女性フリーター

20代の女性フリーターが1ヶ月で正社員に就職するための方法!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「せっかく専門職の資格も取って短大出たのにフリーターになってしまった。そろそろ就活しなきゃ。。」

「女のフリーターとか就職しづらいって聞くけど、大丈夫なのなかな。結婚した方がマシかも。。」

なかなか思うように就職できなくて焦りを感じている女性フリーターは少なくはありません。

将来のことを考えると、早く就職したい気持ちは山々ですよね。

結婚に逃げたくなる気持ちもよくわかります。

私は、就活アドバイザーとして10年間、主に女性をメインとしたサポートを行い述べ500名を就職に導いてきました。

実は、女性フリーターでも20代ならばまだまだ間に合います。

一ヶ月あれば正社員へと導くことが可能なのです。

私の経験から女性フリーターへお届けする秘策をまとめていますので、ぜひ参考になさってください。

女性フリーターが結婚に逃げるのは大きな間違い

どうせ近い将来結婚して専業主婦になる可能性もあるし、今はバイトでもいいやと思っている女性フリーターは多いでしょう。

一昔前なら、女性は働かなくてもいいという考え方も許されましたが、現代はそうはいきません。

なぜなら、女性フリーターはなかなか結婚ができないからです。

もし結婚できたとしても、その後の夫婦生活に大きな問題を与えかねません。

その理由をみてみましょう。

プレッシャーを与えてしまう

正社員の女性は、心身ともに自立していて結婚を第一目標にしていません。

そのため、お付き合いをしていても、男性がそこまでプレッシャーを感じることがありません。

対して女性フリーターの場合、あわよくば結婚して専業主婦になりたいと考えている人も多いため、男性的には重荷に感じてしまう可能性も高まります。

皮肉なことに、結婚が遠のいてしまいがちなのが女性フリーターなのです。

経済力のない女性はモテない

正社員の女性とフリーター女性では、明らかに正社員の方がモテます。

大きな理由の一つが経済力の差にあります。

以前のように景気のいい時代ならば、男性がデート代を出すというのも当たり前でしたが、現在は不景気でもあり、女性もある程度の稼ぎがないと男性に負担がかかってしまうことになるのです。

もし結婚できたとしても、女性がしっかりと働いていないと生活費が不安定になる可能性も高くなります。

相手の家族から反対される

最近はフリーターやニートという単語が横行しています。

そして多くの人はフリーターにいい印象を抱いていなという現状があります。

特に年配の人には定着している考え方で、正社員よりニートはしっかりしていないというイメージがあるのです。

自分の息子の結婚相手にしっかりしていないフリーター女性は、親としては考えものですよね。

そして、家族から祝福されない結婚というのも非常に微妙なところがあります。

\就職に不安を抱えているなら/

20代の女性フリーターが正社員になるメリット

将来のことを考えるとこのままフリーターでいるのはちょと厳しいかもなと思っている人もあるでしょう。

実際のところ、20代の女性フリーターは30代になる前に正社員になっておく方がメリットがあります。

その理由を探ってみましょう。

収入が安定する

何と言っても収入面は外せないメリットです。

フリーターは自由な反面、不安定な収入がネックになってきます。

しかし、20代のうちに正社員になっておくと、それなりに安定した給料を得られるようになるため、将来的にも見通しが立てやすくなります。

もしも結婚したとしても、現代は共働きが多く女性の収入は必須条件。

さらに、離婚率も高い昨今ですから、安定した収入を得ておくことは女性の人生においても非常に大切なことなのです。

福利厚生がしっかりと受けられる

特に女性の場合、産休や育休が必要となる可能性が高くなります。

労働者はこれらの休みを取ることが法律で定められており、正社員はしっかりと活用することができる制度なのです。

これらは福利厚生といって、給料以外で受けることができる正社員ならではのメリットです。

休みの他にも、社会保険や健康診断、スキルアップ、旅行補助などの恩恵を最大限に受け取ることができます。

派遣社員や契約社員だと、一定の条件を満たさなければ得ることができないものなので、結局会社を辞める引き金にもなりかねません。

社会的信用度を得られる

例えば車を買うときなど、高額ローンには社会的信用度が欠かせません。

フリーターの場合安定した収入が見込めないと見なされ、ローン会社の審査に通らない可能性が高くなります。

しかし、正社員で働いていればスムーズな返済ができるという信用度が高まり、ローンが組みやすくなるのです。

最近は生涯独身を楽しむ女性も増えてきています。

そんな中、自分の城として家を購入する人もあるでしょう。

20代のうちに正社員で働いていれば、30代、40代になって家を買うことが起きても安心です。

\就職に不安を抱えているなら/

女性がフリーターでいるのは20代までにしとくべき!

フリーターの生活も自由で魅力的ではあるので、ずるずると続けてしまいそうになるのはわかります。

しかし、女性がフリーターで過ごすのは20代までが限界です。

30代になると様々な不具合が出てきます。

どんなデメリットがあるのか、20代のうちに確認しておきたいことばかりですから、ぜひチェックしておいてください。

30代になると就職の難易度が上がる

年齢が上がると、就職の際に実績やスキルを要求されることが増えます。

例えば新卒で正社員となった場合、30代と言えばすでに中堅となり役職が付いている人もあるでしょう。

ですから、部下を統率できる力や専門的なスキルなどは普通に求められます。

今の時代、男性だけでなく女性に求められる課題になります。

しかし、20代ならばそこまで高いスキルを初めから求めらることも少ないため、就職もしやすいと言えます。

女の武器は20代まで

若いうちはフリーターだとしても、女性というだけで社会からチヤホヤされます。

しかし、30代をすぎると「可愛い」「若い」という女性特有の武器は使えなくなるのです。

つまり、30代で正社員として働いていくにはそれなりの実力を持っていないと社会で通用していくのは難しくなるのです。

ですから、20代のうちに正社員への道を開拓しておけば、入社した際にも女の武器を活用して多少の失敗は大目に見てもらえる可能性が高まります。

そして、30代になるまでに正社員としての実力を積んでおくことで、将来的にも安定した社会生活を送ることができるというわけです。

20代には伸び代がある

ポテンシャル採用という言葉をご存知でしょうか。

まだまだ才能が未知数で伸び代があるから、将来の活躍を期待して正社員として採用することを指しています。

30代に比べ20代は吸収力が高く、スキルや経験がなかったとしてもこれからの可能性がイメージしやすい世代と言えます。

会社側としても、伸び代が期待できない世代にお金をかけるよりも、これからの活躍が期待できるところに教育コストをかけようとします。

最近は女性のスキルアップも目を見張るものがありますよね。

このことを踏まえても、自分自身のためにも早めの就職は将来の糧になっていくでしょう。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

20代女性フリーターでも優良企業に1ヶ月で就職する方法は?

女性フリーターを脱出する決意がついたなら、一刻も早く就活を終わらせて就職したいですよね。

そのための方法を3つご紹介しましょう。

求人情報取集をしっかりとする

就職したくても、情報量が少なすぎるといい企業に出会えない上に、決断も鈍ってしまいます。

ネットの求人サイトを見ればたくさんの求人情報が転がっています。

未経験者やフリーターを歓迎する求人も多くみられるので、そういったものから選んでいくと就職がしやすくなります。

しかし、フリーターを積極的に採用している会社の中にはブラック企業もあるため、細心の注意が必要となります。

ハローワークに行く

就職活動といえばハローワークですね。

誰でも利用できる施設ですから、遠慮なく活用しましょう。

ただ求人サイト同様、ブラック企業も含め様々な求人があるため、優良企業かどうかを見極める技量は必要となってきます。

何の考えもなくハローワークに行けば就職できるという甘い考えだと、結果的に失敗しかねないので気をつけたいところ。

効率よく就職活動するためにも、自分が将来的どうしていきたいのかをしっかりと理解した上で利用することが大切です。

転職エージェントに頼る

一刻も早く就職をしたい人は、転職エージェントを利用するのが一番手っ取り早いでしょう。

自分一人で慌てて就職先を探すと、結果的にブラック企業に就いてしまったり、合わない会社で再びフリーターに逆戻りしたりというリスクもあります。

そこでプロの力に頼るのは非常に得策と言えます。

本当に自分に向いている仕事は何なのかを知り、そしてピッタリ合う優良企業を選んで繋いでもらいましょう。

プロのアドバイザーでありエージェントなので、とても効率的に素早く就職まで導いてくれます。

\就職に不安を抱えているなら/

人生はこれから!早めの行動で素敵な未来を描こう!

20代女性にとって、人生はまだまだこれから花盛りです。

今ならまだフリーターからもスムーズに脱出できる可能性を存分に含んでいるのです。

しかし、一人で悩んでいてはそのチャンスも掴みきれません。

就職のプロである転職エージェントの力も活用しながら、ぜひチャンスをつかんでいただきたいのです。

そして、何よりも大切なのは早めに行動することです。

あなたがますます素敵な女性になるためにも、ちょっとだけ重い腰を持ち上げて動き出してみてください。

1年後にはきっと、「あの時動いた自分」に拍手を送りたくなるような未来が待っているでしょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


6月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
6月は正社員になるチャンス!今のうちに就活を始めよう
ジェイックの公式サイトはコチラ