ニートの生活

ニートは何歳まで許される?いつまでが就職できる限界か

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

誕生日が来ると、いつまでニートなんだろうって不安になる…

ニートって何歳まで許されるんだろう。ニートでいられるのも限界かもしれない

ニート生活をしていると、このようにいつも不安や虚無感が訪れているのではないでしょうか。

どんな理由にせよ、働かないで生きていることに対する申し訳なさや家族に頼る生活が続いているのは精神的に辛いものがあります。

しかしニートはいつまで許されるのでしょうか。

黒田

この記事では大手金融企業でリクルーターを務めていた私がそんな心配を抱えた方のために、

  • ニートはいつまで許されるのか
  • 就職できるのは何歳までか
  • ニートのままでいるとどうなっていくのか
  • ここから就職するためにはどうするべきか

を解説していきます。

\正社員になれる年齢は30歳まで/

ニートが「許される」という表現はおかしな話なので、あなたが自分を許す限り、いつまでも続けることはできます。しかし、正社員になれる年齢は確かにあります。それは

おおよそ30歳くらいまで

です。30歳という年齢を境に途端に求人が少なくなります。30歳というのは普通だったらスキルアップや年収UPを考える年齢なので企業側も

  • 即戦力
  • 職種経験者

を求めるようになり、未経験者歓迎の求人はほとんどなくなります。またあなたが20代だとしても安心はできません。

企業というのは正社員未経験者の場合、「若さ」を重視するので若ければ若いほど採用されやすくなります。そのため、今すぐにでも就活を始めることが重要となってきます。

しかし

  • 就活のやり方がわからない
  • こんな自分でも雇ってくれるとこがあるのか不安

という方もいると思います。そんなときは就職支援サービス『ジェイック』を利用してみましょう。ジェイックではこれまで20000名以上のニートやフリーターの就職をサポートしてきました。

そのため、ニートやフリーターの就活ノウハウが豊富で、相談すれば、あなたの適職を見つけてくれるはずです。

ニートといっても今は全体的に人手不足なので、そういったサービスを利用すれば優良企業に就職することは十分に可能なのです。悩んでいるうちにどんどんと選べる求人が少なくなってきますので、まずは相談から始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/

そもそもニートの定義とは?

黒田

そもそもニートに定義ってあるのでしょうか。

ニートの定義は厚生労働省が出している若者雇用関連データによると

  • 就学・就労していない
  • また就職活動もしていない

15歳~34歳の人を指しています。

別名で「若年無業者」と言われています。

ニートとは英語で「NEET」と書きNot in Education, Employment or Trainingの略称になっています。

ちなみに専業主婦や家事手伝いなどはニートに含まれることはありません。

厚生労働省は2020年に発表した労働力調査ではニートの人口は約74万人にも達しました。

ニートに年齢制限はあるの?

上記で説明した通り、何歳までニートかというと15歳~34歳までの若者のことを指します。

35歳を超えるとニートとすら呼ばれなくなってしまうんですね。

35歳を超えた人は中年無業者、いわゆるただの無職と呼ばれています。

黒田

35歳を超えた人はニートとも言われず、ただの透明な存在になってしまうんですね。怖いです。

ニートは何歳まで許される?

黒田

ニートは35歳になると自動的に無職という扱いとなりますが、実際いつまで許されるものでしょうか。

親の目や親戚、友人から指摘される方もいると思います。

いつまで許されるのか気になるでしょう。

実際は拍子抜けしてしまうような内容というのが真実です。

そんな方のためにニートについての捉え方や、世間の感覚をご紹介していきます。

  • ニートを気にしているのは実はごく身近な人だけ
  • ニートであることは決して悪ではない

ニートを気にしているのは実はごく身近な人だけ

こんな書き方をすると怒られる方もいるかもしれませんが、ニートというのは現代では当たり前の存在になりつつあります。

先述した通り、すでに約74万人もの方がニートであることがわかっています。

つまり1000人に3人がニートということです。

東京ディズニーリゾートに訪れる数万人の中に数十人のニートがいるという計算です。

黒田

それくらい当たり前の存在になっていると言えるでしょう。

街中で日々すれ違う人の中にどれだけのニートが紛れ込んでいるか想像もつきません。

すれ違う人のことをニートだと思うでしょうか。

そうではないですよね。

過剰に反応しているのは自分だけということがあり得るのです。

もちろん家族や親戚は世間体などを気にして問いかけてくるものです。

しかし、街中で「あなたニートですよね」なんて言われた経験はありますか?

実はニートというのを気にしているのはごく身近な存在だけなのです。

\ニートからの就職率80%以上/

ニートであることは決して悪ではない

題名にもしましたが「ニートは何歳まで許される?」というのは悪意のない言葉です。

黒田

家族であれば当然心配しますし、友人も大丈夫かなという気持ちから声をかけてくれるのです。

ニートであることに罪悪感を感じているのは自分自身

です。

許されたいがために

いつまで許されるんだろう…

という質問が湧いてしまうのです。

しかし、自分の人生の選択を誰に許される必要があるのでしょうか。

親は、あなたを見守ってきたことや世間体があるためにそのようなことを言います。

ですが生み出したのは親自身ですから、ある程度わがままに振舞ってもいいでしょう。

大切なことはあなたが

ニートであることから変わりたい

と思っているかどうかです。

ニートは定義であって、決してそれで全てが決まるわけではありません。

悪のように定義されていますが、それ自体は無視していい内容です。

黒田

誰かに許されるのではなく、あなた自身を許してあげてください。

正社員になれるのはいつまで?

ニートから正社員になるのに明確な線引きは存在しませんが、

社会的にはおおよそ30歳まで

といえます。

実態として、30歳は会社としても仕事を覚えた中堅社員であって欲しいなどの希望や、今後の会社のキャリア候補などを見定める年齢だからです。

年齢的にもスキル的にも、30歳なると正社員になることは難しいと言えるでしょう。

その理由を詳細に説明していきます。

  • 30歳を超えると途端に求人が少なくなる
  • 30歳は本来、転職者のための転機である
  • 会社は30歳を機に、適したポストを考え始める
  • 22歳と30歳では学習コストの差が大きい
  • 若いからといって安心してはいけない

30歳を超えると途端に求人が少なくなる

黒田

30歳までならまだ将来性もありますし、世間では若者と言われています。

企業側も教育をして技術を教え込めばその投資を回収できることができます。

しかし、30歳を超えると途端に応募求人が少なくなります。

全くの「0」というわけではありませんが、あったとしてもブラック企業だったり、かなり胡散臭い仕事だったりとなにかとワケアリの求人が多くなります。

正社員に就職できなくても人生終了ということにはなりませんが、何か特別なスキルや資産などを持っていない限り、限りなく終了に近づいてしまうと思います。

\ニートからの就職率80%以上/

30歳は本来、転職者のための転機である

30歳という年齢をどのように捉えているでしょうか。

社会では30歳は転職をする人のための転機であると考えられています。

早い人では2回目のキャリアアップを図るための転職をする時期です。

そういった人たちの年収は平均年収をはるかに超えて、上位数%の世界に入っています。

そこに職歴のないニートが正社員として入ろうというのは、かなり厳しい世界です。

もちろん明確な線引きはありませんが、社会のあり方として正社員を捉えた時に30歳というのがどういう位置なのかもう一度考えてください。

30歳は正社員になるための時期ではないのです。

そういう意味で正社員になることが段々と苦しくなる時期、限界は30歳だということが言えます。

黒田

取り残されると考えると、怖いですよね。

会社は30歳を機に、適したポストを考え始める

通常30歳というのは仕事の内容を覚えた5年以上の中堅社員です。

会社としてはこれからの出世の柱や、金のなる木としての役割を求め始める頃合いです。

新入社員の教育担当であるとか、あるいは普段より大きなプロジェクトを任せるリーダー職になるなど、30歳を機にポストを与えることを考えます。

そこまでに会社に居る人材で、長く続けるであろう人材に目をつけるのです。

ということは30歳というのはひとつの区切りとして考えることができます。

「30歳になった人を今から入れて教育をして……」

などはコストもかかりますし、物覚えも新卒より良くないでしょう。

つまり会社が求める人材としては

  • 30歳までに正社員として活躍できる人である
  • かつ勤続年数もそれなりの年齢

であること。

黒田

30歳を過ぎるあたりから正社員になりにくくなるのはそういった会社の内情があるためなのです。

\ニートからの就職率80%以上/

22歳と30歳では学習コストの差が大きい

子どもの頃は記憶力が良く、定期テスト前は一夜漬けで覚えていくなどの経験があったかもしれません。

しかし歳を取るにつれて、記憶力は低下していきます。

もちろん反復練習を行うことで、解決することはできます。

しかし、学習コストというものがあり、ものごとひとつとっても覚えるまでの時間が倍になってしまったり、金銭もかかります。

黒田

会社はそういったことを加味し、将来を見据えて新卒を雇用するのです。

つまり、

  • 22歳の時点で正社員になった時のコスト
  • 30歳で正社員になった時のコスト

全く別ものになっています。

会社にとって都合がいいのはどちらの年齢でしょうか。

当然22歳の新卒の自分を採ってくれることでしょう。

将来を考えるのは自分も会社も同じ

だということを忘れてはいけません。

黒田

30歳からでは厳しい戦いを強いられるのはいうまでもないのです。

若いからといって安心してはいけない

ニートは30歳までなら正社員に就職できる確率はあります。

しかしかといって

よし俺は20代だからまだ大丈夫だ!

と安心してはいけません。

ニートという時点で就職活動がかなり不利になるということは覚えておいた方が良いです。

年齢が重なれば重なるほど企業側も取る際のリスクが大きくなり、採用してくれなくなります。

「22歳」と「26歳」。

黒田

どちらも社会経験が無く、ビジネススキルを持っていないニートだとしたらあなたはどちらを取りたいと思いますか?

\ニートからの就職率80%以上/

このままニートで居続けるととどうなるか

ここまでニートを悪ではないと断言してきました。

黒田

しかし、ニートで居続けるとどうなるのか、その現実をお伝えしなければなりません。

もしもいま、あなたが24歳だったと仮定して考えてみましょう。

自分の親や親族が自分を助けてくれる限界は何歳までですか?

社会復帰する時に困る年齢を知っておくことも大切なことです。

このままニートで居続けると一体どうなってしまうのでしょうか。

  • 親はいつかいなくなる
  • 社会復帰する時に職歴なしの存在として扱われる

いつまでもあると思うな親と金

ニートであることの定義を覚えているでしょうか。

おさらいしますが、34歳までの若者をニートと定義するとされています。

現在24歳だったとして最長10年ニートの場合、あなたが34歳の頃には両親が還暦を迎える可能性があります。

すなわち仕事をやめたり、セカンドライフが始まる可能性があるのです。

また、そこまで両親が生きているかもわかりません。

あなたが社会に戻る前に、親が自分を養うことができなくなる可能性があります。

時間はあっという間に過ぎるということを忘れない

24歳が30歳になり、34歳になるのはもはや時間の問題です。

中学生から大学生の終わりまでのたった10年をどのように感じたでしょうか。

実感では10年も経ったとは到底思えないようなスピードです。

それが24歳からとなると、あっという間に時間が経過してしまうでしょう。

そしていずれニートという枠から外れて無職という枠組みに入ります。

あなたは透明な存在の入り口に、いつでも立っているのです。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

社会復帰する時に職歴なしの存在として扱われる

いずれ社会復帰しようと考えている方はいるでしょう。

しかし、ニートでいる間になにをしていたのか、社会の目は厳しいです。

例えば病床に伏せっていたのであれば理由として成り立つでしょう。

ですが、理由もなく働くことから離れていた場合は、単純に職歴なしの存在となります。

その「空白期間」をどうしていたのか社会は知りたがるでしょう。

そんな時にどのようにしても、10年以上職歴のない存在としてみられると言えます。

黒田

社会的な目線を気にしないならよいですが、現実的なことも考える必要があるのです。

いずれ社会復帰するから

というのは本当はいつまででしょうか。

あなたが心の中で思っている年齢と職歴なしとして存在する年齢はどれくらい差がありますか。

1年で済むのか、数年か数十年かで、人生の価値が変わってきます。

  • 社会復帰するまでの期間の理由は明確に
  • そして意味ある理由で
  • いつまでなのか

をはっきりとさせておきましょう。

\ニートからの就職率80%以上/

就職したいと考えたのなら!

今までの話を聞いて就職したいと考えたのなら、思い切って就活をしてみるチャンスでもあります。

黒田

とはいえ、これまで引きこもってきたニートからすれば就活の方法すら分からず途方に暮れてしまいますよね。

そんな時におすすめな方法があります。

転職エージェントを活用してみよう

就職のプロとして就活をサポートするのが転職エージェントです。

転職エージェントでは専任のアドバイザーがつき、自己分析をしっかりとするところから始まります。

ニート生活に疲れ心を閉ざしてしまっている人にもじっくりと向き合い、

  • どんなことに疲れてニートになっているのか
  • 本当はどんなことをしていきたいと思っているのか

を一緒になって探ってくれるのです。

一人だとなかなか自分のことを観察することもできませんが、プロのアドバイザーがサポートしてくれることで、自分でも知らなかった本当の姿に出会える可能性が高まります。

その上で、自分自身の

  • 得意分野
  • 長所

を見出してくれ、マッチする企業へと繋いでくれます。

黒田

ここはしっかりとプロに頼むのが得策と言えるのです。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

ニートは時間との戦い、正社員になるなら今すぐ行動を!

ニートについての定義から、その実際までをお話ししてきました。

改めて言いますが、30歳までいくと正社員のへの道は険しくなる一方です。

あなたが以下のことをしている時間は「もったいない」こととも言えます。

  • フリーターとしての生活を模索する
  • フリーランスとしてやっていけないか考える
  • だらだらと就職活動に挑んでみる
  • 一発逆転の資格を習得しようと学習する
  • 30歳ギリギリになって行動する

ニートは常に時間との戦いです。

そしてニートが一人で普通に就活するとたいていは

  • 内定が獲得できないか
  • ブラック企業に入社して、すぐ離職

してしまいます。

そうならないようにもまずは転職エージェントに登録して面談を受けて相談することが一番大事です。

その分だけ早く、正社員になれる確率が高まるからです。

もちろんカウンセリングだけ受けることも大きな前進です。

そうすることで、いま抱えている焦りや、虚無感をなくすことができます。

黒田

あなた自身の道を切り拓くために、残りの時間をしっかりと捉えて行動しましょう。

\ニートからの就職率80%以上/

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ