フリーター(年代別)

中年フリーターから抜け出す方法はないってホント?今からでも就職を叶える方法とは

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

30代になって、いよいよフリーターに焦りを感じて来たけど、中年フリーターから抜け出す方法はないのかな…。

そんな風に悩んでいませんか?

一般的に、就活に有利なのは20代までと言われています。

しかし

じゃあもう無理なんだ

と諦めないでください。

このまま諦めてしまえば、先にあるのは中年、高齢のフリーターです。

不安だらけで年を重ねたいですか?

高梨

私はこれまで人材業界で10年以上働き、就職・転職の相談に乗ってきましたが30代フリーターから正社員になった人もいます。

しかしやる気としっかりとした対策をすれば、就職は可能です。

中年フリーターを抜け出したいのなら、今すぐに行動しましょう。

この記事では

  • 中年フリーターからはもう抜け出せないのか
  • 中年フリーターから抜け出せないと言われる理由
  • 中年フリーターから抜け出せない人の特徴
  • そして今からでも正社員になるにはどうすればいいのか

を解説していきます。

\中年フリーターから抜け出すために/

結論から申し上げますと中年フリーターから抜け出すためには転職エージェントを利用するのが一番です。

転職エージェントでは就活のやり方がわからないあなたのために

  • 求人の紹介
  • 就活悩み相談
  • 応募書類の添削
  • 自己PRの考え方
  • 面接対策

などをサポートしてくれます。

中でも『ジェイック』という会社は「30代カレッジ」という30代で正社員未経験の方のための専門の就活サポートをしてくれます。

そのため、「30代・正社員未経験」でも採用したいという企業の求人を豊富に所有しています。あなたが諦めなければ就職するまでサポートしてくれるので、まずは相談から始めてみてはどうでしょうか。

今、就活を始めなければ本当に就職することができなくなってしまいますので早めの行動を心がけていきましょう。

\完全無料で利用可能/

中年フリーターから抜け出す方法はない?

近年日本では、35歳以上の非正規雇用で働く人を中年フリーターと呼ぶことがあります。

20代のフリーターと30代のフリーターでは、抜け出せる可能性の幅が大きく変わります。

前述した通り、就活を行う際、年齢は若い程有利になります。

30代を過ぎると、就活において求められる人柄やスキルのハードルがぐんと上がってしまいますし、未経験の職種となるとさらに選択肢は狭まってしまうからです。

しかしこのままフリーターでは、

  • 収入アップ
  • 結婚
  • 十分な貯蓄

をすることも難しく、もしあなたが体調を崩した時などに、保証もなにもありません。

やる気がなければ抜け出せない

高梨

はじめに厳しいことをお伝えしますが、30代になってしまった今、本気で取り組まなければフリーターを抜け出す方法はありません。

20代と比べ求人数も減ってしまいますし、スキルのない現状では、就活は簡単ではないのです。

本当に今の状況を変えたいと思うのなら、就活期間にやる気を出しましょう。

現状に焦り出せたらチャンス

幅広い年代でフリーターは存在します。

中には40代、50代になってもフリーターを続けている人もいます。

そんな人には様々理由があるので、一概に批判はできませんが、現状を怠慢が作ってしまった人も存在します。

私が今まで面談した中年以上のフリーターの人は、それまでの人生で

フリーターが楽で

正社員はもう無理なので

と諦め、焦りすら感じていない人も多かったのです。

ですのでフリーターである自身の現状に、不満や焦りを感じ、今何か動かなければと思っているあなたにはそのような人たちとは違い、フリーターを抜け出すチャンスがあります。

焦りや向上心のない人に成長はありませんから、現時点では、あなたは一歩就活への道を進みだすスタートラインに立てています。

抜け出すには行動することが絶対条件

先程焦り出せたらチャンスである、スタートラインに立てたとお話しましたが、ただそこで突っ立っているだけでは意味がありません。

実際に行動し、走りださなければ先には進めない

のです。

しかしいざ就活をしようと考えたとき、就活の方法はご存知ですか?

アルバイトなどと違い、正社員募集は求人企業へ応募し、書類選考や面接が複数回あったりします。

高梨

生活の為には、就活の為に働くことを疎かにはできませんよね。

そんなときは就活に関する様々なサポートをしてもらえる転職エージェントが多数ありますので、是非チェックしてみましょう。

30代のフリーターを支援するエージェントもありますので、自身の状況に合ったところへ登録し、相談しましょう。

就活の効率も上がりますし、一人で悩むよりサポートしてくれる人がいると心強いものです。

実際に動き出せたら、中年フリーターからは抜け出すことができます。

30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 「30代フリーターにも、使える転職支援はあるのかな」 ...

\就職に不安を抱えているなら/

中年フリーターから抜け出せないと言われる原因や特徴

中年でフリーターを続けている、または抜け出したいけど抜け出せない人は多くいます。

昔と比べると働き方の多様性に理解が広がったとはいえ、中年のフリーターにはまだまだ風当たりは厳しいものです。

中年フリーターから抜け出せない人には、ある種の特徴や原因があります。

採用されにくかったり、諦めて行動しなくなってしまったりと原因は様々です。

高梨

私の面談経験を含め、ご紹介させて頂きます。

  • フリーター歴が長い程採用されなくなる
  • 正社員を諦めて行動しなくなる
  • 仕事に対する理想が高すぎる
  • 心の中でフリーターを続けたいと思っている
  • 親と同居している
  • 未来を想像できない

フリーター歴が長い程採用されなくなる

厚生労働省の調査では、フリーター歴が長くなるほど就活に不利だという結果があります。

フリーター歴が半年未満の人が、正社員登用率が男性約7割に比べ、3年以上の男性は約4割まで落ち込んでしまいます。

フリーター歴が長い中年フリーターは、

  • 年齢
  • 職歴

などの観点からどんどん採用率が下がってしまうのです。

(参考:厚生労働白書 平成25年版

正社員を諦めて行動しなくなる

これまで就活に挑戦し、挫折した経験はありませんか?

就活したけれどうまくいかなかった…もう就職はできないんだ…。

別に今の状況でも食べて行けているし大丈夫だろう

そんな風に考え、就職を諦めてしまえばそこで全てが終わってしまいます。

中年フリーターが採用されにくいのは事実ですが、諦めて行動しなければ状況はなにも変わりません。

就活を一人で抱え込む

フリーターの人が就活を始めるなら、一人で行うのはおすすめしません。

なぜなら既卒者の就活には、

  • 履歴書や職務経歴書
  • 最低限のビジネスマナー

が必要になり、一人ではじめるにはハードルが高いからです。

手探り状態で就活を進めてしまうと、なかなか採用まで至らず、モチベーションを保つのも難しくなります。

結果、就活を諦めてしまうことに繋がるのです。

あなたが就活をスタートさせたいと思うのなら、既卒者やフリーターに特化した転職エージェントを活用しましょう。

基本的に無料で利用できるサービスがほとんどですし、専任のキャリアアドバイザーから書類の添削や面接対策などを受けることができます。

30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 「30代フリーターにも、使える転職支援はあるのかな」 ...

仕事に対する理想が高すぎる

就活をはじめる際には、ある程度自身の進みたい業種や職業を決めておく方が良いのですが、あまり理想ばかりを詰め込んでしまうと挫折し、フリーターから抜け出せなくなる要因になります。

例えば飲食店でのフリーター経験しかない場合、以下の転職希望を挙げるとしましょう。

  • 飲食以外の仕事に就きたい
  • 給与は月20万円
  • 土日祝日休み
  • 残業なし

この様な希望条件を見て、あなたはどう思うでしょうか。

実際に上記をクリアする求人案件は多数存在します。

しかし30代を過ぎたフリーターで未経験となると、条件を満たす求人はほとんどありません。

そうすると、結局

今の状況の方が働きやすくて収入もある

と就活を断念することになるのです。

自分のこれだけは譲れない条件を除いて、妥協するという覚悟を持ちましょう。

30代フリーターの就活失敗事例

高梨

過去私の面談した内の一人に、多くの職歴をお持ちの人がいました。

年齢は30代後半、実家住まいで、経験したアルバイトは20以上ありました。

退職理由を聞いてみると、下記のようなものでした。

  • 思っていた業務内容ではなかった
  • 体力的にしんどかった
  • しんどいので勤務日数を減らしてほしいと申し出ると断られた
  • 自分がやりたい仕事ではなかった

極端な例ではありますが、フリーターを抜け出せない人にはこのように、仕事を自分の都合だけに当てはめて選んでいる特徴があります。

高梨

面談の際の覇気も感じられず、正社員の登用は叶いませんでした。

心の中でフリーターを続けたいと思っている

フリーターを抜け出したいと思っているあなた、心のどこかでフリーターに未練はありませんか?

正社員と比較すると

時間の融通が効いて、仕事に対する責任感も重くないし、慣れて楽な仕事だから現状のままでもいいかな、

なんて考えていないでしょうか。

私の面談した人の中にも、フリーター含め非正規雇用を敢えて選んでいるか人もいました。

あまり責任のある仕事はちょっと、、、

気が楽なのでフリーターを続けてきました

など、40代50代の人でも上記のようにお話する人が一定数いたのです。

確かにフリーターのメリットとしては成立するかもしれませんが、高齢になればなるほど非正規雇用であっても求人はどんどんなくなります。

高梨

フリーターを続けたいと思っている人には危機感があまりなく、ズルズルと現状のままを続けてしまうのです。

親と同居している

高梨

私が勤めていた人材業の会社では、人材派遣の取り扱いも多くあったので、フリーターの人との面談も多く経験しました。

その中で正直なところ、30代以降のフリーターは親との同居が圧倒的に多いという印象でした。

その人たちの独立度は私にはわかりませんが、基本的に同居となると家賃や光熱費が発生しない場合があります。

自身の食費や娯楽費などを賄えれば生活できる為、仕事に対する執着や責任感もあまりなく、気に入らない仕事はすぐに辞めてしまうという人も少なくありません。

親から独立できないうちは、フリーターを抜け出すことが難しいでしょう。

未来を想像できない

中年フリーターの特徴として、自分の未来、つまり将来の想像に乏しい点が挙げられます。

現在フリーターとしての仕事があり、十分に生活できていることから、今のままでも大丈夫だと思い込んでしまうのです。

しかし

  • 今の仕事がなくなってしまったら
  • 病気や怪我で働けなくなってしまったら

その時どうなるのでしょう。

人手不足で売り手市場な状況も、今は変わりつつあります。

現在たとえ収入が20万ほどあったとしても、フリーターの収入のピークは20代、30代です。

40代を過ぎると若い頃のようにがむしゃらに働くことが難しくなりますし、そのとき収入を上げようと思っても、もう手遅れです。

中年、高齢フリーターの需要は段々となくなってきます。

余程の蓄えがなければ老後の生活はできません。

厚生年金に加入できていなければ、老後もらえる年金は月々約5万円です。

家賃や光熱費を払えばなくなってしまいます。

自分は将来生活保護やネットカフェ難民になってしまうかもしれない…

という危機感を持たなければいけません。

\就職に不安を抱えているなら/

中年フリーターから抜け出すためには

自分はもうフリーターから抜け出せないんじゃないか。

年齢的にも、正社員で採用してくれる企業はもうないんじゃないか。

そんな悩みを抱えているあなたに断言します。

本気で就活に取り組めば、今からでも正社員になれます。

しかし闇雲に取り組んでは効率も悪く時間がかかるだけでなく、モチベーションも下がりうまくいきません。

高梨

ここでは中年フリーターを抜け出けだす方法をお教えします。

  • 希望条件を緩和する
  • 企業に応募する際は事前準備を
  • フリーターの就活は転職エージェントを活用しよう

希望条件を緩和する

先程、希望条件が高すぎるとフリーターから抜け出せないというお話をしましたが、なにも全ての条件を諦める必要はありません。

例えば飲食以外の仕事に携わりたいと考えたとき、未経験が可能な求人に応募しますよね。

すると企業側としては、会社の戦力として通用する人間かわからない人に、急に高額な給与を出したくないというのが本音です。

そこで、月収20万円の条件を緩和してください。

高梨

高卒正社員の初任給は厚生労働省の調査によると約17万円ですので、はじめは辛いかもしれませんが、思い切って割り切りましょう。

月収が下がったとしても、正社員は賞与があることが多いですし、年収ベースや今後の昇給を考えれば問題ありません。

自分が譲れない条件は何かを明確にし、それ以外は柔軟に対応できるようになると、求人の幅が広がります。

企業に応募する際は事前準備を

気に入った求人があった場合、多くが書類選考の後に面接という流れになります。

履歴書や職務経歴書を作成するする際、志望動機を書く機会が必ずあります。

面接でも同様ですが、採用率を上げる為には志望動機を明確にし、企業にどうアピールができるのかを考えましょう。

例えば企業のホームページを確認し、経営理念や業務内容を把握します。

その中で

  • 自分がどのような点に惹かれ
  • どのように貢献できるか

と感じたのかを一度紙に書き出しましょう。

「御社の〇〇の経営理念に共感し、自分は以前の経験や考え方から、〇〇の点で貢献できると考えています」

高梨

フリーターの人は意外と企業のホームページまで深く確認している人が少ないので、差別化を図りましょう。

フリーターの就活は転職エージェントを活用しよう

高梨

何度もお話した様に、ただ闇雲に就活を続けるのはリスクがあります。

転職するには若い程有利で、年を重ねるに連れ求人数はどんどん減っていくからです。

就活に時間をかけると年齢があがっていきます。

転職エージェントに登録しておけば、就活に関する悩みや相談も受け付けてもらうことができます。

実際のサポートや、あなたにピッタリの求人を紹介してもらえます。

さらには書類選考の時点で、書類だけではわからないあなたの人柄なども、キャリアアドバイザーから企業採用担当者に伝えてもらうことができます。

30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 30代フリーター向け就職支援&転職エージェントおすすめ5選! 「30代フリーターにも、使える転職支援はあるのかな」 ...

\就職に不安を抱えているなら/

中年フリーターを抜け出すには今すぐ行動を

就活、採用がゴールではありません。

入社後には腰を据えて、会社または社会に貢献できたとき、あなたの人生も潤います。

せっかく就職が決まっても、思っていた仕事と違うなどのミスマッチから、仕事を投げ出してしまっては今までと同じです。

仕事に慣れるまでは、多少の我慢は必要な場合もありますし、未来の自分の為に踏ん張って頑張りましょう。

そこに至るまでにはもちろん、今しっかりとした就活を進めることが大切です。

転職エージェントに登録し、自分の強みは何があるのかを考えましょう。

手遅れになる前に、今すぐに行動に移すべきです。

高梨

安定した生活を得られるよう、応援しています。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ