20代

25歳で人生をやり直したいなら!【人生これからです】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「いつの間にか25歳になっていたけど、人生これからなんて思えない……」

「人生やり直したい。なにか人生を逆転させる方法はないの?」

歳を取るにつれてこんな悩みを抱える人は多くなるのではないでしょうか。

25歳といえば、20代の折り返し地点にいて、これからの人生をどう生きるか決まっていてもおかしくない時期です。

四捨五入することで30歳になってしまうと考えると、焦りが生まれてしまい、うまく行かない人生に不安を抱えてしまいます。

この記事では、25歳で人生をやり直したいと考えているあなたが、これからするべきことと、再出発のための注意点についてご紹介します。

25歳でなぜ人生をやり直したいと思うのか?

25歳という年齢で人生をやり直したいと感じる理由は様々あります。

自分の中に描いていた将来のこと、時間の経過や他人との比較によって現場に不満を持ってしまうことなどです。

やり直したいと思う理由について詳細に見ていきましょう。

思い描いていた将来と違っていた

25歳というのは、自分のキャリアについて過去に思っていた内容と現状を比較してしまう頃です。

例えば25歳で社会人3年目になって転職を考えていたとか、バリバリ仕事をこなして部下を持つようなバリキャリの社会人だろうとか。

過去に描いていた素敵な未来について思いをはせて、机の上のアルコールの空き缶に目をやっていることでしょう。

理想と現実の違いが大きすぎることで「あぁ、人生をやり直したい。せめて大学からでもいい」などという幻想を抱いてしまうのです。

戻ることができないとわかっているからこそ、余計にやり直したいと感じているでしょう。

思い描く将来というのは意外と根深いもので出来ているのです。

20代の折り返し地点で焦りを感じている

25歳という年齢は20代の折り返し地点であり、世の中の平均を知っていると苦しくなることは間違いありません。

20代後半の平均年収は国税庁が発表している調査結果によると平均361万円です。

これより低い場合、平均より低いということから焦りを感じ始めてしまいます。

また、正社員ではないフリーターなど、福利厚生面でも焦りを感じる機会もあるでしょう。

20代後半の始まりによる焦りが、やり直したいという気持ちに直結することはいうまでもありません。

どこを間違えてしまったのだろうとぐるぐると考えてしまうのです。

うまくいっている友人達との差に苦しんでしまう

先ほど平均年収の話をしましたが、自分は平均以下だけれど、友人は平均以上ということはよくあります。

人生のキャリアコースが大きく違う相手に対して萎縮してしまったり、自分がフリーターの場合は苦しいです。

そういったときに自分の不甲斐なさや生きる意味を考えて苦しくなってしまう方がよくいます。

後悔の念に襲われてしまうとなかなか抜け出すことができません。

なにを間違えてしまったのか、どこでまちがえてしまったのか、それを考え出すとキリがありませんが、自分を苦しめる材料としては十分です。

そういった時に人生をやり直したいと強く願う傾向にあります。

\就職に不安を抱えているなら/

25歳でもやり直せる!人生まだまだこれから!

人生をやり直したいけど、もう遅いかなと思っているあなたに朗報です。

25歳はまだ人生の半分も行っていません、つまりまだまだこれからです。

体力もありますし、大学院生が卒業する年齢とほぼ同じです。

やり直しが効く理由を述べますので、参考にして生きる気力を取り戻しましょう。

25歳は大学院の卒業したてとほぼ同じ

25歳といえば、大学院生の卒業年齢とほぼ変わりがありません。

モラトリアムにいままでいた学生もやっと社会に出る頃です。

どれだけ大学院で勉強しても社会で役に立つ仕事に就くことは稀なタイプでしょう。

学歴が高いだけで、結局は25歳から仕事を始めることに変わりはないのです。

つまり、学歴に差はあれど25歳から人生を始める人は多くいます。

社会に先に出ているあなたが本当にやり直しが効かないのでしょうか。

違いますよね、まだまだやり直しの機会はそこらじゅうにあるのです。

現実を見直すいい機会が来たと思って、冷静になりましょう。

フリーターでも30代まで気づけない人もいる

例えばあなたがフリーターだったとして、25歳で気づけたのはとても良いことです。

30代に入ってしまうと、それこそやり直しが難しい段階に入ってしまいます。

20代のうちに自分の内からやり直したいという感情が湧いている時点であなたはやり直しが効くと言い切っていいでしょう。

それこそ、20代から育てていきたいという会社は山ほどあります。

そう言った人の熱意を汲み取って、手を引っ張り上げてくれる会社を探す機会がきた、現実を見れる年齢になったということです。

逆に20代前半で楽をして生活していたおかげで、後半から頑張ろうという気持ちに成れたともいえます。

もちろん楽ばかりではなかったと思いますが、いま気づけたことを誇りに思ってください。

25歳ならまだまだ伸びしろや体力面でやり直しがきく

25歳の体力はまだまだポテンシャルを秘めています。

30代から少しずつ少しずつ体力や気力の衰えを感じてくる頃合いです。

そこまで5年以上の年月が残されていると思えば、まだまだやり直せる気が湧いてきます。

また、その5年でどれだけの伸び代が期待できるでしょうか。

いま不安を感じているのに行動をしていない状況を転換することで、新しい知識、経験も、結果も手に入ります。

人生は25歳で諦めるような地点ではないのです。

25歳は絶望するほど悪い状況ではない

それでも絶望感に支配されている人は一部いると思います。

こういってはなんですが、もしも年齢が30代後半だったらどうでしょうか。

20代の頃と違って体力もない、物覚えも少し悪くなっている、それでも、また新人たちと方を並べて人生をやり直す。

こんな考えを30代後半になってようやく思いついたとしたら、前向きでいられますか。

正直絶望的な状況というのは年齢だけで決めてはいけないものですが、いまあなたは分岐点にいるといえます。

まだ25歳と捉えるかもう25歳と捉えるかの問題です。

しかし、後者の場合まだ30代後半とはなりません。

25歳のいま、人生をやり直そうと気づけたことに前向きでいるべきでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

これから人生をやり直すなら考えてほしいこと

人生をやり直すにあたって、どう考えるか心持ちを学ばねばなりません。

ここからやり直すと決意したら、まずは自分の心が折れないように軸を定める必要があります。

改めて30代に入る前に気づけたこと、そして人生を見直す時間を作ること、そしてどうなりたいのか明確にすることが大切です。

意味もなくやり直すのではなく、同じ失敗をしないために考えるべきことに目を向けていきましょう。

30代に入る前に気づけたことを改めて噛み締める

20代で自分の現状がピンチだと気づけることが、どれだけ稀なことかわかるでしょうか。

例えば中小企業で働いていると、その仕事のぬるさや厳しく管理されていない状況に対して気持ちに余裕が生まれてしまいます。

それを学習時間に当てられるか、遊びに当ててしまうかでその人の人生は変わります。

前者は未来を見ていて、その企業のことをステップアップの一環としか見ていません。

中小企業などでは、できる人から会社を辞めていきます。

表向きは理由をつけていますが、基本的には転職でよりよい環境にいくのです。

では現実にあなたが20代のフリーターだとして、そこで焦りを感じるのは未来に気づいたということに他なりません。

一歩踏み出して、できる人になろうと努力を始めたといえるのです。

人生をやり直すために、人生を見直す時間をもつ

人生をやり直すためには振り返ることが必要です。

自分の人生をどんな風に歩んできたのかはっきりと理解して、見直さなくてはいけません。

また同じことを繰り返さないために、人生を見直すことが大切なのです。

単純にやり直すというのは簡単に見えますが、途中で心が折れた時にまた同じところへ帰ることができてしまいます。

人生はいつでも背水の陣で進むことが望ましいでしょう。

戻れるという感情があると、また同じことを繰り返してしまうかもしれません。

必ず自分の人生を見直して過去との決別をしましょう。

人生のやり直しのスタートは、人生を見直すことから始まります。

あなたの人生をどうしていきたいのか欲を持つ

欲が深いというのは決して悪いことではありません。

欲があるからよく働き、よく食べ、よく生きることができます。

あなたはやり直しの際に、人生になにを求めているか言うことができるでしょうか。

例えば安定する将来や、自分の未来を明るく照らすために努力をする。

やり直しをするということは、自分の人生に意味を持たせなければなりません。

単純により仕事につければいいのか、仕事にやりがいを見出すのか、そもそも正社員という称号を欲しているのか。

そういった自分の欲をはっきりとして進むことで、迷いがなくなります。

今まで流されて生きてきた選択ばかりをしていた人は、自分がどうなりたいのかイメージを明確にしてから先へ進んでいきましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

25歳からの人生やり直し計画

人生やり直し計画というと大仰に聞こえますが、それくらいがちょうどいいのです。

やり直すという心持ちを持つことができたでしょうか。

計画を立てるという段階になったら、まずは具体的に自分の目指す場所を決めましょう。

フリーターを辞めたい場合は就職を目的に置きます。

そして、悪い箇所を見直して、目標までの道筋を明確にすることが計画にとって大切です。

自分の立ち位置をどこにおきたいのか考える

自分の立ち位置というのは社会的立場のことです。

正社員を目指すだけでいいのか、その先のキャリアを考えて、年収はどれくらいがいいのか、人生の伴侶は欲しいのか。

そういったすべてのストーリーを考えましょう。

ノートでもなんでも構いません。

自分のこれからの立ち位置、社会的立場をはっきりとすることができることで、はっきりと向かうことができます。

人生のやり直しの最初は、人生ゲームのようにひとマスずつ、自分の目指す場所を決めることから始めることが大切です。

フリーターをやめたいなら、素直に就職活動をする

最初から計画を練るのが苦手な人は一定数います。

ですが、大きな目標として、例えばお金を安定的に貰えるようになりたい、フリーターから脱却したい。

この心境があるかないかは大きな違いです。

まずはフリーターを辞めるために素直に就職活動をすることから始めるのが最適でしょう。

計画を練ることができなくても、目標が決まれば、逆算してなにをするべきかわかります。

なにをしたいのか、どうしたいのか大きな目標を決めることでも充分です。

計画を練っていくのはそう簡単ではありません。

修正をしながらやっていけばいいでしょう。

苦手な人は目標を立てて素直に活動してみることがオススメです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

悪い習慣と良い習慣を自分の中で洗い出しておく

世の中には悪循環というものがあります。

他人に対する感情であれば悪い感情を抱いたことで、態度にでてしまい、態度に出たことで、関係は悪化し、それが繰り返されます。

あなたのなかでいままであった悪い習慣が、悪循環を作り出していたとも言えます。

逆に良い習慣を忘れないためにも、どちらの習慣も理解しておきましょう。

悪い習慣をまずは知っておく

悪い習慣というのは以下のような内容です。

  • 諦めが早い
  • 継続することができない
  • 言い訳をして逃げ出してしまう
  • 新しいことに飛び込めない
  • 不安を避けてしまう

思い当たることはあったでしょうか。

自分の中で悪い習慣だな、と感じていることはどんどんあげていきましょう。

この習慣を知っておくことで、自分が悪循環に入っている時に気がつくことができます。

良い習慣をうまく利用するために知っておく

良い習慣というのは以下のような内容です。

  • 楽しいことの前に面倒なことを片付ける
  • なにかの目的のために早く行動する
  • 無駄だとわかっていることには手を出さない
  • 失敗することも経験と捉える
  • とりあえず行動に移そうと思える

良い習慣はなくさないようにしましょう。

この記事を読んでいることも、行動に移している結果です。

このような習慣を意識的にするように心がけることが大切になってきます。

道筋があらかた決まったら行動する

良い習慣でもあげましたが、行動することは良いことです。

いままでの流れで自分のやりたいこと、するべきことは見つかったでしょうか。

もし見つからなくても、大きな目標が決まれば良いのです。

それが道筋があらかた決まったということになります。

道筋までのすべてが綺麗に決まるということはよほど計画性に富んだ人でしょう。

最初の一歩目が多少荒くても構いません。

これからの人生をやり直すには最後は行動を始めるしかないのです。

自分に自信がなくても、止まらずに歩き出しましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

25歳は人生の再スタートに最適!ここからやり直そう!

25歳からの人生やり直しについてお話ししてきましたが、30代になってから気づくよりいま気づいて良かったとは思いませんか?

人生に言い訳をしてようやく引き返せないところで気づくより、よっぽど余裕があるでしょう。

その余裕の中でも最速で動くことで、人生の再スタートにブーストをかけることができます。

就職活動に再度取り組む、意欲を持って行動する、不安の中へ自ら飛び込む。

これが再スタートを切るということです。

いままでの自分とは違う行動をとってみる、フリーターを辞めるために転職エージェントを利用してみる。

それが自分を良い方向に持っていく習慣になるのです。

特にフリーターで迷っている、既卒で苦しんでいる人は転職エージェントの利用は不安に飛び込むための練習に最適です。

相談することも、悩みもすべて吐き出すことができます。

まずは行動の1つに転職エージェントへの登録を入れてみましょう。

人生の再スタートは今からでも充分間に合います。

行動することで過去の自分を変えていきましょう!

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ