フリーターの生活

フリーターは人生終了?!人生終わったと感じるのは早すぎるかも!

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に最も求人が多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、今から就職活動を開始して優良企業の正社員への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

↓人気№1就職支援サービス『ジェイック』↓
公式サイトはコチラ>>

*登録すると、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

一度フリーターになったら人生終了なのかな

フリーターではまともな就職も結婚もできない…?

このように思っているフリーターの方は多いのではないでしょうか。

黒田

私は大手企業の人事採用担当者として10年以上新卒や中途採用の面接に携わってきました。

中にはフリーターから採用され、今では役職者として会社の重責を担っている社員もいます。

こういった例からもわかる通り「フリーターだからといって人生が終わった」ということはありません。

この記事では、フリーターである自分に絶望している方に向け、

  • フリーターはなぜ人生終了と言われるのか
  • 人生終わりにはまだ早いこと
  • フリーターを抜け出し、明るい未来を描く方法

などについて解説していきます。

\優良企業の正社員になるには/

優良企業の正社員を目指すなら、転職エージェント(就職支援サービス)の利用が必須です。

転職エージェントでは

  • あなたにあった求人の紹介
  • 就職の悩み相談
  • 履歴書・面接対策

など就職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

その中でも『ジェイック』という会社は正社員経験がない人や浅い人を専門にしたサービスを展開しています。

評判も上々で職歴や経歴に自信のない人などの方から絶大な人気を誇っており、これまで23000名以上の人を就職に成功させてきています。

これまでの経歴にあまり誇れるものがないと書類選考で落とされて一向に採用されない、入社できたとしてもブラック企業なんてこともよくある話です。

就活に悩んでいる、あるいは就職しようか迷っているのなら、まずは『ジェイック』に相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能『ジェイック』/

登録すると、スタッフから本人確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。

フリーターはなぜ人生終了と言われるのか?

フリーターが人生終わったと言われるのは理由があります。

正社員と比べ社会的に信用されておらず、フリーターのままでは結婚するのは難しいのが実情です。

黒田

フリーターが人生終了と言われる具体的な理由をお伝えします。

  • 一度フリーターになるとまともな会社に就職できないと思われている
  • フリーターでは結婚できない
  • 社会に認められていない存在

一度フリーターになるとまともな会社に就職できないと思われている

世間的には一度フリーターになると人並みの就職をすることが難しいと思われています。

転職を決意し、転職活動を始めたとしても希望通りの職場に就職することは簡単ではないのは事実です。

フリーターは社会人としての常識も身についておらず、責任のある仕事をしていないため、仕事のスキルも身についていないという目で見られがちなものです。

しかし、冒頭でもお話しした通り私が採用した元フリーターの社員のように社会の第一線で活躍している方は少なくないです。

「フリーターは信用できない」などと思っている頭の固い人のことは気にする必要はないでしょう。

そうは言えど、30代以降のフリータ―だとまともな就職先が見つかりにくいという現実はあります。

黒田

本当に人生終了するまでに、一日も早くフリーターを卒業する努力は必要です。

フリーターでは結婚できない

フリーターは結婚できないと言われています。

結婚はお互いの愛情が大事なのは当然ですが、結婚して子供を育てるには、

  • 結婚費用
  • 生活費用
  • 養育費用

などお金がたくさんかかります。

節約したとしても最低でも年収400万円はないと結婚生活は厳しいでしょう。

お金がなければ結婚生活は維持できません。

フリーターの平均年収は200万円前後ですので、一人暮らしがやっとというのが実情です。

とても結婚する余裕などありません。

また、フリーターは魅力的に見えないため、素敵な相手とお付き合いすることが難しいという問題もあります。

責任があり、やりがいのある仕事をすることで人間は成長するものですが、フリーターの仕事は基本的に責任がない単純なものが多いです。

責任がない仕事はラクで負担が少ないというメリットはありますが、人間的に成長することはなく魅力的な人間になることもないでしょう。

社会に認められていない存在

フリーターは社会では一人前の大人として扱われていないという面は否定できません。

フリーター本人も自分を卑下することが多いため、暗くなりがちで人も遠ざかってしまいます。

社会に認められていないということは、想像以上に自尊心を傷つけるものです。

自尊心が傷つくとメンタルの不調を起こしたり、人生を好転させるための行動も起こしにくくなってしまいます。

経済的に余裕がなく、自尊心も満たされないフリーターはどうしても人生が終わったように見られることが多いです。

\就職成功率80%以上/

「人生終わった」と思うにはまだ早すぎる!

フリーターになったからといって人生終了したと思い込むのは正しくありません。

特に若いうちであればいくらでも挽回できます。

黒田

フリーター経験者ならではの強みを活かし、チャンスを逃さなければ大きな成功も夢ではありません。

  • 若いうちは人生なんとでもなる
  • どん底を味わったからこその強みを活かす
  • 正しい努力を積み重ねれば成功できる

若いうちは人生なんとでもなる

ありきたりですが、若いうちだったら人生はいくらでも挽回できるものです。

特に20代であればいくらでも人生を立て直せます。

まだまだ体力もあり、頭も回り物事をスムーズに覚えられるので、新しいことを始めることだって十分可能です。

また、20代であればフリーターであったとしてもある程度は許容されるものです。

フリーターになってしまった自分はもう人生終了だ

というネガティブな思い込みをやめましょう。

気持ちが暗く沈んでしまうと、行動する気力もなくなってしまいます。

まずは自分の可能性を信じ、なりたい自分を明確にし、それに向かって着実に努力を積み重ねていきましょう。

どん底を味わったからこその強みを活かす

人生でどん底を味わった人ならではの強みがあるものです。

大学を卒業して、そのまま一つの会社で勤め続けている人は真面目で信頼できる人ではあるかもしれませんが、面白みが足りない人が多いように感じます。

その点、フリーターとして社会に認められないつらい時期を過ごした人は常識にとらわれず、自由な発想ができます。

また、一度レールから外れてしまったことにより、挫折した人の気持ちが理解できるので、苦しんでいる人に寄り添うことができます。

自分が経験してきたことをプラスととらえるか、マイナスととらえるかはすべて自分次第です。

黒田

フリーターを経験したことをプラスにとらえ、自分の人生を切り開いていきたいものですね。

正しい努力を積み重ねれば成功できる

方向性を誤らず、頑張り続けることができればフリーターであったとしても成功することは不可能ではないはずです。

しかし、ただがむしゃらに頑張り続けるだけでは成功に近づくことはできません。

正しい方向性を知るには自分の長所や短所を見きわめる作業が不可欠です。

意外に自分のことはわかっていない人が大多数なので、自分の適性を見抜く努力が欠かせません。

  1. 自分の適性を見抜き
  2. 自分の長所を活かせ
  3. 苦手なことが少ないこと

を仕事にできればグッと成功に近づきます。

チャンスはそこら中に転がっている

大事なのはチャンスを逃さないことです。

正しい努力を続けていけばそのうちチャンスがめぐってくるでしょう。

あなたが誠実に一生懸命生きていれば、力になってくれる人は現れるものです。

そういった大きなチャンスを見逃さずしっかりものにすれば、大きく人生を変えることができます。

勉強や仕事のスキルを磨くことも当然大事ですが、人間性を磨くことはもっと大事でしょう。

人間一人でできることは限られていますので、成功するためには協力してくれる人や理解者が必要です。

いくら、知識やスキルがあっても誰からも好かれないようではそのうち行き詰まります。

例えば、職場の床に落ちているゴミをゴミ箱に捨てるなどの、小さなことからでもいいので普段から人のためになることをする習慣をつけるといいでしょう。

黒田

そういった小さなことを積み上げていけば自然と性格も良くなり、人に協力してもらえるようになります。

\就職成功率80%以上/

フリーター以外の選択肢も考えてみよう!

若いうちはいくらでも人生を好転させることはできると言えども、フリーターを長く続ければ続けるほど抜け出すことは難しくなります。

フリーターの収入は決して高いものではありませんが、節約すればギリギリ生活できる程度の収入はあるので、つい「このままでもいいかなぁ」と考えてしまいがちです。

しかし、ここまでお話ししてきたように若いうちはフリーターでも生きていけるかもしれませんが、結婚することは難しく老後の人生設計も立てられません。

黒田

早めにフリーター以外の選択肢を検討しましょう。

若いうちにフリーターを卒業しないと取り返しのつかないことになる

30代以降もフリーターを続けてしまうと、急激に人生終了してしまう可能性が上がってしまいます。

30代以上のフリーターを正社員として採用する会社は決して多くはありません。

私が採用したフリーターも全員20代です。

また、若いうちは正社員の同級生と大きな収入の差はありませんが、30代になると大きく差が開いてしまいます。

正社員の同級生は役職にもつき始め、社会的なステータスも向上し、責任のある仕事を任せられるようになります。

正社員として働いていればそれなりの収入もあるので大体は結婚して家庭を築きます。

  • フリーターの自分
  • 順調に人生を送っている正社員の同級生

を比べ、惨めな気持ちになり、ますます気力がなくなってしまいます。

黒田

気力がなくなるとフリーターを抜け出す努力をする気も起きなくなり悪循環に陥ります。

自分のやりたいことを明確にしよう

早めにフリーターを抜け出すとしても、抜け出してどうなりたいかを明確にしないことには何をすればいいかわからなくなってしまいます。

確実にフリーターを抜け出すためにも、まずは自分のやりたいことを紙やスマホのメモなどに書き出してみましょう。

しっかり文字として記録しないことには、自分の願望やなりたい自分があやふやなままになってしまいます。

なりたい自分が明確になり、進むべき方向性が決まったら、具体的な行動を起こしましょう。

このとき注意しなければいけないのは、いきなり大きい目標を立てないことです。

大きい目標を立てると、現在の自分とのギャップに心が折れ、挫折してしまいます。

自分にもできそうな小さな目標を立て、その目標を達成することにより、少しずつ自分に自信がつき、なりたい自分に近づくことができます。

フリーランスや正社員を目指す

フリーターを抜け出したあとはフリーランスか正社員になることをおすすめします。

今はフリーランスの仕事はかなり充実しており、

  • ライター
  • デザイナー
  • プログラマー

など様々な職種があります。

会社員のように安定した給料や社会保障がないというデメリットはあるものの、やりたい仕事が場所を問わず自由にできることは大きな魅力です。

しかし、フリーターがいきなりフリーランスを目指すことは簡単ではありません。

自由に働けるフリーランスといえども、一般常識やある程度の社会人経験のある人の方が好条件の仕事を任せてもらえる確率は高くなります。

社会人経験も乏しく、これといったスキルがないフリーターではアピール材料が少なく、仕事を獲得すること難しいものです。

正社員として就職し、しっかり経験を積んだあとに

  • フリーランスを目指すか
  • そのまま正社員を続けるか

決めるのがよいでしょう。

\就職成功率80%以上/

フリーターがこのまま人生を終わらせないためにも

30代以降、正社員として働く同級生との格差が広がり、挽回することは難しくなります。

そうなると本当に人生が終わってしまうことにもなりかねません。

人生が終了する前に、20代のうちにまずは正社員として就職し、フリーターから抜け出すことです。

20代であればまだまだ間に合います。

今動くのが、あなたにとって一番早いタイミングです。

黒田

どのように就職活動を進めていけば良いのか、これからの計画についてお話ししていきます。

  • 今が一番若い!すぐに就活を始めよう!
  • プロの力を最大限借りよう
  •  職歴があれば一流企業への就職も夢ではない

今が一番若い!すぐに就活を始めよう!

一度フリーターになってしまったらブラック企業しか雇ってくれない

何から始めていいかわからない

このように思い、就活に踏み切れないフリーターはたくさんいます。 

「とりあえず就活するか」という心構えで就活を始めても、なかなか内定はもらえません。

落とされたことにより、ショックを受け就活をやめてしまったり、ブラック企業に入社してすぐ退職するようなことになれば就活を始めた意味がありません。

就活を始める前にしっかりと準備をすることが大事です。

準備とは

  1. 自分のやりたい仕事や譲れない条件を具体的に決めて
  2. 条件に合う企業の情報収集をしたり
  3. 履歴書や面接の対策を行う

ことです。

フリーターが就職したい!と思った時にするべきたった一つのことこの記事では就職したい!と思ったフリーターの方が一体何をすればいいのか、どうすれば就職することができるのか、一番初めに絶対にしておくべきことを解説していきます。...

プロの力を最大限借りよう

1人で準備をするのはとても大変なので、ハローワークや転職エージェントを利用することをおすすめします。

ハローワークには残念ながらブラック企業の求人も少なくないですが、転職エージェントではフリーター向けの優良求人を多数取り揃えているところもあります。

転職エージェントではプロの担当者が、就活に関する悩みや相談に乗ってくれますし、応募書類の作成方法や面接対策なども行ってくれます。

1人きりだとどうしてもマイナスなことが頭をよぎり、就活へのモチベーションが下がります。

黒田

相談できる人がいない場合は専門の転職エージェントを頼りながら就活を始めてみましょう。

フリーターに強い転職エージェント(就職エージェント)を厳選してご紹介!この記事ではフリーターの就職に強い転職エージェント、利用する際の注意点やコツを1000人以上の口コミを集め、かつ実際に利用した経験者観点から紹介します。...

 職歴があれば一流企業への就職も夢ではない

一度就職し正社員経験を積めば、職歴をつけることにより、将来一流企業への就職も夢ではありません。

一流企業は年収が高く、残業も少ないホワイト企業が多いので着実にキャリアを積みながら余裕を持った人生設計が可能です。

今すぐに自分の希望通りの就職ができなかったとしても、若いうちから職歴を積むことで希望に満ちた未来も見えてきます。

また、正社員として働けば昇給やボーナスもありますので貯金することもできます。

そのお金で開業したり、フリーランスになることもできます。

黒田

大事なのは早いうちに職歴を積んでいくことです。

\就職成功率80%以上/

20代のうちに正社員になって明るい将来を過ごそう!

フリーターから正社員に転職するとどんな未来が待っていると思いますか。

社会から認められる存在になり、出会いや給料が増え、結婚し子供ができるかもしれません。

ボーナスで家族旅行をしたり、自分の趣味へお金をかけることも可能です。

退職金や年金も出るので、老後の生活も安心です。

今すぐに就活を始めることにより、未来を大きく変えることができます。

就活を成功させたい人はまず、20代向けの転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントでは職歴がないフリーター歓迎の優良企業の求人がたくさん取り揃えているので、ホワイト企業への就職も十分可能です。

黒田

明るい将来を想像しながら、就活を始めてみましょう。

\就職成功率80%以上/

\9月は正社員になるチャンス/

9月は就活を始めるのに最適な時期です。なぜなら企業は一般的に9月、10月入社が多くなり、そのため、9月頃に求人が最も多くなるからです。従って「未経験者歓迎」の優良求人も増え始めます。

この時期を逃すと、求人が減り始めるので優良企業の正社員になるチャンスはまた少なくなってきます。

そうならないようにも今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。中でも『ジェイック』という会社は

  • フリーター
  • ニート
  • 既卒
  • 第二新卒

などの正社員未経験者、または正社員経験が浅い方を専門に就職支援を行っています。

そのため、紹介してくれる求人も「未経験者歓迎」の求人しかなく、ここを利用した10人中8人の人が正社員になれています。

この時期を逃して、ブラック企業に入社するか、はたまたいつまでも正社員になれずにいるよりも、まずは「ジェイック」に登録してみて優良企業の正社員としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

\完全無料で利用可能/
公式サイトはコチラ>>

※登録後、スタッフから確認の電話が必ず来るので着信拒否設定などは解除しておきましょう。


9月は正社員になるチャンス!人気№1就職支援サービス『ジェイック』で就活を始めよう!
公式サイトはコチラ
\9月は正社員になるチャンス/
ジェイックにまずは相談してみる