ニートの生活

ニートで何が悪い?【悪くないけどリスクを背負う覚悟が必要だよ】

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

「別に働かなくても生きていけるし、実際のところニートの何が悪いんだろう?」

「もしかして、このままニートして暮らし続けても悪くないんじゃないかな」

実際ニートとして生きる人の中でも、今のところ金銭的に困っていないというような立場の人もあるでしょう。

そうなると、もはやニートであることが「悪」だといは言いがたくなるのもよくわかります。

とは言え、お金もずっとは続くものではありませんし、世間的な目は依然として冷たいままです。

つまり、ニートを続けるためにはそれなりのリスクが伴うものです。

私は、これまでニートをサポートするコンサルタントとして10年近く働き、様々な境遇で暮らしているニートのみなさんと関わってきました。

こちらの記事では、その経験を通して見てきたニートの実情、そしてニートとして生き続けることによるリスクをご紹介します。

そのリスクを回避するための情報もまとめていますので、ニートで生きることに少しでも不安を抱えたならぜひ参考にしてみてください。

ニートで何が悪い?!

現代は人生100年とも謳われるような時代です。

100歳までの生命保険も登場するような、超高齢化社会となっています。

その100年間のうち、数年間をニートとして生きてもさほど問題ではないように感じますよね。

多少ニート生活を送っているからと言って、何が悪いんでしょうか?

実際、ニートでいることは世間が騒ぐほど悪いというわけではありません。

しかし、「悪くないニート」にはそれなりの傾向があります。

その傾向を3つのパターンにまとめてみました。

夢に向かっている

ニートの中には夢にチャレンジする期間として、あえてリミットを設けてニートをしている人もいます。

例えば、社会人になって頑張って働き多少の貯金ができたところで、以前から挑戦したかった夢に向かって1年間の勉強をし、結果的に手に職を得たというパターンもあるのです。

この場合、1年間はお金を稼ぐ行動をしていないのですからニートという括りに当てはまりますが、誰の目から見ても非常に有意義なニート生活であると言えるでしょう。

また、目標や夢がなくても1年をかけて世界一周旅行をするなど、自分にとって刺激となるような日々を送るのもありですよね。

このような経験は、ニート生活を終えて就職活動を行う際にも行動力がある人として評価される可能性が高まります。

心身ともに消耗している

ブラック企業に就職したとか、パワハラ上司にやられたなど前職において精神的に疲弊するようなことがあった場合、短期間のニートをすることが必要となる場合があります。

このように心身ともに消耗しているときに、焦って次の就職先を探そうとしても正常な精神状態ではありませんので逆効果になってしまいます。

何よりも大切なのは、自分自身が健やかな状態であることです。

無理をしたところでいい結果は待っていません。

自分自身を大切にし、心身ともに回復するまでの間はニートをすることも一つの方法として推奨されるのです。

好きなことをして生きられている

現代のニートの中には、前職で存分にお金を貯めていたり、実は投資などを行いしっかりと資産運用をしていたりと普通に働くよりも豊かな生活をしている人も多くみられます。

きちんとした生活をしているため、自分自身はもちろん、親や友人などにも迷惑をかけていないと言う状況ならばニートをしていても悪いとは言えないでしょう。

社会で生きることを早々とやめ、新しい時代の生き方に素早く順応しているといっても過言ではありませんね。

ニートは社会的弱者と見られがちですが、この場合は社会的にも勝ち組に入ります。

このような人からすれば、「ニートで何が悪いの?」と自信を持って言えるのではないでしょうか。

\就職に不安を抱えているなら/

なぜニートは悪いと言われるのか?

世の中の風潮を見ているとニートや引きこもりは現代の問題としてよくクローズアップされがちです。

つまり、いくら本人がニート生活に満足していたとしても、現代の社会においてニートは歓迎されているとは言いがたく、理解してくれるような人も少ないのが現状でしょう。

それでは一般的になぜニートは悪いと言われるのでしょうか。

その理由を探っていきましょう。

経済的に自立していないと見なされるから

成人すると、経済的にも精神的にも「自立」していることが大切とされます。

特に日本人の価値観の中には、「成人したら親に頼るのはよくない、甘えだ」と言う考え方があり、「親のすねをかじる」と言うことわざもあるほどですよね。

つまり、ニートは一般的に経済的自立を成し得ていないとみられており、社会から見てネガティヴな存在として扱われるのです。

人生から逃げているとみられるから

まだまだ日本はデフレ状態にあり、金銭面や労働時間などの労働環境は満たされたものとは言いがたいものがあります。

実際、社会に出ているほとんどの人は働きたくなくても仕方なく働いていると現状だといっても過言ではないのです。

それでも社会生活を頑張っているという人たちから見ると、ニートは人生そのものから逃げている軟弱者だと思われても仕方がありません。

汗水たらして働いている人からすると、ニートは楽して生きている人に見えるため、妬みにも繋がり攻撃の対象になるのです。

社会貢献に乏しいから

働く目的はお金を稼ぐことだと言う人が多いですが、結果的に働くことによって自分だけではなく誰かのためになっていることは確かな事実です。

つまり、働くこと自体は社会貢献につながるのです。

さらに税収の面で考えてみると、働いて得た収入からは必ず所得税が徴収されています。

日本における社会保障はこのような所得税から構築されており、低所得者へ向けての支援にも大いに利用されています

そういった観点からも働いていないくせに、人のお金で充実した保証を受けていると見なされ、社会貢献の乏しさゆえにニートに対する世間の評判は低くなると言えるのです。

\就職に不安を抱えているなら/

こんなニートは悪くないとは言い切れない…

ニートにも様々な背景があるため、一概に「ニートは悪い」とまとめてしまうことはできません。

とは言え、悪くないとも言い切れない現実があることも頭に置いておく必要があります。

それでは、どんなニートが悪いと言えるのでしょうか。

親に頼りきり

ニートの特徴として、親が生活の面倒を見てくれる状況にあると言うことが挙げられます。

確かにこのパターンだと、親が元気である間はいつまでもニート生活から脱することなく、ただただ自堕落な生活を送り続けることが可能となってしまします。

親だから子供の面倒を見て当たり前だろうと言う考えを持つ人も少なくなく、親から自立したいという考えすら浮かばない人も多いでしょう。

こうなってしまうと、ニートは悪いと言われても仕方がないと言えます。

マイナス思考

夢に向かうニートとは真逆の存在で、後ろ向きな考えばかりをしているニートは悪いニートと言えます。

「もう自分なんて社会に受け入れてもらえないだろう。」

「どうせ、自分はダメ人間だし、実際何もしたくない。」

このように考えて、無気力なまま負のスパイラルに巻き込まれているパターンです。

マイナス思考に苛まれているのなら、ニートは悪くないと言い切ることができませんよね。

アラフォー以上

ニートの中には、かれこれ何年もニート生活を送っているという人も珍しくありません。

1〜2年くらいの短期ニートであれば、人生における休息として必要な時期といっても許されますが、何年も続くようなニート生活は注意する必要があります。

長期に渡るニート生活で年齢的にもアラフォーを超えているとなると、再就職においても非常に不利となる可能性があります。

このような場合は、悪いニートといってもいいでしょう。

\就職に不安を抱えているなら/

ニートでいることは悪くないけどリスクは覚悟しておこう

ニートは場合によっては、悪くはないという結論にはなりますが、長い間ニートを続けているとリスクを抱えることになることは覚悟しておく必要があります。

少し脅しのようになりますが、現実としてニートを続けるとどんなリスクがあるのかを知っておくことは、これからのあなたの人生に役立ちます。

ぜひ、参考にしていただきたいポイントです。

親が亡くなった時

長い間親に頼り切ってきたというニートにとって、一番大きなリスクを抱えるきっかけとなるのが「親が亡くなる」という出来事です。

人の死は、年齢を重ねたから起こるものばかりではありません。

若くして病気や不慮の事故で亡くなることだって大いにありうるのです。

まだまだ自分の親は若いからとたかをくくっていると、いきなりその時は訪れます。

もしも今、親が亡くなったらどうしますか?

親に頼っていたニートにとって唯一の収入源が途絶えるということになるのです。

当然、親が得ていた給与や年金などといった収入は無くなります。

たとえ、遺産があったとしても今以上に増えることはないのですから、いずれ苦しい生活が来ることは目に見えています。

つまり、将来的なリスク管理はしっかりとしておく必要があるというわけです。

結婚に影響が出る

一般的に男性だろうと女性だろうと、結婚相手にあえてニートを選びたいという人は少ないでしょう。

本人たちが「ニートでも構わない!」と愛を貫いたとしても、ニートに対していい印象を持っていない家族から反対されるパターンもよくありますよね。

祝福されない結婚ほど辛いものはありません。

今はまだ結婚まで考えていないとしても、いずれ結婚したくなる相手が現れる可能性はゼロではないのです。

その時が訪れた際に、ニートであることが影響しないように今から生活を整えておくことは大切だと言えます。

健康にも影響がある

ニートと言えば、多くの人が引きこもり状態にあると言えます。

自宅からならまだしも、自室からも出ないような日々が長く続くと、体力が落ちている可能性は十分にあり得るのです。

また、通勤をしているわけではありませんから、生活リズムも不規則になり、昼夜逆転ということも多いでしょう。

これらを総合的に見ると、いずれ早い段階で成人病が発症したり、筋力の衰えから怪我をしやすい体になってしまったりと健康面でのリスクが非常に高くなるのです。

また、閉じこもっていると精神的にもダメージを受けてしまい、うつ病などになる可能性も高まります。

まだ若いから大丈夫といって安心していても、あっという間に月日は流れます。

気がつけばアラフォーなんていう人も多くないことを肝に命じてください。

少しでも外へ出て体力作りをしておくことは、ニートにおいても生きるためにも重要なポイントとなります。

\就職に不安を抱えているなら/

リスクを抱えてニートを続けるかは自分次第!

ニートで生きることは、場合によっては悪くないこともありますが、多くの場合リスクが伴うことがお分りいただけたでしょうか。

今は問題が起きていないという人だと、ついつい見逃してしまうことばかりでしたよね。

リスクを抱えたままニートを続けるかどうかは、それぞれの選択次第と言えます。

もちろん、あなたが納得するならば、そのままニートを続けたって構わないのです。

しかし、「少しでもニートを脱出したい、このままではダメかもしれない」という考えがあるならば、就職の専門家に相談するのもおすすめです。

一人で家にいては、せっかく芽生えたニート脱出への気持ちも流れてしまう可能性があります。

就職や転職のプロである転職エージェントなら、現状を踏まえながらこれからの行動を提案し、サポートしてくれます。

ニート生活を脱出してみれば、また新たな世界に触れることができ、社会生活も悪いものではないなと感じる可能性もあるでしょう。

人生は選択肢が多い方が豊かになります。

試しに、ぜひ転職エージェントを利用してみませんか?

\6月は正社員になるチャンス/

6月は優良企業の正社員を狙えるチャンスの時期です。なぜなら2月、3月よりも転職者が減り、競争倍率が低くなるからです。

この時期を逃すと、また転職者が増え始め、技術を持った中途採用者と競争しなければならず優良求人を逃してしまう可能性が出てきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


6月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
あなたの就活を1から10まで全てサポート!
ジェイックの公式サイトはコチラ