ニート(年代別)

23歳無職ニートが正社員就職を叶えるための3つのコツと考え方

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「気がつけば23歳になってしまった。未だニート生活を続けててそろそろやばい気がする。」

「無職の上にニートなんて、この先正社員になることができるんだろうか。心配になってきた。」

こんな風に悩んでいる23歳の無職ニートも少なくはないでしょう。

ニート生活が長引けば、あらゆる不安に苛まれるのもわかります。

私は、就職サポートアドバイザーとして主にニートの皆さんが就職をする際のお手伝いをしています。

これまでに述べ300名ものニートと関わり、見えてきた就職のコツをご紹介していきましょう。

頑張って正社員になりたいと願う無職ニートの方は必見です。

23歳の無職ニートでもこれから就職はできるのか?

結論から言うと、無職ニートでも23歳であれば、十分正社員への就職をすることは可能です。

その理由がはっきり分かっていれば、より一層安心して就活ができるでしょう。

なぜ23歳の無職ニートでも就職が可能なのかをご紹介します。

まだまだ若いから

一般的に大卒の人は22歳ですから、23歳といえば大卒一年目と言う年代です。

たとえ高卒でニートになっていたとしても、23歳といえば、まだまだ20代の前半ですから

社会的に見れば若い世代です。

企業が正社員を採用する際に重点を置くのが若さでもあります。

なぜなら、若い人はこれから成長できる伸び代を多く持っており、体力もしっかりあるからです。

また、年齢が上がるほど余計な知識が増えますが、若いうちはフレッシュな感性とともに素直に吸収する力もあります。

こういった側面から、23歳の無職ニートでも十分に就職できる可能性があるのです。

雇用する際のコストが低いから

企業が人を採用するためにはそれなりのコストが必要となってきます。

年齢が高い人はスキルや経験があるため、採用コストが高くなることがほとんどです。

ところが23歳の人を雇う場合、人件費も30代の人と比べると抑えられルため採用コストも軍と下がります。

初めのコストを抑え、将来成長してくれる世代の人は企業としても重宝しているのです。

長く働いてくれるから

20代後半や30代で採用するよりも、23歳で採用した方がずっと長く働いてくれる可能性が高いと企業は考えます。

特に、企業との相性がマッチした場合は、その若さとポテンシャルを生かしてぐんぐんと成長しながら会社へ貢献してくれるイメージがつくのです。

長期的な目で見ても、23歳の無職ニートは十分に正社員になることができると言えるでしょう。

無職ニートからの就活は厳しいのは間違いない

23歳の無職ニートでも十分就職することは可能ですが、とはいえ一般的な求職者と比べればその道は厳しいことを覚悟して置く必要があります。

なぜ無職ニートからの就活が厳しいのかを把握しておくと、対策も立てやすいので確認しておくことをお勧めします。

経歴がないから

まず一般的な角度から見てニートは職歴や学歴がないため経験値の低い人と見なされてしまうことは否めません。

この事実は、就活をする際に一つのハードルとなることは理解しておく必要があります。

例えば、面接をする際には必ず大学中退をした理由を聞かれるでしょう。

もちろんニートだった期間にどんな生活をしたかも問われます。

しっかりと返答ができなければ、採用になることは難しいと言えます。

ネガティブになりがちだから

そもそも無職ニートの多くは、自分なんて就職できないだろうといったネガティブな考えを持っている人が多い傾向にあります。

就活においてネガティブな考え方は命取りとなります。

就活をしたいと言いながら、結局は自分の悩みの方に意識が向いてしまって、就活に関わる行動をなかなか取らなくなってしまうためです。

いつまでもクヨクヨと悩むのをやめて、ニートだった自分とは気持ちを切り替えることが就活においても非常に大切です。

人のせいにしがちだから

特に正社員で就職し、社会人になると自ずと責任感が必要になってきます。

これまで無職ニートだった人の多くは、ニートになった理由を社会のせいにしたり、家族の育て方が悪かったんだといったりと他人のせいにする傾向にあります。

ニートになったこと自体も自分の責任だったと反省し、次に向かう強い心がなければ就活自体にも影響が出てしまいます。

行動力が乏しいから

23歳まで無職ニートとして生きてきた理由の一つとして、行動力が乏しかったと言う人も少なくはないでしょう。

正社員への道を考えながらも、結局行動せずにニートを続けてしまったことが何度かありませんでしたか?

実際、正社員への就職を望む人はあなただけではありません。

多くの人が正社員を目指して就活をしている中で、行動力が足りないニートはなかなか就職できなくても当たり前です。

いち早く行動をし、一歩を進み出した人の方が先に採用されてしまいます。

だらだらした生活を改めて、行動する力を持って就活にはげむ姿勢が大切です。

23歳の無職がこれから人生やり直すための考え方

自分の人生を振り返り、これからやり直していきたいと考える23歳の無職ニートも多く見られます。

そのためには、ニートとして暮らしてきた考え方を改めて行かなければなりません。

どんな考え方にしていけば人生をやり直していけるのかを考えていきましょう。

自己肯定感を高める

ニートの中には、自己肯定感が低く「自分なんて」が口癖だと言う人も多くあるでしょう。

自己肯定感とは自分に対する評価のことをさし、そして自分自身を受け入れられているかどうかを表します。

自己肯定感が低いと、すぐに諦めてしまうようになったり、未来へ対する建設的な考え方ができなくなるのです。

ニートの多くは、一瞬人生をやり直そうと思っても、自己肯定感の低さゆえすぐに自分には無理だろうと決めつけ、再びニート生活に戻ってしまうこともよくある話です。

まずは今の自分自身を受け止めましょう。

そして、今日1日の行動に対して一つ一つ自分を褒めていくことをおすすめします。

自分もやればできるんだと言う感覚を少しずつ得ることができれば、素晴らしい未来を生きれるんだと言うことを少しずつ自分に許していけるようになります。

自ずと自己肯定感が高まり、十分に人生をやり直していくことができます。

謙虚になる

無職ニートの人の傾向として、驕りのある性質で家族や友人の意見を素直に聞けずに傲慢な態度を取ってしまいがちだという点が挙げられます。

しかし人生をやり直すにあたって驕りのある性格は大きな障害となってしまいます。

自分を過信することなく、謙虚な姿勢でまっすぐに受け止めることは非常に大切なのです。

その上で自分自身も人生をやり直せると言う自信を持っていきましょう。

感謝する心を持つ

ニート生活をしていると、家族がご飯を用意してくれたり、家事をしてくれたりすること自体も当たり前になってしまいがちです。

そのため感謝する心を見失っている人が多いのもニートの実情としてあります。

素晴らしい人生を生きる上で、感謝することは何よりも大切なことです。

まずは家族や身近な人からで構いません。

小さなことから一つ一つ「ありがとう」と言う気持ちを持って接していきましょう。

そのうちに、自分の人生が一人で成り立っているわけではないことがよくわかってきます。

家族はもちろん、食べている食材も着ている服も、何もかも多くの人が関わってあなたの元へ届いていることに気づくでしょう。

そうやって感謝を重ねることで、自分自身もその社会の一員であることに気づき、徐々に未来もひらけていきます。

自分に正直になる

本当は自分の意思や想いがありながらも、家族や友人の言葉や世間的な風潮に流されてしまい、自分に嘘をついた結果ニートにたどり着いたと言う人も少なくはありません。

「あの時自分の気持ちに正直だったらこんな風にはならなかったのに。」

ニートになってしまったことを、このように後悔している人も多くあるでしょう。

初めは小さなごまかしだったとしても、だんだんと自分に嘘をつくことが積み重なると、なかなか自分の本当の気持ちを出すのが難しくなるものです。

人生をやり直すためには、自分の気持ちに正直になることが大切。

勇気を持って少しずつ自分と向き合っていきましょう。

一つ自分の気持ちに正直になれれば、その次はもっと簡単に自分らしく生きる選択ができるようになります。

23歳が正社員就職を叶えるための3つのコツ

せっかく正社員へ向けて就活を頑張る気持ちが湧いたなら、できるだけスムーズに就職へ向かいたいものです。

23歳の無職ニートが正社員就職をするためには5つのコツがあります。

一つ一つを把握しておくと、引っかかることなく就職へと進みやすくなるので、チェックしておきましょう。

早めに行動を起こす

就職において若さは大きな武器となります。

年齢が若ければ若いほど有利になってくるわけです。

となると、1日でも早く就活のための行動をとることが得策であることは誰でも理解できるでしょう。

23歳の無職ニートの場合、あっという間に25歳になってしまいます。

23歳と25歳では就活においての条件も大きく変わるのです。

例えば、求人の種類も23歳、25歳、30歳と年齢が上がるにつれてどんどん減少してしまうと言う事実があります、

つまり、まだ若い今の段階から早く動き出した方が就職先の選択肢も多く、自分が望む仕事に付ける可能性が高くなるのです。

正社員になりたいと思ったならば、今すぐにでも行動を始めることが大切です。

視野を広く持つ

仕事を選ぶ際に案外邪魔になるのが業界に対する先入観です。

あの仕事は大変そうとか、この業界じゃないと働きたくないといった凝り固まった観念を持っていると、本当に自分にマッチする仕事を見逃してしまう可能性が高まります。

社会をよく見てみると、本当に様々な業種や企業があります。

まずは視野を広く持って、先入観をなくした状態で就活をしていきましょう。

自分が思っていたよりも楽しくできる仕事はたくさんあることに気づくことが大切です。

人手不足の職種を選ぶ

現代社会は、人手不足で悩む業界が多く見られます。

例えば介護や運送業などは、高齢化社会に伴い人手不足は悪化の一途をたどっています。

こういった業界は若くて元気な社員を一人でも多く雇いたいと言う傾向にあるのです。

そのため、求人の数も多く採用に対するハードルが下がっている可能性が高いと言えるでしょう。

とは言え、介護や運送業はきついといった印象もあるのも事実。

しかし、職場によってはしっかりとしたサポートを受けながらスキルアップしていける場合もありますので、まずは正しい情報を得て会社選びをすることをおすすめします。

未経験者OKの職種を選ぶ

人手不足の職種の多くは、スキルや知識がなくても働くことができます。

そのため、無職ニートで23歳といった若さの人でも十分に採用される可能性があるのです。

営業職や接客業、事務員なども意外と未経験OKのパターンが見られます。

今スキルがないとしても、その若さでしっかりと仕事を吸収し、経験を積んでいけば当然キャリアアップも望めでしょう。

一人で悩まない

ニート生活を送っている人は、そもそもネガティブな性質を強く持っています。

いくら正社員を目指そうと言う気持ちが湧いても、一人で悶々と悩んでいては結局また負のループに舞い戻る可能性も十分にあり得るのです。

そういった状況にならないためにも、一人で悩まずに誰かに相談することが大切です。

友人や家族に相談する

あなたのことを心配している人は、あなたが思っている以上にたくさんいます。

思い切って友人や家族に就職したいことを相談してみるのも一つの方法です。

就職をしたいと言うことがわかれば、多くの人が支えとなってくれるでしょう。

とは言え、就活自体は自分自身が行わなければなりません。

相談した上でも、しっかりとした意思を持つことは大切です。

転職エージェントを活用するがおすすめ!

家族や友人に相談するのも一つの手段ではありますが、プロの力を借りた方がよりスムーズに就職できるでしょう。

23歳の無職ニートが就活する際におすすめなのが転職エージェントを活用する方法です。

プロの就職アドバイザーが専任で担当してくれるため、内定まで二人三脚体制でサポートしてくれる無職ニートの強い味方です。

しっかりとした自己分析を行い、どういった性質を持っているのか、特技や弱みは何かなどを細かく把握した上で、職種や企業へと繋いでくれます。

一人で悩むよりもはるかに早いスピードで就活を進められるので、ぜひ活用したいサービスと言えます。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

諦めないで突き進もう!すぐに行動することが吉!

23歳の無職ニートだからといって、就職できないのではないかと弱気になるのはもうやめましょう。

今すぐに行動することであなたの未来は確実に開けていきます。

しかも、就職のプロである転職エージェントの力を借りれば、こんなに弱気だった自分が嘘のようにハツラツと働ける職場へとしっかりと繋いでくれるから安心です。

当然、未経験でも働けるところがたくさんあります。

悶々とした日々とはおさらばをして、思い切って一歩踏み出してください。

あなたのこれからの人生が素敵で楽しいものになるかどうかは、その一歩にかかっているのですから。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる