ニート(年代別)

30代中年ニートの末路。将来、悲惨な生活が待っている…?

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「今のままニート生活を続けて30代中年ニートになってしまったら末路はどうなるんだろう。」

「30代中年ニートになる前になんとか就職したい。」

こういった危機感を持っているニートの方は多いのではないでしょうか。

私は10年以上ニートや引きこもりの方の社会復帰を手伝うボランティアをする中で、数多くのニート当事者やニートの家族の悩み相談に乗ってきました。

その中でも二十代のニートが将来への不安や絶望感を強く持っていることを感じました。

この記事では30代中年ニートをむかえるあなたが、どんな生活を送ることになるのか、そして悲惨な末路を迎えずに済む対策についてご紹介していきます。

30代中年ニートの悲惨な生活の現実

20代までは体力、精神力、見た目の若さがあります。

親もまだまだ元気で経済力があり、ニートであるわが子の面倒を見る余力があります。

20代をずっとニートで過ごし、30代中年ニートになるとどんなことが待ち受けているのでしょうか。

社会との接点がなく、どんどん孤立していく

当然ですが、ニートは会社に出勤することもないですし、働いていないという引け目から友人や知人と会う機会が激減します。

特に30代中年ニートになってしまうと、社会の目も一層厳しくなり、友人や親戚にも合わせる顔が無く他人と触れ合う機会が減るばかりです。

孤独はメンタルを削り、自信を失わせます。

人との接点がないことは一見気楽な面もあるように思えますが、人間は社会的動物なので本能の次元で人との交わりへの欲求がありますが、その欲求が満たされないまま寂しく空しい時間ばかりが過ぎていきます。

ずっと一人でいると、性格や考え方がどうしても偏り、現状を変えるようなアイデアも湧いてこなければ、そもそも変えようという気力すら湧かなくなります。

やはり人間が幸福に生きていくためには健全な人間関係は欠かせません。

生活に張りがなく人生がつまらなくなる

仕事もしておらず、人との交流もない、将来への夢や希望も描けないという毎日が続くと人生がつまらなくなります。

自尊心が低下し、自分を好きになれないため美味しいものや、ゲーム、漫画などの娯楽を見ても心の底から楽しめません。

他人の幸せや成功は嫉妬や憎しみの対象になり、そんな自分をますます嫌いになっていきます。

家族との関係も悪化し家にいる時間もあまり楽しくなくなってきます。

生活リズムも滅茶苦茶になり、運動や外出する気もあまり起こらず、生活全般に張りがなくなります。

健康を維持するのが難しくなる

孤独で希望を持てない毎日を送っているうちに将来を見通すことができなくなります。

刺激のない空しい日々を過ごし、見た目も老け込み、体力が衰え頭の回転も悪くなってきます。

そうなるとマイナスな感情ばかりが頭の中を駆け巡ることになり、精神的に落ち込み、下手をするとうつ病などの精神疾患になることも珍しくありません。

実際私が支援をしている中年ニートや中年引きこもりの人は精神科へ通院していることが多いと感じます。

出勤や運動などで体を動かしたり、刺激を受ける機会が減れば、人間の体は健康を保つことが難しいものです。

常に貧乏で気分転換もできない

当然のことながらニートに収入はありません。

自由に使えるお金がほとんど無いという状況は想像以上につらいものです。

買い物や少し値段の高い美味しいものを食べることはストレス解消になり、希望の活力になりますが、そういったストレス解消ができないというのは逆にストレスの元にもなります。

頼れる人や相談できる人もおらず、将来への不安や日々の不満を吐き出せる機会が無ければ心身の健康の維持も難しくなってきます。

中年ニートは体調不良、周囲に認めらない、常に金欠、人生がつまらない、などマイナスな出来事だらけになり更に自分自身を追い詰めてしまいがちです。

\就職に不安を抱えているなら/

30代中年ニートが迎える将来の末路

では、30代中年ニートがそのまま40代、50代とニートを続けた場合、どのような将来の末路が待っているのでしょうか。

年代別に見ていきましょう。

40代では生活の維持が危うくなる

30代までは親に養ってもらいながら、なんとか生活を維持できていた中年ニートも40代になると、親の退職などで家計に余裕がなくなり、更に生活が厳しくなります。

親も高齢になり、家事も若いころのようには出来なくなっていますが、私が関わってきた中年ニートは家事を親に任せっきりで生きてきたという人が多いと感じます。

自分で食事を用意するのが難しい人も多いので、カップ麺や菓子パンばかりを食べることが増えてしまいます。

こういった栄養の偏った食事を続けていると、元々病弱になりがちな中年ニートの健康が更に悪化してしまいます。

同年代と比較する余裕すらなくなる

30代までは同年代と比較して卑屈になることもありますが、40代をむかえると経済的にもかなり厳しくなり、もうそんなことを気にする余裕も無くなります。

「なんとかこの生活を脱出しなければ」と就職を決意し、求人に応募したとしても年齢相応のコミュニケーション能力が無いため、アルバイトの面接ですらほとんど落とされてしまいます。

八方ふさがりで本人もどうすればいいか分からない状態ですが、長い間ニートだった人は他人に相談することもままなりません。

50代以降、誰も頼る人がいなくなる

それでも40代までであればまだ親の年金でなんとか生活できる中年ニートも少なくないですが、50代になると生活を送ることが本格的に困難になります。

頼れる友人や親戚とは、とっくの昔に縁が切れており、アルバイトすら勤まらない状況です。

大体は生活保護の受給を考えるでしょうが、不正受給問題や地方自治体の財政の厳しさなどから年々生活保護の審査は厳しくなる一方です。

生活保護は簡単に受けられない

生活保護の要件や手続きは非常に複雑で、よくわからないまま申請しても受給できることはほとんどありません。

実際に申請手続きに行っても、役所の担当者からとてもきつく厳しい言葉を投げかけられ、ショックで申請をあきらめそのままホームレスになる人もいます。

また、たとえ生活保護を受給できたとしても、財産や生活実態は役所の管理下に置かれ、不自由な生活を強いられます。

また、50代以降のニートは孤独死のリスクも急激に上がります。

いよいよ生きて行くこと自体が難しくなってきます。

これが、30代中年ニートが20代で就職をせず、ニートを続けた悲惨な末路です。

\就職に不安を抱えているなら/

30代中年ニートになって悲惨な末路を迎えないためにも

20代まではまだまだ若く、将来への不安を感じにくいためなんとかしようという気も起こりにくいものです。

ただ、ここまでお話してきた通り30代以降の中年ニートの生活はかなり悲惨で時に生命の危機すらあります。

悲惨な生活から逃れるために必要なことは、20代のうちにニートから抜け出すことです。

もう遅いと思っているかもしれませんが、人生の中で今が一番若いのです。

今すぐ動くのがあなたにとってベストタイミングです。

20代ニートがどういった手順で就職活動を進めていけば良いのか、これからの計画についてお話ししていきます。

すぐ始めよう!就活は意外と簡単に始められる!

「ニート生活を送っていた自分が就職なんてできるのだろうか」

「自分に長所や得意なことなんてないし、どんな仕事をすればいいかわからない」

そう思い就活に踏み切れないニートはたくさんいます。

しかし、人は誰でも長所や、興味関心があるものです。

まずは自分の強みや興味や関心のある分野を見極め、そのうえで自分が向いている業種や就職したい会社の情報を集めることから始めましょう。

そして、履歴書等の応募書類や面接対策などを行い準備をすることです。

20代はチャンスだらけ!正社員になって明るい将来を過ごそう!

ここまで、30代中年ニートがたどる悲惨な末路についてお話をしてきました。

もしかしたら軽くショックを受けたかもしれません。

しかし、20代の今正社員に転職できれば全く逆の明るい未来が待っています。

正社員になれば自然と人との関わりが増え、生活に活気が出ます。

素敵な人が現れ、結婚し子供ができ充実した生活を送ることができるかもしれません。

ボーナスや退職金があるので老後の生活も安心です。

もちろん働くことはラクなことばかりではなく、時にはつらいこともあるかもしれませんが、悲惨なニートの生活と比べれば乗り越えることができるはずです。

ニートが就職したいと思った時に最初にするべきたった一つのこと 就職したいけどニートだから何から始めていいかわからない。 就活なんて久しぶりで履歴書や面接とか不安… こういった思...

まずはプロに相談しよう

就活といえば、求人情報サイトやハローワーク、転職エージェントなどを利用する必要があります。

特に、転職エージェントには20代社会人未経験者向けのものがあり、就活において不明点や不安な点を担当者に相談し、担当者と共に就活を進めることができます。

そこでは履歴書等の応募書類や面接での振舞い方等親身になって教えてもらえます。

就活に欠かせないのは情報とモチベーションの維持です。

一人ではくじけそうなときも支えてくれる人がいれば、きっとあなたにとって最適な職場に就職できます。

ニート・無職の就職に強い転職エージェントのおすすめを厳選!この記事ではニートなどの無職から評判の転職エージェント、利用するにあたっての注意点やコツ、転職エージェントで受けられるサービスについて解説します。...

\就職に不安を抱えているなら/

行動しない時間がもったいない!

行動をためらってしまっては結局行動が出来ずじまいで終わります。

行動しない時間は無駄な時間になってしまいます。

今すぐに就活を始め、素晴らしい未来を手に入れましょう。

何をすれば良いかわからないという方は、まず20代ニート向けの転職エージェントに相談することをおススメします。

ニートの自分では就職できないと感じているかもしれませんが、転職エージェントでは社会人未経験者であるニート歓迎の優良企業の求人も数多くあり、ホワイト企業に就職できる確率がグンと上がります。

明るく楽しい将来を思い浮かべながら、就活を始めてみましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ