職歴なし

30代職歴なしはハローワークを使うべき?【隠された5つの罠】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「気がつけばあっという間に30代。。ずっとニートだし職歴なしでやばすぎる。」

「ハローワークに行かなきゃと思うけど、実際のところ職歴なしの30代に役立つのだろうか。」

年月というのはあっという間に立つもので、ずっとニートで居たいなんて思ってなくてもすぐに30代はやってきます。

そうなると、焦りも感じてハローワークにでも行かないとという気持ちになるのもわかります。

私は10年間キャリアアドバイザーとして、たくさんのニートの悩みを聞き、就職へと導いてきました。

その経験から、30代のニートにとってハローワークが効果的なのかどうかをまとめています。

職歴なし状態から抜け出そうと動き出したあなたにぜひ読んでいただきたい記事です。

30代職歴なしの人はハローワークで一体何ができるのか?

就活といえばハローワークが頭に浮かぶという人も多いでしょう。

ハローワークは公共職業安定所が正式名称で、その名の通り公共施設ですから30代職歴なしの人でも活用することができます。

ハローワークの制度の中でも、30代職歴なしの人が活用できる就活方法をまとめてみましょう。

PCでも求人検索ができる

ハローワークにおける一番ポピュラーな就活方法です。

初めていくときは求職申込書に記入し受付を済ませ、ハローワークカードを発行してもらいましょう。

その後PCを使って求人検索をすることができます。

検索は、ハローワークwebサイトでもできるため気軽に活用することができるのがメリットです。

ジョブ・カード制度が使える

職歴なしの人や、正社員経験の少ない人を対象にした制度で、自分の経歴やスキルをジョブ・カードという書類にまとめて、自分の経歴を振り返り、それを元にアドバイスや支援を受けるといったものです。

セミナーや職業訓練を受けられる

ハローワークでは、求職者が活用できるセミナーや職業訓練を設けています。

コースによっては、条件次第で国家資格が得られるものもあり、うまく活用できれば就活に有効となる場合もあります。

\就職に不安を抱えているなら/

要注意!ハローワークに隠された5つの罠

確かにハローワークは、30代職歴なしの人にとっても一般的な就活方法として挙げられます。

しかし、ハローワークは一般的ゆえのデメリットが5つあります。

一つずつ確認して、ハローワークを利用する際にはくれぐれも注意しましょう。

ブラック企業が多い

ハローワークでは企業の掲載料が無料となっているため、募集企業の質が安定しないというデメリットがあります。

中には、ブラック企業も紛れ込んでいるため、職歴なしの人が就活に焦って求人に飛びつくと結果的に痛い目をみるというパターンもありうるのです。

カラ求人もある

ハローワークは一見すると求人が多く見えますが、それだけにチェックする体制が甘い部分もあり、実際には求人募集をしていなかったというパターンも見受けられます。

張り切って応募したのにカラ求人だったなんてことがあると、一気にモチベーションが下がりますよね

特に、30代の職歴なしという人は、なんとか重い腰を上げて動き出したわけですから尚更落胆する結果になるでしょう。

担当が変わる

ハローワークは基本的に窓口で受けたスタッフが、その都度その都度利用する人の対応をします。

つまり、ハローワークにいく度に違う人が担当となるため、一貫したサポートがなされない可能性が高いのです。

特に30代職歴なしという人にとっては、精神的なサポートやアドバイスも必要となるため、毎回違う人が窓口になると細やかなサポートが難しくなります。

モチベーションを保ちづらい

ハローワークの場合、ある程度の就活サポートはしてもらえますが、基本的には自分で就活をしなければなりません。

一人で就活していると、なかなかヒットする企業に出会えなかったり、日によってモチベーションがまちまちで就活する意欲が保てなかったりと、スムーズに動くことができなくなる可能性も高まります。

時間がかかる

ハローワークでは、最初の登録から早速時間がかかる場合があります。

公共の施設ということもあり、このご時世も重なって混雑している可能性が高いからです。

また、営業時間も限られている上、土日や祝日も休みですから、なかなかスムーズに就活が運ばないというデメリットがあります。

特に30代職歴なしの人は、できるだけ早く就職したいという思いも強いため、このタイムロスは大きな足かせになると言えるでしょう。

マッチングの精度が低い

基本的にハローワークの仕組みは、自分で仕事を探して応募するというシステムになっています。

そのため、企業の詳細を確認する方法は求人ページに書かれたものか、その企業のホームページを訪れるのみで、より具体的な内容を得るのが難しいのです。

ハローワークの担当者もそこまで詳しい情報を持っているわけではないので、本当に自分に合っている企業かどうかを客観的に確認することができません。

そうなると、求職者と企業とのミスマッチがおこる可能性が高まり、安心して続けられる企業に出会えないという結果になってしまいます。

\就職に不安を抱えているなら/

では30代職歴なしの就活において何を使えばいいのか?

ハローワークのデメリットがはっきりした今、30代職歴なしの人は愕然としてしまいますよね。

でも、ご安心を。

30代職歴なしの人が就活する上でオススメな方法があるのです。

それが、転職エージェントを利用するという方法です。

なぜ、転職エージェントが30代職歴なしの人にとって活用すべきサービスなのか、その理由をお伝えしていきましょう。

専任の担当アドバイザーがつく

30代職歴なしの人にとって、就活は非常にハードルの高い作業です。

しかも、長らくニート生活をしていたため自信がない人も多いでしょう。

転職エージェントでは、登録から内定確定まで専任のアドバイザーが担当してくれることになります。

そのため、不安に溢れる人に対しても、じっくりと向き合い一つ一つ問題や悩みを解消しながら就活をサポートしてくれるのです。

一人ぼっちではなく、二人三脚で挑めるんだ!という感覚は、絶大な力となってくれるでしょう。

ハローワークでは専任の担当者がつくことがありませんので、このような安心感は得られないと言えます。

自己分析をしっかりとしてくれる

就活において欠かせないのが自己分析です。

ハローワークでも行ってはもらえるのですが、専任担当者がつかないためその結果を細かく就活に生かすことが難しいのが現状です。

ところが、転職エージェントでは、専任アドバイザーによる自己分析を行ってくれるため、自分では気がつかなかったような深部まで探り、本当にやりたい仕事や得意分野、弱点などもしっかりと見つめることができます。

その上で、自己分析の結果を存分に生かした就職先を選び、繋いでくれるわけです。

ピタリとくる就職先ですから、ストレスも少なく長く続けられる仕事に出会える可能性が高いと言えます。

対応がスピーディー

転職エージェントは、公的な機関であるハローワークとは違い、民間が運営しているのが特徴です。

そのため、ハローワークよりもはるかに対応がスピーディーで、登録から内定までの期間もぐっと短くて済みます。

それも、専任担当者がつくことと、プロの転職アドバイザーが集中して職探しをサポートしてくれるからこそのスムーズさと言えるでしょう。

30代職歴なしの人にとって、スムーズに就職が決まることは非常に嬉しいポイントとなりますよね。

募集企業の質がいい

転職エージェントは、独自のルートで求人募集をしている企業と提携しています。

そのため、審査も厳しくハローワークにあるようなブラック企業がありません。

当然カラ求人もなく、安心して求人をチェックすることができます。

また、未経験OKの求人も数多く用意している転職エージェントもあり、30代職歴なしの人にとっても心強い味方となってくれます。

https://syu-katsugura.com/job-search-services-and-agents-for-neets-in-their-30s/
30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 「30代フリーターにも、使える転職支援はあるのかな」 ...

\就職に不安を抱えているなら/

迷わず転職エージェントでスムーズに就職しよう!

30代職歴なしの人が就職するためには、迷わず転職エージェントを活用するべきだということが伝わったのではないでしょうか。

ハローワークを頼ったとしても結局のところ、一人で就活をしているのと変わりません。

しかし、職歴のない人が一人で就活をすることほどハードルの高いことはないでしょう。

つい、就活をサボってしまったり、自信が持てないループに陥りやすいからです。

そんな時に、転職エージェントのようなサポートがあると、二人三脚で励ましてもらいながらの就活ですから、精神的にも非常にメリットがあります。

少しでも就活をしようという気持ちが芽生えたなら、すぐに行動に移すことをオススメします。

この記事を読み終わったら、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

未来が動き始めますよ!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ