ニートの就活

仕事が見つからないニートのための仕事探し完全マニュアル!

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

ネットなどのうわさでニートは仕事探しをしても仕事が見つからないといったものがありますがそれは嘘です。

なぜなら20代であれば半数以上が正社員に就職をしているという統計があります。

また最近では「ニートOK」や「未経験者歓迎」「ブランクOK」といったニートの方でも応募できる求人があるのです。

しかし実際に仕事を探していてなかなか見つけられず悩んでいる人も多くいます。

特に20代などの若い人は求人があるにもかかわらず、一人で悩んでしまい行き詰っている方も多いようです。

なぜ仕事が見つからないのかという問題点をここでは解決していきましょう。

ニートは仕事はないは本当?

ニート向けの求人は多数あり「ニートは仕事はない」は嘘となっていることは統計から証明されています。

また「ニートOK」であったり「未経験者歓迎」の求人があることからニートの方にも仕事があることがわかりますね。

実際には仕事があるということを確認し就活への意欲を高めましょう。

ニートに仕事はないは嘘

下記の表をご覧ください。

フリーター期間正社員になれた人の割合(20~29歳)
6か月以内64.0%
7か月から1年58.3%
1年から2年52.2%
2年から3年58.9%
3年超48.9%
出典:若年雇用を取り巻く現状

このように20代であれば半数以上が正社員になることができています。

現在の日本の状況は人手不足であり未経験者歓迎やブランクOKという求人が多数あります。

未経験でも仕事でキャリアを積むことで将来に活躍してほしいと考えているからです。

つまりニートの方でも就職可能な求人はいっぱいあるということですね。

ニートOKの求人がある

ネットなどで検索をすると「ニートOK」や「ニート歓迎」という求人が目につくことをご存知でしょうか。

日本のニート人口は多いため、それを何とか労働力にしたいというのが世間の流れなんですね。

特にリーマンショックという大不況が2008年頃にあってから、企業は若手の採用を避けていました。

そういったことが関連してこのような求人が増えているのだろうと考えられます。

さらに若さがあれば就活は成功しやすいものになりますね。

未経験者歓迎の求人がある

企業は本来であれば経験者を採用したく求人を出します。

しかしそれでは応募者が少なすぎて人材不足に陥ってしまうことを恐れています。

なので「未経験でも仕事ができそうな人材」を募集する企業は増えています。

ニートの方は経験が少ない人が多いためこういった求人に応募することが就活成功のカギになります。

あとは履歴書や面接対策をしっかりやることですね。

ニートで仕事が見つからない原因とは?

ニートの方は空白期間があることから企業は採用を避ける傾向があります。

また職務遂行能力が低いという憶測や、書類選考や面接で採用の基準に満たないこともニートは仕事が見つからない原因とされています。

原因をしっかりと受け止め就活を攻略する材料にしましょう。

空白期間があると採用を避ける企業がある

すべての企業がそうではありませんが空白期間があると就労意欲が低いと思われたり、すぐに退職してしまうのではないかと採用を避けられる場合があります。

また空白期間はキャリアアップにつながらないため、キャリアのある他者と比較され不採用につながる場合もあるのです。

さらに日本の社会では働き続けることが一般的であり、「1年くらい休んでもいいでしょ」ということは通用しないことも多いんですね。

病気やその他の事情があれば汲み取ってくれる企業もあるでしょう。

またその期間に何かがんばっていたことがあれば一考してもらえる場合もあります。

コミュニケーション能力を疑われる

ニートの期間が長いほど人と接する機会が少なくなることは一般的です。

そうなるとコミュニケーション能力が低いのではと疑念を持たれます。

学校に行ったり仕事に行っていると自然とコミュニケーションを行うためスムーズな会話のキャッチボール行われます。

しかしそういったことを面接で試されて「ああやっぱりコミュニケーション能力がないな」と判断されてしまい不採用となることもあります。

仕事ではコミュニケーションが重視されるため、あまりに話が通じないと職場で悪影響となると考え企業は敬遠するのでしょう。

基本的なことができてないと思われる

「身だしなみに清潔感がない…」

「この会社で働く気があるの?」

面接をする上で基本的なことが出来ていない場合に企業は採用をしません。

また自己PRによって「この企業で働きたい理由」などをアピールしない場合も同じです。

さらに基本的なマナーができていないことなども採用されない原因となります。

新卒で面接をする場合は学校で面接対策をするのでこのようなことは起こりにくいでしょう。

しかしブランク期間があるニートの場合はこういった事例が多々あるようです。

ニートで仕事探しを頑張っているけど見つからない人の特徴

やりたい仕事はいっぱいあるゆえに方向性がさだまらない人や、仕事の責任や失敗を気にしすぎている人はなかなか仕事探しがうまくいきません。

そういった人は特に一人で悩みすぎている傾向があります。

もしかしたら自分に当てはまっているかもしれないので見ておきましょう。

やりたいことがさだまらない

求人情報を見ていると色々な職種や仕事内容があります。

ついつい色々と想像をしていると目標がさだまらなくなってしまうというパターンが出てきます。

仕事は一生をかけてやるものだから慎重に選びたくなるという気持ちが働いているんだと思います。

また器用貧乏な人はこういう思考に陥りやすく「何でもできるから何にもしない」というような状況になることもあるようです。

目的は「仕事を見つけて働く」ということを意識しなくてはなりません。

やりたい仕事がない

ニートの方に限らず自分の長所に気付けない人は良い仕事がないと考えてしまいます。

実は何でもこなせる人がこういう方には多くていわゆる「器用貧乏」です。

また失敗が怖くて仕事が選べないという方も多いようです。

「この仕事ではこういうミスが起こりそう、あの仕事ではこういうミスが…。」

このような思考をすると選べる求人の幅が狭くなってしまいます。

仕事では最初は失敗をするのは珍しいことではないのでチャレンジする気持ちが必要です。

責任や失敗を過剰に恐れている

就活をはじめると仕事内容を見ることで、その先にある責任や失敗をイメージしてしまいます。

それは悪いことではありません。

しかしあまりに過剰に恐れるとどんな仕事も避けてしまうことになります。

こうなるといつまでも就職することができません。

仕事を始めたばかりのときや特に若い人には失敗がつきものです。

またどんなに成功している人でも過去に必ず失敗をしていることはあります。

失敗は反省をして次に活かすことで自分の力になると考える必要があります。

辛いことではありますがそれも仕事の業務のひとつであり、それによって報酬を得ていると考えるようにしましょう。

条件を選びすぎている

土日休みで家から近くて給料が良くて転勤がない…など休日やシフトなどの働き方であったり仕事内容などの条件をあまりに選びすぎると行動を起こせない状態になります。

条件のいいホワイト企業に勤めたいというスタンスは大事ですが、度を過ぎると就職自体ができなくなってしまいます。

たとえば「収入が高い」という条件を探したいのであれば残業が多かったり仕事内容がきつくても仕方がありません。

また「ワークライフバランスを大事にしたい」というのであれば給料が安かったり、いきなり正規雇用は難しいという場合もあります。

すべて良い条件がそろった求人などないということを理解しておきましょう。

就活のやり方が間違っている場合も

「書類選考が通らない…」

「面接で落とされる…」

このような壁にぶつかっている方も多いと思います。

実際に働いてみれば能力を発揮できるものの選考が通過できなければ元も子もありませんね。

しかし書籍やネットに書いてあるとおりにやってもうまくいかないこともありますよね。

こういった場合は転職エージェントに登録すると良いでしょう。

転職エージェントは求人を出している企業に訪問して実態をよくつかんでいます。

またたくさんの就活生を企業に送り出しているのでコツをよく知っているんですね。

そういった戦場の第一線で戦っている人に直接指南を受けることで道が開けるでしょう。

一人で悩んでいる

真剣に仕事を探していてもなかなか見つからないという人は一人ですべて考えている可能性があります。

一人で考えてしまうとどうしても偏った考えになりがちです。

いろいろな人の意見を聞くことで新しい考え方を知ることができたり自分の悩みが解決することがあります。

また一人でずっと悩んだり問題を抱えることはストレスがたまりやすいんですね。

他人に聞けばすぐに解決するようなことを一人で悩んでしまっている場合もあります。

そういった場合は転職エージェントに登録すると担当者に悩みの相談などができます。

就活のプロと話をすることで自分が知らなかったことを知り「目からうろこ」というような体験ができる可能性が高いのです。

人に話をするだけで楽になれることもあるでしょう。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

ニートの仕事探しの方法

一般的にハローワークやジョブカフェなどを利用することが多いかと思います。

「優良求人の中から就職先を探したい」

「就活のサポートをしっかり受けたい」

そうであれば転職エージェントがオススメです。

ハローワークやジョブカフェは企業情報がわかりにくかったりサポートが比較的乏しいと言われています。

転職エージェントではキャリアアドバイザーがしっかりとサポートをしてくれるので安心です。

ハローワークに通う

求人数が多く全国にある公共職業安定所と言われるのがハローワークです。

都道府県によっては「わかものハローワーク」や「わかもの支援コーナー」があります。

利用する際の予約はいりませんし服装もラフなものでよいので気軽に利用できます。

しかしデメリットも存在します。

予約はいりませんが時間帯によってはかなり順番待ちをする必要があります。

また求人情報ではどのような職場なのかや仕事内容がわかりにくいという点もあります。

さらに企業は無料で求人を掲載できるためどうしても待遇の良くない求人が多いんですね。

ジョブカフェを利用する

求人情報の紹介や模擬面接であったり履歴書作成の手伝いをしてくれるのがジョブカフェです。

地元に密着した求人も多くあることが特徴です。

しかし口コミなどを見るとあまり評判がよくありません。

まずアドバイスがあまり役に立たないという意見があります。

というのもジョブカフェ自体が職を探す人の受け入れ先になっていることが多いのです。

そのためアドバイザーが契約社員であったりするためどうしてもサービスの質が落ちてしまいます。

また人気のあるサービスは予約をしてから何日も待たされてしまうということもあるようです。

転職エージェントに登録する

就活のプロが悩み相談や履歴書作成の指導、また面接対策をしてくれるのが転職エージェントです。

キャリアアドバイザーは「就職をしてもらうこと」が自身の評価につながるので最適なアドバイスをしようとがんばっています。

また実績も豊富なため効果的なアドバイスが可能なんですね。

さらに非公開の求人も多く優良企業の内部情報も持っています。

実際に働きたい企業が見つかった場合は条件交渉を行ってくれることもあります。

色々な面で頼りになるのが転職エージェントなんですね。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

やりたい仕事が見つからないときは?

今現在のことばかりを考えているとやりたいことが浮かびにくくなります。

なので将来の目標や希望をイメージすることが仕事を探す一つのきっかけになります。

また過去に楽しかったことを思い出してみましょう。

すると「自分が得意なことや好きなことは?」と自己分析につながり仕事を選ぶ基準になることがあります。

色々な視点を持つことでやりたい仕事は見つかりやすくなりますよ。

将来をイメージする

仕事が見つからないときは今現在のことだけを考えている場合が多いです。

たとえば10年後のことを想像してみましょう。

親は定年を迎えたり病気になって働けなくなっている可能性がありますね。

そうなると収入がなく生活も厳しくなるでしょう。

仕事をすることのメリット

もしあなたが仕事をしていたら10年後はどうなるのでしょうか。

毎月の収入があり趣味のものも自由に買えるし貯金をすることだってできます。

たまに旅行にいくなどして息抜きをするのも良いでしょう。

10年後に親が働けなくなってもあなたは10年のキャリアがあるので安定した生活を送れます。

このように考えると多少のミスマッチングがあっても仕事をするメリットは大きいと考えることができます。

仕事をしていない現状は不自由なことが多いですからね。

楽しかったことを思い出す

自分が夢中になってやっていたことを思い出してみましょう。

たとえばサッカーや野球など部活をやっていたときが楽しかったという人がいます。

そういった人は身体を動かすことが好きな場合が多いですね。

その場合には建設業や製造業などが向いているかもしれません。

またパソコンでゲームをするのが好きだった人はどうでしょうか。

プログラマーなどが向いている可能性もありますね。

またはパソコンを販売する家電量販店の店員であればパソコンの良さをお客さんに伝えることが楽しく感じることもあるでしょう。

「楽しかった」という経験を仕事に活かせる場合があるんですね。

自己分析をする

「自分がやりたくないことってなんだろう」

「自分が不満に思ったことって何?」

過去の自分から自己分析をして気持ちを整理してみることをやってみましょう。

実はやりたくないことは簡単に思いつくものです。

それを書きつらねて消去法から自分ができることを見つけるという手もあるんですね。

仕事を選んではいけない?

「やりたくない仕事をがんばっている人もいるから自分だけワガママを言ってもいけない」

このように考えて踏み出せない人もいるようです。

しかしどのような仕事でも多少の「やりたくない」はつきまといます。

また「やりたくない仕事=仕事が進まない」のであれば、わざわざやりたくない仕事を選ぶことはかえって迷惑をかけることになります。

あまり難しく考えず「自分ができることで社会貢献や自己実現をする」ということからスタートしてみましょう。

ニートの仕事探しで求人を選ぶ際の注意点

就職をしてから「こんなはずじゃないのに…」とならないように給与や福利厚生について確認しておく必要があります。

また募集要項や企業情報によって自分が「どんな仕事をするのか」ということや「どんな会社で働くのか」ということをある程度は認識しておきましょう。

それを間違えると入社してすぐに後悔してしまう場合があります。

求人情報の詳細をよく知っているのは転職エージェントです。

実際に出している求人の企業へ訪問をすることでその実態をつかんでいるためです。

給与や福利厚生

求人情報に記載されている給与は実際は総支給額の場合が多いですね。

なのでそこから様々なものが引かれます。

「総支給額」ー「社会保険料や厚生年金など」=「差引支給額」

こうなりますね。

入社後のギャップが少ないように理解しておきましょう。

また福利厚生についても確認しておきましょう。

「社会保険完備」などとなっている場合は厚生年金・社会保険・労災保険・雇用保険に加入できる場合がほとんどです。

その他にも企業によって家賃補助や資格取得補助などの制度があります。

大企業ほど充実している傾向がありますよ。

月収に注意する

「給与が悪くないからこれでいいや」

安易に決めることは後々で後悔することがあるのでしっかりと確認しておきましょう。

たとえば月収20万円という仕事があったとしましょう。

その中身が固定残業代が5万円で基本給が15万円と仮定します。

そうなると次のようなことが起こります。

・固定残業時間を超えた残業代は基本給の15万円で算出される

・賞与〇ヶ月分は基本給15万円で計算される

これは一例でその他にも○○手当が多い場合はそのぶん月収から引かれて基本給は低くなるために超過した残業代や賞与は減っていきます。

月収と基本給の違いをしっかりと把握しておく必要があります。

募集要項

「未経験者歓迎」

「昇給随時」

このような募集要項はよく見かけるものです。

たとえば未経験者歓迎という場合は社員の入れ替わりが激しい可能性があることなどが伺えます。

また昇給随時というのは成果を出せば昇給する、すなわち営業職など目に見えた成果を求められる仕事内容の可能性があります。

とはいえ大事なのはあなたの気持ちです。

こういったことがメリットになるのかデメリットになるのかは人それぞれです。

「実力主義の仕事で戦いたい」

「入れ替わりの激しい仕事で生き残りたい」

このような気持ちがあるのであれば応募しましょう。

企業情報を見る

自分が希望する会社がどういった事業や規模で国内外の拠点がどの程度あるのかなどを知ることができます。

たとえばこういった情報を面接で活かすこともできます。

自分の特技などを仕事内容と結びつけることなども効果的です。

「企業のことを良く調べてきてくれているなあ。」

採用担当からこのような好印象を抱かれる可能性がありますからね。

また口コミやニュースなどを調べることで違った情報を得ることもできます。

ただ口コミの場合は個人の主観が強い場合が多いので真に受けず補足程度に受け止めたほうが良いでしょう。

ニートの仕事探しのポイント

ニートの方にとって特に意識したいのは年齢です。

なので早めの就活やアクションを起こすことが大事になってきます。

また仕事を選ぶ上で条件を増やしすぎないことや面接などで失敗などがあっても次へと切り替えることが大事です。

厳しく感じる方もいるかもしれませんが社会とはそういうものでやっていれば慣れてきます。

ただ最初のうちは不慣れなのであまりにも疲れたら無理しすぎないことも大事ですね。

就活は早めのアクションを

就活で武器になるのは若さです。

20代であれば企業は成長性を見込んで積極的に採用をする傾向があります。

なので一日でも早くアクションを起こすことが大事なポイントです。

「何からしていいのかわからない」

こういった場合は転職エージェントに登録して相談をすることで方向性が明確になります。

履歴書作成や面接対策、企業情報などなど転職エージェントでは有益な情報を豊富に手に入れることができます。

使えるものは使って就活を楽に有利に進めましょう。

仕事選びの条件を増やしすぎない

仕事を探す上で条件などにこだわることは間違っていません。

自分の適性や給与などを考えるのは大事なことで先々を見据えていくことは大事です。

しかしあまりに条件を増やしすぎると身動きが取れなくなる場合があります。

「いい求人がないなあ」

すべての条件を満たす求人などほとんどありません。

企業の立地や土日休みなど様々な条件を優先すると求人が見つからなかったり採用されにくくなります。

なので仕事をはじめたときのライフスタイルや将来の目標などを考え条件に優先順位ををつけるなどしておきましょう。

希望の条件の考え方を変えてみる

確かに仕事は一生をかけるものなので簡単に判断したくないという気持ちはわかります。

しかし将来に結婚をして子どもができたりと考えるとどうでしょうか。

20代という若いうちにしかできない苦労をしておこうか、と考えることもできます。

たとえば家が遠いなら社宅や寮がないか、給料が安いなら副業は可能かといった掘り下げて考えることも必要はないでしょうか。

面接に落ちても次があると考える

面接に落ちても大丈夫です。

企業は世の中にいっぱいあるので心配する必要はありません。

相性もありますので自分と合った企業を探すマッチングだと考えましょう。

また面接で通過しなくても練習だったととらえ、「次はもっとうまくやれるようにしよう」と考えたり「面接の雰囲気に少し慣れた」とプラスにとらえることも大事です。

学歴や職歴などは変えようがありません。

なのでそういったことを引け目に感じることなく、ひたむきに行動を起こすようにしましょう。

ニートに仕事はある!

人材不足の現代では20代の若いニートであれば仕事は豊富にあることがわかりました。

仕事探しで仕事が見つからないと感じるのは就活や求人の選び方に問題があることがわかりましたね。

また仕事をする上で失敗や責任があることは当然であり過剰に恐れる必要はありません。

それよりも自己分析などをして自分の特技や長所を知りましょう。

そしてそれを活かせる仕事を選ぶことやあまり条件をつけすぎないことが良い求人と出会うコツとなりますね。

一人で悩んでいるより家族や友人だったり転職エージェントを頼ることが近道です。

いろいろな意見を聞くことでより納得のいくゴールに近づけるでしょう。

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる