フリーターの生活

フリーターの方が稼げるから勝ち組?むしろ負け組かもしれない3つの理由

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

庄司

こんにちは!元フリーターの庄司です!今回はフリーターの方が正社員より稼げるのは本当か赤裸々に話していきます!

フリーターの方が稼げるってほんと?

それならフリーターの方が勝ち組じゃない?正社員の方が負け組?

そんなことを思っていませんか。

最初に言います。その情報は間違っています。

そんなことを言っているのは20代の人たちだけではないですか?

30代、40代のフリーターはそんなことを言っているでしょうか。

確かに20代のうちはいいかもしれませんが、30代、40代になってくると大変なことになります。

庄司

私も25歳までフリーターで、30代や40近い、フリーターの知り合いを見てきましたが、正直かわいそうです。

そこでこの記事では

  • フリーターの方が稼げると言われる理由
  • 今が良いからとフリーターを続けるのは危険なこと

などを解説していきます。

フリーターの方が稼げるならこのままフリーターでいこう!

そんなことを思っている人にはぜひ見て頂きたい記事になります。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターの方が稼げるは大間違いな3つの理由

フリーターの方が稼げるとどこかで聞いたかもしれませんが、それは大間違いです。

将来的に見るとまず間違いなく、正社員の方が稼げると断言できます。

庄司

なぜそういえるのかを根拠を持って説明していきます。

  • フリーターの給料は上がらない
  • フリーターと正社員では生涯賃金にも大きな差がある
  • 待遇にもかなりの差がある

フリーターの給料は上がらない

年齢男性女性
20~24歳21万5200円21万900円
25~29歳25万1900円23万6300円
30~34歳29万5400円25万4800円
35~39歳33万2200円26万8600円
40~44歳36万6600円28万3400円
45~49歳40万5200円29万3400円
50~54歳43万9900円30万300円
55~59歳43万7200円30万円
平均35万1100円26万5300円

こちらは厚生労働省が出している「平成30年賃金構造基本統計調査」の「正社員」の平均月収を男女別に記載したものです。

正社員は年齢を重ねるにつれて給料も自然と上がっていきますが、フリーターはそうもいきません。

時給はそのまま同じままですし、上がったとしても100円が200円程度です。

フリーターの平均月収を計算すると、時給1000円だと仮定して1ヶ月22日間フルタイム(8時間)働いたとすると…

1000円×8時間×20日間=17万6千円

フリーターの月収は17万6000円になります。

この給料が生涯変わることはありません。

30歳時点では男性の正社員とフリーターの月収格差は10万円以上、そしてピークになる50歳では25万円以上も差が開いてしまうのです。

フリーターと正社員の年収の差

年収に換算するとそこに賞与(ボーナス)が加わってくるのでもっと差が開きます。

フリーターと正社員の年収

フリーター:211万2000円

正社員:491万5400円

これはフリーターと正社員の月収を×12ヶ月分したものです。

しかし、フリーターは単に12ヶ月をかければいいだけですが、正社員はそこにボーナスが加わってきます。

ぱっと見ただけでもわかると思いますが、200万以上は余裕で差が開いています。

今回は2か月分のボーナスをそこに加えましたが、2か月分というのは少ない方で大企業になってくると4~5か月分が平気で出ますのでもっと差が開いてくるのはお分かりだと思います。

庄司

これだけでもフリーターの方が稼げるなんて断じて言えません。

フリーターと正社員では生涯賃金にも大きな差が生まれる

そして生涯賃金でもかなりの差が開いていきます。

23歳~65歳まで働くと仮定して、それぞれフリーターと正社員の生涯賃金を計算してみた結果…

フリーターの生涯賃金:88,704,000円
正社員の生涯賃金:206,446,800円

少し桁が大きすぎてわかりずらくなってきましたが、フリーターは約9000万円、正社員は約2億円の生涯賃金とその差は1億円以上。

1億円ですよ1億円。

1億円あったら何ができると思いますか。

庄司

これでもまだフリーターの方が稼げると思いますか。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

待遇にもかなりの差がある

さらには残念ながらこれだけではありません。

正社員には待遇面でも差があります。

基本的に正社員は厚生年金などの社会保険料を半分負担してくれますし、

  • 住宅手当
  • 役職手当
  • 家族手当

などをさまざまな福利厚生が受けられます。

退職金なども支払われるので老後の金銭面的にもとてもフリーターの方が稼げるとは口が裂けても言えないのです。

\就職成功率80%以上/

フリーターの方が勝ち組だと思われる理由

ではなぜ、「フリーターの方が稼げるし勝ち組じゃない?」と言われるようになっているのでしょうか。

庄司

そこには主に以下の理由でそのように言われています。

  • 20代前半までは稼ぎは変わらない
  • 自由にシフトが組める
  • 責任がない

20代前半までは稼ぎは変わらない

まず第一に20代前半までは正社員とフリーターの給与格差がそこまでないという点です。

上記の表で示した通り20~24歳までの正社員の平均月収は約21万円です。

それに対してフリーターは17万円前後。

これは時給1000円で計算しているのでもっと時給が高かったり、「俺はもっとたくさん働けるよ」という人はそれ以上稼ぐことが可能です。

庄司

本気を出せば21万以上稼ぐことだってできるはずです。

自由にシフトが組める

フリーターは正社員と違って自由にシフトが組めます。

つまり、働きたいときに働けて休みたいときに休むことが可能です。

正社員より時間の融通が効くという点では自由な時間を確保しているといえるでしょう。

しかしそこで考えてほしいのは本当にフリーターは自由なのかということ。

フリーターはフルタイムで働いても給料が17万前後です。

それ以上稼ごうと思ったらさらに働かなければなりません。

そして休んでしまったらその分稼ぐことはできませんから生活を維持していくのも大変です。

働かなければ生きていけず、稼ごうと思ったらさらに働かなければならない。

庄司

これは本当の自由と呼べるかどうかは怪しいところです。

責任がない

フリーターは責任がなくて楽な仕事任せられます。

仕事に責任がないので変なプレッシャーもなく、のびのびとアルバイトをすることができます。

嫌な上司にがみがみ言われることもなく、したくもない残業を押し付けられることもなく、気軽に働くことができます。

ですが逆に言ってしまうと

責任がない=いつでも辞めてもらっても構わない

ということです。

もし、アルバイト先の経営が傾いたりして、人員を削減しなければならなくなったときに真っ先に切られるのはアルバイトです。

突然食い扶持がなくなってしまう可能性も十分あることを覚悟しておいてください。

\就職成功率80%以上/

今が良いからとフリーターを続けると必ず後悔する

フリーターでも稼げるし生活できるから今のままでいいや

とフリーターを続けていると気がついた時には手遅れになっています。

周りとの差が開き始め、就活しようと思った時には採用してくれなかったりろくな求人がなかったりして正社員に就職したくてもできない。

そんな状況が必ず訪れます。

想像してください。

かつての友達がマイホームやマンションの、クルマの購入などで盛り上がっているところを。

そんな中、自分ひとりだけ1K のアパートで一人で生活しているところを。

想像してください。

親友が結婚や子供の話で明るくなっているところを。

そんな中、生活が苦しくてご祝儀や出産祝いをまともに出せない状況を。

負け組になる前に就活を

そんな「負け組は嫌だ」と思ったのならまずはすぐにでも就活を始めることです。

フリーターはフリーター歴が長くなればなるほど正社員に就職しにくくなってしまいます。

刻一刻と優良企業の求人はなくなっていきます。

今すぐにでも動き出せばまだ間に合います。

庄司

冒頭で紹介した『ジェイック』という就職支援サービスは私自身も利用してフリーターから稼げる企業に就職することが出来ました。

ここはフリーターなどの今まで働いたことのない人たちを専門に支援しているのでフリーターのあなたでも必ずや正社員に就職することができるでしょう。

全て無料で利用できるのでお金がなくても安心して利用することができます。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる