20代

24歳が人生やり直したいと思ったら!【人生終わったはまだ早い】

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

気が付けば24歳、周りと比べて自分はどうなのか?不安がいっぱいだ。

今からでも、人生やりなおしは可能なのかな?

今の環境に慣れて頭打ちの毎日に不安を感じませんか。

現在はコロナ禍の真っ只中で、いろいろな価値観が変化している状況。先の見通しもつかない中で、正しい選択をしないと人生終わった状態を迎えます。

逆に、人生やり直しのチャンスもあるのが24歳という年齢の特徴です。

吉田

私は24歳でフリーターでろくな人生を積んでいませんでしたが、そこから一念発起して優良企業の正社員へ転職。今は充実した日々を送っています。

そこで得た経験から

  • 24歳で人生終わったと思うのは早すぎる理由
  • 24歳は一体どういう年齢なのか
  • 24歳で人生をやり直すためにすべきこと

などをお伝えしていきます。

\24歳からの逆転は十分可能/

24歳という年齢は一見、当事者からするともう人生をやり直すには無理と思ってしまいますが世間から見るとまだまだ若い年齢です。

一昔前は20歳くらいでで人生は決まってしまうことも多かったのですが、最近は生き方や働き方も多種多様になってきており、24歳からでも再出発を切ることは珍しくなくなってきています。

ここから心機一転、自分の人生を逆転させるためにはやはり人生の大部分を担っている仕事を変えてみることです。

  • フリーターやニートなら正社員に
  • 今の職場に不満を持っている方なら違う職場に

転職を試みてみることです。しかし、一人で自分に本当に合った職場や優良企業を見つけるのはかなり至難の業です。社会経験がないうちはその経験不足ゆえに間違った選択をしてしまう可能性も高いです。

そうならないようにも転職や就職を試みる際には「転職エージェント」を頼ってみるのも1つの手です。転職エージェントとは

  • 求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 面接・履歴書対策

などさまざまなことをサポートしてくれるサービスになります。

その中でも『ジェイック』という会社は

  • 既卒
  • 第二新卒
  • フリーター
  • ニート

など正社員経験がない人や正社員になって間もない社会人経験の浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

ここでは就職・転職のサポートをしてくれるだけでなく、紹介する企業全てに足を運んで内部の環境や労働環境などをチェックした上で、あなたに最適な求人を紹介してくれます。

そのため、24歳からという年齢でもやり直す機会を最大限にもらうチャンスがあります。実際に私も「ジェイック」を利用して、再スタートをきることができています

20代の後半にもなると、選択肢が狭まりどんどん人生をやり直すことが難しくなってくるため24歳という年齢はラストチャンスともいえます。

なので、最後のチャンスを掴むためにもまずは相談からでも始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

24歳で人生終わったと思うのは早すぎる 

24歳という年齢は大学を卒業して2年目を迎えています。高卒ならば社会に出て7年目の年齢です。

画一的に扱われていた学生時代と違い、

  • 就職できてバリバリ働いている人
  • 今の職場に不満を感じ始める人
  • 内定が取れずにフリーターになった人

など、立場や状況が分かれています。

その中で周りと比較する機会が増えて、「人生終わった」「人生やり直したい」と感じる人が出てくるのが、この時期の特徴です。

ただし、24歳なら今の状況から脱却して人生やり直しのきく年齢です。

なぜなら、20代前半は過去や現状のスキルよりも、人柄や将来性などのポテンシャルが評価されるからです。

吉田

いまの時点でのマイナスを取り戻すのは、難しいことではありません。

  • 捨てるものが少なく、環境の変化を起こしやすい
  • 同じ悩みを抱えている人は結構多い
  • 転職して環境を変えることで、人生やり直すチャンスがある

捨てるものが少なく、環境の変化を起こしやすい

令和の現在、人生100年と言われるようになり久しい世の中です。

24歳という年齢なら、人生76年という時間が残されていますし、就職という観点で考えても長い時間が残っています

24歳なら捨てるものは多くない年齢ですし、現状が上手くいかない場合に環境を変える事で対処しやすいのです。

若いからこそ可能な環境の変え方は以下の通りです。

  • 交友関係を見直してみる
  • 仕事を変えて環境を変える
  • 住む場所を変えて環境を変える
  • 新たな勉強をして視野を広げる
  • 人に相談してみる

どの様な立場であっても、これらの方法は気持ち次第で取り組み可能です。

正社員で就職していても、フリーターや無職であっても、24歳なら多くの可能性と時間が残されています。

吉田

24歳なら、捨てるものは少なく、自分の為に行動を起こしやすいのがメリットです。

同じ悩みを抱えている人は結構多い

24歳という年齢層の抱える悩みとして、

  • 「金銭・給料面」
  • 「貯金ができない(少ない)ことへの不安」

が、就労・非就労の方とともに5割を超えています。

そうした中で、就労者の3割の方は「入社後3年以内に離職」しています。

離職した原因は、

  • 職場の雰囲気
  • 仕事内容が合わない
  • 想定よりも仕事がきつかった

などが上位となっています。

参考:フリーターの意識・就労実態調査(2020年)

他にも、結婚できるのか?健康面や体力面、疎外感など周囲と比較してしまうのですが、それは自分だけに限った事ではありません。

また「人生終わった」と感じてしまうのは、失敗を重く受け止めすぎていることも原因。

失敗したことは変えられませんが、学びを次に生かす事ができれば「失敗は成功へのステップ」なのです。

転職して環境を変えることで、人生やり直すチャンスがある

いろいろな失敗や後悔、将来への不安という要因があり、「人生終わった」「人生やり直したい」と感じているなら、もっとも有効な方法はただ一つ。

それは転職して、今までの人間関係も含めた環境を変える事です。

24歳という年齢は「第二新卒枠・既卒」に当てはまりまり、フリーターやニートの立場で悩んでいる方にも転職で希望を見出すことができます。

既卒…学校を卒業して3年以内の若者
第二新卒…学校卒業後、就職して3年以内の若者

平成に入った頃から、採用後3年以内の離職率は30%前後でその数字が一向に改善されない事が問題視されていました。

そこで、厚生労働省は平成22年に卒業後3年以内の求職者を「既卒」として新卒と同じ扱いをするよう通達を出しています。

参考:厚生労働省通達 平成21年5月22日

これを受けて企業側も既卒の採用枠を広げている傾向にあり、今後も継続していく見通しが強いと予測されています。

下記の別表では、見通しベースですが「既卒を積極的に採用」の回答が62%となっています。

吉田

 この流れをうまく掴めば転職して「人生やり直し」が実現可能になります。

\人生の方向性に迷っているなら/

24歳は一体、どんな年齢なのか? 

24歳という年齢は今後に向けて順調にキャリアを積んでいる人とそうでない人に別れてくる時期です。

正社員として就職、社会に溶け込んで安定て過ごしている人がいる一方、レールから外れて不安定な状態から抜け出せずにいる人も。

結婚を意識する人も居ますし、疎外感を感じる人もいて多様な人生が見えてきます。

吉田

そんな24歳という年齢はどんな意味を持つのか解説していきます。

  • 仕事に慣れて、社会人として成長が見られる
  • 現実の壁に直面する
  • レールから外れていく不安を感じる

仕事に慣れて、社会人として成長が見られる

24歳は大卒で入社して2年目にあたります。

見様見真似で先輩に助けてもらうばかりの新入社員から脱皮して、責任のある仕事も任されてきます。

今までとは違い、自分で考えて仕事を進めることで一人前に近づいている段階なので充実した気持ちを持って過ごしている年代です。

学生時代ほど自由な時間はありませんが、収入は格段に増えていますし見識も広がっています。

できる事がどんどん増えて、社会人としての成長が実感できる時期でもあります。

非正規のフリーターなどで過ごしている場合は、このような経験が得られないので、正社員の友人たちと価値観の乖離が見え始める時期に。

吉田

24歳の期間をどの様な環境で過ごしているかで後の人生に影響する時期でもあります。

現実の壁に直面する

24歳という年齢は会社組織の中で後輩ができて「新人という位置づけをバトンタッチ」しています。

後輩の面倒をみつつ、先輩社員の仕事に追い付こうとする中で「やらなければならない」ことが1日を占めるように。

その中で上司や先輩の生き方が見えてきて、今の会社での将来を意識するようにもなります。

  • このままで良いのだろうか?
  • 年齢的にやり直すチャンスは最後だろうか?

という悩みを抱く方も少なくありません。

夢中で仕事を覚えて気が付けば20代半ばに差し掛かり始めています。

また、人によっては学生時代にはなかった「うわべの付き合い」に疲れ始めている方もいます。

社会の時間の流れが早く、ついていく事で精一杯になり「人生の方向性が分からない」という悩みを持つ方も多く存在します。

レールから外れていく不安を感じる

24歳は正社員の方なら、仕事に慣れて「このままで良いのか?」真剣に考え始める時期です。

自分が今の会社で30代、40代と過ごしたとしてどの様な人生を歩むのか?

考えた結果、新たな環境を求めて転職する方も多く若年層の離職率は30%を超えています。

フリーターの方は周囲から取り残される不安や訪れる末路に不安を感じる時期です。

気がつけば20代も半ばに差し掛かり、30代を意識するようになりもう若いとはいえない年齢が目の前に迫っています。

そのことから自分がレールから外れて復帰はムリではないかと不安が具体化してきます。

つまり、どの様に過ごしていても24歳は「チャレンジできる最後のチャンス」となる年齢なのです。

\人生の方向性に迷っているなら/

24歳から人生をやり直す前に知っておいてほしいこと 

24歳という時期は卒業直後には気づかなかったことが表面化して、人生終わったかもしれないという兆候が見え始める時期です。

20代も半ばになる、同年代の友人たちと比較して給与の差が開き始めること、社会的な信用の有無などの差も開き始めます。

とはいえ24歳から人生をやり直すことは不可能ではありませんし、再スタートできる環境は十分整っています。

吉田

人生やり直しの行動を起こす前に必要な心構えを以下で解説します。

  • マイナス思考になるのを止める
  • 20代後半になるとチャンスは減少していく一方
  • 迷ったら一旦行動してみる

マイナス思考になるのを止める

人生終わった…もうやり直しは無理だ…。

周りと比べてしい、マイナス思考に陥っているのではないでしょうか。

先に解説したように24歳は同じような悩みを抱えている時期なのです。

つまり自分だけが「人生やり直したい」と考えているわけではなく、現在は転職して環境を変え再スタートする事が特殊ではない時代です。

ですから、既卒でフリーターとして過ごしていても致命的なマイナスポイントにはなりません。

むしろ自分だけの経験をいかに積んでいるかでプラス評価を得るチャンスもあります。

吉田

ですから人生やり直すチャンスは十分ありますので、マイナス思考になる必要はありません。

20代後半になるとチャンスは減少していく一方

まだ24歳なら人生をやり直すチャンスは十分に残っています。

ところが20代も後半になると何をするにも年齢制限が課せられることが増えていきます。

先に解説したように企業の採用には「既卒」という枠がありますが、これは卒業後の3年以内となりますし、25歳となれば20代の中盤になってしまいます。

そうなると若いとは言えない年齢ですし再スタートを切ろうにも条件面で悪くなる一方なので、ますます後悔してしまう可能性が大きくなります。

ですから、行動を起こすなら早ければ早いほど人生のやり直しは可能なのです。

迷ったら、一旦行動してみる

24歳という若い時間はあっという間に過ぎていきます。

何もしないでいるとあっという間に25歳を過ぎて「もう若いとは言えない年齢」に差し掛かります。

また何もしない期間が長くなるとマイナスなことを考えてしまいがちです。

そうなると人生やり直しも難しくなるばかり。

たとえ思うように進まなくても「やればやっただけ前に進んでいる」のは事実ですから、前向きな気持ちを持って行動しましょう。

ちなみに未就労の人が再スタートの手段として「就職の意思」がある人は9割を超えるというデータがあります。

しかしながらそのうち3割しか行動をしていません。

その理由として「自分の知識・能力に自信がないから」という後ろ向きな考えの人が4割を超えています。

吉田

こうなると人生やり直しは難しくなります。

とにかく行動の量を増やすことが人生やり直しの第一歩なのです。

\人生の方向性に迷っているなら/

24歳が人生をやり直したいと思ったら今すぐするべき行動とは? 

24歳なら人生やり直しは十分可能ですが、行動が出来ないままだと「人生終わった!」という事態に直面してしまいます。

人生やり直すなら転職することが一番効果を実感できる方法といえます。

仕事の内容はもちろんですが給与や人間関係なども劇的に変わり、過去をリセットして再スタートを切れるからです。

吉田

いつまでも悩んで年齢を重ねた挙句、時期を逸する事がないように人生やり直すための行動を解説します。

転職エージェントに登録する

24歳で「人生が終わった」と感じる必要はなく、残された時間と可能性の方に目を向けるとチャンスは十分にあることが分かります。

今から人生やり直すには失敗を恐れず環境を変えてみることです。

それには、今までの環境を捨てて転職することが一番の近道。そのためには、就活という場で自分の可能性をアピールするプレゼン能力が必要になります。

採用企業に向けて、上手くアピールができれば強力な武器ですが実際にはかなりの苦戦も予想されます。

そこで転職エージェントに登録してプロの力を借りる事をおすすめします。

転職エージェントのメリットは以下の通りです。

  • 履歴書、自己PRシートの添削が受けられる
  • 書類選考が免除されて面接からのスタートが可能
  • 企業研究や自己分析、面接のアドバイスが受けられる
  • エージェントが持つ非公開の求人を紹介してもらえる
  • 給与の交渉を代行してくれる

これだけのメリットが無料で受けられるので、複数のエージェントに登録しておくことでそれぞれの強みを無駄なく享受できるようにしておけば万全です。

転職エージェントを利用する事で採用率は80%以上に向上します。既卒者の採用率は一般的には34%ですから、この違いは大きいです。

吉田

人生やり直しに転職エージェントの活用がおすすめの理由がこの数字に表れています。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...
フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

24歳で人生やり直すなら転職エージェントを活用しよう

この記事では24歳で人生をやり直すためにはどうすればいいか解説してきました。

24歳なら早めの行動で後悔を取り戻すチャンスはありますが、年齢を重ねるほど条件が悪くなり難しいチャレンジになります。

今の企業は「若くて熱意のある人材」なら未経験でも採用する流れになっています。

また、空白期間が半年以内ですと就職成率は80%ですが期間が長くなるほど採用率は下降します。

行動をしないまま空白期間が5年以上過ぎると採用率は30%にまで下がります。

何もせずに時間を過ごしていれば「人生終わった」という結末にどんどん近づきます。

24歳で人生をやり直すには、一刻も早い行動あるのみ。

吉田

それには転職エージェントに登録して、経験豊富なプロの力を活用しましょう。

\人生の方向性に迷っているなら/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる