ニートの就活

ニートでも入りやすいおすすめの就職先は?職種や業界別にご紹介!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「ニートやめて就職したいんだけど何の業界がいいんだろう」

「ニートにオススメな就職先や職種ってあるのかな」

ニートをやめて就職をしようと思っていても、どの職業に就いたらいいかわからないと思う方が多いと思います。 

私は1年程前ニートから半年間の就職活動を経て、ホワイト企業に入社した経緯があります。

ニートの状態で半年間就職活動をおこなった経験から、ブラック企業・ホワイト企業の見極め方やニートが就職しやすい業界・職種を熟知しています。

この記事では、 ニートにおすすめな就職先や業界、職種について話していきます。

ニートが自分にあった就職先を見つけるポイントは?

ニートが自分に合った就職先を見つけるポイントはとても簡単です。

これから紹介する3つのポイントを押さえれば、自分に合った就職先を見つけることができます。

すぐに試すことができるので、この記事を読み終わった後に試してみてください。

それでは3つのポイントを見ていきましょう。

自分が苦手なことを書き出す

まずはノートに自分が苦手なことを書き出してみてください。

自分は何が苦手なのか、不得意なのかを書き出すことによって、自分に合わない業界・職種が見えてきます。

合わない就職先を消していくことによって、必然的に自分に合った業界・職種が残っていきます。

苦手なことや不得意なことを仕事にすると、仕事が楽しく感じなくなってしまいます。

仕事は楽しいと思えることに越したことがありません。

楽しく仕事をするために消去法を使って、自分に合った業界・職種を見つけましょう。

好きなこと・夢中になれることが何か考える

好きなこと・夢中になれることはありますか?

もしあるのであれば、好きなこと・夢中になれることを中心に就職先を考えてみましょう。

例えば、ゲームが好きなのであればゲームを作るエンジニアを目指したり、 絵を描くことが好きなのであれば、イラストレーターやデザイナーを目指すと言った感じです。

たとえ好きなこと・夢中になれることがなかったとしても、いま興味のあることや興味のある分野を中心に就職先を探すと自分に合った業界・職種が見えてきます。

楽しく仕事をするために、好きなこと・夢中になれること、また興味のあることを軸に業界・職種選びをすることをおすすめします。

無料で使える職業適性チェックをネットで受けてみる

 無料で使える職業適性チェックをネットで受けてみるのも1つの手です。

 最近では、多くの転職サイトで無料の職業適性チェックを受けられるようになっています。

マルバツ形式のものから、質問を5段階から選ぶ選択形式のものまで様々な職業適性チェックがあります。

職業適性チェックをおこなうことで、自分の強みや苦手な分野を知ることができるので、自分に合った業界・職種を探す手がかりになります。

また自分が気づかなかった意外な強みを知ることもできるので、新しい発見から興味の持てる業界・ 職種の幅が広がるかもしれません。

10分ぐらいでできるものが多いので、時間がある時に試してみてくださいね。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートにおすすめの就職先!<業界編> 

ここからは、ニートにオススメな就職先を業界を厳選して簡単にご紹介していきます。

IT業界

IT業界にはエンジニア職や Webマーケティング職、Webデザイナーなど デザイナーなど様々 デザイナーなど様々な職種があります。

一見専門的な知識が必要そうで難しそうなイメージがありますが、未経験者を一から育ててくれる企業が多く、知識がなくても大丈夫です。

給料も技術を身につけていくごとに自動的に上がっていきますし、将来的にはフリーランスを目指せる職業でもあります。

またIT 業界は現在人材不足であり、今後も人材不足が加速していくと見られているため、ニートからでも就職しやすい業界の一つです。

介護・福祉業

介護福祉業は人から感謝されるやりがいのある仕事であり、少子高齢化に伴い現在注目されている職業の一つです。

介護職員として現場で経験を積み、介護福祉士などの資格を取ることによって、キャリアアップを実現することができます。

また手に職をつけられるので、将来仕事に困ることがなくなるでしょう。

未経験 ・無資格からでも就職でき、介護・福祉業は職歴を気にしない企業が多いのでニートからの就職におすすめです。

製造業

製造業は職場環境にもよりますが、生産工程がマニュアル化されているものが多いので、慣れてしまえば仕事のしやすい環境です。

また未経験・無資格だとしても即戦力として迎えてくれる業界・職種であり、キャリアアップを狙いやすいです。

寮や社宅などに無料もしくは安い賃料で住めたり、社員食堂を完備しているなど待遇が良い企業もあります。

製造業は人と喋ることが苦手であったり、同じことを繰り返しするのが好きなニートの方におすすめですよ。

接客業

接客業は人の話をじっくり聞ける人が向いています。

接客業は、しゃべって商品を購入させる能力がないとできないと思っていませんでしょうか。

実はしゃべることよりも、お客様の話を聞くことが大事なんです。

お客様の悩みを聞いた上で、「この商品ならお悩みを解決できますよ」と提案して購入してもらう流れになります。

しゃべるのが苦手だったとしても、お客様に寄り添える人が活躍できる業界です。

接客業をしていると、マナーやコミュニケーション力がOK身についてくるので、コミュニケーション力を磨いてみたいと思っているニートに向いている職業です。

不動産業

不動産業は、高い年収を望む方におすすめします。

不動産は、人間に必要な衣食住の住の仕事になるため、将来的になくなることがない仕事の一つです。

賃貸物件を取り扱う会社から戸建てを販売する企業、マンションやアパートを管理する企業などさまざまな種類があります。

賃貸物件の取引・戸建て販売は歩合制の給料の会社が多く、管理は固定給の会社が多いです。

歩合制の場合は、売れば売るほど給料が上がり、固定給は安定しているので、自分に合った働き方で会社を選ぶことが重要になってきます。

また、宅地建物取引士という国家資格を持っていると、持っているだけで1万〜5万程度月給に加算される企業が多いです。

不動産屋が全国にコンビニより多く、人材が足りていない企業が多いのが現状です。

お金をガッツリ稼ぎたいと思っているニートの方に向いている職業です。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートにおすすめの就職先!<職種編>

先程までは、ニートにおすすめな業界を紹介してきました。

続いてニートにおすすめな職種を紹介していきます。

エンジニア職

現在エンジニアは近年のIT技術の発展により、仕事の需要と供給できるエンジニアの数があっておらず、働き手が足りていない状態になっています。

エンジニアの人数を増やすために、未経験者を一から育成する研修体制を設けいているIT企業が多いです。

就職するために専門的な知識が必要だと思われがちですが、知識は必要なく、エンジニアへの興味があるだけで大丈夫です。

着実に経験を積むことで、技術が身についてきてエンジニアとしての市場価値が高まっていきます。

エンジニアって将来性あるなと感じたニートの方は、エンジニアを目指すのをおすすめします。

営業職

営業職と聞いてノルマが辛そうとか、キツそうとか思ったのではないでしょうか。

実は営業職にもさまざまな種類があり、ノルマが全然ない営業職や定時上がりできる営業職もあります。

例えば、ルート営業という昔から取引をしている人や会社を回って、商品を注文してもらったり、納品しに行ったりする営業もあります。

ルート営業の場合だと、昔からの取引になるのでほぼ毎回決まった額の注文を受けて、納品する形になるので、ノルマなどがあまりなく精神的に楽な環境でのお仕事になります。

営業職は、自分が売上を作っているという実感が沸きやすい職業のため、とてもやりがいがあります。

営業職はニートからでも入りやす職種なので、ビジネスの基本を学ぶ上でいい環境ですよ。

警備員

警備員は、若手の人材不足が深刻化している職種です。

近年のセキュリティ対策の高まりにより需要が多い反面、派遣できる警備員の供給数が足りていません。 

警備員は主に、商業施設や工場、企業に出向いて仕事をします。

基本的には2人以上のチーム制で行動することが多いですが、場合によっては1人で現場に立つこともあります。

現場で経験を積みながら、専門的な資格を取得することで、キャリアアップをすることができます。

未経験からでも入りやすい職種であり、特に若手を必要としているため、年齢が若いニートからの就職にとてもおすすめです。

ドライバー

運転することが好きであったり、運転免許証を生かした仕事をしたいのであればドライバーを視野に入れみましょう。

ドライバーにも大型トラック、バスの運転手、タクシードライバーなどさまざまな種類があります。

基本的には一人で仕事をするため、人と関わるのが苦手な人でも働きやすい環境です。

免許に関しても取得支援制度がある企業が多く、企業側が出してくれるお金で大型免許

どを取ることができます。

また将来的には、内勤職へのキャリアステップを踏むこともできます。

人と関わるのが苦手で、一人で仕事をしたいと思っているニートにおすすめな職種です。

配達員

体力に自信がある人は、配達員も考えてみてください。

配達員は郵便局やクロネコヤマトなどの物流系、新聞配達などの種類があります。

近年、 Amazonやメルカリなどにより配達の需要が高まり、配達員の人材不足が加速しています。

配達員になるには、運転免許証があれば良く、他に専門的な資格や知識は必要ありません。

お客様とのコミュニケーションも必要最低限で済むため、人と話すのが苦手なニートの方でも大丈夫です。

最近では女性の方も活躍されている方が多いので、力持ちである必要もありません。

配達員の多くは、郵便局やクロネコヤマトなど大企業で働くことになるので、福利厚生もしっかりしています。

安定した企業で働きたいニートにおすすめな職種です。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが就職先を探す方法

就職先を探そうと思ったとき、どうやって企業を探せばいいか分からなくなって悩んでしまうニートが多いと思います。

就職先を探すことに悩まないためにも、ニートが就職先を探す手段をこれから解説していきます。

ハローワークに行く

一番最初に思いつくとしたらハローワークではないでしょうか。

ハローワークは各地域に必ず一つあり、 国が運営しているのでなくなることはありません。

ハローワークは地元で働きたい人や、中小企業で働きたい人に向いています。

また多くの求人を取り扱っており、中には地元の優良企業も含まれていることがあります。

ですがハローワークは企業側が無料で求人を出せるため、ブラック企業が多く存在し、求人情報に写真が載っていないため職場のイメージがしにくいといったデメリットがあります。

転職サイトに登録する

一番簡単に転職先を探す方法としては転職サイトに登録することです。

リクナビやマイナビは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

リクナビやマイナビは大きな転職サイトを運営しており、豊富な求人数を揃えています。

他にもエン転職やDODAなど多くの転職サイトがあります。

転職サイトは豊富な求人数に加え、職場のイメージがつきやすいように写真や社員の言葉を載せている求人が多いです。

しかし中にはブラック企業の求人が多く含まれ、見極めがしづらいという難点があります。

また応募数も多いため書類選考が通過しない確率が高いです。

プロのアドバイザーに相談する

ホワイト企業に就職したいのであれば転職エージェントに登録するのが良いでしょう。

転職エージェントはプロのアドバイザーがカウンセリングで求職者の強みを見つけ、また興味のある業界・職種を聞き出し、求職者に合った就職先を紹介してくれます。

先程まで紹介してきたハローワーク、転職サイトは求人量がとても多く色々な企業を選ぶ事ができるのが強みです。

ですが、求人の一覧を見ただけでは、自分に合った就職先かが分かりづらく悩んでしまいます。

ホワイト企業・自分に合った就職先を見つけるためにも、プロのアドバイザーに相談してプロのアドバイザーと一緒に就職活動を進めていくのをおすすめします。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

ニートがホワイト企業を見抜くためには?

ニートがホワイト企業を見抜くために確実に確認したほうがいい3つのポイントがあります。

これから紹介する3つのポイントしっかりを意識してホワイト企業を探していきましょう。

休日の日数

まず最初に休日の日数は必ずチェックしましょう。

(参考:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査の概要」)

令和2年の調査結果から労働者一人当たりの年間休日数の平均は116日です。

このことから、年間休日が120日以上ある求人は休みが多く、ホワイト企業である可能性が高いです。

また気をつけてほしい項目があります。

「週休2日制」「完全週休2日制」どちらなのかです。

「週休2日制」は1か月の間に2日の休みの週が少なくとも一度あり、それ以外の週は1日以上休みがあることとされています。

そのため月に5日しか休めない可能性が高いです。

対して「完全週休2日制 」の場合は、年間を通じて毎週2日間休みがあるということになります。

似た表現ですが、見落としてしまうと痛い目にあうので気をつけましょう。

休日数でホワイト企業を見抜くには最低120日以上を目安に考えると良いですよ。

福利厚生をチェックする

福利厚生は、ニートがホワイト企業を探す上でホワイト企業を見極めやすいポイントの一つです。

ホワイト企業は福利厚生が基本的に充実しています。 

企業によって福利厚生は様々ですが、 通勤手当が全額、家賃補助が3万円以上出る会社はホワイト企業である確率が高いです。

また安い金額で食事が取れる社員食堂を完備していたり、宿泊施設と提携し社員や社員の家族が安く宿泊できるなど家計にやさしい福利厚生などもあります。

少し変わった福利厚生だと、誕生日・恋人と過ごすために休みが取れるアニバーサリー休暇など独自の休暇制度がある企業もありますよ。

基本給が他の企業と比べて低く感じても、福利厚生を入れて計算するとトータルの面で他の企業を上回ることがあります。

福利厚生をチェックしてホワイト企業を探してみましょう。

離職率・勤続年数をチェックをする

興味のある企業の離職率・勤続年数をチェックするのも重要です。

他の企業に比べてホワイト企業は離職率が低い傾向にあります。

離職率の低さは、社員が働きやすい職場であり、社員が待遇面や仕事内容に満足している表れでもあります。

離職率は0に近い回程よく、平均勤続年数は長ければ長いほどいいです。

興味にある企業の3年、5年以内の離職率は何パーセントなのか、また平均勤続年数は何年なのかをしっかり見てみてください。

少し大きな企業であれば、就職四季報という本を活用して離職率を見るのをおすすめします。

就職四季報は企業が多く載っている、通販カタログのような本です。

正確な情報を知りたい場合には、裏付けがある信頼できるデータを提供している就職四季報を活用してみてください。

中小企業は詳しい情報を確認しづらいですが、 常に求人を募集している会社は社員の定着率が悪いと判断できるので見送りましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートが就活に成功するコツ

最後にニートが就活で成功するためのコツを3つ紹介していきたいと思います。

これから紹介する3つのコツをすぐに実践することによって、ニートが就活に成功する確率がグッと上がります。

しっかりとチェックしてすぐに行動に移してみましょう。

研修付き支援サポートに登録する

ニートが就活に成功するための一番いい方法は研修付き支援サポートの転職エージェントを活用することです。

研修付き支援サポートのエージェントを利用することで、 就職活動がスムーズに始められ最短で自分に合う企業に出会うことができます。

研修付き支援サポートの転職エージェントでは、就職するための履歴書の書き方や面接の仕方などの講義と、入社後に即戦力として働けるように社会人基礎力を高めるためのスキルを身につける研修がセットになっています。

求職者が興味のある業界・職種を中心に求職者にあった就職先を紹介し、内定までのサポートしっかりしてくれます。

ほとんどの転職エージェントがニートのためにわざわざ研修を行っていません。

研修付き支援サポートの転職エージェントでは、ニートが正社員として働いていく基礎力をつけ、就職後に安定して仕事が続けれるように就職先を提供しているので、ニートが就活に成功する最短の手段になります。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

早めに就活を初める

出来るだけ早めに就職活動をしましょう。

年齢が上がっていくにつれ、ニートから就職できる確率は下がっていってしまいます。

30代を超えてくると未経験から就職するのが難しくなり、自分の興味がある業界・職種を選べなくなってしまいます。

常に人手不足の企業であれば30代を超えても就職できる可能性がありますが、常に人手不足なのでブラック企業である可能性が高いです。 

ホワイト企業に入社して就活を成功させるためにも、年齢が若いうちにできるだけ早く就職活動を始めた方がいいですよ。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

興味のある業界・職種を調べる

興味のある業界・職種の知識を持っていると、ニートでも就活に成功しやすくなります。

特に専門的な知識は必要ありません。

ニートに必要なのは、 自分の興味ある業界・職種に対してある程度の知識を持っておくことです。 

ある程度の知識を持っていると、履歴書の志望動機をしっかりと書くことができ、面接での受け答えがスムーズにできるようになります。

面接での受け答えがスムーズに出来るようになると、 面接官からの印象が良くなり内定をもらいやすくなります。

就活で成功するためにも、自分の興味のある業界・職種の知識をある程度持った上で書類選考・面接に臨みましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートでも就職先はいっぱいある!いち早く行動して就活を成功させよう!

ニートにおすすめな業界・職種、就職活動を成功させる方法について話してきました。

ニートの方はニートが就職できる業界や職種が分からないとか、何から始めたらいいか悩んでいる方が多いと思います。

ですがニートの未経験であっても就職できる業界・職種は結構多くあるのが現状です。

将来を考えたとき、生活を楽にするためにも仕事をしておいた方がいいと思いませんか。

今から就職活動を行うことによって未来が変わってきます。

就職活動に悩んでるニートの方は転職エージェントを活用してみましょう。 

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ