職歴なし

24歳職歴なしで就職できる?高卒、大卒に違いはあるの?

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

24歳で職歴なしで大卒なんだけど、就職できるのかな

職歴なしでしかも高卒…就職は無理だよね…

気が付けば24歳で職歴なしとなり両親や友人などにも後ろめたい気持ちになってしまっていませんか。

将来が不安なのは百も承知だけれど、なかなか現状を打破できないという方も多いでしょう。

しかし実は24歳で就職することは全然難しいことではないんです。

吉田

私も24歳という身でフリーターでしたが、そこから一念発起し、正社員就職に成功することができました。

しかし、24歳の今が就職のラストチャンスだということをご存知でしょうか。

というのも20代後半以降になると就職は厳しさを増していきます。

そこでこの記事では将来の苦労を減らすためにも

  • 職歴なしの24歳はまだ就職の可能性は十分残されているということ
  • 高卒や大卒などの学歴はこれからの就活に影響はあるのか
  • どうすればこれから正社員になれるのか

などを解説していきます。

\24歳から正社員になることは可能/

24歳という年齢は一見、当事者からするともう就職は無理と思ってしまいますが世間から見るとまだまだ若い年齢です。

一昔前は新卒時に就職できないかった場合、まともなところには就職できないという風潮があったのですが、最近は転職活動の活発化や少子高齢化の影響で24歳からでも高卒、大卒関係なく十分優良企業に就職できるチャンスは残されています。

しかし、一人で自分に本当に合った職場や優良企業を見つけるのはかなり至難の業です。社会経験がないうちはその経験不足ゆえに間違った選択をしてしまう可能性も高いです。

そうならないようにも就職を試みる際には「転職エージェント(就職支援サービス)」を頼ってみるのも1つの手です。転職エージェントとは

  • 求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 面接・履歴書対策

などさまざまなことをサポートしてくれるサービスになります。

その中でも『ジェイック』という会社は

  • 既卒
  • 第二新卒
  • フリーター
  • ニート

など正社員経験がない人や正社員になって間もない社会人経験の浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

ここでは就職のサポートをしてくれるだけでなく、紹介する企業全てに足を運んで内部の環境や労働環境などをチェックした上で、あなたに最適な求人を紹介してくれます。

そのため、24歳からという年齢でも優良企業に就職する可能性がかなり高くなります。実際に私も「ジェイック」を利用して、就職に成功しています

20代の後半にもなると、選択肢が狭まり就職することが困難になってくるため24歳という年齢はラストチャンスともいえます。

なので、最後のチャンスを掴むためにもまずは相談からでも始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

24歳ならば職歴なしからでも全然就職できる!

企業は若い人材を求めているため24歳であれば職歴なしであっても採用したいのが本心です。

また

  • 「ニートOK」
  • 「未経験者歓迎」

といった求人は多く、就職支援サービスを活用すればそういった求人に出会うこともできます。

職歴なしでも就職できる環境は整っていますし、そこに若さがくわわることで就職成功はより近づきます。

吉田

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

  • 若い人材を企業は求めている
  • ニートOKや未経験者歓迎の求人もある
  • 職歴なしのための就職支援サービスがある

若い人材を企業は求めている

24歳という年齢だけを見れば企業はそういった若い人材を欲しがっています。

なぜなら早いうちから育成することで力を身に付けてもらい、将来も末永く企業に貢献してほしいからです。

それに人材は若いほうが戦力になりやすいため企業は奪い合っています。

20代は身体能力が人生の中で一番高いとも考えられパフォーマンスを期待されます。

これが30代や40代に近づくにつれて企業は見向きをしなくなってきます。

吉田

24歳という若さの武器があれば就職は全然可能です。

ニートOKや未経験者歓迎の求人もある

職歴なしというのをネガティブに考えている人も多いかもしれません。

それはそれで事実なので変えようがなくしかたないのです。

そして考えても無駄なので気にするのをやめましょう。

現代の求人では

  • 「ニートOK」
  • 「未経験者歓迎」

で人を集めて研修などで育てていく場合が多いです。

それに企業はそういったことよりも採用する人が「これからどうしたいのか」を考えています。

  • 「スキルを身に付けキャリアアップしたい」
  • 「社会や企業に貢献しながら自分の生活も豊かなものにしたい」
吉田

こういった意欲を感じるような考え方を持っていれば企業は採用したくなるでしょう。

職歴なしのための就職支援サービスがある

インターネットの企業情報で採用情報を見ても新卒採用やキャリア採用などの情報がほとんどです。

そのため「職歴なし」の場合は採用されないと考えている方も多いかもしれません。

実は就職支援サービスを利用すると職歴なしでも応募ができる求人があることがわかります。

企業は採用を円滑に行うため新卒ではない20代を中心に就職支援サービスで人材を集めています。

また最近はこういったサービスが増えているためサービスやサポートも充実していて採用される方も増えています。

\就職成功率80%以上/

24歳は就職できるラストチャンスでもある

20代後半の就活はキャリアがある即戦力の人材が選ばれやすいということも厳しい要因の一つです。

また20代後半で職歴なしとなるとより就活で厳しくなってしまいます。

なので24歳は就職できるラストチャンスだとしっかり認識しておきましょう。

吉田

その理由を解説していきます。

  • 20代後半は即戦力が選ばれやすい
  • 面接で厳しい質問をされる可能性もある

20代後半は即戦力が選ばれやすい

20代後半の場合はともに就活をするライバルの中にキャリアを積んだ人も多いでしょう。

そうなりますと企業は即戦力を求めたいと考えます。

経験をすぐに活かすことができる人材をいち早く現場に投入したいですからね。

またマネジメントをしていたという人材であればすぐにでも管理職に育てたいという企業も多いでしょう。

やはり仕事場で実践経験を積んでいた人材は重宝されます。

そこから考えると20代後半で職歴なしという場合は就活面でかなり不利になってしまいます。

面接で厳しい質問をされる可能性も

20代後半まで職歴なしとなっていますね、もしよかったら事情を聞かせてくれませんか。

このような質問は必ずされると思っておきましょう。

もちろん20代前半でも同じような質問はされますが24歳であれば「まだ若いからなあ」と考えてもらえることも多いでしょう。

しかし年齢を重ねるごとに空白期間は長くなります。

そうなれば採用担当者はより厳しい視点で見てくるでしょう。

このようなことにならないように20代前半の若いうちに就活をいち早く始めることが大事です。

職歴なしでも高卒、大卒などに違いはあるのか?

高卒と大卒では最終学歴の年齢が基本的に違うため空白期間の長さに違いがあります。

また300人以上の企業規模の場合は大卒を採用する率が高いことがわかっています。

吉田

こういった違いをしっかりと認識し就活のスタンスを決めることが重要です。

空白期間の違い

高校卒業をしてから24歳まで職歴なしの場合は6年間程度の空白期間となります。

一方で大学を卒業してから24歳まで職歴なしの場合は2年間程度の空白期間となることが一般的です。

同じ職歴なしでも高卒と大卒では空白期間に大きな違いが出てくることがわかります。

そうなりますと採用担当者が大卒の24歳を雇いたいと思ってもしかたありません。

これがさらに20代後半になっていくと高卒で職歴なしの場合は厳しい戦いをしいられることになるでしょう。

300人以上の企業では大卒の割合が多い

企業規模によって大卒を採用する割合に大きな違いがあります。

下記をご覧ください。

企業規模別・学歴別・新規採用有り企業の割合(2004年度)
大卒 約90%
高卒 約60%

出典:新規学卒採用の現状と将来―高卒採用は回復するか―(第Ⅰ部:総論)

300人以上の企業規模の場合には大卒と高卒の採用面でおよそ30%もの違いがあることがあります。

300人以上の企業規模の場合は優良企業の可能性が高い場合が多いです。

なので大卒と高卒では優良企業に入社できる可能性が違ってくることがわかります。

とはいえ高卒の場合も60%は採用されます。

吉田

就活をどのように行うかで優良企業に入社できる可能性も出てきます。

\就職成功率80%以上/

24歳職歴なしでもこれからの行動次第で挽回できる

20代前半であればまだまだ若いと考えることが一般的です。

採用したい企業はたくさんあります。

同期に差をつけられて挽回はできない…

そんなことはありません。

吉田

24歳からキャリアを積むことで将来は希望に満ち溢れたものになります。

  • まだまだキャリアを積める年齢
  • 退職金や年金が増えていく
  • スキルアップすることで独立も

まだまだキャリアを積める年齢

24歳から正社員になって地道にコツコツやっていくことでキャリアを積むことができます。

たとえば30歳まで正社員をして転職をするとなったときに面接では

面接官

この人は6年間正社員をやっているからキャリアがある

と採用されやすくなります。

何かあったときにもキャリアが助けになる場合が多いです。

また若いうちからキャリアを積むことで出世なども視野に入ります。

自然と仕事が身についていくことで若い人材を育てる側にまわったり職場を管理することを任される場合もあるります。

退職金や年金が増えていく

老後のことについて若いうちはあまり気にしない人が多いのですが30代や40代になると心配になってきます。

職歴なしで暮らしていると年金は国民年金なので老後にもらえる年金が少ないのです。

しかし正社員であれば厚生年金に加入しているので年金が多くもらえます。

さらに厚生年金は半額は企業が負担して支払ってくれます。

また退職金は老後だけでなく会社を辞めてしまうことになったときの助けにもなります。

たとえば40代で会社を辞めることになっても退職金があれば焦らずに次の就職先を探すこともできます。

吉田

退職金制度はすべての企業にあるわけではありませんので確認しておきましょう。

スキルアップすることで独立も

正社員で働き続けることはその仕事のプロとして働くということです。

10年20年と続けて行くことでプロとしての腕を磨き独立することも視野に入れることができます。

独立ができれば時間を自由に使えますし収入もアップする可能性があります。

そして順調に進めば社長となり企業規模も拡大し、大きな成功をつかむことができるかもしれません。

世の中は実力主義であるため仕事は出来る人にまわってきます。

吉田

今は24歳で職歴なしであったとしても将来「この人は仕事ができるから任せたい」となれば経歴など関係なくなります。

\就職成功率80%以上/

24歳の職歴なしがホワイト企業に就職するためには?

まずは求人に出ている企業の情報をよく調べることが大事になります。

またホワイト企業の条件としては待遇や福利厚生が一定の充実をしていることです。

吉田

そういった企業を見つけるためにも「転職エージェント(就職支援サービス)」の非公開求人を見ることがホワイト企業に就職するコツになります。

  • 求人に出ている企業の実態を知る
  • 待遇や福利厚生が充実しているか
  • 転職エージェントを活用する

求人に出ている企業の実態を知る

採用情報や企業のホームページを見ることである程度の企業の情報を手に入れることができます。

会社概要や事業の内容などを知っておくことで志望動機や面接の際に活用することもできます。

ただそういった表面的なことは誰でも知ることができますが実態を知ることはなかなか難しいと思います。

口コミなどもありますが個人の主観が強いためあてにならないことも多いです。

なので転職エージェントを活用することで企業の実態をつかみましょう。

転職エージェントの求人は基本的にホワイト企業ですし、それを確認するために訪問や調査を行っているので実態をよく知っています。

吉田

職場の雰囲気や残業時間など面接の前に聞いておきましょう。

待遇や福利厚生が充実しているか

ホワイト企業の条件の一つとして待遇や福利厚生といった点が重視されます。

若いうちは基本給などは低いことは一般的です。

しかし

  • 昇給制度の有無
  • 賞与は何か月分なのか
  • 福利厚生は充実しているのか

というのは知っておきたいところです。

そういった点が優れている企業であればやりがいも大きくなりモチベーションもあがるというものです。

ただあまりにこういったことばかりに固執しすぎると企業を選べなくなってしまうこともあります。

企業を選ぶ条件は「多少希望とは違う部分があるけどいい企業だな」というような考え方でバランスよく見ることが大事です。

転職エージェントを活用する

ホワイト企業の宝庫である転職エージェントを活用することでホワイト企業に出会える可能性が高くなることは間違いありません。

転職エージェントは他にない非公開求人を持っており登録した人にだけ紹介をします。

その非公開求人は企業を訪問して実態を調査しているためハローワークなどにある求人とは大きな違いがあります。

そしてそのホワイト企業に人材を送り出している実績が強みです。

これまで培ってきたデータをこれから就活をする人材に活用するため就職成功の確率はグンと高くなります。

また

  • 就活をの悩み相談
  • 模擬面接
  • 履歴書作成のサポート

などをして不安を解消するように努めてくれます。

弱点をカバーしてくれる

就活をどうやったらいいかわからない…ただでさえ職歴なしなのに

不安な気持ちでいっぱいなのは当然です。

今まで働いたことがないということは仕事や社会がどのようなものなのかまったく知らないので不安なのは当然です。

そういった人が一人で考えて企業へ面接へ行くのは非常に不安だと思います。

なので一人で悩まずに転職エージェントに登録することで弱点をカバーしましょう。

転職エージェントは登録するだけで「やるべきこと」を教えてくれます。

24歳職歴なしでホワイト企業就職を目指そう

職歴なしで24歳になったことで悲観していた人はそれが間違いだったということを理解できたと思います。

もちろんスタートは大変だとは思いますが職歴なしでこのまま年齢を重ねて行くよりは全然楽なことです。

そういう意味でもラストチャンスとなるため、空白期間がさらに広がる前に行動を起こしましょう。

さまざまな不安は転職エージェントに相談するとよいでしょう。

今の自分の立場や経歴をよく考えて条件を選びすぎないということも大事になってきます。

吉田

正社員としてコツコツとキャリアを積んでいくことを目標に地道に進んでいきましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる