女性ニート

中卒ニートの女性でも就職できる?これからするべき3つの行動とは

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「中卒ニートのまま、時間が経ってしまった。いまさら就職なんてできないかな……」

「高校中退した女の人が就職ってできるのかな。中卒扱いだなんて知らなかった」

こんな悩みを抱えている中卒ニートの女性は多いことでしょう。

家庭環境の問題や、高校中退を中退せざるを得ない理由などがあった場合、学歴が中卒になってしまうことは珍しいことではありません。

しかしそのままニートになってしまうことで、再度社会に出ることに臆病になってしまい、社会復帰できない人もたくさんいるのが現状です。

この記事では中卒ニートのまま空白期間を開けてしまった女性のあなたに、これから就活をしてどうにかなるのか、また、どうすれば就職できるのかをご紹介していきます。

中卒の女性ニートでもこれから就職できる?

結論から述べると中卒の女性ニートでも就職は可能です。

というのも厚生労働省のデータなどから最終学歴が中卒でも正社員になっている人がいることや、中卒でも働ける仕事があることなどから、可能性はあります。

注意するべき点としては、中卒の理由や社会的態度です。

最終学歴が中卒でも、正社員になっている人はいる

まずはデータを見ることが大切です。

厚生労働省のデータによると、中卒の37.5%が正社員になっていることがわかります。

確かに大卒などの79.6%などと比較すると半分程度の数値になることから不安になる要素ではありますが、大切なことは0%ではないということです。

これは就職できる可能性があるということの証明になります。

心強い味方のデータです。

高度な専門職や学歴が必要なもの以外は、可能性がある

就職できることはわかりました、ですが、中卒で困ってしまうことは高度な専門職や、大卒が条件などの職業については無理であるということです。

逆に言えば、それ以外の職業には就ける可能性があるでしょう。

意外と勘違いしている人が多いのですが、学歴というのは指標であって、最終的な判断は会社との親和性です。

会社が学歴や経歴が不問だと言えば学歴も経歴も関係ないといえます。

可能性を捨ててしまうことだけは避けましょう。

中卒である理由を履歴書に書くことや、筋の通った理由を持つ

注意しなければならないことは、履歴書に中卒の理由をどのように記載するのかということです。

中卒であることは社会的には最低限の義務教育を受けた存在であり、どういった経緯で中卒になったのか企業は気にするでしょう。

例えば高校中退の理由が、病気によるものであることであれば、記載することができますし、家庭の金銭的な事情で中卒を選択したなどは記載することに問題はありません。

ですが、素行不良や、妊娠による中退などは印象が悪いため、就職の可能性を下げてしまう可能性があるので、充分な注意が必要です。

\就職に不安を抱えているなら/

厳しい就活になることは覚悟しておこう

中卒の就活が厳しいことは火を見るよりも明らかです。

学歴別就職者数のデータからも厳しいことは必然ですし、中卒からの空白期間があまりにも長いことがあれば、その期間どうしていたのかを説明することになるでしょう。

残念ながら厳しい就活になることは間違いないです。

希望する仕事に就けるかどうかはその人のなりたいもの次第ということになります。

学歴別就職者のデータから中卒就職の厳しさを知る

以下のグラフは学歴別就職者数の増減を表した表になります。

右軸によるほど現代になり、中卒は青い点線で表されているのがわかるでしょう。

この図から、昭和40年ごろから中卒の就職者は大幅に減っていることがわかります。

そして現代によるほど、その人数はほぼ0へと近づいていることも理解できるでしょう。

現代では大卒、高卒、中卒の順に就職しやすい世の中であることが明白です。

現実はかなり厳しい状況であることがわかります。

中卒の理由が高校中退・中卒から空白期間が長い

厳しい就活になる理由としてあげられるのはその空白期間の長さです。

中卒でそこからニートを継続している場合で20歳から就職を始める場合は、およそ5年間の空白期間が存在していることが言えます。

高校中退でも3年ほどの時間が空白として存在していることがわかるでしょう。

空白期間の中でなにをしていたのか、学びに勤めていたのか、心の回復に努めていたのか、家庭の事情なのか。

空白期間の説明というのは難しく、特に高卒よりも中卒の場合は時間が長い分、理由を素直に話すか、完全に理由を伏せることが望ましい場合があります。

そこは個人のごとの理由になりますので、よく考える必要があるでしょう。

学歴の問題で希望する職に就けない可能性がある

学歴というのは現代において足切りの基本です。

大卒以上という文言があるだけで、希望する職に就くことはできないということがいえます。

求人が学歴不問に絞られてしまうことで望む仕事につく道が閉ざされてしまうことがあるでしょう。

そう言ったことを理解した上で、中卒の就職活動は行わなければなりません。

悲しいことですが、現実的にその道以外はないということを理解する必要があるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒の女性ニート就職するための考え方

就職するためには、いくつかの考えを持っておくことが大切です。

まず就職の選択肢が狭いことは確実なため、それは覚悟が必要でしょう。

しかし、なにも残らないわけではありません。

就職すれば職歴がつくため、次の道を開くきっかけになりますし、最初から転職をすることを考えることで全力で就活することができるといえます。

詳しい説明をしますので、ひとつずつ確認していきましょう。

就職の選択肢は狭いことを覚悟しなくてはいけない

中卒の就職の選択肢は、専門的なことがないこと、誰でも出来るような内容になってしまいます。

例えば以下のような職種になることが考えられるため、事前に理解しておきましょう。

  • 飲食店
  • アパレル系やコスメ系の販売スタッフ
  • 女性オペレーター
  • 訪問販売の営業
  • ライン工場スタッフ
  • ホテルや旅館のスタッフ

基本的には資格が必要なく、誰にでも可能な内容になっています。

選択肢は狭くなってしまいますが、これが現状中卒に可能なレベルの就職先ということの覚悟が必要です。

長い人生の一瞬の我慢だと思い、職歴を作ることを考える

人生100年の時代において、例えば今後転職することを考えれば先ほど紹介した業務は職歴を作る伏線であると考えられます。

職歴があれば、今後の転職に対して有利になりますし、職歴を作っている間に、自分がなりたい仕事を作るための選択肢を増やせるでしょう。

長い人生の中の一瞬を我慢して、これからのことを考えることが、今後の就活、ひいては人生の中で有意義な考え方です。

3年以内に転職することを考えて、全力で就活する

目標を最初から意識して就活することが大切です。

例えば、3年以内に転職すると決めていればどんな職場でも全力で就活することに気持ちを切り替えることができます。

あくまで最初の就活は社会復帰のための一環であって、本命の就職は3年以内の転職であると決め打ちしてしまうことで、計画が立てられます。

そのためにまず目の前の就活を努力するという考え方は有効です。

\就職に不安を抱えているなら/

中卒女性ニート就職するための3つの行動

就職をするためにはすこしでも自分にとって有利な条件を揃えることが必要です。

例えば高卒認定試験を受けることや、簡単な資格に挑戦することが挙げられます。

しかし重要なのはプロの意見を聞くことです。

転職エージェントにすぐに登録することもおすすめの行動のひとつでしょう。

高等学校卒業程度認定試験を受けることを考慮する

高等学校卒業程度認定試験、いわゆる高卒認定試験は文部科学省が以下のように述べている高卒と同等の学力があることを認定するための試験です。

『高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。

(大学入学資格検定(大検)は、平成17年度より高等学校卒業程度認定試験にかわりました。)』

(参考:文部科学省「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」

この試験を受けることで、中卒でありながら高卒の認定を受けることができます。

あくまで中卒であることは変わりありませんが、試験に通過することで、高校卒業程度の学力や見識があるものとみなされ、新しい道を開くことができるのです。

できるだけ簡単に取れる資格に挑戦する

無資格で就職するのも良いですが、自分が例えば経理の事務仕事をしたいという意思があれば、簿記などの資格を取るのが良いでしょう。

簡単と述べてはいますが、努力は必要です。

以下に就活に有利で、なるべく簡単に取れる資格ですので、参考にしてください。

  • 簿記
  • MOS(Microsoft Office Specialist)
  • 宅地建物取引士

これらの資格は持っていることで、就職に有利に働くものです。

また、中卒でも受験が可能ですので、挑戦して就活をするというのも手段としてはありでしょう。

20代向け転職エージェントをすぐに利用する

プロの声を聞くことを忘れてはいけません。

実際のあなたの状況はどうなのか、社会的に問題ないレベルなのか、働き口はあるのか。

誰の声も聞かないままひとりで就活に飛び込むのは、かなり厳しい戦いを強いられます。

20代向けの転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは未経験からフリーター、既卒、第二新卒など、様々な20代をみてきています。

もちろんニートも例外ではありません。

自分が社会的にみて十分なレベルの履歴書を出せるのか、面接の方法はどうなのか、求人はどうやって調べたらいいのか。

不安ばかりですが、プロの転職エージェントを利用することで、それらすべての問題に対して回答・対応してくれます。

まずは臆さず登録することです、また、転職エージェントはお金がかかりません。

はじめの一歩に最適な行動です。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

人生のキャリアは学歴だけじゃない!中卒でも就職を決めよう!

中卒ニートの女性でも就職ができるかについて解説してきましたが、このままなにもしないでいる未来と、行動した先にある未来を比べるとどう思いますか?

まずは経歴を作って、そして3年以内に自分がなりたいものに転職をする、いまよりも生活が潤いますし、自分に自信がみなぎります。

社会的な立場も関係なく、胸を張って仕事ができるでしょうし、お金が貯まれば大学に行くという道も選択できるでしょう。

ですが、人生のキャリアは学歴だけではありません。

中卒でも、正社員の道は必ずあります。

いますぐに行動をはじめることで、ニートの生活からの脱却ができますし、将来についての計画を立てることができるでしょう。

わからないことはプロの転職エージェントからのアドバイスを受けて、不安を確実に無くしていくことが大切になります。

中卒でも適した求人や、あなたの強みを伸ばしてくれる最高のアドバイザーです。

中卒ニートでも必ず未来が開けますので、あなたのその手で掴み取りましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ