既卒の就活

既卒3年目は就活しても手遅れ?どうすれば正社員になれるのか

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

今まで様々な人の就職相談に乗ってきた庄司です。その中には既卒3年目になり、就活しても手遅れなんじゃないかと思っている人もいました。

「内定がもらえずに学校を卒業してとりあえずフリーターをやりながらもう既卒3年目になる…このまま一生フリーターになるのかな…」

学校を卒業してからずっと就活に取り組んできたけれど、これでもう3年目になってしまって本当に大丈夫なのかが心配になっている人もいますよね。

自分はもう正社員になることはできないのかもしれないと途方に暮れているかもしれません。

既卒3年目の就活はもう手遅れだから諦めるしかないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

多くの既卒の就活を見てきた私としては、既卒3年目はまだ諦めるタイミングにしては早すぎます。

フリーターでも何とか生活していけると思わずに、本気で就活に取り組んできましょう。

この記事では既卒3年目の人が就活に成功できるようにするための考え方ややり方を詳しく紹介します。

既卒がフリーターのままでいるとどうなる?

既卒3年目になる頃には就活だけに力を注ぐわけにもいかず、アルバイトを始めていることが多いでしょう。

それが理由で正社員になるのを諦めようとしてしまいがちですが、フリーターのままでいると大きなリスクがあります。

何が問題になってしまう可能性が高いのかを十分に理解しておきましょう。

将来的に収入が増えにくい

フリーターは収入が増えにくいのが最大のデメリットです。

今は何とか食いつなぐ分の収入を得ることができているかもしれません。

しかし、家族を養うようになると到底収入が足りないでしょう。

アルバイトは時給制での支払いが基本なので、働く時間を延ばせば給料は増えます。

ただ、時給はあまり上がらず、働ける時間にも限界があることを考えると将来的な収入には大きな不安を抱えざるを得ません。

雇用が安定していない

フリーターのままでは雇用が安定せず、いつ仕事がなくなるかわからないのも問題点です。

景気が良くて業績も好調な職場でアルバイトができれば当面は解雇されるような心配はないでしょう。

しかし、業績の不振が起こったり、設備や情報システムの導入によって人材を減らせるようになったりしてしまうとアルバイトがまず解雇されるのが一般的です。

若くて安い人材をアルバイトとして雇えば良いという考え方が根強いので、年齢を重ねるごとに雇用が不安定になります。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒3年目の就活のデメリットは?

フリーターでいるリスクがよくわかるとやはり就活をしようと思うでしょう。

しかし、本気でやろうと思っても不安が募ってしまって立ち止まってしまいがちです。

既卒3年目になるとどのような不安が出てくるものなのでしょうか。

空白期間が長い

既卒3年目の就活で不安になるのはやはり空白期間の長さです。

学生だった頃の就活を含めると3年間失敗を続けてきていて、その間は職歴上は何も記載できない状況になっています。

これだけ長い空白期間がある人は働く意欲がないのではないかと思われてしまうかもしれません。

採用担当者から理由を聞かれたときに就活に失敗していたからだとは言えないでしょう。

この問題をいかにして克服するかと考えたときに何もアイデアが生まれずに困ってしまいがちなのです。

スキルに自信がない

就職できていない影響もあってスキルに自信がないのが不安になる人も大勢います。

既卒3年目になると学校で学んできたスキルも、就活のために身につけたスキルも通用しないものだという認識になっているでしょう。

役に立たない能力しかないのだから企業が採用してくれないのだと思い込んでいる人もいるかもしれません。

自信がないと就活では良い印象を与えられないので不利な状況にもなっているのは確かでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒3年目の就活は心構えが大事!

このような不安を抱えていて不利な状況に置かれている既卒3年目の人が就活に成功するにはどんな心構えが必要なのでしょうか。

心構えの違いで成功の可否が大きく分かれるので、以下の二つのポイントを確実に押さえておきましょう。

今年で確実に就職する

とてもシンプルな心構えですが、まずは今年で確実に就職すると心に誓いましょう。

この年を逃してしまうと急激に就活が大変になってしまいます。

企業によって解釈には違いがありますが、既卒3年目までは新卒と同じように扱っている企業が多いのが現状です。

今年までなら新卒と同じ枠でエントリーできますが、来年になるともう中途採用枠で応募せざるを得ません。

若さとポテンシャルを生かせるのは今年までなので本気で就職するという意気込みが大切です。

狙いを絞って準備する

既卒3年目になった人が就活をするときにはもう猶予がありません。

興味を持った企業には網羅的に応募しようという考え方をしないようにしましょう。

応募する企業数が増えれば増えるほど負担が大きくなります。

企業研究にも書類作成にも面接対策にも時間がかかってしまうので、アルバイトをしていないと生活が貧窮してしまう人には到底無理です。

この企業が自分の働くところだというのを厳選して応募できるように準備しましょう。

\就職に不安を抱えているなら/

既卒3年目の就活は準備をしっかりしよう!

既卒3年目の就活で成功するには心構えがあるだけでなく、内定を取れるようにするための周到な準備も必要です。

今までとは違う視点で準備をした方が良いので、以下の2点をしっかりとチェックしておきましょう。

経験の棚卸をしてみる

社会経験もなくて職歴もないのは既卒の共通点ですが、フリーターを通して何か経験をしてはいないでしょうか。

学生の就活でもアルバイトの経験を通して学んだことをアピールポイントにすることがよくあります。

フリーターとして何年も働いてきたなら接客や営業などのスキルを学んでいるかもしれません。

今まで積んできた経験を棚卸して、面接のときに詳しくアピールできるようにまとめておきましょう。

自己分析をして強みを明確に!

既卒3年目になった時点でもう一度自己分析をしてみるのも就活に成功するためには欠かせません。

これまでの就活やアルバイトを通して、自分の強みが再認識されたことはなかったでしょうか。

今まで知らなかった自分の一面を垣間見る機会があったかもしれません。

この数年間を思い起こしてあらためて自分の強みが何なのかをはっきりとさせましょう。

興味を持っている分野や事業も変わっている可能性があります。

興味関心は刻々と変わっていくので自分が活躍したい分野を考え直してみるのも大切です。

\就職に不安を抱えているなら/

ここを見よう!既卒3年目の求人の選び方

既卒3年目になると求人の選び方についても慎重になる必要があります。

既卒3年目の人材でも採用するつもりがある企業なのかどうかを見極めないと、無駄に企業研究や応募書類の作成に時間を取られてしまうからです。

重要なポイントは以下の2つなのできっちりと押さえておきましょう。

企業ニーズを考えて応募する

企業研究の開始時点で何よりもニーズを考えるようにしましょう。

一般的に学生の新卒を簡単に獲得できていて、全然辞めている様子がない企業では既卒を募集枠に入れていても採用するつもりはほとんどありません。

若い世代の獲得に苦労している中小企業を探してみるのが良い方法です。

若手が入ってこなくて困っている企業にとっては既卒3年目も貴重な人材です。

このニーズの見極め次第で効率良く就活を進めていき、内定を勝ち取れるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

現場の状況がわかるプロに支援を受ける

プロによる支援を受けて求人を選ぶのも重要な考え方です。

現場の状況をよく理解している転職エージェントは既卒3年目でも採用する意志があるかどうかを判断できます。

その支援を受けて求人を選び出せば採用してもらえる可能性が飛躍的に高まります。

転職エージェントなら応募の際に書類の添削を受けたり、面接の質問対策を助けてもらったりすることもできるので相談してみましょう。

既卒(学校卒業3年以内)の就職活動に強い転職エージェント5選!この記事では既卒に評判のおすすめ転職エージェント、利用方法や使い方のコツ、登録する際の注意点などを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

既卒3年目でも手遅れじゃない!

既卒3年目になるともはや正社員になるのは無理だからフリーターで生きていこうと思う人もいます。

しかし、将来を考えると就職に成功しておかなければ収入も少なく、いつ仕事ができなくなるかもわからない不安に悩まされることになるでしょう。

まだこのタイミングで就活に挑めば採用してもらえる可能性があります。

今年の就活で成功しないと中途採用枠しか使えなくなるので就職が大変になります。

確実に今年で採用してもらうと心に決めて就活に挑みましょう。

必要な準備を整えるにも求人を選ぶにも転職エージェントの支援が役に立ちます。

転職エージェントを有効活用して効率良く就活を進めていき、正社員になる道を切り開けるようにしましょう。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ