フリーターの生活

フリーターと正社員の違い。メリットデメリットを徹底解説!

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「フリーター生活も3年目で周りを見たらみんな正社員。今の所そんなに生活に違いはないけど、、。」

「正社員にも憧れるけど、フリーターと正社員それぞれのメリットやデメリットを知っておきたい。」

20代前半くらいでは、正社員の友人とフリーターの自分との間にそこまで差を感じないという人も少なくはありません。

そのため、このままフリーターをやっていても問題ないだろうと感じる人も多々あります。

私は、10年間キャリアアドバイザーとして、フリーターを正社員へ導くサポートをしてきました。

この経験から得た情報をもとに、フリーターと正社員の違いを皆さんにお伝えいたします。

フリーターと正社員の間で悩んでいるあなたにぜひ読んでいただきたい記事です。

フリーターと正社員の違い

フリーターと正社員では具体的にどんな違いがあるのか意外とわからない人も多いのではないでしょうか。

基本的なフリーターと正社員の違いを知っておきましょう。

フリーターとは?

会社に非正規雇用されて仕事をする人のことをさしています。

アルバイトやパート、派遣社員も非正規雇用ですからフリーターの仲間になります。

仕事の内容としては、ほとんどが専門性がなく単調なもので、給与も正規社員より低いのが一般的です。

正社員とは?

フリーターとは反対に、会社に正規雇用されている人たちのことをさしています。

フリーターと比べて責任も重く、専門性やスキル、知識が求められることが多い仕事です。

その代わり、給料がフリーターよりもよく福利厚生も手厚いのが特徴として挙げられます。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターのメリット・デメリット

正社員と比べて劣る印象のあるフリーターですが、それなりにメリットとデメリットがあります。

この先もフリーターとして働きたいと思っている人は、メリット・デメリットの両方を把握した上で考えることをおすすめします。

メリット

時間の縛りが少ない

フリーターは時給制をとっている場合が多く、シフトで割り当てられた時間内で仕事が完結します。

つまり、残業や休日出勤という概念が当てはまらず、シフトではない時間は自由に過ごすことが可能となります。

また、自分の予定を優先してシフトを組むことができるため、生活スタイルを大切にしながら仕事をすることができます。

なので「この日は用事があるからやめにしよう」とか「この日は暇だからたくさん働いて稼ごう」という自分の予定に合わせた働き方ができます。

全てが自分のシフト通りというわけにはいかないと思いますが、正社員と比べて比較的自由な働き方ができます。

時々「~~さん、忙しいからちょっと残って手伝ってくれないかな」と頼まれる時もありますがその分の残業代はきっちり出るので安心して働けます。

逆にその分の給料が出なかったりするところはブラックバイトの可能性があるので要注意です。

比較的責任が軽い

フリーターは非正規雇用の社員ですから、時給が発生する時間内に決められた仕事をきちんとこなせば、それ以上の責任を負うことはありません。

アルバイト先の責任はすべて正社員が背負っています。

仕事内容も正社員と比べて単調なものや気楽なものが多いため、精神的な負担も少ないというメリットがあります。

例えば、同じ会社で長くアルバイトを続けたとしても、責任者のようなポジションを与えられることもほぼありません。

仕事を辞めやすい

フリーターは仕事に責任を負っていないのでその職場を辞めたくなればいつだって辞めることができます。

辞めようと思えば今日や明日にでもやめることができます。

企業側としても、アルバイトは短期で雇うという概念を持っています。

もちろん何年も働いているという人も見られますが、ほとんどの場合が学生や主婦のため1〜2年で辞めていきます。

そのため、急な生活の変化ややりたいことが見つかって転職したいとなった時にも、割と簡単に仕事を辞められることができます。

自分の職場に合わないなと感じたらすぐに違う職場を探して自分の性格に合った職場を見つけることができるのがメリットとして挙げられるでしょう。

転勤・異動がない

フリーターは転勤や異動がありません。

正社員は時折、全く知らない土地や慣れない土地に行かされることがありますがフリーターはその心配がありません。

自分が慣れた土地でずっと働き続けることができるので友達や恋人とも離れ離れになることはないので安心です。

副業もしやすい

最近は正社員でも副業OKなところが出てきたとはいえ、まだまだ正社員で副業をするのは難しいのが一般的です。

ところが、フリーターは収入源を増やすためにバイトを掛け持ちしているという人も少なくはありません。

シフト時間以外は自由に使えるので、副業も可能になるのです。

例えば、フリーターの多くは学生などの若い世代も多く、体力もあるため掛け持ちをするのも苦にならないと言えます。

デメリット

給料が上がらない

フリーターのデメリットとして一番に挙げられるのは給料の面でしょう。

フリーターの平均月収は約20万前後です。

たとえフルタイムで働いていたとしても、正社員のように昇給があるわけではありませんので、基本的にはバイトを始めた当初から給料が上がることがありません。

20代のうちは正社員との格差は少ないですが30代、40代と年齢を重ねると正社員との給料がどんどん開いていきます。

なんとフリーターの生涯賃金は約6000万~8000万、正社員は2億~3億と1億以上も収入が違ってくるのです。

また、基本的にはシフト制になっているため、バイト先の都合によってはシフトが思うように入れてもらえなかったりする可能性も十分にあり得ます。

そうなると、その月の収入は激減してしまうのです。

社会的信用がない

フリーターの大きなデメリットとして社会的信用が得られないというのは外せません。

正規雇用ではないことが影響し、不安定であると見られるため世間的に信用が得られないのです。

社会的信用がないことで、家や車などの高額商品を買おうと思った時にローンが作れなかったり、クレジットカードも作ることができないという恐れもあるのです。

あなたが高額な買い物をしたいと思っても一括で支払うしか残された道はありません。

賃貸物件が借りられないこともある

社会的信用とも関係がありますが、フリーターだとアパートやマンションなどを借りる時に不利になる可能性が高くなります。

親がまだ若くて働いているという場合は、保証人になってもらうことで借りることが可能ですが、親が定年となると話は別です。

自分も親も収入が不安定だとみなされるため、貯蓄が多くあるなど具体的な信用要素がない限りは賃貸物件を借りるのが非常に難しくなってくるのです。

貯金がしづらい

フリーターは、生活をしていくのでいっぱいいっぱいという人が多く、貯金にお金を回すような余力がありません。

さらには、正社員のようにボーナスがもらえる可能性も低いため、ますます貯金は難しいと言えるのです。

貯金がないと、もしもの時に対応することができず、フリーターとしてのデメリットを目の当たりにするような出来事も起こるでしょう。

自由があるようでない

さきほど、上のメリットで自由な働き方ができると言いましたが実はそのような働き方はできないのが現状です。

確かに曜日や日にちなどは自由に決定できます。

しかし働かない分だけ給料が入ってこないので生活がままならくなります。

例えばあなたが時給1000円のアルバイトしていたとしましょう。

そして8時間週5日で働いたとしても16万円しか入ってきません。

フリーターの平均月収より低いのです。

あなたがそれ以上の月収を得たいなら8時間週5日以上働かなければならないのです。

それは正社員が定められている労働時間より多く働かなければなりません。

それは果たして自由と呼べるのでしょうか。

いつやめさせられるかわからない

フリーターは雇用が守られていないため、契約期間が終わったら企業側から解雇を言い渡すことができます。

もし、アルバイト先に要らないと思われたり人手が多すぎるので人員を減らすことになったらクビにされても文句が言える立場ではありません。

スキルが身につかない

フリーターは責任もなく重い仕事を任せられないので誰でもこなせる単純作業ばかりすることになります。

技術的にも精神的にも向上することはありません。

そうなるといざ就職をしようと思っても何も専門的なスキルを持っていないので採用される確率は低くなるでしょう。

病気やけがの時に対応できない

正社員は病気やけがをしたときに長期休職する場合は「傷病手当金」という手当てが出ますがフリーターは何の手当ても出ることがありません。

ですのでケガや病気をして働けなくなった場合その瞬間から給料がなくなります。

\就職に不安を抱えているなら/

正社員のメリット・デメリット

フリーターで生きている人の中には、本当は正社員に憧れているという人も少なくはないでしょう。

実際のところ正社員にはどんなメリットがあり、デメリットもあるのかを知っておくと、この先の身の振りが明確になってきます。

メリット

安定している

フリーターと違って正社員はよっぽどの出来事がない限り解雇されることはありません。

自分から辞める選択をするか、会社が倒産するほどの危機に陥るようなことがない限りは、継続されて雇用されるのです。

安定して雇用されているということは、会社からも信用され期待も受けているということになります。

それは自分自身の自信にもなり、ますますのスキルアップを望むこともできるのです。

収入がいい

正社員は、毎月の給与以外に手当や賞与などが出る場合がほとんどです。

20代前半だとフリーター時代と給料は変わらないなと感じるかもしれませんが、仕事を続けていくと明らかな収入の差を感じ始めるでしょう。

また、長く勤務していけば昇給なども見込め、30代、40代となった時にはしっかりと貯金ができるほどに成長していることも望めます。

また、退職時には退職金が出るため、老後の心配もなくなるでしょう。

福利厚生が充実している

正社員のメリットの中でも福利厚生は外せないポイントです。

例えば、住宅手当が出る会社もあり、その時点で家賃の負担が一気に軽減されます。

また、出産や育児のための休暇も充実しているため、安心して子育てに専念することができます。

そのほか、有給も用意されていますから、もしもの病気や怪我でも給料をもらいながら休むことができる点はフリーターと大きく違うと言えます。

社会的信用がある

フリーターと真逆で、正社員には社会的信用がしっかりとあります。

安定した収入と雇用形態は世間的な信用を得るのに十分な理由となるのです。

よって、車などの高額商品を買う際もローンが組みやすく、クレジットカードも難なく作れるため、海外旅行などでも非常に役立つと言えるでしょう。

デメリット

時間的制約が避けられない

フリーターとは違い、正社員の場合は残業や休日出勤もしなくてはならない場合も起こり得ます。

仕事に責任があるため、休む際にも他の社員との兼ね合いを考えながら調整していく必要があります。

そう考えるとフリーターよりは自由な時間が少なく、会社に縛られている時間が増えるのはデメリットでしょう。

転勤の可能性がある

各地に支社があるような会社に勤めた場合、転勤をしなければならないこともあります。

特に若いうちは、あちこちに異動することもよくある話でしょう。

引っ越したばかりなのに、転勤命令がくだったということもないとは言えませんから、気をつけたいところです。

転勤が嫌だという人は、初めから転勤のない会社を選ぶ必要があります。

辞めるのが難しい

フリーターと違い、正社員は責任のある仕事を任されていることもあり、突然に会社を辞めることができません。

会社によっては3ヶ月前から会社に辞めることを伝えなければならないパターンもあります。

しかし、人生何が起こるかわかりませんから、突然生活を変えなければならないこともあるでしょう。

そんな時に色々と面倒を感じる点は、正社員のデメリットと言えるでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

年代別に見るフリーターと正社員の違い

若いうちはフリーターの自分と正社員として働く友人との間に違いを見出しにくいでしょう。

実は、フリーターと正社員の違いは年代別に変わっていくのです。

その違いを年代ごとに見ていきましょう。

20代

もしかしたらフリーターの方がいい?

自由なフリーターと時間に縛られている正社員という構図が見られるのがこの世代と言えます。

正社員の友人を見るとノルマに追われたり、休日出勤をしたりと大変そうに見えます。

一見するとフリーターの方が自由で人生を謳歌できるのではと思えてしまうほどではないでしょうか。

しかし20代後半にもなってくると、正社員で働いている人もだんだんと仕事に慣れ、責任ある仕事に生きがいを感じるため、たくましくすら見えてきます。

月給的には変わらない時代

給料的にも20代はフリーターも正社員も特に変わらないと言えます。

まだまだ若いのでフリーターでもフルタイム働くことができ、場合によっては掛け持ちバイトなどで正社員の人よりも月給的には多く稼いでいるという人もあるでしょう。

とは言え、正社員はボーナスという強い見方があります。

ボーナス時期に高い時計を買ったり、旅行に行ったりする友人を見ていると、フリーターである自分が格下に見えることは否めません。

結婚のこと

20代中盤から後半世代の人は、そろそろ結婚したくなることも起こり得ます。

ここで初めて、自分がフリーターであることが大きく人生に影響してくることに気がつく人もあるでしょう。

 フリーターであることが原因で彼女の両親から反対を受けたり、彼女自身からも安定を求めて別れを告げられることも少なくはありません。

反対に正社員の人は安定した収入と雇用形態がありますから、タイミングがくればいつでも結婚できるという状態にあると言えます。

30代

暮らしにも明確な差が現れ始める

まずフリーターの場合、30代だとそろそろアルバイト先の同僚がみんな年下になるなど、職場に居づらい状況が起こり始めます。

若い同僚たちは次々と正社員になっていき、気がつけば自分だけがアルバイトとして長く勤めているなんてこともあり得るでしょう。

正社員の友人を見てみると、早い人はすでに役職までついて家族もあり順風満帆。

20代には見られなかった生活における格差が現れ始めたと言えます。

収入にも大差が出て来る

正社員の人たちは、20代の頃よりも給料が上がりボーナスもしっかりと得ていく世代です。

いつまでも20代の時のように給料に差がないと思っていたフリーターからすると、一気に引き離されたような孤独感を感じ始める世代でもあります。

貯蓄額なんて怖くて聞けないというフリーターもあるでしょう。

それくらい30代になると収入に差がついてしまうのです。

友人付き合いも変わる

フリーターと正社員では、もはや考え方も生き方も異なって来る30代。

もちろん、若い頃の友人とは互いに気が合わなくなり、また正社員の中には家庭を持つ人も多くいますから、フリーターからすると付き合いが悪くなったなと感じることもしばしば起こるでしょう。

フリーターの人は正社員との差を思い知らされているため、遊びに誘われなくなったことを自分が嫌われたのではないかと思い、精神的にも落ち込む人も出てきます。

40代

ますます差が開く収入

40代になって来るとフリーターの人は若い頃のように仕事を得ることも難しくなってきます。

それに対して正社員の人はノリに乗っている世代とも言え、ますます給与は上がりスキルや役職も確実にステップアップしていきます。

当然貯蓄額も20代の頃とは比べ物にならないくらいに増えている人も少なくはないでしょう。

フリーターの多くは貯金ができない状況にありますから、その差は歴然と言えます。

体力の問題

フリーターの場合、若い頃同様に、もしかしたらそれ以上に働かなくては生活が難しくなって来る世代です。

しかし、昔のような体力はなくましてや体力づくりのための時間的ゆとりも精神的な余裕もありません。

そんな中、正社員で働く人の多くは休日や仕事帰りにジムに通ったりする余裕もあり、体力づくりもしっかりとしている人も多いでしょう。

また福利厚生もしっかりしている正社員ですから、無理をしすぎることなく休みも有効に使いながら仕事をすることができ、健康面でもフリーターよりしっかりしている人が多く見られます。

50代以降

老後破産か悠々自適か

正社員で働いてきた人の中には、定年を前に早期退職をして退職金をもらって一足早く悠々自適な生活を送る人も見られます。

しっかりとためてきた貯蓄もあり、当然年金もきちんと掛けていますから、老後は安泰といっても過言ではありません。

一方、フリーターを続けてきた人はもはや生きていくだけで精一杯という状態にあると言えます。

仕事もますます得ることが難しくなり、当然年金も微々たるもので、この先生きていけるのだろうかという不安にいつも苛まれなければなりません。

老後破産は目前で、生活保護に頼ろうとするも、そう簡単には受けられないと知り愕然とするのがこの世代のフリーターです。

正社員とフリーターの差は、この年代ではあまりにも悲惨な状況で現れるのです。

体調面でも差が出る

フリーターとして長年体を酷使してきた人は、年とともに体調に影響が出ることが少なくはありません。

正社員のように定期的な健康診断も受けていませんから、場合によっては手遅れという病気も発見されかねません。

しかし体調が悪くなったてもお金がないのがフリーターですから、老体に鞭打って働かなければならないという辛い現実が待ち構えています。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターのデメリットを払拭するためには

フリーランスになる

最近ではフリーランスという働き方が流行っています。

フリーランスとは、特定の企業や組織に属さず、仕事ごとに契約を結ぶ働き方です。

フリーランス向けの求人も多くなっているのであなたが特定の技術を持っているのならそういった働き方をするのがおすすめです。

資格をとる

何かしらの資格を取得しておけばあなたが就職する際にアピールできる絶好の武器となるでしょう。

また企業から見るとフリーターの期間は何もやっていない空白期間と見られがちですが、資格を取得するための勉強期間だったと話をすることができます。

正社員になる

やはり早め早めに正社員になるのがおすすめです。

なんといっても正社員になることは選択肢を増やすことにも繋がります。

正社員になることで専門的な仕事を任され、スキルをどんどん磨いていくことができます。

自分のスキルがかなり向上したなと思ったらそれを生かして独立するもよし、フリーランスになるのもよし、そのまま会社に居続けることだってできます。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターが今からでも正社員になるには?

ここまでを見ていくと、もはやフリーターのまま人生を送ることが怖くなってきますよね。

いち早くフリーター生活から脱却したくなるのではないでしょうか。

フリーターから脱却するためには、いますぐに就活をすることが大切です。

しかし、一人で就活していても的外れな動きをしてしまって、結果的にフリーターに逆戻りする可能性も多分にあります。

ここでご紹介したいのが、転職エージェントという方法です。

フリーターでも就職可能

転職エージェントの中にはフリーターに特化した会社も存在しています。

そういったエージェントでは、未経験者OKやフリーターでも求人を受け付けている企業と多く提携しており、十分にフリーターから正社員へとステップアップすることが可能です。

特に20代という人は、若手人材不足の日本において非常に必要とされる人材で、フリーターという経歴以上に年齢を重視して雇ってくれる企業もあるのです。

このチャンスを逃す手はありません。

いますぐに、転職エージェントを利用しましょう。

フリーターの就職に強い転職エージェントを厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

どんなん仕事がしたいかを明確にしよう

転職エージェントでは、就職に向けた自己分析のサポートも行っています

専任のアドバイザーが付いてくれるため、プロの目線でより的確な自己分析が可能なのです。

そうすることで、本当に自分がしたいことや強み、苦手としていることなどを深く知り、ストレスなく長く続けられる仕事に出会うことができます。

\就職に不安を抱えているなら/

フリーターを今すぐ脱出して、安心の未来を描こう!

こうやってフリーターと正社員を比べてみると、フリーターの末路に少々驚きを隠せないという人もあるのではないでしょうか。

そして、いますぐにでもフリーターをやめなければと思った人も少なくないと思います。

そんな時に、的確にそしてスムーズに就活をすることは、せっかく芽生えたそのモチベーションを保つためにとても大切です。

そのためには一人での就活よりも断然プロの力を借りた就活がおすすめ!

転職エージェントを活用することで、高いモチベーションのまま内定まで進むことが可能です。

安心した未来を描いていくためにも、いますぐ行動を初めてください。

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


『ジェイック』ではあなたが就職を決めるまで無料で徹底サポートしてくれますよ!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ