ニートの就活

【脱ニート宣言】ニートを抜け出すための脱却術【成功への架け橋】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「脱ニートを目指したいけれど本当にニートから脱却できるのかな」

「ニートから抜け出すための道なんて本当にあるのだろうか」

このような疑問を抱えて悩んでいる人はいませんか。

ニートを始めてしまうともう脱却できないという話も聞いたことがあるかもしれません。

だからこそ脱ニートをする方法がないのではないかと思い込んでしまいがちになっています。

しかし、ニートから抜け出すのはやり方次第では可能です。

多くのニートの人から脱却して社会で働きたいという相談を受けてきた私としては、本気で抜け出そうと心に決めた人ならきっとできると思っています。

この記事では脱ニートの成功の架け橋となる脱却術を紹介します。

【脱ニートマニュアル①】ニートになってしまう原因を知ろう

脱ニートを達成するための最初の一歩は、なぜニートになってしまうのかを理解することです。

原因がわかれば抜け出す道を見つけられる可能性が切り開かれます。

まずはどのような理由でニートになってしまう人が多いのかを見ていきましょう。

就活で失敗してしまった

ニートになる原因として最も典型的なのは学生のときに就活で失敗したからです。

学生のときに新卒採用枠でエントリーしてみたものの、内定を獲得できずに一年が終わってしまうケースはしばしばあります。

それ以降も就職のチャンスがあるのは確かですが、本気で取り組んだのにどこも採用してくれなかったのが原因で自信を失ってしまいがちです。

無気力になってしまって就活もできず、アルバイトすらしようという気持ちが生まれてこなくなるのがよくニートになってしまっているパターンです。

内定辞退をしてしまった

ニートになったのは社会人になって働くことに不安があったのが原因の場合もあります。

内定を獲得したのに辞退してしまう新卒の人も増えてきています。

内定をもらってから他の内定者や企業の人と話をしているうちに、自分が本当にこの会社に入社して大丈夫なのだろうかと不安になってきてしまって辞退しているケースが目立ちます。

圧倒されるようなモチベーションを持っている同期がいたり、強い期待を持っている企業の人がいたりするとプレッシャーを感じがちです。

その結果として辞退するだけでなく、そもそも自分は社会人として働くのに向いていないのではないかと思い込んでしまう傾向があります。

そのため、ニートとして何もしないまま日々を過ごしてしまっているのです。

やむを得ない事情があった

人によってはやむを得ない事情があってニートにならざるを得なかった場合もあります。

就職活動のタイミングで怪我をして入院生活をしなければならなくなったり、重篤な病気になって安静にする必要が生じたりするケースがあります。

また、親の自宅介護をしなければならず、働けない状況になったという事例も少なくはありません。

怪我や病気が治ったり、介護の必要がなくなったりしたら就活を始めることはできます。

しかし、新卒の就活と違って周りに同じように就職しようと頑張っている仲間がいません。

そのため、何となく就職を先延ばしにしてしまい、ずっとニートを続けてしまっている人もいます。

\就職に不安を抱えているなら/

【脱ニートマニュアル②】脱却したいけど抜け出せない人の特徴を知ろう

本当にニートを抜け出そうとしているのにどうしても抜け出せない人もいます。

ニートを脱却するためにはそういう人の特徴を知って対策を立てるのが大切です。

どのような特徴を持っているのかを詳しく見てみましょう。

自信を持てない

自分に自信を持てない人はニートから抜け出せずに悩み続けている傾向があります。

就活で失敗したり、内定者や会社の人からのプレッシャーを受けたりして自信を失うと就職したくないという気持ちが生まれがちです。

それがあまりにショックで立ち直れないのが原因で無気力状態になってしまいます。

もともとプライドが高かった人ほど立ち直れず、気持ちを前向きにできなくなりがちです。

人生を左右するような挫折の経験を学生までの間に経験していなかった人も大きな衝撃を受けやすい傾向があります。

将来の夢がない

将来の夢を持っていないのも脱ニートをできずにいる人に共通しています。

前向きな気持ちを持っていないとニートから抜け出すことはできません。

気力を奮い立たせて就職しようと思うには、その先に明るい展望がないと難しいでしょう。

将来にこうなりたい、こんな生活を送れるようになりたいという夢があると気持ちを切り替えられるようになります。

ニートになってしまってもう叶えられない夢になったと思うかもしれません。

それでもやはり夢を叶えたいという気持ちが生まれてきた瞬間に脱却の道が切り開かれます。

全く夢を抱かずに目の前のことばかり力を注いできた人は就職できなかったために何をすべきかがわからなくなってしまいがちです。

そのままニートを続けてしまい、先へ進む気持ちが湧かずに月日が経ってしまいます。

自分だけで考え込む

人にあまり相談せずに自分だけで物事を考える人もニートから脱却できなくなりがちです。

就活に失敗した場合には一人で考えていると考えがネガティブになりやすく、二度と就職できないと思い込んでしまうリスクがあります。

ニートは就職できないという噂を聞いたときにも本気で信じ込んでしまうでしょう。

やむを得ない事情があってニートになった人も、他の人にニートの就職事情を聞いてみないと本当に働ける可能性があるのかがわからず不安になります。

家族や友人などの身近な人に気軽に相談できるとニートを脱却できると信じる気持ちが強まります。

しかし、自分の世界に閉じこもってしまっていると何も新しい情報が入ってこないので脱ニートの道を見出すことすらできません。

ネット上に流れている怪しい情報にばかり目についてしまって不安ばかり大きくなってしまう場合も多いのが実態です。

\就職に不安を抱えているなら/

【脱ニートマニュアル③】抜け出す人の特徴を知ろう

今度は逆にニートから抜け出すのに成功している人に共通している特徴を見ていきましょう。

抜け出せない人の特徴と対比してみると何をすれば良いかがわかってきます。

脱ニートに成功している人にも色々なタイプがいるのは確かですが、ここでは多くの人に共通している特徴を紹介していきます。

自分を管理できている

脱ニートに成功する人は自己管理ができています。

自分のことを客観的に見つめてどういう状況なのかを把握し、何をすべきなのかを冷静に考えられる人は自力でニートを抜け出すのに成功しています。

ただ自己分析をできる力があったとしても、感情を制してやるべきことのために行動を起こせる自己管理力がある人でないと自力での脱却は簡単ではありません。

大きなショックを受けた状態から立ち直るには相当な精神力が求められるからです。

ただ、少しでもニートを抜け出したいという気持ちが生まれてきたら、客観的な視点から何をしたら良いかを考えられるのでスムーズに脱ニートができます。

健康管理などもできる人なら就活もトラブルなく進められるので短時間で就職できているケースも多々あります。

ポジティブ思考がある

ニートから抜け出せる人はポジティブな思考を持っています。

だらだらとニートを続けてしまう原因として大きいのは何をするにもネガティブ志向になっているからです。

就職した方が良いのかなという発想が脳裏をよぎったとしても、いや自分には無理だからやめようという気持ちがすぐに生まれてきてしまうのです。

しかし、ポジティブな思考を持っている人はやってみなければわからないから挑戦してみようという気力を奮い立たせられます。

多少の失敗をしても良い教訓だったととらえて、次のチャンスを生かそうという気持ちを持つことができます。

ニートになったときにはあまりにも気が落ち込んでいて何も行動に移せない状況だったかもしれませんが、気持ちが落ち着いてくるとすぐに就活を始められます。

周囲に悩みを相談できる

自分の悩みを他の人に相談できる人はニートからの脱却に成功しています。

家族でも友人でも気軽に相談できると、ニートになってしまってこの状況ではまずいから何とかしたいと言って意見を聞けます。

働く気力がない、就活する意味がわからないなどといった状況でも、周りに話を聞いてみると考え方が変わる可能性があるでしょう。

ニートから抜け出すための方法を教えてもらえることもあります。

もしかするとニートの経験がある友人が見つかり、どうやって脱却したのかを伝授してくれるかもしれません。

不安があったら周囲に相談して解決しようという発想を持っている人は、支援を受けてうまくニートから脱却しています。

自信を失ったときほど相談して進むべき道を他の人に示してもらうのが大切です。

\就職に不安を抱えているなら/

【脱ニートマニュアル④】脱却への第一歩は行動あるのみ

これからニートからの脱却を目指すならまずは行動を起こしましょう。

第一歩は行動と肝に銘じることが成功につながります。

なぜ脱ニートにはまず行動から始める必要があるのでしょうか。

情報が増えて視野が広がる

まず行動を起こす必要があるのは、自分だけで部屋に閉じこもって考えていても何も状況は変わらないからです。

一人きりで考えていても自分が持っている知識の中でしか判断することができません。

周囲の話を聞いてみると新しい情報が入ってくるので、脱ニートは無理だという考え方も変わってくるでしょう。

話を通して仕事について理解すると、実は仕事は楽しいのではないかと思うようになることもあります。

自分で仕事の情報を集めてみると、これなら自分でもできそうだと思えるものが見つかるかもしれません。

このような形で信頼できる情報に手を出していくと、今後の生き方をもっと広い視野で考えられるようになります。

そのためには待っているだけでは始まらないので情報収集に励まなければならないのです。

新しいものに出会える

脱ニートのために行動が重要なのは、新しいものに出会う機会がないと意欲が生まれにくいからです。

情報を集める以外にも旅行に出かけるだけでも良い可能性があります。

旅先で農家の人が働いているのを見て、自分も農業をやってみたいと思うこともあるでしょう。

その際に農業体験参加者募集といった看板を見たらすぐにやってみようと考えるかもしれません。

このような新しいものに出会う機会を作り、具体的に脱ニートをして何を仕事としていくのかを考えられるようにするのが大切です。

実際に足を踏み出して世の中を見てみるときっと魅力的なものを見つけ出せます。

漠然とした気持ちでいつも同じことをして無駄に時間が過ぎていってしまうのはニートに共通する問題点です。

ニートから抜け出すためには普段とは違う観点で行動することが必要だと心しておきましょう。

気持ちの切り替えのきっかけになる

行動によって気持ちが切り替わるきっかけを見つけられる可能性が高いのも重要なポイントです。

世の中を見て回ってみるととてもつらそうな仕事をしているの一所懸命に働いている人もいるでしょう。

大きな駅の周辺ではホームレスの人が寒さを凌いでいるのを見るかもしれません。

このような厳しい現実を見てみると、やりたい仕事を見つけて必死に就職しなければならなという気持ちも生まれてくるでしょう。

一方でシニアの方が自営業で楽しそうに仕事をしているのが目に入ることもあります。

老後も楽しく働けるような道もあるということに気付き、今から頑張ろうという気持ちが生まれてくるかもしれません。

このような刺激を受ける機会を手に入れるには行動を起こすことが不可欠です。

\就職に不安を抱えているなら/

【脱ニートマニュアル⑤】抜け出すためには考え方から変えていこう

ニートから抜け出すためには今まで持っていた考え方を変えることが大事です。

今まで挙げてきた脱ニートに成功する人や失敗する人の特徴を振り返ってみると、どんな考え方が必要かを理解できます。

具体的にどんな考え方が必要なのかを見ていきましょう。

活躍場所がきっとある

自分が活躍できる場所はきっとあると前向きに考えるのがまず大切です。

就活で失敗した経験があると自分は社会で必要とされていない人間だというほどに落ち込むこともあります。

ニートから脱却するにはその考え方を変えて、自分の活躍場所を探し出そうという気持ちを持つのが肝心です。

就活のときに受けた企業は世の中にある企業のほんの一部です。

あなたが知っている仕事の種類は氷山の一角でしかありません。

もっと幅広く仕事や企業を探してみるときっと自分にベストな職場が見つかります。

できるだけこだわりを捨てて多くの候補を集めていき、一つ一つ丁寧に仕事の内容を確認して自分に合っているものを見つけ出しましょう。

自分の生き方を受け入れる企業がある

自分なりの生き方を認めてくれる企業や職場環境が必ずあると信じるのも重要です。

ニートの経験が長いとだんだんと普通の社会人の生活とはずれが生じてしまいます。

その生活を元に戻して一般的な社会人と同じ働き方をするのはつらいと思っている人もいるでしょう。

しかし、政府の推進する働き方改革のお陰でワークスタイルも多様化してきています。

また、もともと特殊な時間帯に働かない仕事もあります。

グローバル化が進んでいる影響で多様な生き方や文化を受け入れる体制が整えられてきているのが現状です。

自分なりの生き方、働き方を受け入れて、喜んで迎え入れてくれる企業もきっと見つかると思いましょう。

その出会いがあるまで必死に探すと決めてかかれば脱ニートも夢ではありません。

ニートも採用する企業がある

ニートでも必要としてくれる企業がたくさんあるという考えを持つことも肝心です。

ニートは世の中で必要とされていない、ニートになったら二度と就職不可能という話を聞いて諦めている人はたくさんいます。

しかし、実際には魅力がある人ならニートでも採用したいと考えている企業も増えています。

新卒の採用に失敗したり、内定者が辞退してしまったりしているケースが多発しているからです。

それなら学生でなくてもまだ若い人を探して採用しようという発想が生まれるのも当然でしょう。

ニートだからといって特別に不利になるわけではありません。

魅力的な新卒と同じように、前向きで企業に貢献してくれる意欲がありそうな人なら喜んで迎え入れてくれます。

このような社会状況を踏まえてニートも就職できると信じて就活に踏み切りましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

【脱ニートマニュアル⑥】脱却するために具体的な行動に落とし込もう

考え方も改めることができたら後は本当に歩み出すだけです。

具体的な行動に落とし込んで前に向かって進めばきっと脱ニートを達成できます。

どんな行動を起こしたら良いのかを確認しておきましょう。

 身近な人と相談する

まずは最も身近にいる家族と相談をしてみましょう。

親も兄弟もいつまでニートを続けているのかと腹を立てているかもしれません。

しかし、本心としては就職できない状況で困っているのではないかと心配していることもあります。

身近にいて相談しやすいのは家族なので、これから本気で脱ニートを目指すと宣言しましょう。

その決意の強さが伝われば、ニートになったのが原因であまり親子関係が良くなくなってしまっていたとしてもきっと風向きが変わります。

就職活動に向けてサポートをしてくれる可能性もあるので、腹を割って話をしてみるのが大切です。

 仕事の情報を集める

脱ニートをするには仕事を探さなければなりません。

情報を集めてどんな仕事をしたいかを考えてみましょう。

仕事の情報は求人サイトを使って求人情報を見たり、特設記事を見て興味のあるものを探したりするのが比較的簡単です。

また、地域で実施している若者向けの就職相談窓口に申し込んでみるのも良いでしょう。

ハローワークやその付属施設で気軽に仕事について相談できる地域が増えてきています。

公的サービスなので客観的な立場から情報提供をしてくれるという点でも安心です。

一般的には費用もかからず、予約もあまり混雑していないので気軽に情報収集に活用できます。

ハローワークでは職業訓練のサービスもあるので、自信がなくて困っている人は利用を検討してみると良いでしょう。

職業訓練は特定の職種で働くときに求められている技術や知識を学べるサービスです。

怪我や病気が原因で障害が残っているときには特に役に立つ支援サービスなので相談してみましょう。

 就職支援を利用する

就職支援サービスを最大限に活用するのも大切です。

電話やメールでまずは登録をしてカウンセリングを受けてみましょう。

民間で行われている就職支援サービスは就職活動の事前準備から入社までずっとサポートしてくれます。

サービスによっては入社後のフォローまでしてくれるので、本当にこの会社で大丈夫なのかという不安があったとしてもまず働きてみることができます。

自分に合っている仕事の候補を探すにも、応募の仕方のコツを教わるにも適している方法です。

就活エージェントや転職エージェントが代表的なサポートサービスなので候補を探して申し込んでみましょう。

このようなエージェントサービスではメールや電話で気軽にいつでも相談できます。

対面で面談をして不安を打ち明けることも、これからの就職活動のプランを立てることも可能です。

親身になってカウンセリングをしてくれるのでニートを抜け出す気力も芽生えてくるでしょう。

求人への応募の仕方や選考の受け方も教えてくれるので安心です。

自信をもって就活に取り組めるようになるのでまずは気軽に相談してみましょう。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

脱ニートのために行動を起こそう

ニートを抜け出すのは無理ではないかと思っていた人も、この脱ニートマニュアルに従って取り組めばきっと就職して働けるようになります。

ニートのままでいるといつも不安に駆られてしまいますが、就職すればきっと夢を追う日々がやってきます。

その希望を胸に抱いてまずは行動を起こしましょう。

家族には相談しづらいという人も転職エージェントなら喜んで対応してくれます。

ニートを抜け出したいという気持ちが芽生えてきた今を逃すと、なかなか相談しようと考えられなくなってしまうかもしれません。

このタイミングを逃さずに転職エージェントに連絡をしてみましょう。

きっと脱ニートをして明るい社会人生活を送れるようにするために最大限のサポートをしてくれます。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ