既卒のその他

就活失敗した人のその後の人生の末路とそうならないための打開策

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「就活に失敗したなんて、まさかの出来事だよな…。」

「まだ受け止め切れないし、その後の人生は?末路は?不安だらけだ。」

就活に失敗して周りから取り残されてしまった、そう感じている既卒の方は多いですよね。

私も就活に失敗して、その後の人生に不安を感じながら過ごしていました。

しかしながら、既卒で採用されて現在は管理職を務めています。

採用面接では、多くの就活に失敗した既卒の方と関わり、その後の人生も見てきました。

この記事では、就活に失敗した後、悲惨な末路を回避する対策をご紹介します。

就活に失敗したらその後の人生の末路はどうなる?

就活に失敗した場合、その後の人生はどうなるのでしょうか?

内定を得られなかった学生は、全体の2割を超えていて、決して少ない数字ではありません。

就活に失敗した後、フリーターをしながら就活を進めるのが主流ですが、時間が経つほど状況は厳しくなります。

近年ではコロナ禍の影響もあり、以前に比べて就職活動の機会が減っている状況も気になります。

そこで、就活に失敗した場合、その後の人生と末路がどうなるのか解説していきます。

就活失敗後、20代ではフリーター生活に流され、転落の兆しが見えはじめる

就活に失敗した後、20代のうちはフリーターやニートとして過ごしていても、世間的には成立できます。

なぜなら、同じ状況の人は案外多く、フリーターに対する認知度も向上しているため、周囲からの理解を得やすいからです。

最近では、就活に失敗した後も「既卒3年までは既卒」という認識が高まっているので、気持ちの余裕も残ります。

また、その後の人生、末路という言葉を意識はしても、まだ現実味は薄い時期です。

 その為に、フリーター(ニート)生活に流されていく人が多く見られます。

就活に失敗した20代フリーターが流される理由

それでは経済的にはどうでしょうか?

20代なら、フリーター生活でも新卒採用された人に比べて、収入面で格差は生じません。

むしろ、バイトリーダーどの役職がつくので、フリーターの方が稼いでいることも珍しくありません。

さらに、慣れた職場でストレスは少なく、勤務時間も自由に選択できるので楽しく過せるのです。

正社員と違って、新たに覚える仕事や社会人としてのマナーなどに悩む必要もありません。

そのために、自由な環境に流されてしまいます。

そして、20代後半になると状況は変わり、徐々に正社員との差が見えてくる時期になり、転落の末路が見え始めます。

30代以降では生活の維持がきつくなり、限界を感じる

就活に失敗した後、30代になると「その後の人生末路」が見えてきます。

20代までは正社員の友人たちと比べて、ズレを感じる要素は少なくて済みました。

しかしながら、30代になると、収入も環境でも差が生じます。

端的な例が結婚というイベントです。

正社員と違って、フリーターや無職では将来が見えないので、結婚に踏み切れる状況ではありません。

そこから、「将来の不安が現実として訪れる時期」に差し掛かります。

低賃金なフリーター生活の限界に行き当たる

30代になると、正社員との収入格差が表面化してきます。

正社員の賃金は20代後半から上昇していく傾向ですが、フリーターですと横這いのままということが分かります。

フリーター生活では収入が増える見込みはなく、結婚や住宅の購入もままならなくなります。

キャリアとともに役職の上がる正社員と違い、フリーターのポジションは変わらないまま。

そうなると、友人たちとの価値観のズレが生じ、人間関係も限られた狭い範囲に留まります。

30代のフリーターは貯蓄も見込めず、今の生活を守る事で精一杯という状況に追い込まれていきます。

40代でフリーターは人生の末路に

就活に失敗したその後の人生も、40代になると末路が明確化してきます。

まずは、フリーターとして仕事が減る一方という状況を迎えます。

同じ仕事なら20代を採用することが普通ですし、何より募集の案件が限られてきます。

また、親の高齢化や死別によって、今まで得ていた援助は受けられません。

また、介護の必要が生じた場合は、シフトに入る機会も減り収入は減る一方に。

今までの住居からも追われ、生活保護などに頼るしかない状況を受け入れる人生を迎えます。

\就職に不安を抱えているなら/

一度就活失敗したからといって人生終わりなわけない!

思いがけず就活に失敗して、その後の人生に不安を感じますよね。

このまま30代、40代と、悲惨な末路を迎えるしかないのでしょうか?

そんなことはありません!

一度就活に失敗したとしても、再チャレンジは十分可能です。

コロナ禍の現状では、求人も以前に比べ減少に転じています。

それでも人手を欲している企業は全体で30.4%という状況なので、チャンスはまだあります。

ここでは、就活に失敗した後も、人生終わりではない根拠をご説明します。

参考:帝国データバンク 人手不足に対する企業の動向調査(2020年7月) 

フリーターは意外と多く、過ごし方次第ではプラスになる

就活に失敗した人は2割を超え、そのまま卒業するケースも多くなっています。

また、一度就職したものの、早い時期に離職してしまう人も多く存在します。

その場合、ほとんどがフリーターとして活動しているので、人数は意外に多いのです。

また、フリーターに対する共感度は、下がってきているとはいえ「ややそう思う」と共感に近いとの結果が出ています。

参考:労働政策研究・研修機構(JILPT)「第4回 若者のワークスタイル調査」

この背景を受けて、フリーター期間で得た経験をプラス評価する企業も増えています。

また、非正規から正社員登用を実施している企業もあります。

20代であれば、フリーター期間を有意義に過ごして企業にアピールできるのです。

卒業後の3年間は「既卒」として扱われる

就活に失敗した後、卒業しても3年間は既卒として扱う企業が増えています。

平成22年に厚生労働省は、卒業後3年間は新卒として扱うように通達を出しています。

参考:厚生労働省通達 平成21年5月22日

全ての企業が採用しているわけではありませんが、近年は若年層の離職が増えていますので、企業側も既卒を積極的に採用しています。

つまり、この期間を有効に活用すれば、スキルや資格を問われることなく、新卒として就活が可能です。

在学時の就活経験を活かして、余裕を持って就活に臨めます。

就活に失敗しても既卒として巻き返しが可能なので、悲惨な末路は回避できるのです。

終身雇用の崩壊と転職市場の拡大

長引く景気の低迷と、働き方の意識改革が浸透したことにより、終身雇用という手法は過去のものになりつつあります。

今では、新卒として就職できたからと言って、安定した昇給は約束されていません。

企業側で約束したくても、将来的な情勢の変化で意味を持たなくなっています。

そうなると、「就活の成功」と「就活に失敗」したことの違いはさほど感じない時代です。

さらに、転職市場は拡大し続けていて、就活生も転職の可能性を考えながら活動している人も多いのです。

ちなみに、20代前半で転職を決めた人の数は、2009年から2013年の平均を1とした場合4倍近くにまで増加しています。

そうなると、企業側も魅力的な人材であれば、既卒者のニーズも十分検討に入れていることが伺えます。

参考:若手の中途採用・転職意識の動向 | リクルートキャリア – Recruit Career

\就職に不安を抱えているなら/

就活失敗の原因を考えよう

就活に失敗したと落ち込んでいても先には進めません。

内定を得られなかったことには、必ず理由が存在しています。

そこで、自分がなぜ内定を得られなかったのか、原因を受け止めて分析する必要があります。

就活に失敗した原因は、主に以下の通りです。

  • 提出書類が雑
  • 過度な大手志向・企業研究が不十分
  • 面接マナーが不十分
  • 自己分析が不十分

ここでは就活に失敗した原因を解説していきます。

提出書類が雑である

就活に失敗した人に多いのは、「提出書類が雑」であるケースです。

就活生にとって、企業へアプローチする第一歩は「履歴書」「エントリーシート」など応募書類です。

大手企業はいうに及ばず、中小企業でも、数十通を超える書類が届きます。

採用担当者には応募書類しか判断する基準がありません。

その中で、手書き部分の文字や、書類そのものの扱いが雑であれば、人偏性はマイナスに評価されてしまいます。

雑であったり、汚れていたり書類は読む気にもなれません。

また、Wordで作成した書類も、内容が就活サイトの使い回しや、内容が応募企業にそぐわないモノでは姿勢を疑われてしまいます。

数多くの学生から寄せられる応募書類から、自分の熱意と個性を伝える努力を心掛けてください。

過度な大手志向・企業研究が不十分

就活に失敗した人は、アプローチする企業を大手に限定しすぎている傾向があります。

知名度や何となく安心、親が勧めるからなどという志望動機では、大勢のライバルに勝てる要素はありません。

採用企業に対して熱意が伝わる事はなく、選考から落ち続ける結果が出るだけです。

本気で採用を目指すなら、自分が採用後にどのような形で貢献できるのか、そのために部署はどこを希望するのか。

そういった具体的なイメージが湧かないままでは、面接での質問に対応できません

つまり、OB訪問などの企業研究が十分でないことが原因ということです。

何故この会社なのか、この様に働きたいという、志望の動機を組み立てる必要があります。 

面接マナーが不十分

面接のマナーが不十分で常識を疑われて、不採用になるケースです。

入室時のノック回数やお辞儀、着席などの基本的なマナーを外していると、得意先へ訪問する際にも失礼になります。

当然、採用担当者が疑問を感じないはずはありません。

入社後に指導するという考え方もありますが、面接の際に既に出来ている学生が多いとなれば、不採用になるのは必然。

また、暗い表情、会話の受け答えが的確でないなども、社会人として重要なコミュニケーション能力を疑われてしまいます。

面接は採用に直結する重要な場ですから、模擬面接の機会を活用するなどの対策は万全に行う必要があります。

自分の受け答えを録音・スマホで録画するなどの対策が必須です。

自己分析が不十分

就活に失敗した中で多いのは、自己分析が不十分で企業にアピールできていないケース。

自己分析が足りてないと、当然ですが満足な自己PRはできません。

この場合は、周囲に流されて応募したケースが多く、熱意や意欲がアピール出来ないのは必然と言えます。

就活を行うなら、初めに「自分と向き合い、何に興味があるのか?働きたい職種は何か」を明確にする必要があります。

自分だけの力で気づきにくい場合は、自分をよく知る先輩や友人のアドバイスに耳を傾けることが有効です。

この様な自己分析が出来ていないと、そのl後の人生は悲惨な末路となってしまいます。

\就職に不安を抱えているなら/

就活失敗した人がこれから就活成功させるための打開策とは?

就活に失敗した人でも、その後の人生や末路を悲観する必要はありません。

もちろん、楽観して無為に過ごしてしまうと、先に解説した末路を迎えてしまいます。

しかしながら、悲観する必要はないこともご紹介したので、今後は状況を打開していきましょう。

企業では、卒業後3年までは既卒として、新卒と同じように扱う流れが定着しています。

また、既卒者も採用したいという企業ニーズは高まっています。

その背景には「若年層の早期退職」や、採用後の「人材教育が思うように効果が出ない」と感じる企業が増えていることがあります。

未経験やスキルが不足していても、人柄や可能性を重視して採用してくれることが、既卒者にとって追い風となっています。

バイトや派遣から正社員昇格を狙う

就活に失敗した後、フリーターとして慣れた環境でバイトを続けると、どうしても居心地の良さに流されてしまいがちです。

 今までの環境やバイト仲間から距離を置き、正社員登用のある採用案件に応募する選択があります。

この場合は、「契約社員」「派遣会社に登録」という道があり、いずれも採用のハードルは低めです。

採用されて最短では半年、長ければ数年かかりますが、働きぶりが評価されれば正社員登用されます。

会社の水が合えば、仕事内容や人間関係を熟知した状態で正社員になれるのがメリット。

ただし、即戦力としての採用なので、能力が低いと評価されれば契約終了されてしまいます。

難度の高い資格を取得してアピールする

就活に失敗して卒業したら、再チャレンジのために、自己分析や企業研究、面接対策する必要があります。

ただし、一度失敗している上に、既卒の立場での就活は厳しいものがあります。

そこで、難易度の高い資格を取得すれば、即戦力として強力なアピールが可能に。

もちろん、前向きな姿勢も評価されやすくなります。

ただし、司法書士や会計士、税理士などの資格は数年がかりですし、合格の保証があ りません。

公務員も競争率は高く、かなり厳しい戦いを覚悟する必要がります。

現実的に取得可能な資格は「社会保険労務士」「日商簿記2級」「宅地建物取引主任者」あたりです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、求職者が抱える様々な悩みに耳を傾け、無料で転職をサポートしてくれるサービスです。

「自分の強みがはっきりしない」「履歴書や面接に不安を感じる」など、悩んでいる人も多いでしょう。

そこで、転職エージェントを活用すれば、既卒の採用率は34.4%から80%以上と飛躍的に向上します。

めまぐるしく変化する転職市場の中で、単独で就活を進めるのは大変ですが、転職エージェントはプロの視点で企業選びをアドバイスしてくれます。

履歴書、自己PRシートの添削が受けられる

転職エージェントを利用するメリットは、履歴書、自己PRシートの添削やアドバイスが受けられる事です。

内定が得られなかった人は、総じて書類の記入に難があり、相手に十分な伝え方が出来ていない事が見受けられます。

どの様に書けば好印象になるのか、自分のPRポイントの上手な書き方をプロの視点で添削してくれるのは心強いですよね。

書類選考が免除されて面接からのスタートが可能

就活に失敗してしまった人にとって、書類選考は大きな壁として立ちはだかります。

在学当時でさえ苦労したのに、既卒となった状況では不利な勝負を強いられるのは目に見えています。

ところが、転職エージェントを利用して企業にアプローチすれば「書類選考は免除」されて、いきなり面接からのスタートが可能になります。

エージェントによっては、書類選考不要の面接から始まるイベントを開催していることもあります。

企業研究や自己分析、面接のアドバイスが受けられる

就活に失敗して、既卒になると大学から得られる情報も少なくなり、企業研究が思うようにできなくなります。

また、自己分析や面接の対策も、自分ひとりで行うには難しく限界があります。

そこで、転職エージェントなら十分な時間を使って話しを聞いてくれて、自分にあった企業や、自分に向いた仕事内容などをまとめてくれます。

さらに、模擬面接も行っていますので、面接愛策も客観的な視点でアドバイスが得られます。

エージェントが持つ非公開の求人を紹介してもらえる

転職エージェントに登録すると、公開していない「そのエージェントだけが保有している非公開求人」の紹介を受ける事ができます。

この求人には魅力的な案件が多く、この紹介を受けられるだけでも転職エージェントに登録する価値があります。

この求人は、エージェントとの面談の中で、じっくり話を聞いてもらった中で進めてくれるので、マッチング率は良好。

また、ほとんどのエージェントは「実際に企業の様子を確認している」ので、ブラック企業に当たる可能性も回避できます。

給与の交渉を代行してくれる

転職エージェントに登録するメリット5つ目は、採用後の給与の交渉や条件面、時には配属の相談なども代行してくれます。

言いにくい事、面倒なことを代わりに引き受けてくれるのは心強いですね。

エージェントによっては、採用後の住居の相談まで引き受けてくれますし、万一の退職の際にも間に入ってくれます。

転職エージェントは複数登録がおすすめ

他にも転職エージェントならではの特典があります。

これだけのメリットがあれば、単独で就活する理由がありませんよね。

自分に合う転職エージェント選びが重要なこと、エージェントによって得意分野があることを考慮して、複数の登録をおすすめします。

転職エージェントを利用して、就職した方の73.4%は複数登録していて、平均では4.2社を利用しています。

注意する点としては、複数の転職エージェントを登録しすぎて、管理が追い付かなくなることです。

参考:リクルートエージェント 

参考:リクナビNEXT

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

\就職に不安を抱えているなら/

就活に失敗したその後の人生は、転職エージェントの活用で取り戻そう

この記事では、就活に失敗したその後の人生とついて解説してきました。

20代の間は感じない正社員との格差も、30代を過ぎると悲惨な末路へと向かいます。

そうならない為には、自分が就活に失敗した理由を見つめ直すことです。

コロナ禍にあっても、依然として人手不足の企業は多く存在します。

終身雇用が崩れて、転職する人が増加しているのも追い風です。

未経験の不利は、転職エージェントの活用で挽回できるのです。

ぜひ、転職エージェントを活用して、豊かな人生を取り戻しましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ