フリーターの生活

フリーターの一人暮らしは無理?生活費や貯金はいくら必要か解説

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「フリーターでも一人暮らしってできるのかな?」

「一人暮らしにかかる、生活費や貯金ってどれくら必要なのかな?」

一人暮らしを初めたいけど、フリーターだから金銭面に不安を感じていませんか?

結論、フリーターでも一人暮らしはもちろん可能です。

しかし、一人暮らしはとてもお金がかかり、基本的にはすべての物事を一人で行わないといけません。

今回の記事は、

  • フリーターが一人暮らしを始めることはどれだけ難易度が高いのか、
  • フリーターが一人暮らしをするためにかかる費用
  • フリーターが一人暮らしをするために必要なこと

を解説します。

快適に一人暮らしを行なうために、知識をつけましょう。

フリーターの一人暮らしは無理?

フリーターでも一人暮らしを始めることは不可能ではありません。

ですが、かなり厳しいものだと思っておいたほうがいいでしょう。

特に金銭面的に不自由を強いられることが多です。

また、入居審査に通りにくいなど、フリーターの一人暮らしはデメリットが多いです。

貯金ができない

フリーターで一人暮らしをしていると、毎月の出費に追われて貯金はほとんどできません。

また、フリーターは毎月の収入が不安定なので、その月より、貯金を切り崩したり、場合によっては借金をしなければならないかもしれません。

お金がないということは、一番精神的にダメージを負うことになります。

ですので、フリーターで一人暮らしを考えているのであれば、時給の高いバイトを始めたり、働く時間を増やしたりする必要があります。

急な出費に対応できない

フリーターで一人暮らしを行なうと、収入のほとんどを生活費に当てないといけません。

そのため、急な冠婚葬祭の出費に対応できず、「フリーターで貯金がないから親友の結婚式に行けない」となると、一生後悔してしまうかもしれません。

また、急に体調を崩してしまい、病院に入院することになると、フリーターの場合収入が入って来ません。

そうなると、「入院費を払うことができるのか」、「退院してからの生活どうしたらいいんだろう」など、金銭面の不安がかなり大きいです。

なので、フリーターで一人暮らしをするということは、大きなリスクを取るかもしれないということを知っておきましょう。

審査が通りにくい

フリーターは正社員とは違い、収入が安定せず、「本当に毎月ちゃんと家賃を払うことができるのかな?」と不動産業者と大家さんに対して信用が少ないです。

そのため自分が住みたいと思っている家の入居審査に通らない可能性があります。

しかし、フリーターは絶対に審査に通らないということもなく、いくつか方法があります。

  • 家賃が月収の3分の1に収まる物件を探す
  • 親族を連帯保証人にする
  • 保証会社に入る
  • 契約者名義を親・親族にする

など、の方法があるので、もし自分名義で審査に通らない場合は一度相談してみましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

一人暮らしにかかる費用はどのくらいか

ここからは、具体的に一人暮らしにはどれくらいの費用がかかるかを紹介します。

一人暮らしには予想以上に沢山のお金がかかるということを知っておきましょう。

一ヶ月の生活費は14万はかかると思った方がいい

フリーターで一人暮らしをするためには、

  • 家賃 約5万円
  • 食費 約3万円
  • 水道光熱費 約1万円
  • 交際費・娯楽 約3万円
  • 交通費 約1万円
  • 通信費 約1万円

など含めて、最低月14万円はかかると思っておいたほうがいいでしょう。

その他にも

  • 国民健康保険料 約1万2千円
  • 所得税 約5千円
  • 住民税 約7千円
  • 厚生年金保険料 約1万7千円

なども差し引かれることを考えると、18万円程稼ぐ必要があります。

家賃を安くしたり、娯楽などを節約するともっと安く済ませることができますが、健康的で快適な生活は送れないでしょう。

初期費用は40万はかかる

一人暮らしを始めるには、

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料

などを事前に払う必要があります。

また、家具や電化製品を買い揃えるとなると、更に費用がかさみます。

引っ越しの費用もどれだけ荷物が少なくても3〜5万はかかります。

ですので、最低でも40万程度は見ておく必要があります。

一人暮らしを始めるときに必要な貯金額は50万円ほど

20〜24歳の平均貯金額は約50万円となっていて、フリーターの場合18万円とかなり少なく感じます。

貯金が少ないと、冠婚葬祭などの急な出費に対応できない場合があります。

また、体調を崩してしまうと、フリーターの収入は完全にストップしてしまい、貯金がなければ生活が成り立ちません。

さらに、就活を始めると、バイトに割く時間がなくなるため、満足に就活をすることができません。

もしものときのためにも最低でも50万円の貯金は必要でしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターに一人暮らしはおすすめか?

結論としては、フリーターが一人暮らしすることはおすすめしません。

収入が低い状態で、一人暮らしすることはデメリットの方が多く、仕事の為にプライベートを犠牲にすることが多くなるため、交友関係がなくなったり、スキルアップのための勉強時間を確保することもできません。

さらにケガや病気で働けなくなったときのために貯金をしておかなければなりません。

フリーターはそういう時に手当てが一切出ないので働けなくなったら給料は「0」になります。

それにフリーターは社会的信用が低いのでクレジットカードやローンが組むことができないので高額な買い物をすることが難しいです。

フリーターは給料が上がることはほとんどありませんので30代、40代になってもこの生活水準はかわりません。

なので、十分な収入を得れるようになるまでは、実家で暮らしながら、貯金をためることが一番金銭的リスクも少ないです。

しかし、「いつまでも実家で暮らすわけにはいかない」と感じているのであれば、次の章で紹介する「一人暮らししたいなら」を参考にしてください。

フリーターが一人暮らしをするために何をすべきかについて解説をしています。

\就職に不安を抱えているなら/

一人暮らししたいなら!

これまで、一人暮らしをすることはデメリットが多いと紹介しましたが、いずれかは自立して、一人暮らしをする日が来るでしょう。

もちろん一人暮らしは自分の時間を自由に使えて、誰にも文句を言われず、やりたいことを突き詰めれる楽しさがあります。

では、フリーターが一人暮らしを行なうためには何をするべきかを紹介します。

家賃の安い家に住む

一人暮らしをする上で、一番の出費になるのが家賃で、家賃は安ければ安いほどいいです。

そのため、まず家賃は手取りの3分の1以下を目安にし、条件のたか望みはしないようにしましょう。

  • 「トイレとお風呂は別がいい」
  • 「駅から遠すぎるのは嫌だな」

など、すべての条件を揃えようとすると、安い物件は見つかりません。

また、家賃交渉を行い、1000円でもいいので値切るましょう。

1000円値切れると年間で12000円も得することになります。

仮に値切ったとしても、家賃が提示した金額よりも高くなることはないので、ダメ元でもいいので値切って見ましょう。

節約する

無駄な出費をせず節約を行いましょう。

そのためには、毎月どのくらい出費があるかを把握しないといけません。

そこから、「どれくらい出費を削ることができるか」を考えましょう。

例えば、

  • 携帯代を安くするために、格安シムに乗り換える 
  • コンビニでの買い物は控える 
  • 自動販売機は使わない 
  • できるだけ自炊をする

など、節約できることは沢山あります。

また、食費を削るために「まかないがあるバイト」を選ぶことも一つの方法です。

副業を始める

フリーターではどうしても収入の限界があります。

なので、簡単に始められる副業を始めて軌道に乗ると生活が楽になります。

  • メルカリを使った物品販売、
  • クラウドソーシングを使ってデータ入力やライティング

など、スマホやパソコンが普及した現代では、簡単に副業を始めることができます。

初めはなかなか収入が上がらず、面倒くさくなって辞めてしまう人も多いですが、副業で毎月1万円でもあれば、精神的にも楽になります。

また、副業である程度稼げるようになると、その知識を活かして「起業」したり「転職に有利」になったりします。

なので、フリーターでバイトばかりに時間を使うのではなく、副業する時間を確保できると将来的に役に立つでしょう。

転職エージェントを活用して正社員になる

安定してかつ、快適に一人暮らしをしたいなら正社員になることが一番の近道です。

ですが、いきなりフリーターの人が正社員を目指すと、色々と不安や面倒くさく思ってしまいますよね。

そんなときは、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは求職者の就活を全面的にサポートしてくれて

  • 履歴書・職務経歴書の作成や添削指導
  • 転職活動に関する相談
  • 面接対策
  • 面接日のセッティング
  • 給料や条件の交渉

など、無料で行ってくれるので、就活をしようと思っている人は転職エージェントを活用して損はありません。

そして、正社員になることで、入居審査に合格しやすくなり、最低のお金の心配をする必要がなくなります。

なので、フリーターの人は正社員を目指して今すぐ行動を起こしましょう。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

一人暮らしをするなら正社員になってからのほうが安心

フリーターでも一人暮らしはできます。

しかし、収入が不安定なので入居審査に通らなかったり、貯金していないと急な出費に対応できなかったりと色々とリスクが大きいです。

なので、「安定して一人暮らしをしたい」と考えているのであれば、まず正社員を目指しましょう。

正社員とフリーターの主な違いとしては

  • 給料が上がっていく
  • 福利厚生が充実している
  • 仕事をクビになる可能性が限りなく低い

等々さまざまなメリットがあります。

そしてフリーターは期間が長くなればなるほど、年齢を重ねれば重ねるほどに正社員に就職しにくくなるというデータがありますので早いうちから動いたほうが吉です。

もし正社員のなり方がわからないという方は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントを活用することで、就活に関する不安を相談できたり、スムーズに就活することができます。

そして、早く内定をもらえると出費も最小限に抑えれるので、転職エージェントは一人暮らししたいフリーターには最適です。

正社員になって、理想的な一人暮らし生活を満喫しましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ