ニートの就活

ニートにはブラックしかない?ホワイト企業には就職できない?

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ニートから就職しようと思うんだけど、ニートからの就職だとブラック企業しか入れないのかな

ニートからホワイト企業に入る方法ってあるのかな

このようにニートから就職しようと思っていても、一歩が踏み出せない方は多いのではないでしょうか。

佐藤

私はニートから半年間の就職活動を経て、ホワイト企業に入社した経緯があります。現在はその企業で人事採用担当として働いています。

そのため、ニートでもホワイト企業に入ることは可能です。

この記事では 、ニートの状態で半年間就職活動をしホワイト企業に入社した私の経験などから

  • ニートからの就職でブラック企業に入らないようにする見極め方
  • ホワイト企業に入る方法

などについて話していきます。

\ニートがホワイト企業に就職するために/

ニートの方はその経歴からもうブラック企業に勤めるしかないと思ってしまいがちですが、一度、ニートになったとしてもホワイト企業に就職することは十分に可能です

なぜなら、最近では少子化や若手がすぐに離職してしまうことからホワイト企業もかなり人手不足に悩まされており、ニートの採用を積極的に行っているからです。

そのため、ホワイト企業に就職したいのなら今すぐにでも就活を始めてしまうことが肝心です。とはいえ、ニートという経歴は確かに不利に働くので一人で就活をしてしまうと、その経験不足ゆえにブラック企業を見極められなかったり、採用さえされないということもあり得ます。

そうならないようにも「就職支援サービス(転職エージェント)」の手を借りてみるというのも1つの手です。

その中でも『ジェイック』という会社はニートに特化したサービスを開始して15年以上になります。

そのため、ニートを受け入れている優良企業の求人が豊富です。また、求人を紹介してくれるだけでなく

  • 就職の悩み相談
  • 今後のキャリアアップについて
  • 面接や書類選考対策
  • 入社後のアフターフォロー

などかなり手厚いサポートを行っており、ニートの人からかなり人気のサービスです。

実際に私もここを利用して就職することができました『ジェイック』を使ったことが私の人生にとって大きなターニングポイントだったと今では感じています。

このままブラック企業しかないからと諦めて就活をやめてしまうと本当にブラック企業しか選択肢が残らなくなります。そうならないようにもまずは相談から始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ニートの求人はブラックしかないのか?

ニートからの就職の求人はブラック企業がしかないとサイトなどでは言われています。

佐藤

これから、ニートの求人はブラック企業しか存在しないのかについて解説していきます。

  • ホワイト企業もある
  • ブラック・ホワイトの基準は人それぞれ

ホワイト企業もある

実はニートから就職の求人はブラック企業しかないわけではありません。

ニートからの就職の求人でもホワイト企業もあります。

ニートからの就職と聞くと、人材不足の業界・職種を思い浮かべる人が多いと思います。

また「人材不足・誰でも入れる企業」=「ブラック企業」と連想する人が多いのも事実です。

ですが社会人未経験・業界未経験であっても、一から育てる環境を整備している企業や福利厚生等で社員を大事にしている企業が多くあります。

佐藤

しっかり求人を見極めていくと、ホワイト企業を結構多く見つけることができます。 

ブラック企業も多く存在する

中にはブラック企業が多く混ざっているのも事実です。

人材不足で困っている企業、人の出入りが激しい企業は誰でもいいから働き手が欲しいため、ニートの求人にブラック企業は多い傾向にあります。

求人にブラック企業が混ざっていたとしても、ブラック求人を見極める方法を知っていれば、ブラック企業に就職することを回避することができます。

佐藤

この後の「ニートが企業の求人を見抜くコツ」で解説するのでチェックしてみてください。

ブラック・ホワイトの基準は人それぞれ

ブラック企業・ホワイト企業の基準は人によって変わってくるため、一概に「この求人はブラック企業」とは言い切れません。

例えば、ニートの方でも

  • お金より休日が多く欲しいと思っている人
  • 休日より仕事内容を重視して考えている人

などがいると思います。

この2人が求人の年間休日110日を見た時に、休日を多く欲しいと思っている人は仕事内容が自分に合っていても、休日数が少なくてブラック企業だなと考えます。

逆に仕事内容を重視している人は、年間休日110日でも仕事内容が自分に合っていると思えば、ブラック企業だとは思いません。

このように人の基準はそれぞれなので、「この求人はブラック・ホワイト企業」と決めつけられません。

佐藤

ちなみに令和2年の調査による平均休日数は116日です。

(参考:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査の概要」)

\就職成功率80%以上/

ニートでもホワイト企業に就職は可能か?

ニートでもホワイト企業に就職することは可能です。

佐藤

なぜニートからでもホワイト企業に就職することができるのかを、これから解説していきたいと思います。

  • ホワイト企業の求人は確かに存在する
  • 年齢が若ければポテンシャル採用がある
  • ホワイト企業でも人材が足りていない会社がある

ホワイト企業の求人は確かに存在する

ホワイト企業の求人が存在する限り、ニートでもホワイト企業に就職することは可能です。

ホワイト企業の選考を受けるチャンスは誰にでもあります。

ホワイト企業の求人はブラック企業の求人と比べて応募者が多いですが、ホワイト企業に入るための対策をすれば内定を取ることができます。

対策といっても難しいことではないです。

  • 書類選考が通るように履歴書をちゃんと作ること
  • 内定をもらうために面接の受け答えをスムーズにする練習をすること

だけです。

履歴書をしっかり作り、面接官に好印象を持ってもらえるよう、面接の受け答えをスムーズにおこなう対策をすることで、ホワイト企業に就職できる可能性が高くなります。

年齢が若ければポテンシャル採用がある

ニートでも年齢が若いほどホワイト企業に就職できる確率が上がります。

年齢が若いと未経験でも一から知識をつけていけば3年、5年後に活躍してくれる人材になると期待を込めて採用してくれる可能性があります。

将来性を見てくれる企業は、研修制度がしっかりしており、着実に成長できるような環境を設けている場合が多いです。

成長できる環境を設けているため、ニートで業界・職種未経験であっても、ポテンシャル採用という形でホワイト企業に就職できる可能性があります。 

ホワイト企業でも人材が足りていない会社がある

成長著しい企業であったり、業界自体が人材不足の場合、ホワイト企業でも人材が足りていない会社があります。

勤続年数が長く、離職率がとても低いにも関わらず若手が少ないといった理由で、若手を多く採用したいというホワイト企業も多く存在します。

ホワイト企業といえども働き手に関する悩みはどの会社にもあります。

ホワイト企業でも人材が足りていない会社をしっかりと見つけていくことで、ニートからでもホワイト企業に就職できます。

\就職成功率80%以上/

ブラックorホワイト?ニートが企業の求人を見抜くコツ

ブラック企業・ホワイト企業の求人にはそれぞれ特徴があり、 チェックすべきところがあります。

特徴から、ブラック企業・ホワイト企業を見抜くことができるようになれば、就職活動がスムーズに進められるようになります。

佐藤

とても簡単ですぐ覚えられるので、求人選びの際に実践してみてください。

  • 初任給を確認する
  • 使用期間が適正か
  • 3年以内の離職率
  • クチコミサイトをチェックする

初任給を確認する

まずは初任給を確認してみてください。

ニートからの未経験で入社する場合、初任給の相場は20万円ぐらいを目安に考えてください。

初任給が25万円または30万円といった高すぎる設定はブラック企業である可能性が高いです。

人材が入ってこないため高い初任給を提示して、人材を確保しようとしています。

また基本給と固定残業代の割合をチェックしましょう。

初任給が20万円となっていても、基本給が6万円で固定残業代が14万円などと書かれていたらブラック企業です。

固定残業代が多いといくら残業しても給与が入りませんし、ボーナスが出たとしても基本給を基に計算するので、とても低い金額になってしまいます。

佐藤

初任給を確認するとある程度ブラック企業を見抜くことができます。

使用期間が適正か

試用期間が適正かをチェックすることも大事です。

試用期間は本来、 会社側と従業員が本当に会社にマッチするかを確認する時間です。

試用期間は基本的に2、3ヶ月程で終了し本採用という形になります。

ブラック求人では、試用期間が半年以上の設定をされていたり、試用期間中は契約社員扱いをされるところが多いです。

試用期間が長かったり、契約社員扱いをされると本採用に至らず、そのまま雇用条件を継続させられてしまう可能性があります。

試用期間が長く設定されている場合は、ブラック企業の可能性が高いので選択肢から外していきましょう。

女性が働きやすい環境か

女性が働きやすい環境が整っているとホワイト企業である可能性が高いです。

育休の取得率や育児から復帰する人の割合が高い程、女性が働きやすい環境であるといえます。

また多様な働き方をすることができるのも、女性が働きやすい環境の一つです。

家庭を優先しないといけない時や女性特有の問題が起きた時に、許容できる環境があるかです。

例えばフレックスタイム制を導入し、出勤と退勤時間が自由であったり、女性の日休暇を設けているなどです。

女性が働きやすい環境であるということは、男性も働きやすい環境であることに繋がってくるので、チェックしてみてください。

3年以内の離職率

3年以内の離職率は、ブラック企業であるかを判断するのにとても重要です。

3年以内の離職率が高い程、 社員の出入りが多くその企業で社員が長く続かない証です。

社員がすぐに辞めてしまうということは、企業に対して何らかの不満・原因があることになります。

残業時間が多かったりパワハラがひどいなど、理由は企業によってさまざまですが、3年以内の離職率が高い企業は、ブラック企業である可能性がとても高いのです。

少し大きな企業であれば、就職四季報という本を活用して離職率を見るのをおすすめします。

就職四季報は会社版百科事典に似ており多くの企業のいい部分、悪い部分が記載されています。

就活四季報は掲載企業からお金をもらわずに企業の紹介をしており、客観的視点で、取材などの情報から書かれているため信頼できる本です。

クチコミサイトをチェックする

各企業の口コミサイトをチェックすることで、ブラック企業・ホワイト企業を見極めることができるます。

口コミサイトは基本的にその企業で働いている人もしくは働いていた人が、その会社の特徴について評価をしているサイトになります。

サイトによって違いはありますが

  • 給与面
  • 社風
  • 残業時間

など評価項目が細かく分かれており、現社員または元社員の本音を知ることができます。

有名な口コミサイトは、

  • 「エンライトハウス」
  • 「OpenWork」
  • 「キャリコネ」

などがあります。

「企業 口コミサイト」で調べるとサイトが出てくるので、チェックしてみてください。

佐藤

口コミは人それぞれの価値観も入ってくるので、参考程度にみるようにしましょう。

\就職成功率80%以上/

ブラック企業に就職してしまうニートの特徴

ブラック企業に就職してしまうニートの特徴は主に3つあります。

特徴をしっかり押さえて、ブラック企業に就職しないようにしましょう。

佐藤

それでは特徴を解説していきます。

  • 転職サイトしか利用しない
  • 内定をもらうことだけを目標にしてしまう
  • 自分一人で就職活動をしてしまう

転職サイトしか利用しない

転職サイトの求人しか見ていない場合はブラック企業に就職してしまう可能性が高いです。

転職サイトはお金を払えばどの企業でも求人を載せることが可能です。

どの求人でも載せることが可能なため、ブラック求人も多く存在します。

転職サイトの場合、企業の写真や社員の声を上手く活用し、ブラック企業でもホワイト企業のように見せているため、見極めがとても難しいです。

ブラック企業に就職しないためにも転職サイトだけでなく、転職エージェントなどさまざまな就職ツールを活用しましょう。

内定をもらうことだけを目標にしてしまう

内定をもらうことだけを目標にしてしまうのも危ないです。

就職活動をして、内定をもらえない焦りから内定をもらうことだけを目標にしてしまうと、人材不足で大量募集をかけているブラック企業に入ってしまう可能性があります。

ブラック企業に入ってしまうと、就職した後が大変になってしまいます。

人は焦りを感じると就職をすることだけに目標設定を置きがちですが、焦りは禁物です。

ニートからの就職では焦らず自分のペースで、納得のいく企業からの内定を目指していくのが大切です。

自分一人で就職活動をしてしまう

業界・職種の知識が少しもないまま自分一人で就職活動をしてしまうと、入社した後にブラック企業だとわかり後悔する可能性があります。

ニートから自分一人で就職活動をおこなうことは、とても素晴らしいことです。

ですがニートからの就職だからこそ、プロのアドバイザーなどの意見を取り入れて就職活動をしていくことで、ブラック企業に就職するのを回避できます。

ブラック企業を回避するためにも、プロのアドバイザーの意見を取り入れてみましょう。

\就職成功率80%以上/

ホワイト企業に就職できるニートの特徴

先程までは、ブラック企業に就職してしまう人の特徴について解説してきました。

次は、ホワイト企業に就職できる人の特徴を持っているのかについて解説していきます。

佐藤

3つの特徴のいずれかに当てはまっていると、ホワイト企業に就職できる可能性が高いです。

  • 自分の得意・不得意を把握している
  • 人の意見を受け入れられる
  • プライドが高くない

自分の得意・不得意を把握している

自分の得意なこと不得意なことを知っていると、企業選びがしやすく、 履歴書の記入や面接の際に得意分野をアピールすることができるので、ホワイト企業に就職をするのに有利になります。

例えば、パソコンを見るだけでアレルギー反応を起こしてしまう人が、IT業界を受けたとしても、履歴書に記入することや面接等で話すことがなく、ホワイト企業に雇ってもらえる可能性はとても低いです。

自分の得意・不得意の分野を知っていることで、不得意な分野の業界・職種を 職業選びの選択肢から外すことができ、 逆に得意なことを活かして業界・職種を絞ることができます。

得意なことがない人は、興味のあることを紙に書いてみてください。

佐藤

興味のあることから仕事に繋がることが結構多いので、履歴書の記入や面接でのアピールに使えますよ。

人の意見を受け入れられる

自分の考えだけに頼らず、人の意見を受け入れられるニートは、ホワイト企業に就職できる可能性が高いです。

就職活動をしていると、どうしても自分がやっていることが正しいと思ってしまいがちです。

自分の考えをもとに行動し続け内定がもらえなかった場合、次第に焦りを感じてブラック企業に手を出すようになってしまいます。

焦りを感じないためにも、プロのアドバイザーなどのアドバイスをしっかり受け入れることが重要です。

アドバイスをもとに就職活動をすることができる人がホワイト企業に就職するための書類選考や面接を突破することができます。

プライドが高くない

プライドが高すぎると企業選びに苦戦してしまいます。

完璧な待遇の良い企業は日本にほぼ存在しないので、ある程度妥協することも必要になってきます。

そのためプライドが高すぎて良い待遇ばかりを見ていると、就職活動が難しくなってしまいます。

またブラック企業の特徴として、いいことしか求人に書かないということもよくあるので、ブラック求人に騙されてしまう可能性があります。

逆にプライドが高くないと、柔軟に対応することができるのでホワイト企業とブラック企業の見極めがすぐできるようになります。

選考が進んでいくと、ホワイト企業の面接官から気に入られることもあるでしょう。

高いプライドは一旦置いておいて、柔軟な対応ができるようになるとホワイト企業に就職できる可能性が高まります。

\就職成功率80%以上/

ニートがホワイト企業に就職するためのポイント

ニートがホワイト企業に就職するためには、やるべきことがあります。

やるべきことは難しくなく、今からできることです。

早めに行動することで、ホワイト企業に就職できる可能性が高くなりますよ。

佐藤

それでは、今からできるポイントを見ていきましょう。

  • 就職を始めるために一歩踏み出しみる
  • 就職のプロのアドバイザーに相談してみる
  • 何かスキルを身につけてみる

就職を始めるために一歩踏み出しみる

まずは就職活動を始めるために、何か一歩踏み出してみましょう。

自分自身の得意なこと不得意なことを知ることから始めてもいいですし、転職サイトに登録して求人を見てみることから始めてもいいです。

今から少しずつ就職活動の行動を起こすことによって、未来が変わってきます。

年齢を重ねるごとに、ブラック企業の求人しか残らなくなってしまいます。

年齢が若いうちの方が、ニートからでもホワイト企業に就職できる可能性が高くなるため、 早い段階から行動に移すことが、チャンスをつかむ最短距離になります。

就職のプロのアドバイザーに相談してみる

ニートからの就職に強い転職エージェント(就職支援サービス)のアドバイザーに相談してみましょう。

転職エージェントではあらゆる業界・職種を熟知しており、カウンセリングを通して求職者に合うホワイト求人を紹介してくれます。

また、持っている求人は、ブラック企業を排除し、ある一定の水準をクリアした優良企業しか取り扱っていません。

さらには履歴書の作成の添削や面接の対策などをしてくれ、就職活動を全面サポートしてくれます。

全て無料で利用でき、登録も簡単で時間がかからないので、サクッと登録をして相談して見てください。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

何かスキルを身につけてみる

何かスキルを身につけることによってホワイト企業に就職できる可能性がグッと上がります。

スキルといっても特に専門的な難しいスキルを身につける必要はありません。

例えばパソコンが好きなのであれば、パソコンを使う業務に関する資格の取得を目指したり、人の役に立つ仕事に就きたいのであれば、介護福祉の資格を目指したりです。

「興味があって勉強しています」と語れるぐらいで大丈夫です。

履歴書の記入や面接の際、「この分野に興味があって勉強している」と伝えると企業の採用側の人からの印象が良くなります。

佐藤

難しいことはしなくていいので、興味のある分野を少し勉強してみると、ホワイト企業へ就職できる道が開けてきますよ。

\就職成功率80%以上/

ニートからの就職はブラックしかないのは嘘!ニートからでもホワイト企業に就職できる!

ニートからでもホワイト企業に就職できることについてお話ししてきました。

ニートの求人はブラック企業が多く存在することは確かですが、ブラックしかないのは嘘です。

ニートの求人には、探せばホワイト求人も多くあります。

ニートでもしっかり手順を踏んでいけばホワイト企業に就職はできますし、ブラック企業に就職することを回避できます。

将来ホワイト企業で長く働くためにも、今から就職活動に動き出すのがおすすめです。

逆に今、動き出さないと一生正社員になることはできないかもしれませんし、正社員になれたとしてもブラック企業に入る可能性が高くなってしまいます。

佐藤

就職活動をどのようにやっていけばいいか悩んでいる人は、 ニートからの就職に強いプロの転職エージェントに相談してみましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる