職歴なし

20代後半の職歴なしの人が今からでも正社員就職を目指すためには?

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

気付けば、20代後半になってしまったけど職歴なしで就職できるのかな

20代後半で職歴なしなんてまともな企業にもう就職できないんじゃないのかな…

このような不安や疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。

後藤

私も職歴の壁や20代後半で就職活動に苦労した経験があるため、不安に感じている人と同じ気持ちに共感ができます。しかし、20代後半で職歴なしでも無事に優良企業の正社員へ就職できたので、安心して下さい。

この記事ではそんな経験から

  • 20代後半と20代前半の就活における違い
  • 20代後半の職歴なしの人が今からでも正社員就職ができる方法

などについて解説していきます。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

20代後半と20代前半の就活における違いとは?

20代後半と20代前半では就活の環境が大きく変わってきます。

20代前半の人が就職する場合「既卒・第二新卒」の枠として、未経験でも就職しやすいです。

既卒…学校卒業後に、就職しなかった若者
第二新卒…学校卒業後、就職したが離職や転職を考えている若者

しかし、20代後半になると「既卒・第二新卒」の枠から外れてしまうため、就活の環境が厳しくなります。

そのため、就活する際には正社員のみならず、契約社員や派遣社員も視野に入れる必要があるでしょう。

20代前半は職歴なしでもOK

20代前半で職歴なしの人が就職を目指して活動をする際に「既卒」の枠に該当します。

既卒の枠に該当すると、在学中に就職活動をしている人と同等の立場として扱ってくれるケースが多いです。

ちなみに「第二新卒」は高校や大学を卒業後に就職したものの、短期で離職や転職した人をさします。

第二新卒に該当する場合でも就職はしやすい環境で、既卒も含めて「卒業後3年以内」の期間が優遇されるでしょう。

これは「既卒・第二新卒」とも経歴や経験よりも、若さやポテンシャルの方が評価されるからです。

企業にとって若い人を採用することは、今後のキャリア形成を図る上で大事になってきます。

また、教育・研修などを行い企業に貢献できる人材を育てようとしているのです。

20代後半は年齢で採用枠が狭くなる

20代前半に比べて、20代後半の職歴なしの人は就活の環境が徐々に厳しくなります。

25歳までは「既卒」に該当して在学中の就活生と同等の扱いを受けますが、それ以上になると枠から外れしまうのです。

また、「25歳・27歳・30歳」と各年齢が節目で、求人数が減ってきます。

企業は長期キャリア形成を図りたいため、未経験の人は早めに採用して人材育成を行いたいのです。

20代後半で職歴なしの人でも就職できますが、20代前半に比べると求人数が少なくなることを覚えておきましょう。

後藤

少しでも早い時期から就活を始めることが20代後半の職歴なしの人には大事です。

正社員から契約・派遣社員へ方向転換も視野に入れよう

20代後半の職歴なしの人は20代前半の人より未経験で正社員へ就職できる機会が少なくなります。

そのため、就職する時の雇用形態を正社員へこだわらず、契約社員や派遣社員も検討するようにするべきです。

契約社員は一定の期間を定めて雇用、派遣社員は派遣会社に採用されて、委託先で働くスタイルです。

両方とも基準を満たすことで正社員として直接雇用される可能性があります。

しかし、契約社員と派遣社員は契約期間を過ぎると解雇されることもあり、不安定な立場になっているのです。

正社員は企業に雇用されると明確な理由が無い限り、解雇されることはありません。

後藤

契約社員や派遣社員などの非正規労働者として働きながら経験を積んで正社員を目指す方法もありますが、デメリットがあることも理解しておきましょう。

\就職成功率80%以上/

20代後半職歴なしでも就職できる?

20代後半で職歴なしの人でも就職はできます。

その理由としては日本の多くの企業が人手不足になっているからです。

日本は少子高齢化が進んでいて、様々な業界で人手が欲しくなっています。

特に地方の中小企業は人手不足が深刻になっているのです。

これは厚生労働省が公表している統計(一般職業紹介状況)からも証明されています。

  • 令和2年11月の有効求人倍率は1.06倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇
  • 令和2年11月の新規求人倍率は2.02倍で、前月に比べて0.20ポイント上昇

引用元:厚生労働省

上記は令和11月の一有効求人倍率と新規求人倍率になりますが、求職者1人当たり1件以上の求人があることが分かるのです。

世の中には人手不足の業界の業界が多い

20代後半の職歴なしの人でもアルバイトの経験がある人もいるでしょう。

人によってどのようなアルバイトを経験をしたのか変わってきますが、その経験が人手不足の業界で活かせる可能性があります。

日本の社会は少子高齢化社会になっていて、団塊の世代の大量退職も重なり人手が不足が深刻化しています。

例えば、介護・福祉の業界は高齢者の増加で、今後一段と人手不足になっていくのです。

接客業のアルバイト経験がある人は、人と接する介護や福祉の業界で社会を支える貴重な人材になります。

20代後半で職歴なしの人でも就職することは可能で、今後の業界を支えていく人材にもなり得ます。

介護や福祉の業界は今後も人手の確保が必要となるため、求人が減ることはないでしょう。

20代後半も若手人材のうち

現在、日本の会社では若手の人材に確保に力を入れていて、応募者の積極的な姿勢が採用担当者から良い評価を受けます。

過去にリーマンショックが起きて世界の経済状況が悪化しましたが、日本も影響を受けるのです。

日本経済が不況の状況が続くと、大企業や公務員へ就職をしようと安定を求める就活生が増えてきます。

さらに少子高齢化の影響もあって地方の中小企業は人材を確保しにくく、多くの業種で人手が不足になります。

この状況で企業は1人でも多くの応募者と会って、一緒に働きたいとやる気に満ちている人材を探すでしょう。

20代後半で職歴なしの人でも就職したい意欲が伝われば、就職することはできます。

20代後半職歴なしは資格を取るべきか?

20代後半で職歴なしの人は資格を取って、アピールする要素にしようと考えている方もいると思います。

確かに資格を取ることは自己啓発にも繋がるため良い方法です。

しかし、資格を取るよりも1日でも早く就活をすることをおすすめします。

後藤

これは20代後半という年齢も大きく関係しているのです。

30代になると就活が厳しくなる

20代前半を過ぎてしまい、20代後半になると徐々に求人数が少なくなります。

例えば、職歴なしの人・職歴が浅い人は年齢が若い時の方が未経験でも採用されやすくなるのです。

しかし、30代になってしまうと一段と求人数が減ってしまいます。

これは30代での就活になると企業は若さよりも経験を重視するようになるからです。

企業はある一定の経験を求めるようになるため、経験がない人は書類選考で落ちるケースが多くなるでしょう。

特に30代まで1~2年と迫っている人は資格を取ることよりも就活を1日でも早く行うことをおすすめします。

20代は就職の期待大

20代で職歴なしの場合、就職出来る可能は十分にあるため、積極的に就活を行いましょう。

企業は20代で就活している人に対して、若さを重視するため職歴なしでも採用されます。

ただ、若くて経験がある人に比べると不利になる場合もあります。

しかし、30代とは違い経験よりも若さを重視している企業が多いため、諦めずに就活を行ってください。

その際には自らの可能性を広げるため、幅広い職種を受けるようにしましょう。

専門職の場合でも企業によっては未経験でも採用してくれるところもあります。

\就職成功率80%以上/

20代後半の就活で意識するべき3つのポイント

20代後半で職歴なしの人でも就職はできるため、諦めてはいけません。

ただ、やみくもに就活を行ったとしても就職への道は険しく、途中で辞めてしまうリスクがあります。

ここでは、就職できる理由や就活をする前に行っておくことを見ていきましょう。

後藤

就活を行う前にしっかりと準備をしておけば、就職へ大きく近付きます。

  • アルバイトの経験をアピールしよう
  • 積極的に応募していこう
  • 自信を持ち、ポジティブな考えをしよう

アルバイトの経験をアピールしよう!

20代後半の職歴なしの人でもアルバイトの経験がある人もいるでしょう。

このアルバイトの経験もアピール要素になるので、自らが携わっている仕事について詳しく企業の採用担当者に伝えるべきです。

また、応募書類の「履歴書・職務経歴書」にも記載することができるため、アルバイトの経験がある人は記載しましょう。

書類に記載する場合はアルバイトを行っていた期間だけではなく、任されていたポジションがあればアピールして下さい。

ただ、働いていただけではアピールにならないので自らにとってプラスになったことを考える必要があります。

アルバイトを通して、

  • 「どのような経験を積んだのか」
  • 「どのような能力を身に付けたのか」

などを考えて、応募書類に記載しましょう。

積極的に応募していこう!

就活を行う前に応募書類の準備や面接の練習をする必要がありますが、企業を探す際に先入観を持って応募を辞めてはいけません。

企業に応募する際に先入観を持ってしまうと、せっかくの就職のチャンスを逃してしまうこともあり得るのです。

20代後半で職歴なしの人は他の応募者と比べると、不利な立場になっています。

自らの希望に沿った応募条件を決め過ぎてしまうことは、就職への可能性を低めしまうリスクがあるでしょう。

興味を持った仕事や企業に対しては積極的に応募してみて下さい。

後藤

積極的な就活をすることで正社員として就職出来る日が訪れます。

自信を持ち、ポジティブな考えをしよう

20代後半で職歴なしの状態になると自信が持てずにコンプレックスを持つ人がいます。

自らの良さや性格を否定して、ネガティブな考えになりがちです。

この状態で就活を行ったとしても応募書類や面接でマイナスな部分が見てしまいます。

例えば、面接の際に自信のなさが質問の受け答えや態度に出てしまうのです。

そのため、自らを責めることはせずに良さや特徴を見つけて、肯定的になっていくことが大事になります。

もし、1人では難しい場合は家族や友人に相談して、話し合ってみましょう。

自分以外の人に相談することで今まで気付かなかったことを知れて、自信を持つきっかけになるはずです。

後藤

自信を持ってポジティブな考えをすることで就活にも良い影響を与えるので、積極的に行ってみて下さい。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

20代後半職歴なしの就職方法とは?

20代後半で職歴なしの人も就職はできますが、効率的な方法で就活を行えば良いのか見ていきましょう。

求人を探すや応募する方法はいくつもあるため、どの方法が正しいのか迷ってしまうと思います。

また、求人の探し方や応募の仕方は就活の方法によって異なります。

後藤

自分に合った就活の方法を見つけて、積極的に応募して就職をして下さい。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

ハローワーク

各都道府県にある「ハローワーク」で求人を探すと地元に企業が多く掲載されています。

地元の企業に就職をしたい人は「ハローワーク」で求人を探すことをおすすめで、インターネットでも閲覧できるのです。

しかし、ハローワークでは地元の求人が多く、県外の求人を効率的に探しにくくなっています。

さらに就活のサポートがあまり無いため、応募書類の作成や面接対策を自らで行わなければいけません。

転職サイト

転職サイト「リクナビ・マイナビ」などに登録していると、ハローワークには無い求人を見られるでしょう。

転職サイトは複数登録して、各サイトから求人情報を探すようにするとより多くの企業を見つけられます。

ただ、転職サイトに掲載されている企業の中には求人情報とは違うところもあります。

多くの企業から優良企業を見つける能力が必要となるので大変です。

転職エージェント

20代後半で職歴なしの人は求人を探すだけではなく、応募書類や面接の準備をしなければいけません。

しかし、1人では準備をすることが大変で途中で止めてしまうこともあります。

そこでおすすめするのは「転職エージェント」を活用することです。

転職エージェントは未経験の求人も取り扱っていて、キャリアアドバイザーから紹介されます。

さらに応募書類の添削や面接の練習など様々なアドバイスを行ってくれます。

応募から就職までサポートをしてくれるため、不安になった時には相談に乗ってもらえるでしょう。

もし、選考中の場合は進行状況を伝えて、アドバイスをしてもらうと落ち着いて試験に臨めます。

後藤

就活を効率的に進める方法として、転職エージェントを活用してみて下さい。

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

20代後半で職歴なしでも就職を目指そう

20代後半で職歴なしの人でも正社員へ就職することはできますが、効率的に進めていく方法は「転職エージェント」を活用することです。

転職エージェントを活用すると応募書類・面接のアドバイスを行ってもらえて、登録者に合った求人も紹介してくれるため、採用されやすくなるでしょう。

しかし、転職エージェントを活用しないと自らが応募書類や面接の準備をしながら、求人を探さなければいけません。

時間や労力を無駄に消費してしまうこともあり、転職エージェントを活用しないと効率的な就活が出来ないでしょう。

後藤

転職エージェントに登録していない人は、今回をきっかけに活用してみて下さい。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる