ニートの生活

ニートから起業したら成功できる?【失敗のリスクもでかいです】

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ニートから起業を目指す人は多く成功する人もいれば失敗する人もいます。

起業は失敗した場合のリスクが大きくニートから起業するとなればなおさらです。

しかし成功しやすい方法やルートもあります。

高梨

私はこれまで人材業界で10年以上働き、ニートの方の相談にも乗ってきましたが、その中には起業を志している方も何人か見受けられました。

賢明な人は20代のうちから準備をして将来に起業をするなどして成功をおさめています。

もっとも成功しやすい方法はまず正社員となってキャリアを積むことです。

なぜなら正社員を長年続けることで社会的信用やスキルを手に入れることで起業をしたときに役立つからです。

この記事では

  • ニートからの起業は失敗と成功、どちらの確率が大きいのか
  • 起業の方法
  • 起業を成功させるためにやるべきこと

などニートから起業を目指すことをテーマに解説させていただきます。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ニートから起業したら成功できる?それとも失敗する?

ニートだけど会社に属したくないから起業したい。

そういう思いで起業するニートの方は少なくありません。

しかしながらニートの方が起業をした場合には失敗しやすい傾向にあります。

なぜなら起業に必要なのは資金力や営業力です。

社会経験のないニートの方にはおそらく欠けている要素です。

もちろん成功した例もあるのですが希少な例でしょう。

高梨

ここではニートの起業を成功と失敗の観点で見て行きましょう。

  • 大きな資金が必要な場合は失敗しやすい
  • 情報発信系ビジネスで成功した例もある
  • ニートが起業で成功するのは難易度が高い

大きな資金が必要な場合は失敗しやすい

どのような職種で起業するのかということが大事なポイントになってきます。

というのも例えば「飲食店を経営したい」となれば店舗を借りる費用や改装費用などなど資金が大きく必要です。

仮に事業をやめるということになれば初期費用はすべてマイナスです。

大きな負債を背負う可能性もあるために覚悟が必要です。

またがんばって取り組んだ時間もすべて泡と消えます。

「その時間で会社員などをしていれば…」となりかねません。

高梨

経験にはなりますが負債を背負うとなるとそう楽観的にはなれません。

情報発信系ビジネスで成功した例もある

「資金がない」という方には情報発信系ビジネスをはじめる方も多いです。

ブログやSNSなどを使って企業の代わりに商品を紹介して利益を得るなどアフィリエイトなどがあります。

最低限の準備としてパソコンやスマホとネット環境があれば誰でも手軽に始められます。

そのため失敗したときでも借金を背負う可能性はかなり低いです。

しかし成功をしようと思うのであれば休みなく勉強しながらコンテンツを作り続ける必要があります。

またホームページの運営となるとメンテナンスや更新作業などにも取り組む必要があります。

そしてやり方を間違えるとまったく利益が出ないということもあります。

ニートが起業で成功するのは難易度が高い

ニートが起業して成功することは決して不可能ではありませんが会社員をするよりも難しいと言えます。

なぜなら起業を始めたばかりのときは

  • 経営
  • 営業
  • 事務
  • 労務

などを一人でやらなければなりません。

キャリアがあるのであればまだ良いのですが20代など若いニートの場合はそういった方は少ないでしょう。

また社会的信用が低い状態で起業をすると営業力がなく仕事自体を獲得できません。

さらに専門的な知識や技術がなく競争力に乏しいこともリスクの一つです。

\就職成功率80%以上/

人脈もコネも金もないニートが起業するには

ニートが起業をするにはお金もコネもいらない誰にでも取り組める仕事で起業をするしかありません。

たとえばクラウドソーシングやアフィリエイトは利益率が高く低資金ではじめられる魅力があります。

またプログラミングはパソコン一つで始められますし、将来的にも仕事が多いため取り組む価値が高いでしょう。

高梨

その方法を詳しく解説していきます。

  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • プログラミング

クラウドソーシングで起業

クラウドソーシングには

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

などパソコンとネット環境があればはじめられる仕事があります。

仕事のカテゴリも多くプログラミングスキルやコピーライティングであったり語学力を生かせる仕事など種類は豊富です。

誰でも簡単にできる作業などもあるため取り掛かりやすいでしょう。

ただ仕事の種類によっては競争力が高くなかなか契約につながらない場合もあります。

特別なスキルがあることで仕事を獲得しやすいでしょう。

アフィリエイトで起業

アフィリエイトで収益を得るためにはブログなどで企業の商品やサービスを紹介して誰かが購入や契約をすることが必要です。

そのため大きな資金は不要なので低リスクです。

下記は2020年のアフィリエイト収益の統計です。

1ヶ月の収入割合
収入はない31.6%
1,000円未満16.6%
1,000円以上~5,000円未満11.3%
5,000円以上~1万円未満6.7%
1万円以上~3万円未満7.1%
3万円以上~5万円未満4.0%
5万円以上~10万円未満4.1%
10万円以上~20万円未満4.0%
20万円以上~50万円未満5.0%
50万円以上~100万円未満3.5%
100万円以上6.5%

出典:アフィリエイトプログラムに関する意識調査

ご覧いただいてわかるように収入が10万円未満という方が8割以上となっています。

高梨

取り組みやすい反面、収益化の難しさがわかります。

プログラミング

需要が急激に増えているのがプログラミングスキルです。

パソコンひとつで始められるので低資金で始められます。

また独学についても無料で学べるサイトがあるため取り組みやすいでしょう。

将来性も高い仕事で「AIで職業がなくなる」という話がありますがプログラミングはそこには当てはまりません。

しかしながら仕事を獲得するには技術力と営業力が必要になります。

まずは正社員で技術や人脈を作って準備をしてから起業をすることがベターな手段です。

ニートが起業することのメリットとは

ニートという状況はデメリットばかりだとネガティブに考えてしまいがちですが、実は起業をする上でメリットが豊富にあることがわかります。

たとえばニートの方は時間が有り余っていることがまず武器になります。

「時は金なり」という言葉あるようにうまくいけば有り余った時間をお金に換えることができます。

さらにニートの方は深く物事を考えるタイプが多いのではないでしょうか。

こういった方は意外と特異なスキルを持っていてそれが起業の成功につながることもあるのです。

  • 高収入と信用を得られる
  • 能力を有効に使える
  • ありあまった時間をうまく使える

高収入と信用を得られる

起業をすることで事業が良い流れで進んでいくことで大きな収入を得ることができます。

例えば正社員をしている同級生と比較しても大きなお金を得られる場合があるため鼻が高いです。

さらに稼いだ資金で事業の規模を大きくすることもできます。

うまくいけば大企業の社長というのも夢ではありません。

またそこまで成功はしなくてもある程度の収入があれば「信用」を得られます。

高梨

親や友人で距離を置かれているという場合も改善する可能性が高いです。

能力を有効に使える

社会的にニートの方はあまりいい印象を持たれません。

だからといって能力が低いわけではなく、何らかの実践的な能力を兼ね備えている場合が多いのです。

そのため起業をして成功する人は潜在能力を発揮できた人です。

自分の思いに反してニートに甘んじている方は持て余した能力を有効に使いたいところです。

たとえば転職エージェントなどに登録すると悩み相談やカウンセリングで自分の能力に気付く可能性もあります。

高梨

自分の強みに早期に気付くことは大事なことです。

ありあまった時間をうまく使える

ニートの方の中には時間を持て余している方が多いと思います。

その時間を仕事に当ててお金を稼ぐとなれば大きな希望が持てます。

時間を多く保有しているということは起業では大きな強みになること間違いありません。

軌道にのれば働くほどに収益が増えて行くことも夢ではありません。

また起業してうまくいった場合は時間を自由に使えます。

会社員のように縛られることがなく自分がのぞむように時間を使えます。

高梨

自分で仕事と生活をコントロールすることでワークライフバランスが充実します。

\就職成功率80%以上/

ニートから起業して失敗したときのリスクも考えておこう

ニートの方が起業をした場合

  • 売上が少ない
  • 仕事内容が難しく継続困難になる
  • 自己管理ができない

などで失敗する場合があります。

会社では営業や労務など部門にわかれて売上があがる仕組みができていますが個人の起業では簡単ではありません。

自分自身が仕組みを作り運用し続けなければなりません。

会社では上司などがいるため働くことが当たり前になります。

しかし起業となると自分が自分に指示を出さなければなりません。

売上が少ない

起業をしたにも関わらず売上が年商10万円だけ…。

このようなことも多いのが起業です。

会社員であれば毎月の給与が支払われるため安定した生活ができます。

しかし起業をした場合に売上が上がらないと生活に困窮するリスクがあります。

売上が少なく経費が売上を超えると損益がマイナスになってしまいます。

このような場合に事業を続けるほどマイナスになります。

そして資金をさまざまなところから集めて親や家族をはじめ友人や恋人からお金を借りるなどは危険なシグナルです。

高梨

ゆくゆくはサラ金などに手を出して借金地獄になることも少なくありません。

くじける

起業をしたにも関わらず

自分にはできないよ

とすぐに辞めてしまう方が多いこともあげられます。

たとえば起業をしてから自分がやっていることの難しさを痛感する場合があります。

また起業は会社が全体でやっていることを一人でしなければなりません。

そのため本来やりたくないことでもやらなければならないことが多いのです。

事務や単純な作業や税金の手続きなどすべて自分で行う必要があります。

高梨

こういったことを継続できる覚悟を持たなければなりません。

自己管理ができない

会社では何らかの事情があって休んでも有給などがあるため収入が減ることはありません。

しかし起業をした場合にはそういうわけにはいきません。

体調を崩すことで売上が減ることもあるので体調管理を徹底する必要があります。

また時間を自由に使えるためついつい怠けてしまうことはよくある話です。

「少しくらいいいだろう」と気が付けば一日が終わっていたなどという場合もあります。

高梨

自分をコントロールすることができなければ起業は成功しません。

\就職成功率80%以上/

ニートが起業を成功させるためには?

ニートの方が起業を成功させたいのであればやはり正社員としてキャリアを積むことが一番です。

正社員を続けることで必然的に技術や経験が手に入ります。

また社会性が必要とされるためビジネスマナーも身に付きコミュニケーション能力が高まります。

またニートから起業を目指す場合は収入がありません。

しかし正社員から起業を目指す場合は収入を得ながらできるので安定します。

高梨

遠回りに見えるようで実は近道であることは確かです。

  • 正社員でスキルや経験を手に入れよう
  • ビジネスマナーや信用を手に入れられる
  • 起業まで安定して暮らせる

正社員でスキルや経験を手に入れよう

会社に正社員として勤めることは大変なことですがメリットにあふれています。

会社で働くことはプロであり続けることであり、そういった人が起業をした場合に顧客は仕事を依頼したくなるのは当然です。

プロの経験が長いほど起業をしたときの信用度が高まります。

また起業をしなくともキャリアを積むことは転職などに有利にはたらきます。

先のわからない時代なので自分を守るためにもキャリアを身に付けることは有効な手段でしょう。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

ビジネスマナーや信用を手に入れる

会社に勤めると自然とビジネスマナーや作法が身に付いて社会性が高まります。

起業をしたときにそういった雰囲気が強みに働くことは簡単に想像できます。

またそういった経験があるからこそ自分に自信を持つことができます。

○○株式会社で10年間働いていました。

こういった実績を示すことができれば顧客はあなたを信用します。

大企業でなく中小企業であっても会社員であった実績は有効です。

信用があれば仕事を獲得できて安定した運営をすることが可能です。

起業まで安定して暮らせる

正社員としてキャリアを積んでいる間は収入があることで安定します。

また安定しているそのときに副業を始めることもできます。

副業でコツコツと稼げるようになればそれは起業へのはじまりです。

つまりニートからいきなり起業を目指すより安定して起業を目指せるということです。

会社では資格取得制度がある場合もあり、うまくいけば資格や免許を低コストで手に入れることもできます。

高梨

安定した地盤で起業への準備を着々と進めて行けます。

\就職成功率80%以上/

ニートから起業を目指すにはまず正社員になろう

ニートから起業を目指すことは不可能ではありませんが失敗につながりやすいことがわかりました。

なぜなら起業で求められることと会社員に必要とされることはほとんど同じです。

なので会社員経験が乏しいニートでは起業で成功することが難しいのです。

そこでまずは転職エージェントなどを活用して正社員になり若いうちから経験を積むことです。

未経験から就職できる求人が多い転職エージェントを活用することがポイントです。

すると将来は会社に縛られない自由に仕事ができる起業を成功させることができるでしょう。

高梨

正社員という安定した環境で夢の土台を作りましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる