フリーターの生活

フリーターの上京して就職する際に考えておきたいことと5つの注意点

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「このままずっと地方でフリーターをしていてもつまらない人生だよな。上京したいな。」

「上京して就職するのに憧れてるけど難しいかな。」

地方に暮らす人にとって、東京というのは憧れの地ですよね。

ましてやフリーターとして何となく生きている人からすれば、東京でバリバリ働く人は羨ましくも感じるでしょう。

とはいえ、いきなり上京するなんて少し不安だという気持ちもわかります。

私は、就職アドバイザーとして10年間、述べ500名を超える方々の就職をサポートしてきました。

その中には上京をして就職を望むフリーターの方も多く見られました。

彼らと接する中で見えてきたフリーターが上京する際に考えておくべきことや、注意点をお伝えします。

これから上京して就職してみたいなと思っている人にとって参考になることばかりです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

フリーターが上京する際に考えておきたいこと

地元での生活に飽きて嫌気がさしているフリーターにとって、東京という都会は仕事もたくさんあって、遊ぶところもたくさんあるし華やかで魅力的な印象に映りますよね。

お店も少なく不便な田舎に暮らしていると、尚更に上京は憧れの対象となります。

しかし、フリーターが上京し就職して生きていくためには考えておきたいことがあります。

いきなり上京して後悔しないためにも、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

上京する目的を明確にしておく

何となく楽しそうとか、田舎よりもずっといい生活が送れるだろうといったイメージだけで上京してしまうと、結果的に上京を後悔するようなことが起こりかねません。

なぜなら、東京には地方にはない都会ならではのデメリットや苦労があるからです。

どんなことでもいい面もあれば悪い面もありますよね。

都会での就活や生活も同じで、地方よりもブラック企業が多かったり、地方では感じなかった孤独を感じたりもします。

それでも、しっかりとした目的があればその苦労も乗り越えられるでしょう。

  • 上京してまでしたいことはなにか?
  • 地方ではできないことなのか?
  • 東京で働くメリットが自分にあるか?

これらのことをしっかりと自問し、勢いだけで上京してしまわないようにしましょう。

上京のメリットとデメリットを確認する

地方でフリーターとして働くにしても、上京して就職するにしてもそれぞれにメリットとデメリットがあります。

自分にとってのメリットやデメリットをしっかりと把握しておくことで、本当に上京することが正しい選択なのかを見極めることができます。

上京のメリット

  • 仕事の種類が豊富
  • 給料がいい
  • キャリアを積みやすい
  • 娯楽が多い
  • 他人の干渉が少ない
  • 個性を発揮しやすい
  • 出会いが多い

上京のデメリット

  • 孤独を感じやすい
  • 交際費がかかる
  • 通勤が大変
  • 家賃が高い
  • ブラック企業が多い
  • ライバルが多い

自分の中の優先順位をはっきりしておく

上京すると、すぐに地元に帰ることは難しくなります。

つまり、家族や友人のいる慣れ親しんだ土地を離れ、一人で生きていかねばなりません。

もちろん関東近県に住んでいて交通手段のある人ならいいですが、そうではない人にとって帰省は数日仕事となります。

そうなると、いざ親に何かあった時に飛んでいくことすら簡単にはできない可能性があるのです。

自分の中の優先順位として、「家族」や「地元の友人」が高い場合、上京という選択肢は必ずしも絶対にいいとは限りません。

家族や友人も大事だけど、自分の夢も諦めきれないといった間で揺れ動いているのならば、後悔しないためにもしっかりと気持ちにけじめをつけてから上京することをおすすめします。

上京して仕事を続けられるか

当然上京して仕事を探すとなると、全く知らない土地での新しい就職先ということになります。

せっかく上京して就職したのに自分の性質に合わず、すぐに辞めてしまってはなんの意味もありません。

場合によっては田舎に出戻りし、地元でも暮らしづらくなるということも起こりかねません。

ですから、上京をする前にしっかりとどんな仕事が向いているのか、本当に就きたい仕事は東京にもあるのかなど自己分析をしっかりしておく必要があります。

その上で就職先を選ぶことで、多少辛いことがあっても乗り越えられる可能性も高まるからです。

人脈を築いていけそうかどうか

東京で暮らすというのは思ったよりも孤独を感じるものです。

特に地方にて家族と暮らしていたという人にとっては、想像以上の寂しさとなります。

例えば風邪を引いた時や、少し愚痴を言いたい夜など、話す相手がいるということがいかに精神的な支えとなっていたかに気づくでしょう。

上京してもそのような人脈を築くことができるかどうかは、長く仕事を続けていくことにも大いに影響してきます。

東京に知り合いがいるのか、頼れる先はあるのか、職場などを通じて人間関係を構築していけるかなどをしっかりと考えておくと上京時にスムーズな暮らしが送りやすくなるでしょう。

上京するタイミングについて

フリーターの中には、地方での日々に飽き飽きして、とりあえず上京しようと考える人も少なくはありません。

性質によっては、思い立ったらすぐに動きたくなってしまう人もあるでしょう。

しかし、あてもなく上京すると結局東京の生活が自分に合わなかったり、正社員になれず東京でもフリーターになってしまったなど残念な結果になりかねません。

そんなことにならないように、上京するまでにしっかり就職の計画を立てて、自分にとってベストなタイミングで上京することをおすすめします。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

フリーターが上京して就職する際の5つの注意点

地方に比べるとずっと就職先の選択肢が多いのが東京です。

だからと言って簡単に就職ができ、必ずしも理想的な就職先が見つかるとは限りません。

就職後の生活のことも踏まえると、課題は山積みとなってきます。

それらを踏まえ、フリーターが上京して就職する上での5つの注意点をまとめています。

甘い考えを捨てる

地方でフリーターを続けてきた人にとって、東京の求人数はあまりにも多くて驚くポイントになるでしょう。

それに伴い、これだけ就職先があるのならとりあえず上京さえすればなんとかなるだろうという甘い考えが浮かぶこともわかります。

求人の数に惑わされて、自分が本当にしたいことを意識できなくなってしまうと、結局希望通りの仕事に就職することができず、最終的にはすぐに辞めてしまうということになりかねません。

そうならないためにも、すぐに甘い考えは手放し、じっくりと本当にしたい仕事を見極めて仕事探しをすることが大切です。

資金繰りのこと

上京して就職するためには、ある程度の資金が必要となってきます。

例えば地方から東京へ通いながら就職先を探し、内定してから上京する場合は、交通費や宿泊費がかかってきます。

ましてや就活が長引けばその額は膨れ上がります。

場合によっては、東京で賃貸マンションを借りてしまった方が安くつくということも考えられます。

また、すぐに就職できたとしても初めての給与がもらえるのは大抵の場合早くて一ヶ月後です。

そうなると、引越し費用はもちろん、最初の生活費も前もって工面しておかなければいきなり生活苦が訪れてしまう可能性もあるのです。

さらに、東京は地方よりも物価が高い傾向にあります。

狙っている企業の周りや暮らす予定のエリアはどれくらいの家賃相場なのか、生活費にはどれくらいかかりそうかはもちろん、就活にかかる交通費も算出しておくことが大切です。

その上で、ある程度の貯蓄も必要となってくるでしょう。

通勤をイメージしておこう

東京といえば満員電車をイメージする人もあるでしょう。

地方出身者にとって上京したばかりの満員電車はあまりにカルチャーショックが大きいものです。

旅行で東京を訪れた際に感じる満員電車の凄さならアトラクション的で楽しめますが、就職するとなると毎日このストレスを乗り越えていかねばなりません。

中には通勤のストレスが祟り、体力的にも精神的にも調子が悪くなる人もいるほどです。

気楽な気持ちで上京すると痛い目を見ることになりますから、しっかりとイメージして通勤時間や会社の場所などもきちんとチェックしておくことが大切です。

地方よりも競争が激しい

東京といえば、全国から憧れを抱いて人が集まる場所でもあります。

当然人気企業には多くの人が集結し、激しい競争があります。

地方でのんびりと暮らしてきた人にとっては、驚きの現実と言えるでしょう。

こういった面からも、自分の将来のイメージが固まっていない人が就職をしてしまうと、一気に競争の波に押し流されてしまい、気がつけば精神を病んでしまうことにもなりかねません。

東京の孤独の中で精神を壊すことほど辛いことはありません。

東京の荒波にも立ち向かえるように、自分が一体どんなことを望んでいるのかという心の内を確認しておくことは非常に大切ですね。

仕事選びは慎重に

地方に比べると断然求人が多い東京ですが、その数に比例してブラック企業の数も多くなっています。

特に東京に不慣れな地方出身者を狙った悪質な仕事も横行しています。

さらに、優良企業に就職しようとすればスキルや経験値が求められる場合がほとんどです。

田舎でフリーターを続けてきた人にとっては、非常にハードルが高く、一人で優良企業をみつけるのは至難の技とも言えます。

すでに人脈を確立している人ならいざ知らず、初めての上京での就活は非常に困難を極めるのです。

そこで役に立つのが、転職エージェントという就職のプロフェッショナルです。

専任のアドバイザーが、キャリアカウンセリングから内定までしっかりと寄り添ってくれます。

一人で上京してきた人にとって、どれだけ心強い存在になるかイメージがつくでしょう。

大都会東京で、スムーズにホワイト企業に就職するためには、一人で奮闘することなくプロの力を借りることをおすすめします。

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

憧れの上京!しっかり計画して実りあるものにしよう!

地方出身者が、進学以外で上京するというのはある意味非常に勇気のいることです。

そこまで心を固めて挑む東京での就職ですから、無駄打ちに終わりたくはありませんよね。

実りある東京ライフを送るためにも、自分一人で悩むことなく就職のプロである転職エージェントにしっかりと頼ることをおすすめします。

あなたにとって本当に意味のある選択を行い、そして無駄のないスムーズな就活をすることがあなたの将来を左右するといっても過言ではありません。

その上で降り立つ東京は、あなたを確実に成長させてくれる素晴らしい街として迎えてくれるでしょう。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる