〜34歳のニートは53万人存在し、内29万人を20代が占めています。

高卒のうち、3%の人がニートであり、33%がアルバイトやパート勤務となっていることから、高卒ニートが正社員として、社会復帰をすることは無理だと絶望を感じてしまうのも無理はありません。

仕事を探そうと思っても、

「高卒ニートで職歴なし」

というコンプレックスから自信をなくし、行動に移せないという人もいます。

親に迷惑をかけて申し訳ない

永田

高校を卒業したときには元気な親も、ずっと元気なままではありません。

ニートの多くは親に生活の面倒を見てもらっているので、将来に不安が残ります。

また

子供がこんな状況で申し訳ない

と、さらに自身を責めてしまうこともあります。

こんな自分じゃいるだけ迷惑

だと、どんどん負の連鎖に陥ってしまうのです。

人が苦手で就職に不安がある

ニート状況にある若者に対して、厚生労働省が行ったアンケート結果によると、ニートの方で「人に話すのが不得意」と回答した人は64.4%に登ります。

(参考元:厚生労働省: ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書 )

永田

私もそうですが、人が苦手で、コミュニケーションを不得意とする人が多いのです。

その原因には家庭環境や過去のいじめの経験が考えられますが、その結果

コミュニケーションが苦手だと就職なんてできない

と悩み、就職を諦めてしまう傾向があるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

職歴なしの高卒ニートでも就職は可能!

永田

現在悩みを抱えて落ち込んでいるあなたに、私はあえて断言します。

職歴なしの高卒ニートでも、やる気次第で正社員には必ずなれます。

「信じられない」と思いますか?

あなたの努力次第ではありますが、きちんとした対策を行えば、経歴のハンデは払拭することが可能なのです。

その理由を解説していきます。

  • 20代という最大の武器がある
  • 人手不足の業界や職種は、若手人材を欲しがっている

20代という最大の武器

同じ「ニート」でも、年齢によって就職の難易度は大きく変わります。

永田

30代を超えると必然的にニート期間も長くなり、同世代の昇格に伴い、年の近い中途採用者に対して抵抗を感じる企業が多くあるのです。

しかし20代であれば、ニートであっても

  • 今後の将来をしっかりと見つめ
  • やる気を出して取り組んでいる

なら、採用担当者の印象も変わってきます。

近年、若年層の人材確保に苦戦している企業は多いので、未経験の職種でも、ポテンシャル次第で就職できることも十分にあるのです。

人手不足の業界や職種は、若手人材を欲しがっている

2019年度の調査では、未充足求人がある事業所割合は全体で57%も存在しています。特に

  • 「医療、福祉」72%
  • 「サービス業」68%
  • 「運輸業、郵送業」66%

と、人手不足業界は深刻な状況にあります。

(参考元:厚生労働省 労働経済動向調査

永田

その結果、将来の明るい若手人材に対して、企業は採用意欲が高くなっているのです。

経歴に多少の心配があっても、面接時の人柄や今後活躍できる判断材料が見つかれば、採用に至るケースは実際に多くあります。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートが社会復帰するための第一歩

永田

ニート歴が長くなると、社会に出て適応できるのか心配になることがあると思います。

そんな時には、身近ですぐに実践できるところから、徐々に社会へ出る準備も進めていきましょう。例えば

  • 自分を責めることをやめる
  • 就活を諦めないように常に前を向く
  • 少しでも人と接する機会を作る。

どれも些細なことですが、確実に一歩ずつ社会復帰に近づくことが出来ます。

朝起きて夜眠ること

仕事も学校もないニートの生活に慣れると、昼夜逆転の生活になる人が多くいます。

早起きする理由がないので、夜ふかしをして生活リズムが崩れてしまうのです。朝起きることに慣れていないと、

いざ就活を始めても面接に寝坊してしまう

なんてことになったら大変です。

朝起きて太陽の日を浴びると、心も明るくなりますし、健康的になり表情にも現れてくれば、面接時の第一印象も良くなります。

永田

まずは規則正しい生活を意識することから始めましょう。

自分を今以上に責めない

ニートであることに焦りを感じつつも、なかなか動き出せない自分に苛立ち、責める人はたくさんいます。

しかし就活を成功させるために、これ以上、自身を責めるのはやめましょう。

それは自身を責めることによって焦りが増し、自信をなくすことで表情やオーラに現れてしまうからです。

採用担当者から見れば、元気ハツラツとまではいかなくても、せめてやる気や活力を感じられる人と働きたいと思うものなのです。

永田

ですので自身を責めず、褒めてあげることにしましょう。

些細なことでも褒める習慣をつける

自分を褒めるという行為は、自信に直結します。

自分に褒めるところなんてない

そう感じるかもしれませんが、本当に些細なことでもよいのです。

例えば今この瞬間、この記事に目を通しているだけでも進歩ではありませんか?

焦りすら感じず、なにも動かない人にはない行動力があるのです。

  • 現状を打破したくて求人を探した
  • ニートが社会復帰するために必要なことを調べた

十分な褒めポイントです。

永田

小さな変化を認め、自分を褒めてあげる習慣をつけましょう。

少しずつでも人とのコミュニケーションに慣れる

ニートはコミュニケーションが苦手な人が多いとお話しましたが、就活する上で必要最低限の発言力は必要になります。

なにもプロフェッショナルのようなコミュニケーション能力を目指す必要はありません。

しかし面接や入社後のことを考えると、仕事をこなす上でも人との接点は避けることが出来ません。

ではどのように慣れるのか?それは

意識して外に出ること

です。

  • 買い物先の店員
  • 親しい人との会話
  • 就活支援の担当者

など、できるだけ人との接点を増やしみましょう。

永田

そして話す際には、相手の目を見ることを意識しておくと良いですね。

歩くときは目線を高く意識する

自分に自信のない人は、歩く時にうつむきがちな傾向があります。

永田

私も思春期に周囲との関係に悩み、自信をなくしていた時期、毎日うつむいて歩いていました。

しかしそうしていると、一層、自分の暗い世界に閉じこもっているように感じるものなのです。

歩くときは前を向いて、日常の視野を広げていきましょう。

そうすることで、姿勢とともに心も開けていく実感を得られます。

永田

面接の立ち居振る舞いは、良い印象付けをするのに役立ちますので、是非今から実践してみてください。

\就職に不安を抱えているなら/

職歴なしの高卒ニートにおすすめの就職先や仕事とは?

永田

職歴のない高卒ニートは、他の人と比べると就活に不利なのが事実です。

しかし人手不足や若手人材を希望している企業を選べば、採用をもらうことは不可能ではありません。

では人手不足業界とは、具体的にどのような仕事なのでしょうか。

永田

前述した未充足求人のデータをもとに、ご紹介します。

  • 医療や介護業界
  • サービス業
  • 運送業の中でも配送ドライバー
  • IT業界

医療や介護業界

永田

主に介護業界は人手不足が顕著に現れています。

介護の仕事内容は多岐にわたり、

  • 施設入所者に対して身体介助をしたり
  • 食事や入浴
  • レクリエーションでの会話相手

などが主になります。

日本では今後超高齢化社会に突入しますので、人手が圧倒的に足りていません。

ですので一度業界に飛び込めば、将来就職に困ることはなくなると言えます。

身体介助を行うためには介護職員初任者研修の資格が必要になりますが、最短1ヶ月から取得可能に加え、入社後に取得できるサポートを行っている企業も多くあります。

なにか人の役に立つ仕事がしたい

と考えている人に向いています。

サービス業

サービス業に必要な資格は特にありません。

  • 学歴不問
  • 未経験歓迎

の求人も多く、高卒ニートの人が社会復帰するのにハードルが低いと言えるでしょう。

サービス業にも様々ありますが、

  • 宿泊施設
  • レジャー施設
  • ブライダル施設

などでの接客やサービス提供を行う仕事がメインになります。

ただし、人と接することに抵抗がない人はやりがいを感じられ良いですが、人とのコミュニケーションにストレスを感じる人には難しい仕事です。

運送業の中でも配送ドライバー

運送も人手不足に悩む業界の一つです。

自動車免許を持ち、過去に違反が頻発していなければ、業界未経験でも採用を狙うことが出来ます。

取扱商品や距離が様々ですが、一般的には

  • 倉庫からの荷物の積み込み
  • 指定先への配送業務

になります。

配送時には人と接点のある仕事ですが、移動中は基本的に一人行動ですので、自信のペースで仕事を進めることが出来、コミュニケーションに苦手意識がある人でも挑戦できます。

永田

さらに給与が高めに設定されていることも多く、魅力のひとつになります。

IT業界も未経験ではじめられる

人と接するのは苦手だけど、黙々とPCを触ることが好きで得意。

そんなあなたはIT業界にチャレンジしてみませんか?

IT業界って専門知識を持っている人ができる仕事でしょ?

と思うかもしれません。

しかし実は近年、IT業界は需要の高まりから、人手不足が今後も心配されている業界なのです。

一口にIT業界と言ってもエンジニアやプログラマーなどがあり、種類も分かれています。

その中でもインフラ系エンジニアは未経験者でも始めやすく、仕事に慣れながらスキルを身につけられる点がポイントです。

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートは資格を取得してから就活するべきか?

職歴もない高卒ニートは、なにかアピールできる資格があった方がいいんじゃないの?

と考える事があるかもしれません。

しかし私は就活時期をずらしてまで、資格取得に注力することをおすすめしません。

なぜならあなたが今一番にするべきことは、

資格取得ではなく就活

だからです。その理由をお話しいたします。

  • 若ければ若い方が就活に有利
  • 資格取得が採用に有利になるとは限らない
  • 資格取得が悪印象になる危険も

若ければ若い方が就活に有利

「職歴なしの高卒ニート」というハンデを背負っている中で、

「資格取得」は自信のアピールポイントになるのでは?

と感じるかもしれません。

実際に専門性のある仕事に就きたいと考えた場合には、明確な目標と期限を設けて挑戦するのは良い場合もあります。

しかし「なんとなく何か資格を」と考えているのであれば、今は辞めておくべきです。

前述したとおり、就活において今のあなたの魅力は20代という若手であることです。

年を1つずつ重ねるほどに、就職のハードルは上がっていきます。

ですので一番重視するべきは

就活を少しでも早く始めること

永田

資格取得は、就職後に考えても遅くはありません。

資格取得が採用に有利になるとは限らない

2018年の調査において、企業側が求職者に対して重視するポイントは

  • 「人柄」が92.1%と最も高く
  • それに比べ「取得資格」は8.3%

という結果になっています。

(参考元:リクナビキャリア 就職白書2018

つまり、資格取得が必ずしも就職に有利に働くわけではないのです。

永田

「資格取得」は+αだと割り切り、就活自体に力を注ぐことをおすすめします。

資格取得が悪印象になる危険も

「資格=好印象を得られる」と思うかもしれませんが、実際は少し違います。

なぜなら無関係な資格取得をすることで、逆に採用担当者から悪印象を持たれてしまう場合もあるからです。

極端に言えば「とりあえずなにか資格を」と考え、「介護初任者研修」の資格を取得し、販売の仕事に応募しても意味がないのです。

企業側からすれば、

面接官

本当は介護の仕事がしたいんじゃないの?

販売の仕事へのやる気に疑問を抱きます。

資格は役に立たなければ意味がないのです。ニートで未経験の人を採用するには、その人の

  • やる気
  • ポテンシャル

が重要になります。

永田

採用担当者に余計な心配をかけないよう、資格取得にもデメリットがあることを知っておきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

職歴なしの高卒ニートが確実に正社員になるためには!

現状を抜け出すために、事前準備は必須になります。

永田

せっかく就活をはじめても、コツが掴めず挫折してしまっては、努力がもったいないですよね。

確実に正社員になるために、自己分析や企業研究、就活支援の活用をしましょう。

  • 自身の魅力を発掘する
  • 就活の方向性を決める
  • 企業研究は怠らない
  • 転職エージェントの利用は必須

自身の魅力を発掘する

ニートであることで自信をなくしてしまう人が多いとは先程触れましたが、就活を突破するためには、採用側にあなたの魅力をアピールしなくてはいけません。

永田

そんな場面で困らないように、自身の魅力を把握する発掘作業をしておきましょう。

つまり自己分析です。

経歴がなければ、

  • あなたの性格
  • 興味のあるもの
  • 得意なもの

などを書き出します。例えば

  • 人と話すことは得意ではないが、こつこつ行う作業は得意
  • 昔から工作が好きで、ものづくりに興味がある
  • 感受性が豊かで、落ち込むこともあるが、好きなことをすればストレス発散ができる

あなたが魅力だと気づいていないだけで、些細なことでもアピールポイントになります。

就活の方向性を決める

ニートから就職を目指す際、まずは自身の就活の方向性を決めておく方が、スムーズに進めることが出来ます。

  • 自分はどんな仕事がしたいのか?
  • 土日休みやシフト制などの勤務形態の希望はあるのか?
  • 仕事を長続きさせるために、避けておきたいことはあるのか?
永田

全てを細かく設定する必要はありませんが、ある程度自身の希望を決めておくと、一貫性が出て就活がブレるリスクがなくなります。

理想が高すぎるのはNG

ニートから正社員になるには、他の人よりも苦労を承知で挑みます。

ですので前述した方向性、希望を上げる際には、自身の理想が高すぎないか確認しましょう。

  • 月収は30万円以上欲しい
  • 土日祝日が完全休みで、残業もしたくない
  • 中小企業よりも大手や上場企業

そんな求人は誰にでも魅力的にうつります。

まずは世間の平均を把握し、ある程度妥協することも理解しましょう。

企業研究は怠らない

採用側から見れば、求職者がどうして会社に応募するに至ったのか、その志望動機が気になります。

会社のことをある程度理解していないと、将来自分は

  • この会社でなにがしたいのか
  • どのように貢献したいと考えているのか

などが明確になりません。

なんとなく条件がよかったから応募した

では、

面接官

この人と一緒に働きたい!

とは思わないのです。

応募先が決まったら、企業のHPを最低限確認し、

自分だったら〇〇の点で役に立てる!

という考えを持っておきましょう。

その上で面接時に胸を張って、

御社の〇〇な点に惹かれ、〇〇で自身の経験や考えを活かせると考えました

と答えられれば、企業からの好印象を得ることが可能になるのです。

高卒ニートは転職エージェントを利用すべき!

職歴もなく、高卒ニートであるなら、就活はプロの手を借りることが就職への近道です。

転職エージェントは、人材を採用したい企業から依頼を受けて人材を紹介しています。

ですのでどの企業も採用意欲が高く、転職エージェントによってはニートに理解のある企業との取引が多くあるのです。

ニートである悩みを相談し、ヒアリングを通して、あなたに合った求人や企業を紹介してもらうことが出来ます。

加えて

  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • どのような点に気をつければよいか

のアドバイスを受けることも可能なのです。

専任のキャリアアドバイザーは採用担当者との距離も近く、応募の際には経歴だけではなく、あなたの人側や魅力をダイレクトに伝えてくれ、採用率は飛躍的に高まります。

永田

就活に不安を感じるのは当たり前です。是非ニートに特化した転職エージェントへ登録し、面談を利用しましょう。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

高卒ニートを抜け出せるかはあなたの行動次第です

今あなたが就職を諦めてしまえば、将来は今より悲惨な状況になります。

親はいつまでも元気ではありませんし、自身の生活ができなくなったとき、更に自分を追い込んでしまうのも辛いことです。

しかし今のあなたなら、一歩踏み出せば就職を叶えることは可能なのです。

現状をなんとかしたい

と考えている時点で、あなたは十分進み始めています。

あとはあなたの行動次第で、未来を大きく変えることが出来ます。

是非このチャンスを逃さずに、正社員という安定を手に入れてください。

永田

必ず出来ます、応援しています!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ